TO THE NORTH


清里ジャズフェスティバルの余韻を残し

日本海を北上する航路で北海道を目指す


今ごろ

二人の仲間は、それぞれ別の航路で

北を目指している

三人が落合う場所を岩見沢に定め

無事の再会を楽しみに走る


先に到着した仲間と最後の一人を待つ

強い陽射し

日陰にもかかわらず

バイクのステップがアスファルトにメリ込む

方向音痴がそろうと、必然的に道に迷う

その先に出会った光景は

北の大地そのものであった

誰一人、観光客の来ない

そんな場所にこそ本物の北海道が隠れている

旅のスタイルが少し違い

許される非日常的時間も少ししか合わない

でも、今夜は同じ宿を目指している

明日になれば

また、それぞれの旅路へと向かう

黄金道路から襟裳岬

そして、サラブレッドロードへと距離を伸ばす


北海道を離れる日


最後の港

フェリー乗船口

旅の途中で知り合ったバイカーと

無事の再会を喜び合う

星が降る夜の日本海


甲板から見える街明り


心地よい夜風を感じながら

脳裏に焼き付けた光景を

思い出していた



HOME