戦史研究


コリオリの力別式プラス... メインに使った方程式がまずかったようです... 別のを試したのですが合わない... 真空弾道式は三通りの計算方法で比べた時にバクが見つかって直しましたが (ランチェスターの法則は「基本」「方程式解」「分析基本式」の三つが) (相互に検算できるのでバク退治は簡単だったのですが...) 同じようにもうひとつ解き方があるので整合用に作ってみる予定です... 2001.5.14... 定数数値が怪しかったので理科年表を使って再計算 (2001年版を買ってきました我が家のは86年度版だった) (こういう定数は同じなので毎年買い換えるのはもったいない) (と思ってそのままでしたが、衛星測量のおかげで定数にかなり) (変更があると聞いたので買ってきました...) 他の惑星上でも使えるように入力定数を増やしました。 (惑星角速度、重力、赤道半径の三つが必要でした...) 惑星角速度をmilからradへ変更...... コンピューター用の角度{ラジアン(rad)=度÷(180÷π)} 赤道地表面速度、理科年表の角速度から計算し直しました。 計算が面倒なので関数電卓を買ってきました... 前使ったのは15年ぐらい前だったので1万数千円しましたが、 今は、2980円でパックしてつるしてある... こんな値段なのに中身は昔から変わらないようなので便利です。 (これはそんなに売れないので100円にはならないみたいですね?) やはり手元でパット計算できないと駄目でした... コリオリの力 精密計算 (旧精密計算) (自転速度差) 落下物体計算 垂直に投げ上げ計算 惑星角速度は360度÷自転時間(秒)÷(180/π) 赤道地表面自転速度=2×半径(m)×π÷自転時間(秒)+(360÷公転周期day) 地球、0.00007292115rad/s-1、6378.13659km、9.7803278m/s2 火星、0.00007087919rad/s-1、3397.00000km、3.716524564m/s2 金星、0.00000029924rad/s-1、6052.00000km、8.900098298m/s2 水星、0.00000123993rad/s-1、2440.00000km、3.716524564m/s2 月、 0.00000266169rad/s-1、1738.00000km、1.662655726m/s2 注、有効桁数は4桁ぐらいです... 大気の無い惑星だと真空弾道のまま使えます... 2001.5.13... ネットスケープへ対応... 35t戦車...四号駆逐戦車 パンター...ヤークトパンター エレファント...ヤークトティーガー マウス...E100 SU85/100 97式中戦車 M4シャーマン暫定... こうやって見るとソ連戦車を作っている途中で面倒になって... ドイツ軍だけ防御と攻撃両方作っておけば使えるかな?と 手抜きして主砲製作に回ってしまってますね... M4とT34ぐらいは手を入れないと... 2001.5.11... コリオリの力真空弾道バージョン完成しました... コリオリの力5.11... 虫取りにかなり手間度ってしまいました。 モバイルのWinCE付属のブラウザを使って作っている時間が長いため エラーチェックが無いのが失敗でした... しかし、メインのバクは... グルグルの分割に失敗して1/4だけ角度が減っていったり... (入力の分割部分の三番目の(x−270)(270−x)を書き間違えただけ でした) 出力の合成部分をいじっていたため出力部分ばかり眺めて時間を無駄に... (くだらないミスですが) (エラーチェックにかからないやつは場所が出てこないので始末が悪い...) 丁度x軸のプラスマイナス逆転してテストしている時だったのではまりました フローチャートまで行かなくてもせめて図形ぐらい書いてから作らないと 立体は危険です... 今回使った方程式を見ると時間tと距離vtで計算できるようなので 真空弾道じゃないバージョンもこれから簡単に作れそうです... パンサー戦車で検索したら... 家のHPが上位で出て来たのは良いのですが 直して無いエクスプローラーでしか動かない「装甲防御力の変化」でした... 