第37回 カイルin福山

 さて、カイルの来日から2週間が過ぎようとしています。カイルのライヴに全力を注いだ反動で、仕事や家族サービスに追われる日々でした。(爆)でも、ようやくですが、今回のカイルの来日について書いてみようかという余裕が生まれてきました。(まあ、来日情報サイトの「来日こぼれ話」やmixiではちょこちょこ書いてはいたんですけどね。)

カイルの来日の前にも、各会場のポスターや、先述の来日情報サイトや、会場で配布するためのパンフレットや、カイルの依頼によるCDRの紙ジャケットや、アンケート用紙などなど、いろんなものを作りました。また、来日直前にはカイルのMCを日本語に翻訳してローマ字で打って日本語で吹き込んでmp3ファイルをカイルにメールで送ったりもしましたので、もう労力的には大変なものがありましたけどね。(笑)そうこうするうちに、あっという間に初日が来てしまいました。

僕がカイルと合流したのは、22日。福山でのライヴの日のことです。カイルが13時過ぎに福山に着くということで、僕も13時半頃に新幹線で福山に着きました。同じ県内で日帰りなのに、ギター2本(カイルの使うやつと、自分が使うやつです。)と、キャリングケース(カイルの物販品とかライヴ用の準備物で満杯)を引きずっての行動です。普段の旅行よりも大荷物ですよ。(笑)

改札を出て、今回の主催者のエミリアさんと合流。カイルを待っていると、いきなり後ろから服のフードを頭にかぶせられました。そんなことをする奴は・・・・・当然、カイルしかいません。(笑)ということで、無事にカイルと合流できました。

そしてすぐに昼食です。福山駅のパスタ屋さんで、いろいろ注文します。メニュー見て、「これから肉と卵とチーズを抜いて、マッシュルームとアスパラガスを追加できるかな?・・ダメ??」なんて言って店員さんを困らせたりもしましたが、なんとかオーダーも完了。ウエイトレスさん、常に笑顔での対応、どうもありがとうございました。カイルに代わってお礼申し上げます・・・・・って、読んでないよね、ここ。(爆)

昼食が終わると、カイルは生まれて初めての「顔剃り」に行きます。駅の近くの床屋さんで顔剃りのみの特別料金でやっていただきました。マイスペにも写真が載った店長、どうもありがとうございました・・・・・って、(以下同文)。

さっぱりしたカイルは、ホテルに戻ります。そして、簡単なリハーサル。ギターを2本出して、1曲目は・・・当然、「Arianne」ですよね。(^^)僕も自分では練習していましたが、リハをしてみるとCDを聴いて僕の考えていたコードが違っていて、「えっ、そこは Em7 Em7onDじゃなくて G GonE なの??(注:5カポです)」なんて感じです。僕はカイルの左手を見ながらコードを変更しました。(当然、時間ができた時に、自家製コード符に修正を書き込みましたけどね。)Petals of Peaceは、問題なく終了したものの、Sakura LullabyをBbで弾いていたらカイルが一言。「ごめん、それはライヴではCでやるんだ」(笑)

会場でのリハの時間も迫っていましたので、一同は会場に向かいます。ミュージックファクトリーの前で店長さんが出迎えてくださいました。(^^)ミュージックファクトリーは2階だったんですが、程よい大きさの、いい感じのお店です。カイルは早速キーボードのチェックに入ります。僕は、物品販売コーナーを作ると、ギター等をセットしました。ここでも簡単にリハーサルです。二人で歌う歌も合わせておきたいということで、ここではLeave It Alone をミドル8までやりました。(ちなみに、Leave It Aloneは今回のツアーでは演奏されず,2006年に引き続いてリハーサルのみの曲となりました。)

そうこうするうちに開演時間です。僕がカイルを紹介したら、カイルが堂々とステージに出て行きます。最初のMCから日本語で、オバマ大統領のネタで笑わせた後、最初の曲に入ります。カイルがキーボードの前に座り、今回の来日の正真正銘の最初の曲は It's Gonna Be A Great Day。新曲です。(^^)

やはり、カイルはステージでは普段と全然違いますね。普段の「気のいいマイペースおやぢ」の面影など微塵にもなく、ステージではミュージシャンとしてのカリスマが伝わってきます。本当に魅力的な声の持ち主ですね。引き続き2曲目。Our Song です。いい歌ですね。観客の中には、初めて生でカイルを聴くという人も少なくはなかったはずですが、みんなカイルの唄に引きこまれているように見えます。矢継ぎ早に続く3曲目は、Where You Are。2006年にも歌われた新曲です。初日のためか、カイルもMCよりは曲をという感じですね。

カイルがギターに持ち替えての4曲目は、The Ballad of Dana & Maryです。この曲にはカイルの要請で訳した日本語のMCもあったんですが、カイルがあまりにも多くのことを書いていたため、日本語としても膨大な量となりました。カイルも(会場入りした後にも)最後まで練習していたのですが、結局、日本語版MCはカットとなりました。残念。結果的に、この曲は福山のみの演奏となりましたので、日本語MCは幻となってしまいました。(^^;

