戦史研究


光学測遠器の誤差...
縦方向ばかり考えていたのですがライフルの付いている戦車砲は偏流つまり
シュートやカーブして射程距離の影響が横にも現れてくるのをすっかり忘れてました...
105mm戦車砲の偏流は500m〜3000mで
105mm1470m/sAPDS、0.05_0.1_0.15_0.2_0.25_0.3ミル
105mm730m/sHESH、0.3_0.8_1.5_2.5_3.7_5.2ミル
730m/s3000m5.2ミルだと15m横ズレします。
幅3mの標的だと光学測遠器誤差20mで0.2mのズレ?
これを元に式を直せるのかな?
計算するのは空気抵抗式を組んだ後になりそうです。

しかし、WW2の大砲の偏差なんていったいどこに?(^^)...
730m/s2000m2.5ミルでも7m強横ズレ。
大戦中はこれを経験と勘(カン)で撃つわけですから
そう簡単に初弾命中とはいかないわけです...
2000.02.24

正規分布表(光学測遠器用)を使った命中計算一次元計算

初速を入力して修正するタイプに改定したのですが(-_-;)...
光学測遠器を使う戦闘は朝鮮戦争ぐらいからなのでWW2用ではありません。

初速と光学測遠器の誤差から修正ミルを出したのですが予想より小さな値でした。
(3000mで20m測定距離がずれてもたいした誤差じゃないようです)

戦車用には、光学測遠器というのはかなり優れた機器です
しかしこの精度を上手く使うには...
手動ではなくコンピューター制御のFSCが必要だったということのようです...

始めはできた式に修正値を噛ましてWW2用にする予定でしたが...
15倍のレンズの付いている光学測遠器と4倍〜6倍でレンズに写った敵のシルエットサイズから
射程を類推するのではかなり差がありそうです...
2000.02.23

前に戦車雑誌のバックナンバーを読んでると書いたのですが
面白いのが載ってたのでプログラムを組んでみました...

物は「PANZER」78年4月号で当時新型だった74式戦車の(装備開始から二年目です)
特集を組んでありました...
74式の特徴であった油圧式懸架装置の解説の中に射撃の左右ズレの最大の原因
砲耳傾斜(カント)の図面が載っていたのでこれを三角関数で解いてみました...
(説明文の間違いも発見したのですがそれは20年経ってるので時効にしときます(-_-;))
(ライターて文系なのかな?)
現在ではジャイロ、傾斜計で自動測定自動補正するのでまったくのブラックボックスです

砲耳傾斜計算

車体の傾斜は、射角を下げ砲身を傾いた方へ向けます...
結果、初速(上向き)=初速×Sin(砲耳傾斜)、減少させ射距離が減り
横ズレ=射程×Sin(砲耳傾斜)×Tan(射角)、を発生させます...

計算すると...
初速=1500m/s発射角度7ミル_砲耳傾斜ズレ17.7ミル(1度)飛翔距離=3237m
横ズレ=0.3865853618947555m射程距離のショート0.48873587650723493m 

初速=1500m/s発射角度7ミル_砲耳傾斜ズレ34.4ミル(2度)飛翔距離=3236m
横ズレ=0.7512247345384576m射程距離のショート1.8459257810482086m 

初速=1500m/s発射角度7ミル_砲耳傾斜ズレ52.1ミル(3度)飛翔距離=3233.m
横ズレ=1.1374762399806537m射程距離のショート4.233693477696306m 

補正しないと大体車体が3度も傾けば標的に当たらなくなることになります...
2000.02.23


細かい計算用に使っていた角度単位「ミル」ですが...
今まで使っていたのはtanθ=1/1000、θ=0度3分26.26秒=0.05435333・・・・・
で近似値でした...
総ての式を(360/6400)=0.05625度に書き換えました_(._.)_...
(違いは0.00189666666・・・)
(大体下のT55を射撃する式だと2%弱違ってきます)
(3900m_標的誤差0.7657632304658599m_確率85.31%)
2000.02.22

両方とも、射程距離が3000m(WW2用)のままでした...
4000mに修正しました。
正規分布表を使った命中計算一次元式
正規分布表を使った命中計算二次元式
湾岸戦争でM1戦車が3900m先のT55を一撃で撃破したのは...
誤差ミル0.2目標円半径1.5m
3900m_標的誤差0.739942828163608m_確率87.18%

大体このぐらいです...
2000.02.21

WW2、戦車のデーターですが4年前に作ったものなどは
かなり古い資料を元に作ったものもあり…
アクチュアルゲーム用に野外にパソコンを持ち出して使って
みると書式もデーターも統一されていないので上手く使えませんでした...

