第54回 カイル来広同行記(長文御免!)

 さて、カイルの来日も無事に終了して1週間が経ちます。正直なところ、今回は僕の仕事が多忙な時期と重なってしまい、本当に時間が限られている中での準備となりました。ですから、ポスターが完成したのもいつもより1ヶ月近く遅い時期となってしまいました。

そんな中、カイルは来日記念企画として、広島限定のスペシャルCDRの制作をしてくれました。(さすが日本びいきのカイルです。(^^))今回の来日のメインが教職員組合の「平和の夕べコンサート」だったこともあり、カイルは自分の作品の中でも特に平和を歌った(しかも広島に捧げられている)「Petals of Peace」と、環境問題を歌った「Sierra」の新録音ヴァージョンを作って来ました。

ジャケットのアートワークはカイルによるものでしたが、制作自体は僕に任されましたので、例年通りの紙ジャケ仕様にして、ジャケにかぶせる日本語タイトル入りのカードを作りました。昨年は招聘メンバー数人で手分けして組み立てたのですが、今回は広島だけのライヴなので、一昨年のようにひとりで組み立てましたよ。(^^;

ディスク自体も、カイルがネットで送ってきた音源からうちで焼きましたので、世界で一番早くこの曲達を楽しませてもらったのは、役得とはいえラッキーでした。(^^)ここで2曲の内容について書いておきましょう。

「Petals of Peace (2010)」ですが、従来のヴァージョンよりもテンポを落としてイントロもほとんどなく唄から始まっていきます。コーラスワークもバックのミキシングもずいぶんと変わっています。1番ではコーラスも押さえられ、ほとんどソロに近い感じですね。2番になってもコーラスは押さえ気味で、サビでも(続くミドル8でも)ストリングスの響きが目立っています。最後のパートでは、コーラスが後追いの掛け合い形式になっており、ちょっと驚きました。そして、ラストの1音上への転調もなく、ライヴに近い構成で曲は終わっていきます。全体としては、より歌詞の内容を訴えかけているような印象ですね。これまでのヴァージョンよりも地味ですが、説得力は増していると思います。

「Sierra(acoustic)」は、タイトル通り、1番はアコースティックギターのみで歌われていきます。ソロ・ライヴでの演奏に近い構成と思っていただけるといいかと思います。途中から2本目のギターとピアノとコーラスが入ってくるのですが、どれも控えめです。また。3番ではバックの音を押さえてカイルの唄を目立たせています。こっちの曲も、より歌詞を聴かせる演奏になっていると思いますね。

ということで、2曲とも、歌詞を伝えたいというカイルの意図のよくわかるアレンジだということができるでしょう。

なお、このCDRですが、近々カイルのオフィシャルサイトで販売となります。ただし、広島限定のものとは違って紙ジャケではありません。広島限定紙ジャケは、「カイルのお店」に5枚ほどありますので、欲しい人は注文してくださいね。

そうして遅ればせながらも準備が進み、とうとうカイルが広島に来る日になりました。当日7月29日は、僕は朝から仕事だったのですが、カイルの広島到着に合わせてホテルのロビーで待ち合わせをしました。関空から広島まで、カイルを連れてきてくれたエミリアさんにも感謝いたします。

そして、半年ぶりにカイルとご対面です。ラフで気さくな格好でやって来たカイルと挨拶を交わすと、カイルはおみやげをくれました。(^^)その日は夕食を食べたら、長旅に疲れているカイルは休憩ということで、すぐにホテルに帰ってもらいました。カイル来広1日目はそんな感じで終わりました。

ちなみに、カイルのおみやげは黒猫の小さな人形だったのですが、ボタンを押すと鳴いて目が強烈に光るというものでしたよ。(笑)

さて、カイル来広2日目はオフ日です。この日のカイルの1日は、原爆ドーム見学から始まりました。(残念ながら僕は仕事で、夕方までカイルとは合流できませんでしたけどね。)4年前の初来日時に続いて、平和公園を見学した後に原爆資料館へ向かいました。4年前には、カイルは被爆者さんとお会いして体験談を聞く機会を持ちましたが、今回はゆっくり時間をかけて資料館の見学をしました。資料館には英語の解説も充実しているので、カイルは本当に熱心に見学をしていたそうです。最後に資料館を出る前に、カイルはしっかりと記帳してきたそうです。名前:Kyle Vincent、国籍:U.S.A.、コメント:I am sorry.と。カイルのスタンスがよくわかるエピソードだと思います。

その日の昼食は、カイルのお気に入りのヴィーガン・カフェで済ませました。道順をマークした詳細地図を片手に、10人以上の人に道を訊きながらも、カイルをヴィーガン・カフェに連れて行ってくれたエミリアさん、お疲れ様。(笑)ちなみに、その日の夕食もカイルお気に入りの露庵で、カイル・スペシャル(野菜の天ぷら盛合わせ)でした。

