戦史研究


あんまり合わないですね... これは、式ができたのが19世紀(戦車のまだ無い?)で大半が軍艦用なためのようです... 2001.02.28... ちょっと組み付けてみました... 始めは、実験定数倍率(貫通力調整用) を[1]にして使ってください。 貫通力計算、空気抵抗グラフ入力計算古典式計算用 試作...

内容は...

jacob de Marre
S∝(P/d1.70.71428... Vr1.42857...

鋳鋼弾vs鋳鉄板 C1=1280
S∝(P/d1.50.76923... Vr1.53846...

鋳鋼弾vsCreuzet鋼板 C1=1530
S∝(P/d1.50.71428... Vr1.42857...

無帽弾(AP)vsNi-Cr鋼板(10cm以下) C1=1900
S∝(P/d1.50.76923... Vr1.53846...

無帽弾(AP)vs軟鋼板 C1=1477.066335...
2832.04402...
S∝(P/d1.50.76923... Vr1.53846...

無帽弾(AP)vs硬鋼板(Harvey) C1=20078.89
S∝(P/d10.66666... Vr1.33333...

無帽徹甲弾(AP)vs均質防弾鋼板 C1=2616
S∝(P/d1.50.71428... Vr1.42857...
----------------------------------------------------------------
無帽弾(AP)vsNi鋼板 C1=2832.04402...
S∝(P/d0.70.454545... Vr0.90909...

無帽弾(AP)vsCrupp鋼板(約15cm) C1=5800
S∝(P/d1.50.5... Vr1...

繭形弾vs均質鋼板 C1=1983 (銅金大佐)
S∝(P/d1.50.71428... Vr1.42857...

無帽徹甲弾(AP)vs表面硬化防弾鋼板(小口径3cm以下) C1=4950
S∝(P/d1.50.76923... Vr1.53846...

無帽徹甲弾(AP)vs表面硬化防弾鋼板(大口径3cm以上)
PVr2=13.6Sd2(1-0.549(S/d))
プログラム必要、制作予定...
2000.02.26...

古典式の代表的公式
色々な砲弾と装甲の組み合わせにより使い分けます...
 ボタンを増やして、組み込む予定...

PVr2=c1dnS1.3

De Marre式VrはUSのV50
鋳鋼弾vs鋳鉄板
PVr2=1280d1.5S1.3
鋳鋼弾vsCreuzet鋼板
PVr2=1530d1.5S1.4
無帽弾(AP)vsNi-Cr鋼板(10cm以下)
PVr2=1900d1.5S1.3
無帽弾(AP)vs軟鋼板
PVr2=103.16941.5S1.3
無帽弾(AP)vs硬鋼板(Harvey)
PVr2=(141.7)2dS1.5
無帽徹甲弾(AP)vs均質防弾鋼板
PVr2=2616d1.7S1.3
無帽弾(AP)vsNi鋼板
PVr2=103.45210.7S2.2
無帽弾(AP)vsCrupp鋼板(約15cm)
PVr2=5800dS2
繭形弾vs均質鋼板
PVr2=1983d1.5S1.4
無帽徹甲弾(AP)vs表面硬化防弾鋼板(小口径3cm以下)
PVr2=4950d1.5S1.3
無帽徹甲弾(AP)vs表面硬化防弾鋼板(大口径3cm以上)
PVr2=13.6Sd2(1-0.549(S/d))

n値...
古典では、Noble[n=1]、Krupp(1886)[n=1/3]

薄板(d/S=0.25)、[n=2]
Plugging、[n=2]
通常装甲板、[n=1.5]
厚い装甲板、[n=1]
2001.2.14...

砲弾の方程式をざっと書いて見たのですが...
どうも、これだけでは「誰にでも解る」というのは無理みたいなので
個々の用語説明からやることにしました(^^)...
「司馬先生」も始めてのジャンルは子供向けの絵本から読むといってますし...
始めは装甲関係の記事に良く出て来る硬度の単位ブリネルです...

硬度測定ブリネルかたさ(Brinell hardness)試験.
(これで戦車の装甲が何ミリ凹むとか遊べます...)
2001.2.12...

