第18回 ロックパイルの新作ブート

 この度、ロックパイルの新しいブートが出ました。このHPでも取り上げて書いたブリンズリーの「SURENDER TO THE RYTHM」、ニック先生の「BASHER'S BEST」と同じTDRレーベルからのリリースです。(この次点で、すでに音源や音質への期待は持たないようにして、聴き始めましたけどね。(^^;)

 音源ですが、ほとんどが今までの既発音源を集めているようですね。カンボジアコンサート、BBC、ボトムラインなどの音源を集め(TV音源もあるようです。)、ビリー・ブレムナーのソロ・シングル曲を交えて構成されています。音質は、音源によって「まちまちで」す。でも、80年のニューヨークあたりは、前回のブリンズリーと同じようにこもりまくった音質ですね。ちょっと聴くのが辛いかな?あと、編集が雑で、歓声がぶったぎれたりするるのは困ったものです。(^^;そうそう、ビリーのソロ曲(M20)は、ブギウギ調のポップ・チューンで、思ったよりも(失礼!)いい曲でした。

 でも、正直な話、他にももっと聴きやすい音質のCDはあるし、コアなコレクター以外は買わなくてもいいアルバムのように思います。(^^;(ジャケットは結構かっこいいんですけどね。)

            < ROCKPILE / NO ROCK UNTURNED / TDR-080 / BOOT / ?? >

 CRAWLING FROM THE WECKAGE / LITTLE SISTER / BACK TO SCHOOL DAYS / I KNEW THE BRIDE / A MESS OF BLUES / HERE COMES THE WEEK END - SO FINE / GIRLS TALK / BORN FIGHTER / CRUEL TO BE KIND / JAILHOUSE ROCK / LET IT ROCK / FOOL TOO LONG / NO MORE MISTER NICE GUY / IT'S MY OWN BUSINESS / NEVER BEEN IN LOVE / SO FINE / DEBORAH / TROUBLE BOY / NEVER GET ME UP OF THOSE / LOUD MUSIC IN CARS / THREE TIME LOOSER