第16回  カイル来日(その1:大阪)

 さて、とうとうカイルが日本にやってきました!!パティオでは速報を書いていたのですが、ようやくレポートの開始です。(^^)

カイルが関空に降り立ったのは、3月17日のことです。僕は出迎えには行けなかったのですが、彼は大きなスーツケースをふたつひきずって、にこやかに出てきたそうです。

そして翌日3月18日の夜は、カイルにとって初めての日本でのステージがありました。生憎の雨模様でしたが、会場となった大阪梅田の「えでぃさんの店」は、梅田のはずれ(失礼!)にあるのですが、そんなに大きくないながらも、いい雰囲気のお店でした。

関西では、カイルは僕の持参したギターを使うことになっていたので、チューニングを合わせておいてからカイルを待ちます。そこでお店にマークさんからの電話が。どうやら、道に迷ったとのことです。マスターのえでぃさんの案内を聞き、もよりの信号機までカイルをお出迎えです。

しばらくして、ファンド代表のマークさんと一緒にカイル登場です。 Hello, Kyle! I'm Tsutomu. Nice to meet you.僕がそんなことを言うと、カイルはにっこりと握手してくれました。そして、お店でイベントの準備をするうちに、ぞくぞくと仲間たちが集まってきます。ファンドメンバーのすみこさんやBrendaさん(以下、B姫)をはじめ、実際に顔を合わせるのは今回がはじめてだけど、つきあいの長い仲間たちです。(^^)

カイルのリハーサルの間には、僕はパパラッチに変身して((^^;))写真をパチリパチリ。その後、僕の持参したシートミュージックを見せると、カイルが弾き始めます。カイルはバッドフィンガーが好きだということで、「デイ・アフター・デイ」「明日の風」「ウイズアウト・ユー」を見ながら『This is really good song』を連発していました。二人で歌って遊んでました。このとき見せたシートミュージックの中に、エリックの「雄々しき翼」があって、これには続きがあるのですが、それはまた後のお話。

そうこうするうちにイベントが始まりました。すみこさんの記録によると、この日のセットリストは次のようなものです。(ありがとね、すみこさん。)
Wake Me Up
Arianne
Next Time We'll Go Crazy/Before The Winter Comes
You Will Dance Again
Don't Follow Me
Dana&Mary
Van Gogh Sunset/Young Again
She Comes Home Hero(新曲♪)
Where You Are(新曲A♪)/No Matter What Will Be
Don't You Know(B姫コーラス参加☆)
Sierra
Superstar/Let Me Let Go
Petals Of Peace(新曲B♪)
アンコール
I Sing For You(and Osaka,Kyoto,Tokyo,Hiroshima,Japan)
/Happy Ending
このほかに、どっかにGhostが入っていたのですが、そのあたりは、そのうちマークさんから情報が入るでしょう。(笑)

ともかく、待ちに待ったカイルの生歌です。僕は写真をとりながらも、じっくりと耳を傾けていました。カイルは(時差ボケもかなりあるでしょうに)にこやかにサービス精神たっぷりに歌ってくれます。どの曲も素晴らしいこと、素晴らしいこと。新曲も良かったし、昔の曲も弾き語りだとまた違った魅力があり、感無量の一語に尽きます。

特に、アンコール前のラスト・ナンバーの「Petals Of Peace」は、内容的にも素晴らしい曲だと思います。実は、カイルはまだコードを模索中で、この日もGだった部分をひとつDに変えたんだと言っていました。

ということで、大盛況のうちにカイルの日本初ライヴは終わりを告げるのでした。お店のマスターのえでぃさんと連れ合いのべてぃさんのお人柄のように、心温まるライヴでした。(^^)

明日は一緒に京都へ移動することを確認して、カイルとマークさんは心斎橋のホテルに、僕も梅田のホテルに戻ります。そういえば、外が雨だったこともすっかり忘れていましたね。(笑)

さあ、明日からは京都です。カイルは今度は何を歌ってくれるのでしょうか?

では、また次回に。


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。