重複している場合は、一番古い物を選ぶのだろうか? (直して無い部分が古い日付になるのは当たり前だか?) やっぱり一番大変そうなので後に残しておいたのがいけなかったようです... 簡単な方から改定します 四号戦車「装甲防御力の変化」 角度と貫通数値の出力桁を変えられる数値ボックスを追加しました... 簡易版はこのパターンでいこうと思います。 (中身はツギハギでかなり無駄が多いのでもう少し改良する 必要がありますが) 2001.5.10... プロジェクトXを見ていたら、スバル360のバネはネジリ棒バネって... 戦車用に、三号戦車やM24チャ−フィ−に使われたトーションバーアーム のことですね... たしか、戦前日本でも研究されていたそうなのですが。 実験に使ったものが直径の細めの物を使ったため巧く行かなかったそうです。 やっぱりスバルの「ネジリ棒バネ」も試験走行で折れてしまい 洋書のバネの本が登場して補強されてしまうのもそのせいですね。 しかし、 ぺらぺらの鉄板を曲面に仕上げて強度を出すとか 航空機技術を使って一グラム単位で軽量化するとか は、さすがです... 2001.5.9... 今、買い集めた古本を読んでいます... 「坂の上の雲」が全巻(6冊)で1000円だったので買ってきました (我が家の蔵書には欠番が...) みんな読み直す時間は無いので 後書きと日本海海戦と旅順攻防戦の部分をパラパラと眺めていました... (後書き2巻〜6巻、全六巻は長くて読めないという読書嫌いでも) (この部分に日本陸軍の内幕がかなり載っている...) (リデルハート同様、司馬遼太郎が軍人から重箱の隅を突付くような攻撃をされる) (原因の部分...) 乃木将軍が薩長の派閥論理から選ばれただけの駄目将軍だったとか... 部下は、欧米帰りだったが、軍事に精通していない駄目留学だったとか... ロシアの大軍に攻められて、乃木師団丸ごと逃げ出したとか... 第一次世界大戦のことを考えると、機関銃が始めて本格使用された戦場で乃木将軍が対応できなかった のはしかたがないことではなかったか? 他の会戦を見ても砲撃火力が足らず、敵陣を潰せないまま強行突撃をして大被害を出している場面が多い... (乃木師団の崩壊を止めて敵の大軍の進撃を止めたのも日本軍側の少数の機関銃の阻止射撃だった...) 精神主義が駄目の原因なのは消せませんが... 2001.5 降られてしまった... 「天気予報」では昼から晴れるとか言っていたのに... コリオリの力と大気温度差、水蒸気密度を使って高いコンピューターで計算してる そうですが、外れもかなりある... 2001.5 「昔の六面ダイスしか無いゲーム」が情け無かったので作ってみました... (扇型の厚紙に同じ幅で1,2,3,4,5,6としか書いてない) (いいかげんな骨董品メジャーが...) ORモンテカルロ乱数 一様乱数、指数乱数、正規乱数の三通りの乱数を出します... 特に実戦ゲーム向きには正規乱数が使えます。 砲弾の着弾のように(着弾分布が正規分布する)散らばります。 ちょっと使い難いか? 0〜0.6745ぐらいまでが50%の命中率になります 10%=0.1257 20%=0.2533 30%=0.3853 40%=0.5244 正規分布は、大体0〜5(0〜−5)ぐらいの数値を吐き出します... 条件の最初の数値ボックスはこの乱数に掛け算されます。 この数値でばらつく範囲を決められます。 二番目の数値ボックスは偏差用で全体をずらすのに使うものなので そのまま0が中心にしておいたほうが使いやすいでしょう... たとえば...(スケールモデルのサイズを使って遊ぶとしても) 分度器で標的の占有角度(87度〜93度)と弾丸のぶれる角度が決まれば(20度) 乱数の範囲80〜110で計算すれば、そのまま実戦らしく出せます... (必要なのは大体の命中率...) (50%の命中率が10度の扇の範囲だとすると最初のボックスに) (10÷0.6745=14.82579を入力すればそのまま出力が正規分布して) (ちらばる弾道角度になります。) 切り捨て桁は四捨五入する桁です、見易い数値で切れます... 注、プログラムはただ乱数を出すだけです 最大最小とか平均、偏差、各種計算結果をグラフ表示させる、 などのオペレーションズ・リサーチ用の部分はありません... 