連休ですね...
TV画面を見ながらゴロゴロ寝転んでいると...
SFペリーローダン・シリーズの退廃種族アルコン人を思い出してしまう
一日中ディスプレイに映る画像をソファーに寝そべって眺め続けて、
生産も軍事もすべて機械任せ...

防御バリアーを張り忘れて原始的な地球人にやられてしまう無能ぶり...
当時は、どうやったらこんな種族ができるのかと考えていたのだが
技術の進歩のおかげで案外早く実現しそう(^^)?
(世界中で日本人が一番早くこの境地に到達する(@_@)...?)
2001.2.11...

数学辞典を忘れてしまった...

受験生みたいに暗記する必要が無いので、
最近数学公式はこれにたよってます(^^)...
(20年もたつと大体の使わない公式は記憶の彼方で...)
(辞典を忘れると制作が止まる(-_-;)...)

数学の学習には剥落(はくらく)現象がつきものだそうで
いったん覚えた公式も解法も使わなければ剥落するそうです
(かさぶたの落ちるようにはげ落ちる)
昔から小中学校で学んだ程度の数学(算数、分数式や)?が
大人(20才)になるころまでに失われて小学校3,4年程度しか
残っていないという現象は報告されてそうです...

年に一度ぐらいは忘れないために数学辞典でも眺めるのが良いようです...
2001.2.10...


今、古本屋で300円で買ってきた大学の授業用参考書を眺めてます...
(何故か今月は、古本を沢山買いこんでしまった(^^)...)

「鋳造工学」という本なのですが...
この本の解説を見てると3K(きつい、汚い、危険)職場で今まで教科書すら
発行されてなかったらしい(この本の発行は1995年)

第二次大戦中の戦車は、鋳造製が多かったのでちょっと見てみようという
だけの理由で買ってきたのですが...

かなり難しい内容(熱力学、流体力学、伝導工学、材料強度学、界面工学)
を含む総合学問でした...

式だけ取り出して遊ぶにはよさそうです(^^)...
でも、戦車の装甲板体積ってデーター無さそう(ーー;)?使えないかも...
2001.2.9...

試験の話を見てると将校養成の話を思い出してしまいます...

ジェームズ・F・ダニガンの「新・戦争のテクノロジー」
リーダーの養成P315で各国の将校の型を分類しています...

紳士型将校
もっとも古臭く、恐るべきシステム...
血と冒険に餓えた教養豊かな男を引っ張り出して、美々しい軍服と、
ちょっとした権威を与える...

英国では優秀な下士官がその悪影響を帳消しにする...

「将校は少なくとも部隊の手本となる人間性を求められ
それが、立ち上がって「突撃」と号令し、直後に戦死する
だけだったとしても立派に責任を果たしているのである」

(600ページもあるこの分厚いまじめな軍事学の研究書で)
(何故ここだけ不真面目にこけてるのか?)
(WW1の話を見ると、これが実話だったことに気づかされます...)

志願型将校
もっとも効果的なシステムで経験を基礎として一般兵士の中から
素質のあるものが選ばれて将校となり昇進して行くシステム

戦時にもっとも力を発揮する

班を統率できないものは小隊をまとめることができず中隊を指揮することも
大隊を統率することもできず、ましてや全軍に号令することなどできない
という考えかたから...
ローマ軍、ドイツ軍、イスラエル軍など

テスト成績優秀型将校
過剰教育文化が生み出した悪しき成果の一つ
形式主義的人達は、ペーパーテストで人の能力を測定できると、信じて疑わない。

テストの成績は、指導力とは関係なくましてや戦闘時の指導力とはほとんど関係無い...

テストによる選抜の大きな欠点は、ペーパーテストでは評価できない知識以外の能力まで
推し量ろうとする傾向である。とくに昇任の際には試験の成績が大きく響く。
もっとも手軽なこの方法に安住していると、戦争が始まった時、致命的な欠陥につながる恐れ
がある...

この部分を見ると、戦前の成績順に任官した将軍を思い出してしまいます...
企業でもあまり変わらない傾向がありますが...

(そういえば...)
(ちょうどこの本のこの部分を読んでケタケタ笑っている時間に自衛隊機が落ちて)
(大停電になったらしい(-_-;)...)
2001.2.8...

方程式を書きはじめたので途中ですがUPしときます(^^)...
APFSDS(装弾筒付き翼安定徹甲弾)
(2時間ぐらいで打ち流しただけなのでまだまだです_(._.)_...)