その後、僕はカイルを、アコギバー「みーたん」に連れて行きました。僕もほんの数日前に初めて行った店なんですけど、楽器が常備しあって、いつでも誰でも演奏の出来る店です。もちろん、最初に行った時にカイルの宣伝は済ませてポスターは貼ってもらっていましたけどね。

で、そこで少し話をしているうちに、僕の思惑通り(笑)、今回初めてやる予定の新曲「Dirty Girl」の練習をすることとなりました。ちょうどいい具合に、お客さんの中にドラマーさんがいて、ドラマーさんに叩いてもらっての練習となりました。カイルと「ここのコード何だっけ?」「これかな?」(注:カイル自身、この曲のギターコードは知らないので、すべて僕の耳コピです。)と言う具合に練習は進み、最後にミドル8のコードひとつ見つけて、通し演奏です。ドラムが入ったおかげかもしれませんが、初めてやったとは思えないほど、いい感じに仕上がりました。(もしかしたら楽座さんでやった時よりいい出来だったかもしれません。(笑))

気をよくしたカイルと、さらに2曲を演奏します。「Arianne」と....もう1曲なんだったっけ?「Saturday Night」?(爆)ともかく、完全なるシークレット・ギグとなったひと時でした。ドラマーさん、マスター、どうもありがとうございました。(^^)

翌日7月31日は、教職員組合の「平和の夕べコンサート」です。この日も僕は仕事のために、会場での機材搬入&リハーサルでカイルと合流しました。(昼間には、カイルは100円ショップなどでショッピングをしていたそうですよ。)

会場は広島美術館の中のレストラン「マルコポール」です。ガラス張りの窓の外は広島でも有名な庭園の「縮景園」という絶好のロケーションのレストランを貸切にしてディナーショー形式で「平和の夕べコンサート」は行われました。セットリストは、次の通りです。

1.It's Gonnna Be A Great Day
2.Where You Are
3.Arianne
4.Wake Me Up
5.Sakura Lullaby(Japanese Version)
6.You Will Dance Again
7.On My Ride(Karaoke Kyle)
8.5000 Heroes
9.Sierra
10.Petals Of Peace
<uncole>
11.Saturday Night

コンサートの趣旨に合うように、僕が前もってリクエストしておいたM8は、来てくださった人たちの心に届く熱唱でしたよ。また、日本語のM5や広島に捧げられたM10も同様だったと思います。恒例のカラオケカイルでは、カイルは女の子の目の前に陣取って歌うという、いつものサービスをしてましたけどね。1時間ちょっとのショーでしたが、(お客さんには酒の力も働いて(爆)、)かなり盛り上がったライヴだったと思います。

それにしても、僕はギターとバックコーラスの他に、PAの組立と操作、通訳(あまり上手くないけど)と、忙しかったなあ、ホント。写真を見てもらえばわかるんですが、僕とカイルとの間には8チャンネルの小さなものでしたがPAコンソールがあったんですよ。しかも、ほとんどMY機材で、ちゃんと3マイク、2スピーカー、2モニターを装備して頑張りましたよ。(笑)

ライヴ終了後の夕食に用意されていたカイル・スペシャル2(折り詰め弁当)にはカイルも感激していました。カイルのFacebookにも写真があるので、見てみてくださいね。(^^)

8月1日は2日目のオフ日でした。この日は僕も仕事がなかったので、昼食には新しく開拓した(己斐峠の途中にある)「菜食健美」というレストランでランチをとりました。カイルはこのお店が凄く気に入ったようです。食材についても熱心に質問していました。最後にお店の店員さんとカイルとで記念写真を撮りました。カイルの要請で、僕はその写真をA4サイズでプリントアウトしました。それにカイルがサインを書いたものを、カイルに代わって「菜食健美」さんに届けてきましたけどね。(^^)

昼食後、ホテルに戻って休憩するのかと思いきや、カイルは「海が見たい」とひと言。(デートかい!(爆))カイルは出来るだけ自然に近い砂浜を歩きたいと言うので、カイルを元宇品の海岸に連れて行きました。カイルは砂浜を歩いて貝殻を拾ったり、出会った猫(カイルのくれたおみやげみたいな黒猫でしたけどね)の写真を撮ったり、灯台を見たり、楽しく過ごしました。そうそう、砂浜関連で思い出しましたけど、カイルは今年中にアルバムを1枚リリースするそうです。新録音ではなくて、Rare & Unreleasedの第3集になるそうですが、九十九里浜を歩くカイルの写真をジャケットにして、アルバム・タイトルは「C side」になる予定だそうです。(笑)