2001.5.8... 連休中はアクチュアルゲームの実験をしていました... こないだの古本屋周りで、ホビージャパンルールの古い方(72年)が揃ったので (一冊だけ抜けていた)検証してみたのですが... このルールーは... 欧米のルールの翻訳型、実戦的というより子供向けに遊び易く作るといった感じです。 戦車戦だけを考えると物足りない、(しかし、貫通力や装甲値のデータ-すら当時は 揃っていなかった、戦車も輸入品しか無かった)他の兵科との連携を考えると 良くできている? 低い命中率で何度も砲撃し、ちまちまとしか移動できない精密ルールより面白い... そこで、 移動スピードと砲撃のバランスをホビージャパンルールに近づけ 砲撃系貫通判定はそのままで対戦... (おもちゃに見える大砲の射程は廃止してなだらかな命中率で表現) なかなかスピーディーに進むのでこういった面も研究しないと駄目みたいです。 読み直していたら、 SF作家のH.G.ウェルズも子供向けのアクチュアルゲームの入門書を書いていた そうで、当時のゲームは、54mmフィギアを使うナポレオニックが主流で 公園で巨大な模型を並べてプレイする写真が載っていました... (72年当時でも、欧米の主流はナポレオニックで第二次大戦は大人のゲーム) (退役軍人の休日の楽しみらしい...) 見ているとホビーはいつも同じようなパターンで... 輸入品が流行る==>国産メーカーのコピー==>日本語化で大流行 ==>新しい輸入品が流行ると急速に廃れる。 アクチュアルゲーム、シュミレーションゲーム、RPG、カードゲーム、 うむ... 次は何だろうか? コリオリの力 参考書から抜いたのですが、まだ方位盤部分と砲弾の曲がりとして計算した 部分が付いてないバージョンです... コリオリの力(精密計算) 入力には、速度を三次元的に分割して入力します。 Vx、南北方向のベクトル Vy、東西方向のベクトル Vz、垂直方向のベクトル とりあえずロングトムのデータ-が入ってます。 しかし真空弾道なので射程距離が???です。 基本は重砲用なので遠距離射撃用のデータ-を入力してみると 印象がずいぶん違ってきます... 2000.5.7... 力学書から 遠心力をプラスした重力表記 固定された座標での運動方程式は、 重力=重力+遠心力 mg=mg0+mω2ρ0 遠心力mω2ρ0 運動方程式 ma=F+mg−2mω×v’ ベクトル分解して 東向き my=Fy−2mω(xsinα+zcosα) 南向き mx=Fx+2mωysinα 鉛直(上)方向 mz=Fz−mg+2mωycosα 地球自転速度 ω=7.292×10-5 自転周期を24時間で計算し公転周期は計算結果があまりに 微細なため無視しているようです... どうやら、遠心力は、重力方向の変化で相殺されてしまい 計算しなくて良いようです。 つまり、移動による遠心力や自転速度の変異が弾丸の軌道の曲がり として現れる... 北半球で南側に引っ張られる力は基本重力方向の変化として 現れていて計算しなくても良い (超超精密計算として測定物が緯度変化した場合は差をだして計算できる?) (あまりにも小さいため無視できる?) ベクトル計算と図形から解いたのですが 遠心力計算の方は、もう少し改良しないといけないようです。 (東西のずれは変異計算、上下、南北は遠心力計算のままでした) (次回改修予定、) (上下南北は、多分数値が二、三桁ぐらい小さくなるので切り捨てても良いかも) (でも、力学の問題集に載ってるのは真空弾道だけなので) (実用に使うにはこちらを完成させないと...) 一般的な力学問題集によく載っている 速度と方向を入力して真空弾道で解くものを追加しておきます。 落下物体にかかるコリオリの力(こちらは爆撃機用?) (北半球でも南半球でも真東に偏ります) y=(ωcosα/3)√8h3/g h=落下開始点高さ α=緯度 垂直に投げ上げた場合は (米国で独立記念日や祝日で真上に撃った弾丸が落ちてきて事故死する) (事件が良くあるそうなので...) y=(8√2)/3(ωcosα)√h3/g h=落下開始点高さ α=緯度 次回は、真空弾道ですが... 速度と発射角度からコリオリ誤差を計算するものを 問題集から発見したので作ってみる予定です 2001.5.4... 