どうも、最近、現代戦車のデーターを呪術師の書き付けに使うやからが増えたようなので
誰にでも簡単に解るようなものをと考えてます...

いかん(^^)またロボットゲーム始めてしまった...
どうも、遊ぶものは増えたのに時間が無い(-_-;)...
アニメのビデオをワンクルー(13話)見れば6時間で日曜日が潰れるし...
テレビゲームは50時間はかかるものがざらにある...
お菓子と一緒で買いだめしたものは見えないところにしまっておかないと(^^)...
2001.2.7...

ぼけてる(^^)...
間違えました_(._.)_...
原子量じゃなくて密度で比べないとダメでした...
タングステン、19.3g/cm^-3
ウラン、18.95g/cm^-3
鉄、7.874g/cm^-3
鉛、11.35g/cm^-3
水銀、13.546g/cm^-3
(タングステンは合金にして1719.3g/cm^-3以上)

あと重そうなものは...
73Taタンタル16.654g/cm^-3
75Re、レニウム21.02g/cm^-3
76Osオスミウム22.57g/cm^-3
77 Irイリジウム22.42g/cm^-3
78Ptプラチナ21.45g/cm^-3
79Au金19.32g/cm^-3
94Puプルトニウム19.84g/cm^-3(放)
2001.2.6...

慣熟曲線(Learning Curve)
これは生産効率とか産業用ですが...

兵器産業の本を読んでいたのですが、日米の兵器開発費の比率が、
米国10%、日本1〜2%、ドイツ5%、で...
日本は、兵器個々に開発費を上乗せして回収しているため高くなり
これは、新しい技術が開発された場合政府の資金でできたことにすると
権利関係が複雑になり民需に活用しにくくなるため...
とあったのでちょっと作ってみました...

生産台数と単価の関係式(加工作業慣熟による工数低減)
工数低減比=慣熟率(1〜0.8)logn/log2...(n=生産台数)

重工業系は、コストダウンのやり過ぎで一番重要な技術(部品精度)まで
落としてしまったとか言われていますが...
慣熟数値をいくつにすれば良いか?ちょっと不明です(^^)...
2000.1.31...

現代兵器方の弾道方程式を眺めてるのですが...
なんかめんどそうです(^^)...(どうやってjava組もうか考えてる所です)

前出の
V50=U(L/D)0.15[f(z)D3/M]1/2
のV50は...

弾道限界(Ballisutic Limit)V50
(現在一般的な米軍式)
破片の50%が貫通、50%が不貫通となる標的に当たった時の弾丸の速度...

Vr={Mp÷(Mp+m)}×{√(Vs2−V502)}

V50=弾道限界
Vr=残存速度
Vs=激突速度
Mp=弾丸質量
m=打ち抜かれた装甲部分の質量

貫通実験では...
薄板貫通後の弾丸の速度を使って弾道限界を出しています。

APFSDS専用
長弾心の場合傾斜装甲板に対する頭部衝突時に弾心に回転運動が発生する。
多重装甲を使えば少しずつ弾道を変え弾くことも可能...

tanψ=(W÷Vp)×tan(β−δ)
F1=A(t)Spcosψ

A=弾頭部分の断面積
Sp=弾頭の耐力(長弾は消耗していくので材質の耐力のこと)
Vp=弾心速度
W=弾心消耗速度
ψ=反力角度
β=装甲傾斜
δ=着弾角度

回転運動は、低速の弾が弾かれる場合と違い...
矢弾の先端部分が接触する時の僅かな時間差が反力を発生させる...
小さな力だが空間装甲と多重装甲を使えばかなり弾道方向を変えられる...

耐力を下げるには弾心の密度を上げるのが有効...
鋼鉄=>タングステン=>劣化ウラン

貫通力だけでなく多重装甲対策にも質量の大きな材料は有効なようです...
2000.1.29...

「D&D、AD&Dの部屋」ちょっと補強しました...
アビリティースコアー計算
スペルダメージ計算
さいころ(累積&偏差付き)
さいころ(簡易1行)
2000.1.23...

