第21回  カイル来日(その5:広島・弐)

 さて、広島でのイベントです。カイルが食事中に、僕はカイルに内緒で作っていた当日のポスターとフライヤーをセットしました。そうこうするうちにイベントに来てくださった方々がお店に入ってきます。僕が受付とセッティングでてんやわんやしているうちに、カイル登場です。

なんと、観客の目の前でのサウンドチェックになりました。今日来てくれた人は、ある意味ラッキーでしたね。今日のギターは、僕の同僚のバンド仲間(春秋楽団のFさん)にオベーションをお借りしていたので、それをセットしています。そのとなりに、カイルが大阪と京都で使った僕のアリアを予備としてセットしました。(実は、これには意図があったのですが、それはまた後ほど。(笑))

今日はマークさんがいないので、僕が開会を告げ、イベントが始まりました。1曲目はARIANNE<KYLE VINCENT収録>です。僕もコーラスで参加しました。自分で言うのもなんですが、やはり間奏の後のコーラスはいい感じだよね。(^^;

2曲目はTOMORROW WE'LL TRY AGAIN<DON'T YOU KNOW収録>です。地味ですがいい曲ですよね。(^^)続いてDANA & MARY<DON'T YOU KNOW収録>です。これぞ(本来の意味での)バラッドですよね。KAPONEのいいサウンド(作るまでが大変でしたが(^^;)で、曲の良さが引き立ちます。

4曲目はピアノに移っての曲です。曲はWHERE YOU ARE<新曲>です。ピアノで刻むリズムがウキウキするような曲ですね。なんか、デヴィッド・キャシディの曲のように聞こえます。ここでカイルもKAPONEさんに「SOUNDS GREAT!」と一言。5曲目はまたまた名曲 YOUR LIFE<新曲> です。ニュー・アルバムにも収録される予定なのですが、すごくポリティカルな歌です。

ここでカイルがギターに持ち替えますが、間違えて予備の僕のギターを手に取ります。関西で4回も使ったギターですから間違えたんでしょうが、ごく自然に僕のギターを手にとってくれた時、やっぱり嬉しかったな、僕は。(^^)

6曲目は、B姫と僕がコーラスに加わってDON'T YOU KNOW<DON'T YOU KNOW収録>です。お客さんのノリは、この曲が一番良かったかも?です。続いて、ジョン・デンバーの想い出を語りながらSIERRA<SOLITARY ROAD収録>です。これまた名曲ですね。

カイルは日本人はどこでも「スミマセン」をつかうよね、と言いながら、次の曲はスミマセンですと紹介し、ギターを弾き始めます。曲はVAN GOGH SUNSET<WOW & FLUTTER収録>ですが、カイルは冒頭にアドリブで「Sumimase---n」の歌詞を連発しました。爆笑。(^^; いつものように、この曲は途中からメドレーでYOUNG AGAIN<KYLE VINCENT収録>に続きます。弾き語りの似合う曲ですね。

またまたピアノです。カイルはカレン・カーペンターのお葬式の話をし、アカペラで歌い始めます。SUPERSTAR<カバー曲>そして、ピアノのイントロから名曲 LET ME LET GO<SOLITARY ROAD収録>へと続きます。うん、いい曲やなあ....。

カイルはまたまたギターに。そして85年の来日が中止になったことを話して「あの曲」を始めました。そう、WHATEVER HAPPEND TO FUN<キャンディのWHATEVER HAPPENED TO FUN収録>です。2コーラスで終わったけど、昔からのファンにはナミダものの選曲ですね。(でしょ、Hさん?)この曲には2006のヴァージョンがあるよと言いながら、次の曲に移ります。ロック・チューンで THE GHOST OF ROCK'N ROLL<DON'T YOU KNOW収録>ですね。

そして、とうとう今夜のラスト・チューンです。カイルは「手元に訳詞の載った紙があるので見てほしい」と言います。そう、PETALS OF PEACE<新曲>です。次のアルバムのタイトル曲になる予定だそうですが、本当に(歌詞も曲も)いい曲ですね。特に、この広島で歌われると、何か特別な感じがしますし、胸にこみ上げるものがあります。(ですから、僕は広島のイベントのタイトルをPETALS OF PEACE としたのですけどね。)カイルはイントロを弾きながら一言。「この曲をHIROSHIMAに捧げます。」.....カイル、ありがとう。僕はコーラース・マイクの横にいたのですが、お昼の講演のことを思い出して、思わず泣きそうになりました。曲の途中から、僕もサビとかで控え目にコーラスに入りました。ミドル8のアメリカ風のハーモニーは京都から始めたのですが、いい感じだと思います。カイルはこのアレンジを残してくれるかなぁ?

さて、アンコールです。曲の前に、カイルは世界から争いがなくなり平和が来ることが僕の願いです。と言いました。そして始まります。スペシャル・ヴァージョンの I SING FOR YOU<SOLITARY ROAD収録>/HAPPY ENDING<KYLE VINCENT収録>/I SING FOR YOU のメドレーです。途中では歌詞を「sakura tree」に代え、ラストでは歌詞に「大阪、京都、東京、広島」が練り込まれ、「ありがとうござました」の歌詞も入って本当に今回の日本では最後の曲が終わりました。

今日のカイルはいつもよりもミスが多かったのですが、そんなことは関係ありません。広島に訪れてくれた20人余りのファンのみなさんは、カイルの音楽を本当に楽しんで堪能してくれたと思います。(^^)

ライヴの後は、みんなで記念写真の撮影です。みんな、来てくれてありがとう。カイルも喜んでいますよ。続いてCDの即売会と、サイン会、写真撮影会です。僕は、僕のギター(カイルが大阪と京都で弾いてくれた、あの赤いやつです)にサインをしてもらいました。僕の宝物です.....いえ、本当にかけがえのない宝物は、(カイルを含めて、)一緒にやってきた仲間たちですね。今日はここにいないマークさんを含めて、みんな、本当にありがとう!!

そして、最後にカイルはKAPONEさんのために壁にサインを残しました。KAPONEに行けば見ることができますので、広島の人は機会があれば見に行ってくださいね。(ついでに何か1杯飲んであげてね。(笑))

ということで、広島のイベントは終わりを告げるのでした。

では、また次回に。(次回で広島編は最後です。)


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。