前回作った式は、コリオリの力の中の遠心力関係の式で... コリオリの力(遠心力) 今回は、射撃地点と着弾地点の自転速度の差を計算する式です。 コリオリの力(自転速度差) 真北真南に撃った場合が最大で真東真西に撃った場合は同じ緯度で速度差が 無いのでゼロになります。 比べて見ると「自転速度の差」の方がメインで「遠心力式」はサブのようです... 2001.5.3... ややや... 計算に使った三角形が二等辺三角形じゃなくて非対称だと説明したのに 肝心の本体を直すのを忘れてました... こんなにのんびり作っていて大丈夫かな? コリオリ誤差と方向を計算するには、直角三角形じゃないので、 余弦定理を使って 誤差(a2=b2+c2-2bc*cos β) 方向cos -1((a2-(b2+c2))/(-2bc)) 計算する必要があります。 あれれ、こんなに小さな数値で良いのかな? 検算するとこのぐらいかな? やっぱり、小火器は専門外(どうもしもべの歩兵が持つものと言う先入観が...) なので実射データ-が無く比べられなかったのが良くなかったようです。 さっそく、2,3冊買ってきました。 「小火器読本」 高速度撮影された銃弾のマッハの波角度から弾の速度が測れるとか 結構弾道学に使える方程式が載ってたので得しました... 「銃器使用マニアル」 こちらは失敗、拳銃用+事件物で人体に当たった場合の解説なども載ってましたが コラムの「空に向けて撃った弾丸は」を見ると 落ちてくる弾丸の速度を種類別に書いてあり皮膚を貫通するので危険と書いて ありますが... 「落下速度は重量と関係があるようだ。」 としか書かれてなくて 力学の教科書に必ず載っている。 落下物体と空気抵抗が釣り合って落下物は一定速度で落ちて来るという式を 使えば、落下速度と弾丸の質量から簡単に弾の空気抵抗が逆算できるはずですが... そういう方には詳しく無いようでした... 本屋さんでスーパーロボット大戦のコンプリートブックを立ち読み... 今度は「ザブングル」なのか... ザブングルは、戦車兵みたいにいつもマシンや船の修理ばかりしていて なかなか楽しいアニメでした。 (昔、ツクダのシュミレーションボードゲームを今の成長型コンピューターゲーム風に) (キャンペーンゲームのルールを作って艦隊が成長させて遊んだ覚えが...) 買ってしまうと1ヶ月ぐらいやってしまう(HPはたぶんその間ストップする) ので買うのは控えました、安くなってからにしよう... 解説の方まだ書き直してない。 明日かな? 2001.5.2... 失敗... 計算に地表面速度緯度による補正された数値じゃなくて 赤道地表面自転速度を使ってしまいました... プログラム中は x0=ms*t*Math.sin((wt/2)/(180/r))*2; x0=ms2*t*Math.sin((wt/2)/(180/r))*2; の違いの単なる見落としでした... コリオリの力修正済み 最近、月末になると古本屋を回る習慣が付いてしまった... 昨日は10軒回って本を35冊、雑誌を21冊仕入れてきました。 (ほとんど歴史物) 棚を増やしたのにまた溢れてきたなんとかしないと... 2001.5.1... 戦車マガジンのむかしのバックナンバーを見てたらコリオリの力の解説が 載っていました... しかし、二回とも間違ってる 一回目のコリオリの力は遠距離攻撃の大砲か気象用の補正で的外れだし 二回目は緯度によって変わるはずの無い角速度が可変になってる... (訂正、ωsinαという表現で普段定数を使用するものなので間違えました) (緯度ごとに計算すると変わります) (テロ対策でわざと正解を書かないという噂もありますが...) しかし、式は参考になったのでちょっと組んでみました。 本来なら気象学や地球物理から地球の楕円率の計算を入れないといけないのですが 今回は球形として計算してあります。 コリオリの力 砲弾の飛翔時間(秒)と緯度を入力すれば飛翔中のずれを計算してくれます。 射撃方向を入力するとベクトル分解して答えを出しますが 北半球専用なので南半球は数値(左右前後だけ)のプラスマイナスを 逆にしてください、上にかかる力はそのままです。 