大雪...
明け方に降って積もるパターンは有ったのですが
日中に降り積もって渋滞の大通りが踏み固められて凍り付くなんてことは、
ここ10年ぐらい無かった(-_-;)...さぶい

普段、「見切り発車に赤三台(赤信号でも三台はまだ走れる)」恐怖の
名古屋運転の市内も渋滞でのろのろ運転してます...
(住んでる住人は馴れてるので解らない、)
(外から来た人間の印象らしい(^^)...怖い)

そういえば共通1次試験でしたね...
なんでも、ものの本によると、試験には二通り在って...
学力の到達度を判定するための試験と科挙のような選別試験があるそうです...

学力の到達度を判定のためには学習に沿った簡単な問題が解けるかどうかで
判定しますが...

選別のための試験は、難しければ難しいほど点数に差が出て選別(振り落し?)
しやすいためひねくれ切った問題が出るそうです...
大学の試験はこちらのほうで、まともな良く解っている受験生に言わせると
「受験勉強は本当の勉強では無い」そうです...

受験のための暗記に時間をかけるのが多分最大の無駄な時間なんでしょう...
(教材を減らした、情けない内容の物だと特にそう感じる?)
2000.1.20...

新聞とNHKテレビニュースが不整合になってしまいましたね...

新聞は、「コソボ住民のガン急増」(大見出し)
病院関係者の話、「病院に入院するガン患者が200%増加した...」ですが...

テレビニュースは、ユーゴ派遣兵に健康被害を伝えながら
「現地の住民に被害は出ていない?」でした...

やはり劣化ウラン弾関係は気がついた時にはもはや手遅れで...(湾岸)
誤魔化しながら使用弾数を減らしていくしか方法が無いということのようです。
(被害が大きすぎて保証不能(-_-;)...)
(イラクに言い負けるわけにはいかない(~_~;)...)

討ち取ったT72から記念品を外そうとして...
湾岸症候群にかかってしまうのも(~_~;)...ウーム
コレクターってのは不幸です

しかし、A10攻撃機の30mmバルカンなんて役に立ったのかな?
主力は高空からの誘導兵器で精密射撃だったので
無駄撃ちのような気がします...
(たしか攻撃ヘリは使えなかったはず(すぐ落とされそうで...))

ロシア、フランス、イギリスが生産
韓国、台湾、タイ、イスラエル、サウジアラビア、エジプト、トルコ、輸入装備(米)
欧州各国は英、仏、から輸入

毎日の検索だと
30mm劣化ウラン弾をイラクで拾って放射線量を計測したドイツの学者が
車に引かれかけたり、資料を盗まれたりしたなんて載ってますね...
危ない話だったんですね...
知らなかった(-_-;)...

戦争の時だけ敵地で使っちゃう、汚染もできて一石二鳥とか、×...
撃ち込まれるのが嫌で挑発しても誰も限定戦争もしなくなるとか、○...
邪悪な考えは辞めて...
世論を誤魔化すのも政府に任しといて...

まじめに、時期戦車砲弾は一体何になるのか?
現在の戦車砲には硬度ではなく、比重の大きな物質が必要...

タングステン合金.1 劣化ウラン合金.2 に続く第3の材料を探さないと...

タングステン〜ウランまでは...
タングステン183.85
白金195.8
金196.9
水銀200.59
鉛207.2
ウラン238
となっていますが...


現代のAPDSFS用(矢弾)の簡易式は、
右辺にL/D値を掛け、矢弾用の空気抵抗係数と投射物の直径...
ぐらいがあれば計算できるので...

「断面積:矢弾の長さ」が同じなら比重の大きな物質を使った方が重くなり
貫通力が増すという簡単な理屈なので...
比重が大きいほど有利...
(命中時に命中断面(減速している)と後ろの部分の速度差から)
(かなりの力がかかるのである程度の強度は必要...)

主な式は...
マッシュルーム式だと大変なので

V50=U(L/D)0.15[f(z)D3/M]1/2

f(z)=z+exp(−z)−1
z=(T/D)(secθ)3/4

U:標的の強度を表す定数
θ着弾角度
T標的の厚さ
L弾芯の長さ
D直径
M質量

ぐらいでしょうか?