そこでデーターを打ち直してるのですが...
キングタイガーの寸法一つとっても3種類ぐらい出てくるので(T_T)...
ドイツの戦車は「ジャーマンタンクス」のデーターに統一して
(しかし、「ジャーマンタンクス」のデーターでは少ないので残りを他から補います)
アクチュアルゲーム用に使えるデーター部分だけ揃えました
(赤い文字部分はゲーム用データーです)

とりあえずドイツ軍とソ連軍を改定中です...
2000.02.18

基本命中計算...
どちらも、測遠器修正していない基本式です
WW2用ではなくて現代戦用になります。
現代兵器の不気味なぐらいの命中精度が実感できます。
(現代戦車のレーザー測遠器は±5m、初速1500m/sだと2000mで0.008ミル程度FCS固有誤差の5%程度です。)
一次元式の方は幅と高さで計算して積算します。
二次元式の方は基本式なので標的が円になります。

正規分布表を使った命中計算一次元式

正規分布表を使った命中計算二次元式
2000.02.17

貫通力方程式についてお手紙いただきました...
貫通力方程式は、命中率関係が終わったら次にやろうと思っていたネタで
した...
一応式は...

P=弾丸重量、d=弾丸直径、Vr=在速m/s
n=実験定数、C1=実験定数、S=侵徹量cm

jacob de Marre
pv^2=c1*(d^n)*S^1.3

de Marre
1/2*P*Vr^2=c1*(d^1.5)*S^1.4         S∝((p/d^1.5)^0.714)*Vr^1.43
Krupp
1/2*π*Vr^2=c1*(d^(5/3))*S^1.3     S∝((p/d^1.67)^0.75)*Vr^1.5

Moisson
1/2*P*Vr^2=(c1/Vr)*d*S^2            S∝((p/d)^0.5)*Vr^1.5
などです...
2000.0214

(真空弾道)基本式その2
射角計算
初速から射角を出す計算式です...
今回は方程式を解くのを怠けて数値を代入して答えを出してます...
(0から699.9まで)
(パソコンはこんなに怠けた式でも答えが出ます(^^)...)
WW2の戦車の直接照準器に目盛ってある射程の横線の幅がこの角度です。

正規分布表(光学測遠器用)を使った命中計算
ごめんなさい光学測遠器の入力単位を間違えたので計算結果は間違ってます...
正確に出すには初速も入力して修正しないといけなかったです
戦車の方程式
(ドイツ軍、測量機器データー追加)
Java Script光学測遠器の誤差計算
の方は直したのですが
正規分布表(光学測遠器用)を使った命中計算のほうは
_(._.)__(._.)__(._.)__(._.)_...まだ直してないです(-_-;)...

反省して一からやり直します(^^)...

Javaウォーゲーム支援システム
真空弾道の計算

単純計算で空気抵抗を計算しない場合は初速と発射角度だけで弾道が出せます...
空気抵抗を計算するには定数を導入しても個後の砲弾の直径と重量が必要に
なるのでまず簡単な真空弾道式から...
2000.02.06

とりあえず4パターン作ってみました...
考えるのは1,2分で済むのですがデーターを入れ替えた場合の
エラー処理に少してまどりました...

方程式その他を使わなくても...
隊列と1%損害だけのルールでこれだけ再現できます
(多分海戦物もこのシステムでできそうです)
しかし、
ガリア戦記などの数万の蛮族を相手にする場合は、
重装歩兵の防御力を現す数値と隊列修正(たとえば10列の戦闘陣形だと
最後の9列目が破られても最初から戦闘力は全然変わらないという
陣形の非効率を表す数値)が必要になります…

9×5ぐらいのグリッドに部隊を自由配置して遊べるような物も
考えてるのですがもう少し手間がかかりそうです...
2000.02.04

>「ランチェスターの法則」
>第一法則
>原始的な武器を使った戦いは、数の多い方の軍隊が、多い分だけ生き残り勝利する

>第二法則「集中効果の法則」
>機関銃のように敵を同時に射撃できる近代兵器を使った戦闘では、
>「二乗法則」兵力差が損害の差を指数的に増大させる

「ランチェスターの法則」について長文のメールをいただいたので...
少し戦術の再現をjavaでやってみました...
(これは以前兵法を全然知らないTRPGのプレイヤーに軍隊ユニットと)
(数字カウンタ−を使って解説したものをそのままjavaにしたものです。)

基本形(同数同兵力の横隊対峙)、鶴翼(敵を半包囲して包み込む)
側面包囲(フリードリッヒ大王の斜交隊形、テーベのエバミノンダスの
傾斜戦闘隊形)
作ったけどあまり見たくない、日本軍の逐次投入(-_-;)...
Javaウォーゲーム支援システム
古代の戦法の視覚的な再現です...
(ナポレオン戦争後の防御力の無い歩兵にはあまり合わないようです)

一晩で作ったので、内容は、自分の戦力の1%の損害を相手に与えるだけの
単純化したユニット同士の戦闘です

戦法による差を比べてみてください...
2000.1.31

色々アクチュアルゲーム用の新装備を作ったので使って遊んでみました(-_-;)...
今回作った計算プログラムは詳しすぎて大量に戦車を使用するゲームには
向かないようです。
今作って使ってるのはダース単位で命中判定、命中個所判定、損害判定
(AP用、HE用)をやってくれるやつ(サイコロプログラムです(~_~メ))

