第18回  カイル来日(その2:京都夜の部)

 さて、京都でのファン・イベントです。ファンド・メンバー・オンリーの昼の部とは違い、多くの招待メンバーが参加してくださいました。

僕は、カイルたちと一緒にタクシーで会場に戻ります。仮眠をとったカイルは、(当然、疲れはかなり残っているのでしょうけれど、)それでも少しは回復したようですね。タクシーの中でカイルがこう言いました。「アリアンの時に一緒に唄ってくれないかい?」「いいの?」「もちろん」.....ということで、僕の参加する曲が1曲増えることとなりました。(^^;

会場に戻ると、残っていたみんなから「お帰り〜!」の声が。(当然、カイルにですよ。(笑))ふと気がつけば、午後の部よりもマイクが1本増えていました。

前日の大阪に続き、カイルがお客さんに挨拶してまわって、イベントが始まります。

では、またまたすみこさん作成のセットリストです。
Tomorrow We'll Try Again
Van Gogh Sunset/Young Again
She Comes Home Hero
Sweet Alice Brook
Arianne(くぼたくんコーラス参加☆)
Sierra
Your Life
Superstar/Let Me Let Go
Wake Me Up
Merry-go-round
Ghost Of Rock'n'Roll
Boat Against The Current(!!!!!)
Don't You Know(B姫&くぼたくんコーラス参加☆)
Petals Of Peace
アンコール
I Sing For You(and Osaka,Kyoto,Tokyo,Hiroshima,Japan)/Happy Ending

ずっと参加している(この後も参加する)人もいるので、セットリストにもカイルならではの気遣いが窺えますね。(^^)

今回の超目玉は3曲でしょうか。まず、マークさん大推薦の「Your Life」です。マークさんの話通りのいい曲です。でも、歌詞はなかなかのポリティカル・ソングで、とりあえず「Gathering Dust」の選曲からはずれたのもわかるような気がしました。きっと次のアルバムには収録されるのでしょうけどね。

続いて「Merry-go-round」。カイルは、この曲を歌う時には、本当に心の準備が必要なんだと説明してから歌い始めました。彼のおばあちゃんに捧げる歌ですね。

そして、なによりも驚いたのが「Boat Against The Current」です。カイルは、曲の前に僕が16歳の時に初めてレコーディングした曲だよと言ってから始めたのですが、イントロでため息混じりの歓声が上がります。カイルにはちょっとキーが高すぎたのと、昔演奏したのを思い出して演ったせいか、途中でピアノのコードがわからなくなってしまいました。カイルは最後に一言。「Sorry, Eric」
カイルは「昔やったんで思いつきでやったんだと言っていたのですが、もしかしたら、昨日の大阪で一緒に歌って遊んでいたからかな??なんて思いました。ライヴの後、カイルに大阪で見せた楽譜を見せながら「Do you need sheet music?」と冗談を言ったらら、カイルは楽譜を破るまねをしました。本当に悔しかったんでしょうね。きっと、カイルは東京でリターン・マッチを果たしてくれるでしょう...その時、そう感じました。(笑)

そうそう、Arianneですが、最後までコーラスパートのみを歌っていたらいいのだろうと思っていたら、途中でカイルが「ハモって」と合図を。そして僕のところのマイク1本で唄うじゃないですか。カイルと一本のマイクを分けて唄うなんて........カイルを呼べて良かったと、本当にそう思いました。(^^)

演奏が終わると、またCDの即売会&サイン会&写真撮影会&おしゃべり会です。カイルは疲れを隠して笑顔を振りまきます。プロやなあ、カイル。ちなみに、写真は、「日本人は僕をこう呼ぶんだ」と言いながらカエルの絵を指さすカイルです。(爆)

そして、最後は、京都のGreen Man(カイル命名)さんが持ってきてくださった野菜の鍋を囲んでお開きです。

帰りの車の中で、カイルは睡眠不足で声が上手く出なかったと言っていました。カイル、今夜はゆっくり休んでね。...車に同乗していた誰もがそう思ったと確信しています。

では、また次回に。


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。