第33回 一里野のピカサ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、行ってきましたよ、一里野へ。さすがに広島からだと遠かったですけどね。(^^;

 一里野には初めて行ったのですが、金沢からはわりと近い位置にあるんですね。実は、スキー場だから、もっと山奥かと思ってたんですよ。(暖かい瀬戸内人的発想ですね。(^^;)

 バスが到着して、荷物を部屋に置いたら、外に出てみました。当然のことながら、機材のセッティングとリハーサルは始まっていて、遠くから機材チェックの音が聞こえます。で、会場まで歩いていって、ミキサーのテントの後ろに陣取りました。(実は、使っている機材にも興味があったのです。リミッターがいくつ、エコー&コーラスがいくつとか、いろいろ見て楽しめたんだけどね。(^^))マイクのチェックでは、風祭クンが「チッ」「チェ」(撥音)「ONE TWO」とやってました。マイクチェックの時は、撥音と「a」「u」の母音(音圧が高い)のチェックが要るのです。で、各人の楽器のバランスをとってました。

 その夜は前夜祭でした。やっぱり山の中だけあって、わりと涼しかったですよ。(^^)ステージにピカサのメンバーが出てきます。そうそう、書き忘れてたけど、今回はキーボードは小泉さんではなくて嶋田さんでした。前夜祭というか、公開リハ(まあ、最初から公開リハにはなってるんだけど。(^^;)という感じで進んでいきます。途中で嶋田さんのキーボードの左チャンネルの音が死んでしまったり(ケーブルが原因だったようですね。)、突然曲の打ち合わせをしたり、和気藹々とした雰囲気でした。あるお方が朝寝坊して、ひとり電車で来た(みんな飛行機で来たのだけど)話とかもあったけどね。

 財津さんのジョージの曲の時、6弦で12弦の感じを出すために、音色を何度も切り替えていた橋本さんが印象的でした。3人GAR-YIZの時にも思ったのだけど、この人はいつも「この曲なら、いかにしたらそれっぽく聴こえるか」ってギターの音色やフレーズをいろいろ工夫してくれてますよね。(^^)ところで、峠さんの唄ったグロリア・エステファンの曲って何だったんでしょう?(2日とも聞き取れなかったのです。(^^;→その後、Mikiさんより情報がありました。)

 そして、音楽祭当日です。天気は晴れたり曇ったり大雨が来たりと、めまぐるしく変わりました。でも、全般的には、すっごく暑かったよ〜。(^^;途中で司会のアナが「みなさん、暑いですか?」と訊いたら、いっせいに「暑いに決まってるやんけ〜!」と(それぞれの人の言葉で)返ってきました。(ソリャ、ソウダ。)

 ステージでは、演奏は財津さんの数曲とタケカワさんの時を除いて、全部ピカサが担当していました。ピカサの曲以外では、普段演らないような曲想のものも沢山あるので、みなさん楽譜(かコード譜かわかんないけど)を見ながらの演奏が多かったですね。僕はと言えば、ギター弾く方たちの指を見ながら、曲のコードや、フィンガー・ポジションを見てたりしました。(家に帰ってから撮った写真見てみたら、橋本&山本コンビを撮ってるのが一番多かったです〜。(^^;→だって、山本さんのギターって、凄く好きなんだもの。)

 伊豆田さんがソロで「LOVE LIFE」を演ってくれたのは、ちと驚きました。会場にもどよめきが起こりましたよ。(^^;松尾さんは、例によってロージーだったのだけど、この曲(だけじゃないけど)の橋本&山本コンビのハーモニー・ツインはいつ聴いても最高ですよね。(^^)コーラスも凝ってるし、ピカサじゃないとライヴでは(満足して)できなかったってことも頷けます。

 僕と言えば、ビートルズ・ナンバーでは、やっぱり一緒に唄っちゃいました。(コーラス・パートをメインにね。)前に座っていた方々、ごめんなさ〜い。(^^;(でもね、財津さんやタケカワさんは一緒に唄ってって言ったんだよ。→言訳モード)

 今回、特に印象的だったのは、自分の出番じゃない時に外を歩いていた山本さんに「ギター、良かったっスよ〜。」と声をかけたときの、山本さんの笑顔でした。それだけで「あっ、この人、ええ人やな〜」というのがにじみ出てくるような笑顔だったんですから。(しっかりBONZのCD買って帰ったもんね。(^^))

 ということで、本当に楽しかった音楽祭でした。(^^)

<前夜祭SET LIST>

21st Century Man/彼女のBrand-new Day

If I Needed Someone <with 財津和夫>

さよならHappy Tears/ロマンティック天国 <with 須藤薫>

Cuanto te quiero(クアンド テ キエロ)/静かなる花 <with 峠恵子>

愛の歴史を始めよう/Baby! It's all right

<当日SET LIST>

Baby! It's allright/恋の道化師〜メリーゴーラウンド/お泣きメアリー/彼女のBrand-new Day

ロマンティック天国/さよならHappy Tears <with 須藤薫>

Love Life/愛しのロージー/愛はタイムマシーン

サボテンの花/青春の影/僕がつくった愛の歌/All My Loving/If I Needed Someone <with 財津和夫>

Good Friend/Darlin'/Dreamer/Never Cry Butterfly

Cuanto te quiero(クアンド テ キエロ)/静かなる花/クロース・トゥ・ユー/青春の輝き <with 峠恵子>

雨の日と月曜日は / 愛にさようなら <with N.A.T.プロジェクト>

ガンダーラ/銀河鉄道999/レット・スプリット・ウォーキング/愛する地球のために <タケカワユキヒデ>

Happiness Is A Warm Gun/Kansas City〜HEY HEY HEY HEY <with タケカワユキヒデ>

21st Century Man/愛の歴史を始めよう/Baby! It's all right

I Saw Her Standing There/Can't Buy Me Love/Hey Jude/Twist And Shout<全出演者>