市外戦を再現しようとして、ヨーロッパ型の家を大量に作って並べてみたのですが
6ダースほど(^^)...
今回は戦車だけで決戦したので迷路で打ち合いになりました。
防御側ドイツ軍(重戦車18台、中戦車20台)、
攻撃側ソ連軍(T34/85+SU100=60台、JSU152+122=24台、KV1、2=12台)
ソ連軍三方向から攻撃、ドイツ軍は戦車小隊ごとに防御にあたったのですが
戦記物のようにカッコ良くソ連戦車を壊滅させるつもりが肉薄されてやられて
しまいました(~_~メ)...もうちょっと工夫しないと(-_-;)...
2000.1.21

とりあえず一次元で作ってみました。
Javaウォーゲーム支援システム
3.00以上の処理がまだなので99%以上はオーバー表示になります_(._.)_...
この式だと計算に使う敵の長さが最大の変化数になるので戦車戦より宇宙船の
戦いに向いてます(^^)...
スタジオぬえのシップライブラリーなどを見ると近未来の戦闘用宇宙船は細長い
ペンシル型で敵に常に先端を向けて面積を最低にするのが一般戦術になるとか
書かれていますが今回の方程式を使うと側面を向けただけで命中率が数十倍に
上がってあっという間にやられます(~_~メ)...

「宇宙で平面ナポレオニック戦闘をやる不可思議なアニメ、銀河英雄伝説で敵の
目前で回頭すると突然やられだすのはこういった理由だと思っていたのですが」
(作者はこんなこと考えて無いような気がしますが)

今から20数年前にボードシミュレーションゲームクラブで
作っていた「ヤマトゲーム」の命中率が今回の命中表と同じです...
(当時は一隻ずつ表付きでした(~_~メ)...)
(まだ珍しい(RPG以前なので)10面ダイスを100個色違いで)
(使って%出してました。)
次回は、簡単な二次元式の方へ移ります(式を見てるとこっちの方が簡単)
しかし、標準偏差表、表計算ソフトの関数に入ってたのに気がつかなかった
一づつ打って時間を無駄にしてしまった(T_T)...
2000.1.20
今、命中率を正確に出そうと思って
正規分布表を打ってます(-_-;)...(まだ半分)
(この方法で命中率を出すのは難しいそうなので)
(各種誤差の正確な計測集計が難しい)
(経験的な統計命中率に逃げるかもしれませんが(^^)...)
1999.12.23

多少追加...
砲弾の解説2
1999.12.10

Java Scriptを使って簡単な計算プログラムを組んでみようと思います...
(解説書を本屋さんで立ち読みしたら簡単そうだったので組んでみようとか思った)
(元々C++かパスカル系で組もうと弾道学や数学関係の参考書を集めていたので(^^)...)

Jabaウォーゲーム支援システム

でも、数学の本をまじめに見たのは20年ぶりなので公式すっかり忘れていて 大混乱してしまった(-_-;)...
解説図面の角度の測り方と長年の習慣の違いから逆に角度を測ってしまったり
入力を角度でなくラジアンで入れるのを忘れて角度が60ラジアン=3439度 になって9回転半してるのに気がつかなかったり(^^)...
(前PRGで使った時はほとんど確率計算に使ったので三角関数はいじって なかったのが敗因でした(~_~メ)...)
1999.12.09

お手紙がいっぱい来てたのですがゲームにはまってしまって
(ロードモナークです(^o^))すっかり止まってしまいました...
ごめんなさい_(._.)_...
ロードモナークを640*480の小さな画面でやっていたのですが
この手のゲームで苦戦したのは初めてで...
原因究明していたのですが(-_-;)...
ゲームの画面サイズを小にして全画面にしてやり直すと
無理筋が一目瞭然(~_~メ)...
以前やったときはこんなこと考えなかったので
私の頭はマルチゲーム向きに調整済みで
地図を見ただけで無意識に地形を読んでいたことになります
(単なるマルチゲームのやりすぎ(-_-;)...)
四人の場合は2人を相打ちさせて相殺しその間に残りの一人を倒して
自分だけ太るという単純な図式ですが...
1999.11.24

スターシップトルーパーを見たのですが何故こんな駄作になってしまった
んでしょうか?
機動歩兵は地面を歩くだけだし、高機動で戦術核を実用レベルで使用できる
地上兵器だった機動スーツはどこへいったんだ...
内容も作者が味付けに使った兵隊訓練ものだけになっている??
1999.11.24

アルビン・D・クックス氏
(米国)の元日本政策研究所所長)米紙ロサンゼルス・タイムズによると、4日、
サンディエゴの病院で死去、75歳。ニューヨーク州出身。死因は不明。
 戦後、連合軍総司令部(GHQ)で作戦アナリストを務め、その後米陸軍の
日本軍事史研究部に所属。
1964年からはサンディエゴ州立大学の教授として歴史学などを教えた。39年
に起きたノモンハン事件の研究でも知られる。著書に同事件で生き残った旧日本
軍人400人をインタビューして書いた「ノモンハン」がある。
 日本との良好な関係を築くことに貢献したとして、92年に日本政府から勲章を
授与されたほか、横浜文化勲章なども受賞している。
(ロサンゼルス、共同)中日新聞朝刊、1999,11,22,p27より

連休中に電気街へ出かけたのですが(^^)...ひさしぶり
メモリの値段にびっくりしてしまいました(-_-;)
これも、台湾の地下で大なまずが暴れた影響なのか(T_T)...
我が家の自家製マシンの修理計画は値崩れすると噂の
11月末か来年までおあずけになりました(T_T)(T_T)(T_T)...