海岸で遊んだ後、カイルはうちの近くにあるジャスコの某100円ショップで買い物を楽しみました。面白いものがたくさんあると、カイルは本当に「しこたま」買い込みましたけどね。(笑)そして、カイルは、街に戻ってお母さんへのおみやげの草履(型のサンダル)を買い、夕食をカイルお気に入りの「露庵」でとった後、両手いっぱいの荷物と共にホテルに戻りました。

翌日8月2日は、楽座さんでのライヴです。昼食は再びヴィーガン・カフェでした。2日前にはカイルの大好きなヴィーガン・チョコレート・ケーキが売り切れだったので、この日は前もって予約を入れて取り置きしてもらっていました。そんなわけで、念願叶ったカイルは大喜びでデザートを食べていましたけどね。

さて、とうとう今回最後のライヴです。月曜の夜ということで、お客さんは決して多くはなかったのですが、カイルの話を人から聞いて、見に来てくださった人もいらっしゃいました。カイルはいつも通りがんばっていたと思いますよ。セットリストは次の通りです。

1.It's Gonnna Be A Great Day
2.Where You Are
3.Don't Follow Me
4.Wake Me Up
5.Arianne
6.Until Love Comes Again
7.Coffee House Dues
8.Dirty Girl
9.Sakura Lullaby(Japanese Version)
10.On My Ride(Karaoke Kyle)
11.You Will Dance Again
12.I Should Understand
13.Superstar/Let Me Let Go
14.Sierra
15.Petals Of Peace
<uncole>
16.Whatever Happend To Fun
17.Saturday Night

特筆すべきはやはりM8とM12でしょうか。どちらも世界初ライヴとなる曲です。(^^)

M8は僕のギターだけでカイルが歌ったんですが、カイルは2番が終わると「ギター・ソロ!」と僕に振ってきました。でも、実はミドル8だったんで、僕はコードを繰り返して、ミドル8に入りました。まあ、(3日前のシークレット・ギグは内緒だから(笑))公式には世界初ライヴですので、こんなこともあります....お客さん、ごめんね。(笑)11月のライヴではしっかり挽回するので許してくださいね。

M12は、僕の大好きな曲で、初来日の時からリクエストしていた曲です。4年越しで、ようやくライヴで聴くことが出来ました。カイルとパーセノンとの共作ですが、名曲だと思います。ライヴ後のアンケートでも、印象に残った曲にこの曲を挙げた人がいましたよ。もちろん、僕は大満足でした。(^^)

他の曲についてもいくつか書いておきましょうね。

前々から書いている通り、M6は楽座のマスター石澤さんの大好きな曲です。カイルも曲の前に「マスターに捧げます」とひと言ありました(マスターからも「Thank you!」と返りました)し、カイルの演奏も熱が籠もっていましたよ。今回も「名曲名演」は健在でした。

続くM7は、いつも来日時にはマネージャの役割をしているエミリアさんのリクエストによるものでした。

M11は、いつ聴いてもいい曲だと思う曲ですし、カイルの演奏もいつも熱が籠もっています。この日もその法則に間違いはありませんでした。(^^)そうそう、M13も名曲名演だったと思いますよ。

そしてアンコールで、ロック・ナンバーを2曲キメて、ショーは終わりました。今日来てくれた人たちは、満足されたんじゃないでしょうか。なにより、世界初ライヴ曲がありましたもの。(^^)

ショーの後は、恒例のお好み村「大丸堂」で元祖カイル・スペシャル(キャベツ+コーン+ネギ+そばのお好み焼き)で夕食です。カイルは「今回のが今までで一番美味しかった」と言っていましたよ。(^^)夕食後、カイルをホテルに送って、広島での最後の夜は終わりを告げました。

翌日8月3日は、カイルがアメリカに帰る日です。広島駅でカイルと落ち合う前に、僕は売店で広島カープのエース「マエケン」のユニフォームとリストバンドを買いました。昨年、カイルがカープのリストバンドが買いたかったと言っていたのを思い出したのと、おそらくこの日の朝は時間があまりないだろうと思っていたからです。関空へのチケットを買う時にカイルにプレゼントした時のカイルの喜んだ顔は、みんなにも見せたかったなぁ。(笑)

そして、僕はカイルたちを新幹線のホームで見送りました。関空まではつつがなく行って、カイルは無事にアメリカへと飛び立っていったそうです。

その後、カイルから来たメールによると、カイルの乗った飛行機はロスに着くのが遅れてしまい、乗り継ぎ便に間に合わなかった(し、以降の便の空席がなかった)ため、1日遅れで家に帰り着いたそうです。カイル、本当にお疲れ様。(笑)

カイルが次に日本に来るのは11月です。今度は倉敷・大阪・金沢でのライヴ・イベントが予定されています。ここだけの話ですが、11月の来日記念CDRは、あっと驚くもの凄いものになる予定ですので、楽しみにしていてくださいね。
なお、ファン・ブログには別の写真も載せていますので、そちらも見てみてくださいね。

では、また次回に。


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。