mil/s_惑星角速度、m/s_赤道地表面自転速度は、地球以外の火星や金星などの データ-を入れるためのものです... 惑星角速度は6400÷自転時間(秒)(地球だと6400÷24×60×60) 赤道地表面自転速度=直径(m)×π÷自転時間(秒) 2001.4.30... 正規分布表(光学測遠器用)を使った命中計算二次元 正規分布表(光学測遠器用)を使った命中計算一次元 ボックス式に直しました。 第二次世界大戦用に使うには、光学式測遠器の基線長(0.9m~2m) 人間の目の幅にすると(0.15mぐらい)でOKです... 初速が下がってくるとかなり命中率が落ちてくるのが解ります。 現代戦車やパンターの1000m/s以上と火力支援用の四号戦車75mm短砲身や 日本の57mm短砲身の命中率の違いが実感できます。 (真空弾道計算なので実際より減りが少ないですが...) 2001.4.27 昔作った「prompt」関数を使ったプログラムをボックス式に直しました。 データ-入力ボックスが出てくるのはどうも印象が悪いらしく (初心者をだましてダイヤルQ2や国際電話につなげちゃう) (プログラムを連想するらしいので...) 2.正規分布表を使った命中計算一次元式 3.正規分布表を使った命中計算二次元式 4.砲耳傾斜計算 2001.4.26... ミニパーツ 投入兵力可変時用のデータ−を使って計算する部分が無かったので... 特殊解からday戦力出力2001.4.24... b=(n0t)÷Σtt=0t)===> 武器効率計算2001.4.24... penetration table javaScriptのデーター書き換え... 2001.4.23... (1/x)、補正値、可変タイプ投入しました... penetration table javaScriptの penetration 部分をクリックするとPDA用簡易版 table javaScript補正値、可変タイプ へそれぞれジャンプするようにしました... 2001.4.21... penetration table Sinβxの(1/x)、補正値、可変タイプ2001.4.21 両者を統合しました。 2001.4.21... 「penetration table」ドイツ軍火砲改定... 50mm砲L60..75mm砲L48..75砲L70..88mm砲L56..88mm砲L71..128砲L55.. 貫通力数値変換計算用 2001.4.20... どうも数が多いので一番数の多そうなものを直そうとして「penetration table」 を直してたらあちこち数値を比べ出して止まってしまいました。 この辺りはかなり色々な式が揃ったので方程式を複雑なものに変えてみようと 思っているのですが...(始めるとかなりかかりそうなので止めてます) とりあえず簡易版だけ書式が定まったので改定中 75mm砲L37.5 76.2mm砲L52 17ポンド砲L58.4 ランチェスター「5×9」グリッド式 改定前より10%ぐらい速くなったようです... これは、テキストボックスを名前で探すより 何番目と指定した方が速いためのようです。 2001.4.19... (ミニ四駆)系のプログラム改定 2001.4.18... ランチェスター部分改修完了 第二法則、投入兵力可変時用(100日バージョン) マーケッティング用占拠率計算(補修) 「5×9」グリッド式(改修) やはり、改造しにくくなってしまった... 製作はエクスプローラーの方でやって仕上がったら両用に直した方が 良さそうです... しかし... 「Netscape 6」と「internet Explorer5」だとExplorerの方が 圧倒的に速い... 「5×9」グリッド式はExplorerで使う方が良いようです。 2001.4.16... いままで、インターネットエクスプローラー専用の?プログラムでしたが... ネットスケープでも動くように改修中です... 第二法則の基本式(一般書籍) 第二法則の基本式2(方程式解) 分析用基本式 第二法則、投入兵力可変時用 防御、隊列数分割式(古代戦用) 貫通力計算、空気抵抗グラフ入力計算(ドイツ軍用) ランチェスター部分大体改修完了... 一応、Netscape6/6.0 で動作テストしてあります。 