第20回 Ace A's + Killer B's / DODGY

 1.EVERY SINGLE DAY / 2.STAYING OUT FOR THE SUMMER / 3.WATER UNDER THE BRIDGE / 4.GOOD ENOUGH / 5.MELODIES HAUNT YOU / 6.BIG BROWN MOON / 7.FOUND YOU / 8.SELF DOUBT / 9.IN A ROOM / 10.MAKING THE MOST OF / 11.IF YOU'RE THINKING OF ME / 12.LOVEBIRDS / 13.(GET OFF YOUR) HIGH HORSE / 14.SO LET ME GO FAR / 15.GRASSMAN / 16.AIN'T NO LONGER ASKING / 17.THE ELEPHANT

 ドッジーは、昔よく聴いていたバンドです。日本で紹介された時のアルバムを、毎日のように聴いていました。ポップなメロディーが耳に心地よかったことを覚えています。でも、同じ頃よく聴いていたポヴァティー・スティンクスのアルバムはいまだに残っているけれど、ドッジーのアルバムは、いつの間にか僕のCDラックから消えてしまっていました。時々見る雑誌の新譜案内の記事で、彼らが頑張っていることをいくばくかの安堵感と共に確認してはいたけれど。

 先日、彼らのベストアルバムが発売されました。CDショップで見かけた時、そのバンド名の懐かしさに惹かれ、すぐに買ってしまいました。でも.....解説を読むと、彼らは解散していたんですね。ちょっと名前を見なくなったなとは思ってたのだけど、知らなかったです。

 さて、このアルバムですが、タイトルでわかる通り、シングルの曲を中心に構成されています。新曲のM1からインディーズ時代のM17まで、彼らの作る甘酸っぱいメロディーが74分にわたって収められています。こうしてまとめて聴いてみると、改めて彼らの曲作りのセンスの良さに気がつきます。(もっとしっかり聴いておけば良かったなと、ちょっと後悔もしていますけどね。)当時、文字通り「聴きまくっていた」デビュー・シングルのM3(CDシングルはまだ持ってます。)もなんだけど、哀愁ポップのM14とか、すっごくお気に入りのひとつなのです。(^^)もちろん、どの曲も素敵なポップ・チューンだし、メロディーの瑞々しさは特筆ものですよ。

 なお、このアルバムは、イギリスではレア・トラック集とカップリングの限定2枚組として出ているそうです。マニアの方は、そっちをゲットだぜ!ってところかな?

 < Ace A's + Killer B's / DODGY / JPN / MERCURY / PHCR-1654 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。