でも地震のお話読んでたのですが...
「本棚の本が唸りをあげながら襲ってきて、本といっしょにシェイクされた」(@_@)
っでのは怖いですね...

我が家も戦争関係の書籍が本棚1個分増えてますます狭くなったし(-_-;)...
寝床のそばの百科辞典だけでも別の場所へ移そうかな?(~_~メ)堅そうだし

PS.なんでも統計の結果判ったそうなんですが
近年、家庭内の家具が増えて地震の時の死者数の割合が二倍になってるそうです。
(金庫やたんすが天井まで跳ねて部屋の中で人間と一緒にかき混ぜられる)
1999・10・13

また世の中きな臭くなってきました...
ロシアのチェチェン侵攻ですが...

チェチェン軍を武装勢力と呼ぶのは実態を誤解しそうであまり良くないようです。

グルジア・アブハジ紛争の時にチェチェン軍はロシアから大量の武器の供与をうけて
いっしょに戦っているので装備はロシア軍の主要兵器がそろっている...
(チェチェン人はこのとき近代戦のノウハウを仕入れた?)
(ソ連崩壊前にはソ連軍内部に優秀なチェチェン軍人や指揮官がたくさんいた)
しかも、補給は隣のダゲスタン共和国からいつのまにか輸送されてくる(^^)...

前回は...
この軍隊をロシアは何故か見くびりロシア軍と正面から戦う力は無くゲリラ戦しかできない
と思い込んだため大損害を出してます...

でも、得意技は、
住民を盾にするのとアフガンゲリラの戦闘法
(しかし、住民はドゥダーエフ軍の味方だったので)
(ロシアの行動は筒抜け、逆に補給や兵舎は住民の支援があるので要らない)
(ロシアは占領地で給料稼ぎに略奪してたので支持は全然無い...)
ゲリラ戦の原則がそのまま適応できそうな状態です(-_-;)...

アフガンゲリラの戦闘法は...
RPG−7の大量集中射撃
相手は戦車や装甲歩兵戦闘車両だけでなく
歩兵やビルなどにも大量に撃ちこんで殲滅する
チェチェンのドゥダーエフ軍にもアフガン武装ゲリラが加わっていました。
1個分隊で最低でも発射機2台弾、三、四十発を装備しているそうです。
(最近の歩兵戦闘戦車の防御力強化はこの戦法に対抗するため)

今回は、北部の平地だけ占領して残りはアメリカの真似をして空爆って
ことらしいですが...
(前回は精密な観測の無い攻撃は無効(-_-;)...っていう)
(原則で空爆はドゥダーエフ軍に馬鹿にされていたようです)

どうなることやら
(同じミスはしないと思うのですが(-_-;)...)

ロシア軍の今後や地上戦の将来を考えると注目の戦場なのですが
情報は少なそう(-_-;)...
1999/10/8

「影技(シャドウスキル)」の一人で数万の軍隊を相手に戦うですが...
RPGのマスターをやっていた時にやったことがあります(^^)...

以前RPGのマスターをやっていた時ですが
プレイヤ達がだだをこねて軍隊に向かって行ったことがありました(-_-;)
剣と魔法の世界だからプレイヤーは結構強い
(専門用語で言うとマスターレベルこの世の冒険に飽きて神様になる道を探しているクラス)
(ほんとはこんなに精神修養のできてないやつはなれないんですが(-_-;)...)
(しかも英語版のシステムが判らず冒険だけでレベルが上がってるから手持ちの領土も)
(軍隊も無い(-_-;)...)

軍隊を見くびっているのでしかたない恐ろしさを教えてあげよう(^^)...
ということで...
しかたないので大きなテーブルいっぱいに兵や怪獣どもを並べて一日中対戦してあげました...

結果
今日君が一日対戦した敵は

■■■■■五万の軍隊の中の

■一万

拡大
■□■
■■■
■■■

□一千強
この半分が君達の今日戦った敵だ...

プレイヤー達は一日何をしていたのかそのときようやく悟ったようでした(-_-;)...
(自分達が五時間戦闘し続けた結果(^^)敵にかすり傷しか与えられなかった)

しかし、何故かこれが流行ってしまって恐ろしさを...
とかいう計画は失敗したようでした(-_-;)...

しばらく、アクチュアル用の1/76の歩兵セット1000人とか100円の恐竜おもちゃ
50匹とかまで動員して色々な地形で戦わされたような気が...
最後は表計算ソフトを使って団体戦の計算までしたような気が...