「f.cl1.value」と「MyForm.cl1.value」の違いで動かなくなると言うのは 変な話ですが...一応、回避しときました。 「document.forms[0].elements[0].value」 連動型のプログラムは、こっちを使って入出力をコントロールしないと 駄目みたいです。 ボタンやボックスを増やすと全部ずれてくるので... 試行錯誤しながら作ってる場合はちょっと使いにくい 2001.4.15... 八九式中戦車多少書き足しました... 八九式中戦車甲(乙)、 2001.4.12... ガザ地区へイスラエル戦車とドーザー... の見出しを見てやっぱり砂漠で塹壕潰すには必需品か? とか思って本文を見ると潰したのは民家25軒... 聖戦の歴史にイスラエルには二大ボランティアが在ってひとつは入植、 もうひとつは発掘(「ブルムス」極度の飢え、熱狂)で イスラエルの地に自分達の祖先が3000年前に住んでいた確証をえて 多くのイスラエル人が安心した(発掘は一種の擬似宗教的活動)とあって... (中東戦争初期は、住んでいる人々を追い払うのに心理的抵抗が有った) パレスチナ人を追い出すのは正統な権利と考えられているそうです。 やっぱり、こういう危ない宗教絡みは根が深い... しかし、イスラエルの民は遊牧から約束の土地に住む 異民族を壊滅させて(神の命で...)国を作ってるので... (男も女も子供も家畜までもが虐殺され、町は瓦礫に帰した。) (200年の聖戦) 正統と言われても悩みますが... 2001.4.11... 出先で角度表示をまとめたので大体直しちゃおうと始めたのですが... TEXTボックス内に表示される文章が... (¥n ¥r 両方とも同じ□で表示され改行されたりされなかったりする。) おかしいので調査中... CE機のJAVAスクリプト動作比べ? ヒューレッドパッカード社のはちゃんと改行表示される。 ドコモのメールマシンは、同じく□で改行されない。 シャープは駄目? 国産機種特有のものか? ほかの新鋭機種でもTEXTボックスの動作チェックしないと 困ったなあ CE機なら安いのでアクチュアルゲームの時に数台用意して 数値表や乱数振りなどの仕事をさせようと思っていたのですが... 対策あるのかな? 2001.4.9... 携帯用にシャープのテリオス、ハンドヘルドPC、WinCE機(中古)を仕入れてきました... (説明書やCD−ROM、周辺機器なしだったので約2万円強でした。) 画面が800×600なので文章やプログラムを打つには良さそうです。 旧式のPDAだと、私の使っていたのは初代カシオペアです、(PDA三台目) 小さく落として壊しても気にならないものと考えて使っていました。 ひとつのディレクトリーにファイルを多数詰め込むと砂時計が出てかえってこないとか 大きなテキストファイルだと読み込みに数分かかるとか かなり遅かったのですが これは、ストレス無く動くようです。 元々ノートは、文章を打ったり、ジャバスククリプトを組んだりするぐらいしか使ってなかったので これでもよさそうです メモ帳代わりのカシオペアも捨てがたいので、 現在は、かばんにテリオス、ポケットにカシオペアの二刀流になってます。 説明書が無いのでシャープのHPでテリオスの仕様書を見てたのですが。 そんなに前じゃないのに、CFメモリ10M、2万円とは高い?? こないだ特売のかごにカードアダプター付き10M、999円で売ってたので... 買ってきました。 テキスト(TEXT)ベースで使う人間にとってはこれでかなり使えますが 最近の画像や音楽用には見向きもされないようです。 作動時間テスト中... おかしいな? 使用時間3時間弱...フラッシュメモリ差しっぱなしだとだいぶ変わるのかな? やっぱりバッテリーかなりへたってる? (どうやら、閉じたままインターネットに接続してメールやHP収集をしてくるボタンが引っかかって) (誤動作してるようです。バック買い換えないと...) うむむ... 再充電に一時間弱しかかからなかった。 やっぱりへたっててバッテリー容量半分でした。 まあ2万円ならこんなものでしょう。 4月1日エープリルフール? 3冊 最近新聞の書評を見て本を仕入れてます... 