1.(APCRの時には固さが必要なので、タングステンカーバイドでしたが)
(現在の矢弾に必要なのは質量なので違ってくる)
2.(そのまま、空気にさらすと燃え出すので加工してある)

ちょっと雑誌を読みながらまとめ...
安い輸出品のイラク戦車がタングステン合金弾も劣化ウラン合金弾も無かったため
(当初ソ連の戦車隊と同等と考えて中距離は危険と規定していたのですが)
安物の輸出用弾は貫通力が無く当たっても(正面装甲)貫通できなかった。

戦車兵の技量差問題は、1ヶ月空爆を受けた後奇襲された側と...
計画通りに強襲した側ではかなりの差が出るため。
現代戦車(第二第三世代)同士の遭遇戦撃ち合いでは秒単位で勝敗が決してしまい
僅かな気の緩みが壊滅に直結する...

T72の自動装填装置は、かなり低性能だった..
次弾装填するために砲身が水平に戻ってしまい(再照準が必要なため)
命中率が落ち、発射速度も手動のM1に負けた(猛訓練の成果と火事場の馬鹿力?)...

砲性能ではなく照準装置(電子装置)の差を上手く利用した...
米ソの差なく現代の砲なら地平線4.4kmまで射撃するのは簡単
しかし当てるためには、レーザー測量器と各種センサーのデーターを
瞬時に計算させる弾道計算コンピューターが必要...
ソ連の輸出品はこれがかなり安物だった...
(雑誌などに載っている射程というのは照準装置の限界のこと)
油田火災の煙りによる視界不良で夜戦用装備の差がさらに広がった...

注、有効射程...
APFSDSの飛翔体の差
L/D値、(全長/直径)
T72の125mm砲=1/9、3.6kg 有効射程2200m
M1の120mm砲=1/20、約5kg  有効射程3500m

回転して安定する一般の砲弾と違いAPFSDS(矢弾)は、
超高速で直進する「直進弾道部分」の有効射程部分を超えると急速に不安定になり
弾道が狂うか、落下する...
回転安定の場合は、ジャイロのような回転による方向を一定に保とうとする力と
空気抵抗により砲弾を進行方向に向けようとする力は、「放物線を描く弾道」に沿って
砲弾を曲げ、よほど急角度で発射しなければバランスが崩れるようなことは発生しないが
(重砲の場合70度を超えると上空で上手く砲弾が回転できずにバランスを崩し弾道が狂う)
矢弾の場合は「放物線部分」に入ると上手く方向を変えてバランスを摂ることができなくなる...

重量が軽いこともあって125mmの矢弾は有効射程が短いようである。

M1の120mm砲は3950m近くで撃破とか言ってたのでかなり直進弾道部分は長いようです。
(T72は、2500mでショート)

加工精度なども影響するという話なので、この話から空気抵抗係数などを逆算すると
面白いかも、
(回転する砲弾と、矢弾の空気抵抗係数は(115:100)15%違います...)
2000.1.15...



劣化ウラン弾
すごい騒ぎになってますね...
しかし、危険性はかなり前80年代?から言われてきたことで...
(タングステンは値段が高いから実戦でどんどん使えないんですよね)
(廃物利用で良いアイデアだとか始めは、言ってましたが...)

毒性見積もりの誤りが原因で...
命中時の溶解、爆裂破裂によって劣化ウランが微粒子になってしまい
人体に入り込んでしまうことを見落としていた...

固体(塊)の劣化ウランはガイガーカウンターでも対した放射線を出していないので
装甲などにも使えますが...

人体に捕り込まれた場合は、空気中ではすぐ減衰してしまうアルファー線が
(He原子は、厚紙一枚で遮蔽できる)
強烈な力となり、接触している細胞を侵すからです...

今回は欧州派遣軍に死者が多数出たので使用禁止の可能性が出てきましたが...
NATO指揮官の話を聞いてると
どこもお上は変わらないな(-_-;)(日本も米国も)...という印象でした。

イタリア軍が五万発仕入れて演習で三万発以上使ったとか載ってました。
(イタリアは使用中止(一時的)だそうです)
「演習」これは安易に使われてる証明ですね気をつけないと...
こっちはとうもろこしみたいに笑っとれませんね(^^)...
2000.1.13...