危ない危ないこれ以上はやめとこう(-_-;)
とにかく凝りすぎるとほかのことを忘れてしまう危ないゲームでした...
1999/10/7

ビデオアニメ鑑賞中(-_-;)..
「影技(シャドウスキル)」というのを見てるのですが
拳法物?
しかし、数万の兵に一人で立ち向かうという設定はいかん(@_@)...ゆるせん
古代から積み上げられた集団を使った兵法が(T_T)(T_T)...
コナンでも50人の盗賊に攻められたら裏口からこそこそ逃げ出すのに...
(コナン=ロバート・E・ハワードの書いたSF冒険小説の主人公)

登場人物はみんな怪獣さんだったのか?
怪獣だから壊れないように精神修養が必要だっただろうか?
その後のドラマがまじめに見れずにみんな崩れてしまった(^^)...
1999/10/5

最近リハビリと称して
RPGに凝ってた次期(軍事データ-空白期(T_T))の軍事雑誌のバックナンバーを乱読してるんですが
(80年代〜90年代です(-_-;)...)
(20年だから一雑誌240冊もあるどうりで読みごたえがあるわけだ(-_-;)...)

結構面白い...

たとえば
湾岸戦争以前の80年代に米国議会でM1戦車は金食い虫だ
ソ連戦車にはM60で十分対抗できる。
M1一台でM60A3の方が6台装備装備できるとか
ごねた話とか
この暴挙が通っていたら湾岸戦争は別の結果に...
(ならないだろうな多分(^o^))

雑誌の記事を年代順に読んでいくと
大きな戦争があっても最初は部隊がどういうふうに動いたか程度で
なかなか内容が伝わってこないですね
評価が出るまでに数年はかかったり...

何か事件があって最初の評論家や軍事研究家の意見とかいうものも
結構いいかげんで的外れになってしまってるものもあるし

これが終わったらけっこういいかげんな現代戦車戦のあたりを
まとめ直しててみようと思ってますm(__)m
(しかし、現代戦は専門外だったから集積が今一つ足らない(^o^)...)
いつ読み終わるだろう(-_-;)...
適当に同時進行にしないと駄目かな?
1999/10/6

リバイバル(^o^)...
レッツアンヅゴーのビデオを最近見なおしているのですが
WGPのロッソストラーダ(イタリア)がやっぱり良いな(^^)悪
1999/10/3

青森の縄文遺跡から「やじりの刺さった板」出土だそうです(@_@)...
(戦いの跡らしい)
(板は盾の可能性もあるよう)
「縄文時代は戦いの無い時代だった」というのが日本の定説のようですが...
欧米では軍事学から遺跡を研究する学者も居てその研究によると
旧石器時代の終わりには組織的な戦争が始まっているそうです。

一般の定説は...
農業の発明から定住部落が作られ新石器時代には村や町ができそれが発展して都市
ができました。
(富の蓄積から争いが起こり村や町は城壁や防御施設で守られるようになった。)
ですが(-_-;)...

軍事学から考古学を研究すると...

一般の定説で、人々が放浪していたと言われている
旧石器時代の終わりには洞窟や岩影を利用した避難所、野外集落が多数出土していて
雨露を防ぐだけでなく、部族間の反目や確執
略奪、(原始人の生計手段、近隣の部族を襲って男を殺し女を手に入れる)
などから部族を守る必要があってできたそうです。
もう少し大きな戦いも有ったと考えられます...

旧石器時代の主な武器は槍、火、石、棍棒でした。

新石器には新しい強力な武器が発明され、弓、投石器、短剣、槌矛などなど

こう言った攻撃力の高い武器を使用する戦いから自衛するために
新石器時代の人々は多数の要塞を築きました。

「新石器時代初期には数十本の弓矢で穴だらけになったり腕の骨折
(武器の打撃を腕で払いのけようとする時に良く発生する)
した多数の遺体が埋葬された墓が発掘されています」


新石器時代に爆発的に出現した原始都市集落は
農業の発見によるの同じように戦争の影響を強く受けていて
防御用の城壁や施設が建設されると安全に食料や富の蓄積が
できるようになった
ジェリコなどの発掘調査だと都市が築かれた年代の方が先で周囲の農地
は後から作られている

極論すると(^o^)...
戦争による必要から城砦が作られその結果農業が必要になった
とまったく逆です(-_-;)...

欧米でも、一般論では無いようですが中々面白い研究でした...
1999/10/4

久しぶりに、ミニ四駆更新しました。
ブームが終わってしまって各地のデパートのイベントも
(松坂屋開催のジャパンカップに対抗したものでしたが)
ほとんど姿を消してしまって。ほんとにさびしくなりました...
1999.8.1

大戦略を使って思考実験(^o^)...
ロンメルのように部隊を弾力的に運用すると...

歩兵やトラックには戦車、
戦車には対戦車砲などの(戦車撃滅部隊)で攻撃してから戦車で側面攻撃
砲兵には機関銃歩兵と遠距離支援戦車(高性能炸薬弾の撃てる4号短砲身など)
などすばやく部隊を入れか換えて使い分ける
チームとしての弾力的な運用がドイツ軍の強さの秘密である。
(初期のイギリス軍は戦車には戦車で戦うと信じてロンメルの作った対戦車陣地に)
(頭から突っ込んで大損害をだした(-_-;)...)

