第2回 僕の好きな曲たち

 誰でもそうだと思うんだけど、僕も、自分の好きな曲だけを集めて、「マイ・ベスト・オブ・THE ALWAYS」って感じのMDを作っています。で、自動車通勤のカーステレオとか、自転車通勤のMDウォークマンとかで聴いています。車の中だと、つい一緒に歌ってしまうんですが。(^^;(最近は、自分の曲を詰めたMD聴くことが多いんだけどね。....ナルシストって言わないでね。)

 さて、選曲ですけど、自分の好みで選ぶと、こうなってしまいました。

 1.COUNT DOWN TO EXTACY 2.サ・イ・ク 3.ひとりぼっちのHOLY NIGHT 4.灰色の夏 5.好きさ 6.サヨナラの前に 7.8月の熱い砂 8.Hi!Hi!Hi! 9.ソフィスティケイティッド硬派 10.秋の風 11.I'LL BE BACK 12.YOUR LOVE 13.SNOW WHITE 14.約束の土地 15.ALWAYS BE TRUE 16.お願いだから 17.雨のエピローグ 18.CARRY ON

 以上で74分のMDにいっぱいです。きっと、みなさんの選曲は、僕とはまた違っているでしょうね。(^^)

 ところで、THE ALWAYSの曲って、結構70年代のポップスやロックの影響を受けていたりしますよね。もともと、TULIPにしてもビートルズへの愛情いっぱいのサウンドでしたし、そういうところはTHE ALWAYSにも(たぶん、姫野さんと安部さんが抜けた後のTULIP以上に)受け継がれています。

 「CARRY ON」は曲想やコーラスなど、バッド・フィンガーの「明日の風」ですね。「SPINING AROUND」や「虹が消える前に」は、完全にパイロットのサウンドをしています。(後者は「マジック」ですね。)また、「秋の風」は、(80年代だけど)ジョニー・ヘイツ・ジャズの「シャッタード・ドリーム」みたいな雰囲気もあります。(誤解なきように書いておきますけれど、別にあら探ししてるわけじゃないですからね。(^^))ここまで書いて気がついたのですが、今挙げた洋楽の人たちって、やっぱり全部僕の大好きなバンドだったりするのです。

 で、そういう70年代(一部80年代)のポップ・バンドへのオマージュと共に、THE ALWAYSならではのピュアでポップなメロディーの存在が、僕にとっては心地よいブレンドなのです。そこに、THE ALWAYSの最大の魅力があると思っているのです。もちろん、ハードなロック・ナンバーも好きですよ。だけど、どんなにハードなギターが鳴っていても、そこには必ず変わらぬメロディーが流れているのです。メロディーを無視した曲は、1曲だってないのです。だからこそのTHE ALWAYSなのです。うん。

 THE ALWAYS / THE ALWAYS PARTY < JPN / KING / 8SSX30 >


  HPオープン記念プレゼント!

って、たいしたものじゃないのだけど、今日、中古屋さんのCDS30円均一コーナーで、THE ALWAYSの「海が

見てただけ」のCDSを見つけました。93年の発売なので、もはや見つけるのにもちょっと苦労すると思います。

(あったら安いと思うけどね。)僕は出た時に買ったのを持っているので、この1枚をプレゼントしちゃいます。

希望のかたがいらっしゃいましたら(そんな人いるのかなあ?)、僕までメールくださいね。

(たぶんありえないけど、)希望者多数の場合は2月15日〆切で16日に抽選します。