ランチェスターの戦略モデル式
ランチェスター戦略モデル式
おまけ
マーケッティング用占拠率計算

資料本に載っている誤植だらけ(わざとらしい(^^)...)の表を計算して
出そうとしたのですが...
自作の立方根関数が災いして計算時間がかかりすぎるので断念しました(-_-;)...
(自作の関数の作り間違いでした_(._.)_...)
(こんなだったかな?と思い出しながら組んだのが失敗でした...)
(表を眺め過ぎました戦略係数はコンピューターで小数点5桁で出して)
(表に直す時に4桁に四捨五入して作ったことまで解ってしまった(^^)...)
2000.1.14...
2000.1.12...

サミュエル・ハンチントン氏の討論が日経に載ってました...

私はあまり「文明の衝突」は安っぽいので好きではないのですが...

氏は、日本はアジアでリーダーシップを発揮できるかという質問に悲観的で...
「このままだと、日本は、長期的には中国に追従していかざる得ない...」だそうです
「日本は,一環して大国に追従していく外交政策が主流なので
「21世紀は中国の世紀」=>米国追従から中国追従に移る...」だそうです

これからは英語じゃなくて中国語かもしれない(^^)...

現代ギリシャ語辞書...
ヨーロッパでは統合に備えて多言語教育をしていくようなのですが...
日本には現代ギリシャ語の辞書も満足に無いらしい...
素人が3年かけて一万四千語の辞書を作ったそうな
(希英辞典=>英和辞典の2度手間が大変で自作)

ギリシャ語αβγ発音...
古典語α(アルパ)β(ベータ)γ(ガンマ)
現代語α(アルファ)β(ヴィタ)γ(ガマ)
だそうなずいぶん違う(^^)...

まあ数学用は、
α(あるふぁ)β(べーた)γ(がんま)で良いかな(^^)...

日本じゃ死語になりそうな
σαμουραι(サムライ)
χαρακιρι(ハラキリ)
英語と同様、そのまま通用するそうな...
2000.11.12..


昨日のクローズアップ現代「遺伝子組み替えとうもろこし」を見ていて(@_@)...
アメリカの農家の映像で(-_-;)...
「組み替えとうもろこしは1/3作ったが収穫で混ぜてしまったので
どれがどれだか解らない」(^^)...
農家は、組み替え種子を買ったけど混ぜちゃいけないって知らない(^^)...
(種子会社が農家に教えて無い)
何故、組み替えとうもろこしが混入するのか
「大変良く解りました」(^^)...(検査なんかしても無駄です)

禁止しても流通段階で入り混じってるのでこの状態が解消するのに
4年はかかるそうです...
しばらくポップコーンは食べないほうがいいですね(^^)...
世界一汚染された列島に住んでいる日本人にはたいした影響は無いでしょう...
2000.1.11...

「軍事研究12月号」を見ていたのですが...
最近質が落ちたのかな?
12月号のワールドインテリジェンスP235
ミシェロビッチ失脚の場面で「議会突入を強行したのはフーリガンだった...」
と書いてあるのですが...

新聞の国際欄に載った
(反ミシェロビッチ派)チャチャク市長イリッチ氏のインタビューには
「午後3時には再突入した。実は突入部隊を用意していた。素人がやると死傷者が
でる。自分の仲間であるチャチャクの警察治安部隊の中のパラシュート部隊の数十人
を、私服で先頭付近に紛れ込ませた。彼らはよく訓練されているからね。私の合図で
突っ込み成功した。警官隊は催涙弾のほか、殺傷力の低い毒ガスを使ってきたので、
呼吸が一時困難になった。」
「...自分の合図で国営テレビの玄関にブルトーザーで突っ込んだ...」

となっていてとてもフーリガン程度にできることじゃない...
と判ります。

暴徒もコントロールして使わないと役に立たない(^^)...

イリッチ氏は、現在、新政権内で始まった勢力争いを嫌って
隠居(チャチャク市に帰ってしまった)とか言われています
2000.1.11...

ランチェスターの戦略モデル式を解いてたのだが...
付属の表が怪しい怪しい...
数値の7が2に変わってる所が多数ある(-_-;)...
×1.5874=>○1.5824...×1.9129=>○1.9279
表だけ使って計算する文系が間違えるように「わざと誤植にしてある」と思って正解ですね...