大戦略では、
戦車には攻撃ヘリ、対地攻撃機
(大戦略には対戦車砲が無い(-_-;)...)
対空車両、装甲車、兵員輸送車には戦車
支援射撃ロケットには支援射撃ロケットと戦車?、(攻撃ヘリ、対地攻撃機?)
(予想として索敵範囲外に対空兵器の配備が予想されるので攻略が難しい)
(回復力防御力の大きい大都市に置かれた状態を要塞と規定してもいいかも?)
航空機、ヘリには対空車両

制空戦闘機同士など
同じものをぶつけて戦うのは消耗戦になってしまい不利である(-_-;)...

あああ...
論理的に考えると、私の趣味の戦車戦ができない(-_-;)...
いかん、これはいかん...1999.7.26


ごめんなさい最近またHPの更新さぼってます_(._.)_...

偵察型のゲームの解析をしたので(^o^)...
実験したくなり(-_-;)...
研究用にリアルタイム大戦略を買ってきました。
1999.7.19...

さっそく部隊をセットして実験(遊んで?)見たのですが
速度設定を間違えて最速にしてしまったため
電光石火で襲ってくる敵軍の動きを捉えることができず(-_-;)...
「はやい、はやすぎる」(@_@)...」
「マウス操作が間に合わない(T_T)...」
(なんか某ロボットアニメに似てきた(~_~メ)...)
マニアルとにらめっこしてる間に部隊は弾切れのままサンドバックにされて壊滅、
航空機はばたばたと燃料切れで落ちてしまいました...
「普段から戦闘画面を消して時間節約設定にするのですが今回はそれではまりました」
(~_~メ)...

今日の教訓、「RT大戦略はアクションゲームでは無い」(T_T)...
1999.7.20...

収穫は...
都市の上に配置したロケット砲と対空ミサイル部隊が自動射撃と補給を交互に
繰り返しながらフルオートで奮戦していたこと...

解析結果...
補給の概念がターン制の大戦略より難しくなっている
補給車や給油機を使わないと部隊の補給は間に合わない。

補給車を町の上に配置してその回りにロケット砲や対空ミサイルを配備して
フルオートで射撃できるように改良するのがベスト...
(注、補給車の容量が大きすぎて町に配置する必要はありませんでした)

(ターン制の大戦略では無用の長物だった補給ユニットが
RT大戦略では大部隊の運用に必ず必要な設定になっている
奇襲で補給ユニットを破壊すれば敵の攻撃力がかなり落とせる
設定になっている)


そこで2回目は...
最前線の補給力の大きな都市に封鎖用の戦車を置いておとりにし...
(こうすると損害が自動的に回復します)

後方にロケット砲や対空ミサイルをフルオートで支援射撃できるよう配備
(四セットづつまとめて一撃で対地攻撃機、や支援兵器の撃破を狙う)

戦線の左右に対地攻撃機を2機づつ配備して逃げる敵にとどめをさす。
(消耗すると敵は逃げ出すのでこれをやらないと丈夫な戦車などは逃げられる)
(敵対空兵器に捕まるとまずいので深追いをしない。)

敵の突破に備えて後方の補給車の回りに攻撃ヘリを多数配置して攻撃予備に...

広視界用に電子偵察機を使用...

ここまで考えてから火力の集中できる逆V字隊型に編成して待ち伏せしました。

攻撃機のコントロール以外はほとんどいじる必要の無いフルオート編成です...
電光石火の攻撃に対抗できる編成??
しかし、今度はスピードを下げて実験(-_-;)...
(今度は敵軍の内容が良く見えました(^o^)...)

しかし、コンピューター側は旧日本陸軍のように一駒二駒ばらばらに兵力の逐次投入を
してくるので全然決戦にならない(@_@)...(しかも、みんな砲火の集中点に突っ込んでくる)

一回も予備の攻撃ヘリを投入することもなく敵軍の攻撃は三日目には下火になる...

おかしいと気づいて電子偵察機を派遣すると...
指令部以外なんにも無い(@_@)...
敵の陸軍兵力は全部わなに落ちて気づかない内に壊滅していました(-_-;)...

教訓その2、コンピューターは弱すぎて実験用にもならない...
どうやら二日目にして対コンピューター用の解析は終わってしまったようです(T_T)(T_T)(T_T)...


いけないこんなことを書いていてはこのHPの主旨に反しそうですので...
今までのターン型の大戦略と比べてみます。

今までそんなにまじめに解析していなかったのですが...
ターン制大戦略は、マルチゲームの陣取り合戦の要素が大きいようです。

敵より一歩先んじて都市を占領し、コンピューターの投入してくる
戦力を予想して(馬鹿にして?)最低限の戦力で守り抜き敵より多くの
生産力をせしめる...