ここで僕がステージに呼ばれます。5曲目はArianne です。カポタストをはめて、カイルのギターに続いて、2フレーズ目から入ります。僕もちょっぴり緊張気味だったのですが、1番の最後のリフを弾き、2番のサビのコーラスに入る頃には、ようやく落ち着きましたよ。(笑)

そして6曲目。Wake Me Up です。カイルのMCに僕は驚きました。「えっ、予定と違うよ?Leave It Aloneは??」(笑)実は、この曲は打ち合わせの段階では一緒にやる曲には入っていなかったんです。だから練習どころかコード進行もなぞっていなかったので、さあ大変。カイルが弾き始めたので、ギターを弾こうとしたのですが、気づきました。「あれ?キーも全然違ってる?」...カイルはステージではキーを変えていたんですね。そんなわけで、2番からコーラスのみを入れて、なんとかお茶を濁して終了。福山のみなさん、ごめんなさい・・・・・(次は打ち合わせ、きちんとするね(^^;)。でも、カイルの唄には満足してくださったと思います。僕の最初の出番もここで終了。冷汗ものの退場でした。カイルのソロに戻り、7曲目はLonely World。地味な曲ですが、味わい深いものがありますね。

ここからは「カラオケ・カイル」の時間です。カイルの持ってきたバックトラックに合わせてカイルが歌います。8曲目はSatellite 。ニュー・アルバムにも収められているはずの、美しいバラード曲です。カイルの声はバラードに合っていますね。本当にすばらしいと思います。ちなみに、サックスのソロもカイル本人が吹いているんですよ。(^^)

そして9曲目も新曲でIn Another Life です。ポップでキャッチーなナンバーです。これまたいい曲ですよ。2月12日リリースのニュー・アルバムが、本当に楽しみになりました。(^^)「カラオケ・カイル」はここで終了。実は、カイルは次に「it's too late」を用意していたんですが、それはやりませんでした。そのことを知っていた僕にとっては、ちょっと残念でしたけどね。

その代わりに、カイルがキーボードで弾き始めたのは、名曲You Will Dance Again です。いつ聴いてもいい曲ですよね。

そして、再び僕がステージに呼ばれました。今回の日本公演のための新曲Sakura Lullabyです。この曲は、本当にメロディーの美しい曲ですね。ここでは、カイルのピアノに、僕が軽くギターのコードとアルペジオのみを乗せ、軽くコーラスを入れました。演っていてこう思いました。「やはりこの曲はカイルのピアノのみで伴奏したほうがいいんじゃないかな」・・・そんなわけで、ギターが加わったのは福山のみということになり、広島と尼崎では、シンプルに最後のコーラスのみを入れたんですよ。(^^)

カイルがギターに持ち替えて、12曲目です。CANDYファンのための選曲で、Whatever Happened to Fun です。この曲は、来日よりずっと前にカイルから日本での選曲について意見を聞かれたときに、僕が入れてほしいと言っていた曲です。だって、多くのCANDYファンの人が来るって知っていたんだもの。(^^)イントロをワンフレーズ余分にまわされましたが、二人ヴァージョンでの「ウイークエンドでファンファン」です。2006年の来日の時もリハーサルの時も2コーラスのみで終わったので、そのつもりで弾いていたら、カイルから「ソロ行くぞ!」と合図が。ほんと、打ち合わせなしでいろいろやってくれるねぇ。(爆)でも、(ひとまわり遅れて入ったけど)ソロが思いの外にうまくいきまして、カイルも曲の終わりに笑っていましたけどね。

最後の曲は、これしかありません。Petals of Peaceです。この曲は、2006年にはサビの所のコーラスのみを入れたんですが、今回は違います。(^^)僕が自分でアレンジして日本語で録音したコーラス満載のヴァージョン(当然、録音したときにカイルにも送っていますけどね)があったのと、日本用CDRにも収められていたので、その双方から美味しいとこ取りでコーラスをつけました。(カイルからもコーラスの付け方には何も注文はなく、僕に任されていた感じでしたね。)今回のツアー限定のこのアレンジは、みなさんにも気に入ってもらえたんじゃないかと自負しています。というとこで、ステージ終了。

アンコールは、定番曲です。I Sing for You / Happy Ending 。やっぱり、この曲で終わってくれないといけません。本当にいい曲ですし、カイルが日本語も交えて歌うので、来てくださったみなさんも嬉しかったんじゃないかなと思います。

そんなこんなで、福山のステージが完全に終了。予告しておいたレアCDの抽選会を(本当は、忘れていて慌ててやったんだけど(爆))済ませ、全員で記念写真を撮って終了です。あとはカイルとみなさんの雑談会&サイン会&写真撮影会ですね。きっと、みんな満足されたであろうと確信しています。(笑)

ライヴの後、僕たちはみんなで近くの居酒屋に。僕は最終の新幹線の時間が迫っていたので、早々と食事を済ませ、カイルに「明日、待ってるよ」と挨拶をし、主催者のtomokoさんの車で福山駅に向かいます。

福山駅で、tomokoさんにお礼を言って、最終の新幹線に乗り込みました。翌日が広島でのライヴなので、ギターもグッズも全部抱えていく必要があり、来たときと同じ大荷物は、やっぱり重かったですね。(笑)

では、また次回に。


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。