せこいものを発見してしまった(-_-;)...
米国で小銭の出し入れにも計算に電卓を使っていてずいぶん計算力が無いと思っていたのですが...
日本もたいして変わらないようですね。
2000.1.10...

省庁再編、
肥大化し制度疲労の激しい行政システムの統合性戦略性の回復が目的でしたが
法務局が憲法を盾に抵抗し、経済財政諮問会議の骨抜きを大蔵省が図り、
郵政3事業の民営化を郵政族議員によって潰される...などで...
骨抜きで名前替えだけに終わりましたが(-_-;)...

統合して巨大官庁にしてしまったのは、良くないようですね
(名前だけで内容は変わらないようですが)
巨大組織の多いドイツ企業などの派閥抗争も激しいと言われ
組織が巨大化すると派閥抗争が激化するという法則があるそうです...
(仕事そっちのけで抗争に明け暮れてしまうそうで)
グーデリアンの回顧録「電撃戦」にも...
組織内で軽突撃砲の取り合いが起こり、歩兵部隊にT34に対抗する武器が回らず
壊滅的な打撃を与えたとか書かれています。

良く見ると「なんとヒットラーにも止められなかった」ということのようです...
(~_~;)...

「ドイツ銀行の時期会長候補が飛行機事故で亡くなり、大混乱している」
という記事から...
1.ドイツは巨大組織が多く派閥抗争が激しい...
2.重要な人物が亡くなると派閥のバランスが著しく崩れ大混乱になる
3.そういえばドイツ人って書類(許可)好きでしたよね(~_~;)...
2000.1.9...

電力会社が電灯線を使った高速通信に取り組んでいるそうなのですが...
最後の1マイルも携帯電話みたいに省庁同士で競わせたほうが
成果が有りそうなので期待してたのですが...
モデムがパソコン並のサイズでまだまだ先のようです(-_-;)...

争いは+に有効活用したほうが健全かも?(^^)...
2000.1.9...

8日はハッピーマンデーで成人式でしたが...
連休を増やして観光業振興という降れこみでしたが...
蓋を開けると大失敗で、当てにした観光客は安い海外ツアーに流れてしまい(連休のおかげで)
儲けは海外に流れただけに終わったそうな(-_-;)...
2000.1.8...

低速の「javaScript」でも稼動するように簡単な仕様で試作してみました...
「5×9」グリッド式(試作)2001.0105...
「5×9」グリッドに兵力数や陣形を入力して(味方(+)..敵(−))
ボタンを押すと勝手に前進して戦闘します...
(移動は前進のみ、攻撃は正面と側面の3方向です...)
(中央3グリッドが主力用で左右一列が包囲用です)

部隊能力は全軍、同一で、
(個別に作っても多分遅くて使えないような気がします(-_-;)...)
(将棋やチェスのように計算量が増えて(T_T)...)
技量、武器効率数値(防御力を抜いた)基本値1(0.8とか1.2入力して使ってください)
防御%(防具などの防御%)(ローマ兵95%、蛮族40%〜50%、防具無し0%)
(ローマ兵95%=盾が無い方向から攻撃されると50%〜60%に落ちます。)
(中世重騎兵98%以上??(^^)...)
正面隊列数=昔の、密集隊形の非効率を再現するための数値です...
初期兵力より大きな数値を入力すると第二法則になります。
初期兵力1000で隊列数200、だと5列で戦闘するのは200人
損害が800人を超えるまで攻撃力は一定です...

(前の部隊が全滅するまで後の部隊がなにもしないのは変なので)
(直前の部隊数が隊列数以下になったら援軍を出すようにしています)
(第1法則の場合のみ...)

後、集計ボタンを押す度に...
「残存兵力数、mt nt」「消耗率m、n」「残存兵力比」を計算します...

今回は簡易版です(^^)...
前面、側面、後面で戦闘能力差を出したり
突破した部隊が後へ回りこんだりさせようと思っているのですが...
前進、援軍、だけの、こんな簡単な移動判定だけで118回も条件判定してます(~_~;)...
(戦闘部だと約400回、毎回数値が一回減るごとに500回以上に...)
(この低速のジャバスクリプトプログラムが(^^)...)
回りこみには空間把握が必要なので毎回恐ろしく条件判定が増えそうです(^^)...