これは、
マルチゲームの陣取り合戦のテクニックで戦術ゲームではなかったんです(~_~メ)...
比べるとはっきりします。

RT大戦略は、はじめに投入された戦力だけで戦い生産は無し
純粋に戦術だけのゲームなので面白そうです...
(実戦に近づけるには空軍を抜いたり支援射撃ユニット数を制限したりする
必要があります(地上戦))

でもコンピューターの弱さはまずいですね...(欠点を攻め過ぎたせいかも?待ち伏せに弱い)
野戦軍の壊滅でゲームが終わってしまう。(攻撃すると多少違うかもしれません?)
やっぱり、インターネット対戦用なのかな...
人間の創意工夫で戦術を考えないと駄目みたいです...

一人で両軍動かして研究するには2セット買ってLANでつながないと駄目なんですね
ここで研究は止まってしまった(-_-;)...
1999.7.21...


コンピューターゲームの情報制限は...
ウォーゲーム用語で開放的ゲーム、閉鎖的ゲームと分類されています。
「開放的ゲーム=すべてのプレイヤーが両軍の兵力能力について総ての情報に接することができる」
「閉鎖的ゲーム=利用できる情報を制限して実際に視認可能なセンサー範囲にとどめる」

「閉鎖的ゲームは、もし、それらの規模と範囲がきわめて小さくなければ、
ほとんどいつも、ある種のコンピューターの支援を必要とする。したがって、
長い間ゲームの中の情報になんらかの制限を導入しようと企図してきた
けれども、真の閉鎖的ゲームは最近の発達である。
コンピューターの支援を受けないで閉鎖ゲームを効果的にプレイすることの
困難は、ウォーゲーミング・ホビーによって出版されたこのようなゲームの
数が極めて少ないことによって明らかにされている」
The art of wargaming ピーター・P・パーラー
「無血戦争」より
この本はホビーの世界とプロの世界をつなぐために書かれたと宣伝しているだけあって
原理原則歴史まで対応していてなかなか便利な一冊です...
1999.7.10

ハインツ・グーデリアンの「電撃戦上下4600円+4800円」が書店に並んでるのを発見したので
買ってきました...

図書館以外で見たのは10数年ぶりです(@_@)...

早速...
{フジ出版社、74年9月発行の「電撃戦」4500円}と比べてみました。

新刊は、何故2冊なのか...
昔の本は省略部分でも有ったのか?と比べてみると...

なんと活字が大きくなってるだけで一語一句注釈まで同じでした(-_-;)...
だ...だまされた(~_~メ)...私のこずかい1万円が(T_T)...

別冊の資料やばらばらだった地図などもいっしょに製本されていてページ数が増えているだけでした...
(ただし、中に入ってる写真は別の物になっています)

元本は1950年西ドイツで発行され世界各国の軍事史家のテキストとされているので
(電撃戦=>各国の軍事本への引用=>プラモデル雑誌や戦車雑誌への引用となっていて(^o^))
本書を読むとどこかで見たような文章がたくさん発見できます...

リデルハートの著作と同じに色々な定説や常識を作り出したのですが...
本書の書かれた年代が1950年と古いためその後の研究で明らかにされた
部分と違うものもけっこうあります。
(最近ドイツの軍事関係の著作がけっこう出版されているのですが)
(元本の書かれた年代がみんな古いものが多いので同じような欠点があります(-_-;)...)
1999.7.9

さて、東部戦線のゲームは...

私のやっていたころは、スターリングラード、AHの独ソ戦、ぐらいだっだかな...
まだ補給ルールがあまり考えられていないゲームの時代で...
(そういえばSPIの第二次欧州大戦もやりましたが)
(そう考えられていなかったみたいです。)

たとえばAHの独ソ戦は...
「自軍部隊の通った後は自軍の鉄道で...」
(ゲージ変換の困難なんかが全然考えられていない)
「東の端に鉄道がつながっていなくても占領した都市からいくらでも補給線が
引けたりしました(~_~メ)...」
「その代わり冬将軍のルールが付いていて雪が降るとドイツ軍の戦力が総て
半減してしまうこの効果を逃れるためには自軍都市の回りに固まっていないと
駄目だとか言うルールでした」
(独ソ戦を見なおしたのだがルールブックが見当たらない)
(20年前の記憶なので多少違ってかもしれません_(._.)_...)

歴史通りの攻撃法でなくても南方方面に機甲部隊を集中しても
北方中央に全軍を集結させてモスクワを目指しても、渋滞も軍団の数が多すぎて
補給線が潰れることもないいいかげんな(-_-;)...
でも自由度が高くてみんな遊べるゲームでした。

85年ごろから1ダース弱のキャンペーンゲームが出版されてブームになった
そうですが、そのころはRPGばかりやっていたのでデータ−が少ない(-_-;)...

補給に関しては
鉄道修理部隊マーカーを使って鉄道線の修理と軌間変換をしながら補給限界距離
を決めているものや
補給マーカーを使うものも司令部ユニットを補給ルールに使うものも

毎ターンの変換数や攻勢回数の調整でみんな補給の困難さを再現し、
41年中にモスクワに到達するのは補給問題から不可能に近いというのを
いろいろな方法で再現しています。

部隊を中央軍集団に集中してモスクワを目指すという作戦の困難さをあらわすには...
補給線の細いことを再現しなければならず補給数量の計算が必要になるため
再現は難しく1941年のシナリオをヒストリカルセットアップだけにして
制限しているものが多いようです。

たしかTSRのものは「NORTH AFRICA」と同じように再現されている
と聞いたことがあるのですが実物を見ていないので正確なことは
判りません_(._.)_...

