HORSEBACK RIDING


地図もガイドブックも見ないまま旅に出る


砂利道がアスファルトに続いて伸びている

橋を越えたところで、牧場に気付き

バイクを止める

そこがフジファームであることは、あとで知った

馬を運ぶためのバスが数台

一際大きな建物が目を引く

一人の女性が馬の世話をしている

鉄馬を操ることが出来ても

この馬を操ることは出来そうに無い

オイオイ、そんな顔で見ないでくれ

あんたにゃ迷惑かけないヨ

彼女は余裕で馬に跨り

ゆっくり、気持ちよさそうに歩く

牧場には心地よい日差しが注いでいた

馬舎に入る

乗馬道具が小奇麗に片付いている

洗馬場で全ての汚れを落とし

なだらかに毛並みの揃った馬は美しい

触ってみると

気持ちよい質感が伝わってくる

作業を見ていると

彼女がこの馬にどれほど愛情をもって

接しているかがわかる

帯状に自然光が入る屋内競技場

サッカーが出来そうなほどのスペース

一人で練習しているにもかかわらず

このスペースが狭いと感じる

真剣な表情


広い競技場には

先ほどまでとは異なる彼女自身がいた



HOME