今日買ってきたのは、 「聖戦の歴史」(十字軍遠征から湾岸戦争まで)カレン・アームストログ 「新しい学」(21世紀の脱=社会科学)イマニュエル・ウォーラスティン (追加、どうもこういう文体は駄目、四行詩を並べてまぐれ当たりを狙う予言の書に似ている) 福祉国家の戦い(スウェーデンからの教訓)武田龍夫 スウェーデンからの教訓 は、パラパラとめくってみると今までの北欧に関する考え方がずいぶん間違っていそうで買いました... (追加、ラストまで読むとやはり官僚の書いた本は駄目だという結論で終わった...) (科学のためでなく自派のための御本てのが多くて困る) 「聖戦の歴史」は、完全版ではなくて6割の訳出だそうで、原本の第7章... 第二次中東戦争前後のシオニズムの変質、約束の地への帰還運動が聖戦思想へと転換されていく 過程の検証ってやつを読みたいですね。 ぱらぱらと見てるとシオニストもセルビア民族主義もたいしてやってることは変わらないって感じでしたが そこに至るまでのイギリス、パレスチナ、イスラエルの指導者の失敗(無知、ゴリ押し)の連続がこの結果を招いたと 公平な立場で解析しています... 現代兵器を実際に大々的に使ったのは中東で、イスラエルの将軍や技術者へのインタビューなどから 兵器の効果が判ってくるので、このあたりの流れは興味ある問題です... 「新しい学」イマニュエル・ウォーラスティンの後期著作集の中間決算書だそうです。 古本屋さんで、ポールケネディーの「大国の興亡」上下が一冊100円で売ってたので買ってきました。 (日本について書いてる部分は作者のデータ−不足から×...) (欧米部分は参考になる。) 2001.0401... ランチェスターの法則、使った資料が良くなかったので直しました。 第2法則の場合の必勝比率は、ビジネス書は、√3と書く場合が多いの ですが... 正確には、√√8=1.68です。 検索で... 「ランチェスターの法則」を引いてみたのですが... IBMのページに書いてある数値も√3を使っていたので このページの書き手も簡単なビジネス書だけ見てちゃんと 解法まで見てないようでした(-_-;)... でも、最近、パソコンの売れ行きが下がってきて... 急成長の時代は終わったそうです。 こういう時に下位メーカーをたたいて潰すのが ランチェスターの戦略の基本だそうなので。 「激しいシュア争いでコンパック、デル、IBM、以下の 二位グループ(日本のメーカーも入ってます(-_-;))を攻撃 して蹴落とすのが...」 それで、ランチェスターの法則の復活らしいです(^.^)... 2001.0318... ランチェスターの法則、 法則使用による戦争の標準化 多少まとめました... 今まで、出先で暇な時にノートでプログラムを打つことが多かったのですが... なかなか直らないので、読書とPDAで文章を打つ方に変わってしまった。 そのせいか? 古本屋を覗く頻度が上がって本ばかり集めてます ランチェスターの法則のビジネス版や戦略版の古本が手元にけっこうそろってきたので ちょっと打ってみました... 2001.0314 やっと掘り出した。 枕の下の新聞と崩れた文庫本の下20cmから発掘奇跡的に割れてるCDなどは無かった (ケースにはヒビが...危ない) しかし、接続用のIOポートが出てこない とりあえず、HDに全部、復旧FDとWIN98の内容を書き込んで立ち上げたが動かず... (起動FDが95で、書き込んだのが98のため...アホ) 比べると確かにMSーDOSで見慣れたIO、MSDOS、COMMANDCOM、の容量が 両者で違っている... 気がつかずに何度もHDを外して書き換えながら一日潰してしまった... どうやらMSDOSのコマンドを思い出してきたが (昔はメモリを最後まで有効活用とか色々書き換えたものですが) (すっかり忘れてしまった...) 正確なつづりを忘れて適当に書き直すのは... 大変危険な行為だと思い知りました(^.^)... 詳しいDOSマニアルを発掘するか古本屋で買ってこないと しかし、NECとIBMのノートだけが復旧にFDとCDROMを使うタイプらしい 初めマイクロソフトのインストールのようにFDが入ってなければ 場所を変更できるようになってると思ったが固定だ! サブノートのことを全然考えて無い... 