もっと高速化しないと実用品にならないかな?...
(フローチャートも書かずに思いつきで作ってしまったので)
(たしか、昔のベーシックの技能で数式を使う方法でスピードアップ)
(する方法が有ったはず...(家の弟がこの技が得意で機械語抜きで高速ゲームを))
((作ってました))(もう少し改良できるかも)
2000.1.6...


どうやらフランスの勝ちですね...
「ヤフー、ナチス商品の競売中止」
(「カギ十字」の入った制服や勲章)
フランス国内では取り引き禁止
裁判所はフランス国内から利用できないようにする
ように命じる判決が出ていた...
2000.1.5...

元日は、熱田神宮にお参りに行ってきました(^^)...

今までは混むので2日以降にしてたのですが、
初日に空いてる時間帯を発見したので行ってきました。
(明け方〜10時ぐらいまでの午前中で10時を過ぎるといきなり参詣人が増えます)
(夜なら空いてるかと思って二年参りも試したのですがお巡りさんの交通整理が)
(必要なほどの渋滞(人)で、列が流れずに止まってしまいました...)
(拝殿にも近づけず破魔矢(神社で売ってる武器の姿をしてるのはこれだけ(^^)))
(だけ買って帰りました(-_-;)...)
2000.1.2...

絵馬展の記事を見た
なにやら色々な種類があるそうな...
不精なので矢が5〜6年分溜まっていた時期があったが
絵馬だけ外して保存しておけば良かったもったいない
2000.1.3...

「ランチェスターの法則」用のプログラム手直し中です...
作りかけのまま止まってた、「第二法則、投入兵力可変時用」を完成させました。

ゲーム用の
「ランチェスターの方程式(減少状態の分割表示付き) 」の方も修理しました...
(-_-;)...注
(このソフトは微分ではなく分割時間ごとにダメージを引いていくので誤差がでます)
使い方(^^)...
ガリア戦記当時のローマ軍の戦いを計算してみました...
重装歩兵は防御%、95%以上...、蛮族を40%〜50%ぐらい

ローマ軍、数 [10000] 戦闘力[1]  (b=1/100) [95]%防御力
ガリヤ軍、数[100000] 戦闘力[1.2] (a=1/100) [50]%防御力
172:_ローマ=0:::ガリヤ=95718
第二法則のままだとガリヤ軍大勝利ですね(^^)...

そこで、密集隊形と渋滞で部隊の正面でしか戦えないことを考慮すると
ローマ軍、数[10000] 戦闘力[1]  (b=1/100) [95]%防御力
ガリヤ軍、数[10000] 戦闘力[1.2](a=1/100) [50]%防御力
209:_ローマ=9378:::ガリヤ=0
実際は、兵の補充が後からされるのでもう少し違ってきますが...
これなら、ローマ軍の前面で蛮族軍はバタバタと倒れて行って恐慌を起こして
逃げて行くという状態が再現できます...
(実際はガリヤ軍は、ローマ軍ほど密集できない...)

次に隊列効率数値を使ってもう少し詳しくすると
正面で戦う兵力を1000人対750人とすると
ローマ軍10000÷1000=10
ガリヤ軍100000÷750=133.3333...
ローマ軍、数 [10000] 戦闘力[1]  (b=1/100) [95]%防御力、[10]隊列効率
ガリヤ軍、数[100000] 戦闘力[1.2](a=1/100) [50]%防御力、[133.3333]隊列効率
(このままだと計算回数が1600回近くになるので)
(s表示戦闘頻度((細)10<=1=>0.1(雑)) を1=>0.01にしてください...)
200:_ローマ1015:::ガリヤ0
実際には蛮族といえども機械ではないのでローマ全軍と同数の死傷者が転がって
いれば敗走するので2割ぐらいの損害で追撃戦になりそうなので...
40:_ローマ8200:::ガリヤ80000
このぐらいです...

正面で戦う兵力を1000人対1000人とすると
167:_ローマ0:::ガリヤ20580になりますが...

だいたい損害率が似てくるので蛮族側は八万の損害を出す前にやはり敗走しそうです
100:_ガリヤ50000:::ローマ4000
(ローマ軍の隊列が4列になった所で蛮族が半減する)
2000.1.3...

戦史研究メインへ戻る... 戦史研究&戦車戦へ戻る