第56回 EVER!

 さて、前回の更新からずいぶんと過ぎてしまいましたが、今回は、ようやく「EVER」の話です。

 このDVDですが、あの「NEVER THE VIDEO」のDVD化になるわけで、それにオマケの映像が(もしかしたら本編よりも)豪華ということですから、我々ファンにとっては待ち望んでいた1本と言えるでしょう。

 当初のリリース予定は4月1日だったのですが、僕が入手したのは少し遅れました。(ちゃんと何ヶ月も前に予約しておいたのにね。(^^; まあ、それが地方の悲しさかもしれませんけれども。最も。アップが遅れたのは、年度初めの多忙のために、その後もこのDVDをじっくりと観る時間がとれなかったということが主な理由です。)でも、リリース自体はきちんと予定通りの発売となっていたようですので、この部屋をご覧になる方には、すでにお持ちの方が多いだろうとは思います。(^^)

 前回、僕はジャケットへの興味を書いたのですが、オリジナルの「NEVER THE VIDEO」とはイメージの違うものになっています。一見してわかるとおり、色遣い等も含めて、ビートルズの(日本やアメリカでの)セカンド・アルバムのデザインの引用ですね。(^^)個人的には、「レット・イット・ビー」のイメージで来るのかな?と予想していましたので、ちょっと意外な気持ちが半分でしたけどね。 ただ、表ジャケも裏ジャケも、他のマテリアルで見たことのある写真ばかりだったのが残念と言えば残念です。

 内容ですが、「NEVER THE VIDEO」については改めて書くこともないでしょう。ALWAYSの唯一の正規版映像ですから。ラストの「ステージ・ドア」はいつ観ても感動的な映像だと思います。(^^)

 次に、ボーナス映像のことです。

 最初のボーナス映像は、「8月の熱い砂」のプロモーション・ヴィデオ(「ヴィデオ・クリップ」という言い方は定着してきた時期ですけどね)です。ここでは白黒ヴァージョンと、ボツになったカラー・ヴァージョンの2種類が収められています。白黒ヴァージョンについては懐かしく、カラー・ヴァージョンについては興味深く見せていただきましたが、どちらにしても、「やっぱりビートルズみたいだなぁ..」というのが正直な感想ですね。なんか、安部さんがジョージに見えてしまいますよ、うん。

 で、今回の最大の目玉の「デビュー・コンベンション・ライヴ」です。オープニングの「YOUR LOVE」からアンコールの「ひとりぼっちのHolyNight」まで、たっぷりと収録してくれていますね。(前回書いたアンコール2曲目の「WAY」ですが、演奏が終わった後にテープで流されていますので、これでコンプリートに完全収録というわけですね。)
 映像的には、さすがにスタッフが趣味で撮ったホーム・ビデオがソースだけあって、鮮明な映像とは言えませんが、十分に鑑賞に堪えるレベルですし、何よりもこの映像が残っていたことを感謝しましょう。(^^)
 演奏の方ですが、デビューのお披露目ということで、その後のライヴに比べると、かなり緊張した雰囲気も伺えます。でも、当時このライヴを観た人には、ALWAYSの音楽の素晴らしさが十分すぎるほど伝わったに違いないと思える演奏だと思います。

 ということで、ファンならば絶対に損しない1枚だと思います。万が一、まだゲットしていない人がいらっしゃったら、すぐにゲットしてくださいね。(^^)

では、また次回に。