修理ストップになってしまった。 そのため、この文章は喫茶店でPDAで打ってるのだ... しばらく、ノートが無いので読書ばかりしていた... 急に寒くなった しかし、我が家は、先日「生活番組」でやっていた 断熱材を使う「消エネ法」に取り組んでいたので大丈夫でした ディスカウントショップや に梱包材料に使う気泡付きの ビニールシートが10m、900円で売ってたのでこれを窓に張り付け 各部屋の出入り口はカーテンにこのシートを挟んでしきりに 隙間風の出そうな部分はみんな詰め物をしたため 電熱器と人の体温ぐらいで暖房はOKになりました (逆に石油ストーブやガスストーブを使うと危険ですが) 窓から逃げる熱量はかなり多かったようです こんなに利くとは初め思いませんでした... ガサゴソ発掘してたら... 「あっぷる2」のマニアルが出てきた。 10kベーシックとリファレンスマニアルもある... ぱらぱらめくってると 10 inrut A 20 For I=1 TO A 30 PRINT; INT((6*RND(1))+1);:NEXT I 40 STOP:GOTO 10 と余白に書いてある おお...行番号が付いてる ボードシュミレーションゲーム用の六面ダイスプログラム この当時のアバロンヒルのボードシュミレーションゲームは六面ダイスしか無かった... たしかビスマルクで初めて赤と黒の六面ダイスを振って36通りのダメージ表になった 複雑にしても六面ダイスを何回も振って分岐で増やすもの (GDWかどこかで海戦物が有ったかな?) クラブでは、オリジナルゲーム制作でパーセンテージダイスのゲームを造っていましたが 一般に 色々なダイスが広まったのはD&Dの四面、六面、八面、一〇面、一二面、20面ダイスが出た後でした。 コンピューターゲームの場合は乱数関数に数字を掛ければ10000面ダイスでも13面ダイスでも 自由に使えるので確率計算を細かくしてカタログ的な兵器表を造るのが客引きの重要な部分になっています (しかし、あまりバランスが良くない場合が多い..) 昔のボードゲームの方がバランス感覚から考えると良かったような気がします... しかし、バックアップディスクの発掘に失敗してしまった... 次はどこを掘ろう?? 2001.0303... 暫く止まっていました。 普段使っていたノートのHDが飛んでしまったので復旧しようと思ったのですが... 復旧ディスクが見当たらない...(どこかに埋まっているらしいのだがいまだに発掘できない) 我が家のマシンはバックアップ用の古いノート一台になってしまった (我が家の編成はノート二台にPDA二機のモバイル編成になってます。) 古いのでUSBも何も付いて無いので復旧できない 壊れて初めて直せないことに気づいて...馬鹿な!! そこで復旧用に安いディスクトップ(5万円)を買ってきました。 中身は繋いで簡単に吸い出せたが復旧ディスクを発掘しないとノートが復活しない... ドライバー が無い  困った困った.. ひさしぶりにディスクトップをいじりました(ここ数年ノートとPDAだけだった) プリンターとスキャナーを繋いでコンパクトフラッシュリーダーを付けてとりあえず完成 しかし、メモリを3980円で増設しといたのですが随分安くなってますね。 「シリコンサイクルの呪い」で高いメモリを買わされていた時のことを考えるとまったく... (マッキントッシュなどは地獄でした) あれが電子産業没落の原因だそうで 安くなるサイクルがあるなら高い時に高く売って低価格の危険期に備えなければならないとか 理屈を付けてメモリを高く売って大理石の立派な箱入りの研究所や工場が建って... 利潤が多いので韓国台湾の参入を簡単にし、自身は成功体験から新規の技術への転換を怠った... 自業自得ですね... 2001.3.03... 三菱の大江工場閉鎖、旧名工 戦前は、零戦などの軍用機生産の主力生産工場でした... いまだに、ご当地名古屋では... 生産された零戦の輸送を牛から馬に切り替えて 効率アップを果たしたとか、営業宣伝してる会社もあるのですが... 大事件です。 ダイハツの工場も閉鎖... どうやら、国内向けの記事で禁句になった空洞化のようです。 2001.3.02...

戦史研究メインへ戻る... 戦史研究&戦車戦へ戻る