第69回 DRINK A TOAST TO INNOCENCE



さて、久々のカイルの話題です。今回紹介するのは、カイルが参加したトリビュート盤なんです。
内容としては、70年代のポップを中心にカバーされているアルバムになりますね。

カイルがカバーしているのは How Much I Feel デビッド・パックのペンになるアンブロージアのヒット曲です。カイルは歌に専念し、バッキングはすべてコルビー・ポーランドさんがやっています。もちろん、70年代ポップ風の素敵な仕上がりですよ。(^^)

他の曲も豪華です。

1.Michael Carpenter - We Don't Talk Anymore 04:18
2.The Davenports - Just When I Needed You Most 02:49
3.Kyle Vincent - How Much I Feel 05:07
4.Lisa Mychols - Don't Give Up On Us 03:37
5.Throwback Suburbia - I Love You 04:09
6.David Myhr - The Things We Do For Love 03:32
7.Mike Ruekberg - Believe It Or Not 03:25
8.Kelly Jones - I'd Really Love To See You Tonight 04:43
9.Paul Bertolino - Just Remember I Love You 03:15
10.Eytan Mirsky - Escape (The Pina Colada Song) 03:38
11.Plasticsoul - Sentimental Lady 03:55
12.Popdudes - Magnet And Steel 03:36
13.Joe Giddings - Undercover Angel 03:37
14.Mike Viola - Steal Away 03:25
15.Bleu - Baby Come Back 04:16
16.Brandon Schott - Thank You For Being A Friend 04:49
17.The Sonic Executive Sessions - On And On 03:12
18.Linus Of Hollywood - More Than I Can Say 03:05
19.Greg Pope - Crazy Love 03:33
20.Lannie Flowers - Dance With Me 02:56
21.Wyatt Funderburk - Bluer Than Blue 02:49
22.Vegas With Randolph - Cool Change 04:59
23.Seth Swirsky - Shannon 03:40
24.Cliff Hillis - Shake It 03:37
25.Paul Myers - Wildfire 04:32
26.Sunshine On Mars - Fooled Around And Fell In Love 03:25
27.Willie Wisely - So Into You 04:39

どうです?マイケル・カーペンター(しかもクリフ・リチャード!)に始まり、ウィリー・ウィズリーで終わる、なんて豪華なものでしょう。完全パワーポップ・チューンになってるM2なんてたまりませんね。ポップ・ファンならマスト・アイテムです。

では、また次回に。


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。