第19回 メンバーの提供曲2 

 ALWAYS関連のネタもめっきり少なくなりましたね。(来年はのっけからピカデリーのCDSが出るので、そのあたりの話題がありそうですけどね。)で、今日は大昔に書いた「メンバーの提供曲」の続きです。と言っても、姫野さんが曲を書いた西村知美の「ALWAYS...」(しかし、なんというタイトルでしょう。(^^;ちなみに、アルバムでは最後の「.」が6個になってます。)のCDSと、それが入っているアルバム「T-MOON」を入手したので、そのレビューをするだけですけどね。お茶を濁すような記事でごめんなさいね。

 さて、この曲ですが、作詞は西村知美本人で姫野さんは作曲のみです。(アレンジはおなじみの嶋田陽一さんですけどね。)曲想としては、完全にモータウン・サウンドです。これは姫野さんと言うよりもアレンジャーの意向でしょうが、シュープリームスのいくつかのヒット曲を思い起こさせますね。曲自体も姫野さんらしい明るいメロディーです。これでもっと歌のうまい人が唄ってくれていたなら....という感想はやっぱ反則ですか?でも、いい曲ではあります。

 ちなみに、シングルとアルバムでミックスが若干違うみたいです。僕はアルバムの音のほうが気に入ったので、シングルは不要になっちゃいましたけどね。(^^;

 あまり長く書くとこのページの意向からはずれるので簡単にしますが、このアルバムの作曲陣は豪華絢爛です。残念ながら姫野さんは1曲だけですが、松尾清憲さんとか、ヨッチャン(スペクター風です)とか、小林靖宏さん(この曲がベスト・トラックだと思います)とかの作曲陣の佳曲が並んでます。ああ、これで唄さえうまければ....(ファンの方、ごめんなさいね。(^^;)

 ということで、今年はこれくらいで。来年もまたよろしくお願いしますね。