エポックの「NORTH AFRICA」その2
なかなかふざけたチェック表が多くて笑えます(^o^)...

チャーチル攻勢命令チェック、 次のターンにどんなに不利でも必ず大攻勢をかけな
、                           ければならないという恐ろしいルール
、                          (選挙対策攻勢?)
指揮官解任チェック、          チャーチルが無能な指揮官を罷免するルール
ロンメル病気チェック
ゴット司令官飛行機墜落チェック
クリリューヴェル司令官偵察機墜落チェック
シュトゥンム司令官心臓まひチェック

でもパソコンにするとかってに計算していなくなるのでインパクト無いですね(~_~メ)...

今でもやりたがる人は多いらしいのですが...
シミュレーションボードゲームのネックはルールブックが分厚くて
なかなか読んでもらえないこととプレイに時間がかかることがネックでなかなか
難しいです...
1999.7.6

大戦略は思考ルーチンが馬鹿なのに何故面白いか?
(はまってる人、馬鹿なんて書いてしまってごめんなさい_(._.)_...)

実戦と同じ不確実性のせいだと思われます。
(クラウゼヴィッツの言う)
(戦争の不確実さ、偶然、不完全な情報などが簡単に再現できる)

紙とさいころのボードウォゲームでは部隊の隠蔽ルールを作ってもかなり
面倒な作業になってしまうので乱数を使う戦闘結果表や未確認部隊
(戦闘するまで部隊の戦力が分からない裏返しの駒を使うルール)
を使って雰囲気を出していましたが単なる乱数と偶然になってしまって
らしくなくなっていく...
(凝りすぎると全部の戦闘を確率計算してしまう何か別物になって行く(-_-;)...)

いままで、
思考ルーチンの駄目な部分を数を増やして対応しようとしてるので
あまり良いゲームだとは思っていなかったのですが

こう考えると大戦略は、
手軽に戦闘の雰囲気を楽しむには最適なゲームってことになります。

しかし、
凝りすぎて、慣れるとパターンや進撃方向が判ってしまうので
だめになってしまいますが(-_-;)...
(地図を読み損なって敵軍があふれ出てきてこんな馬鹿にしてやられた)
(とか怒っている時が一番面白いんだと思います...)
1999.7.5


比べるにはやっぱり必要なのでドイツの1号〜四号戦車も打ち始めました...
1999.7.1

孫子を加筆...

最近
シュミレーションウォゲーム(紙の地図、駒とダイスを使ってやるゲームの方です。)
と大戦略に凝ってしまってHPの方がすっかり止まってしまいました。

最初は、HPの拡張をしようとしてジョミニの兵法解説関係を読んでいたのですが
ナポレオン関係の部分を見てたらSPIのアウスウテルリッツの箱を開けて眺めだ
してしまい...
そう言えばロンメル関係のゲームはと
アバロンヒルクラッシクのロンメルアフリカ軍団
(アバロンヒルクラッシクは凝ると定石がどうとか言い出して大変時間がかかって
危ないゲームなんです)
からエポックの「NORTH AFRICA」まで引っ張りだしてきてHPは
すっかり忘れられてしまいました_(._.)_...

ロンメルアフリカ軍団
アバロンヒルクラシックなどの初期のゲームの補給ルールは
(おおこれは23年前に買ったやつだ(~_~;)...)
毎月来る兵站駒が(戦闘をすると1駒消費されるという簡単なルールでした。)
1941年4月〜6月は33%沈没
1941年7月〜11月は50%沈没
1941年12月〜終了まで16%沈没
となっていてこの時代のゲームは輸送船が沈むぐらいの味付けしか
されていませでした。

ゲームは戦闘結果表があまりに危ないので敵の弱点があれば攻撃しますがそれ以外は
互いに包囲して補給を絶とうとすると言う(初期のイギリス軍はそれも出来ないので
少しずつ撤退しながら遅滞戦術ですが(-_-;)...)
我慢比べのようなゲームでした(-_-;)...
(短気な人間はばくちに出て部隊を壊滅させてしまうのが通例です。)

NORTH AFRICA
こっちの補給ルールはちゃんと北アフリカ大陸上の補給輸送が考えられています。
キャンペーンになると
補給ポイントはトリポリからアレキサンドリアまで13地点の海岸沿いの
補給拠点を順次輸送するというもので輸送距離が伸びると輸送に必要な
トラックポイントが分散してちゃんと輸送可能数が落ちるようになっています。
(エルアラメインまで前進すると1/5になる)
輸送船ルールは凝りすぎで枢軸側は地中海、イギリス側は地中海とアフリカ
喜望峰回りの航路を回ってくる積荷を一隻ずつチャートに書き込みます。

港の規模もちゃんとベンガジは二隻、トブルクは一隻しか積み下ろしが
出来ないようになっています。

NORTH AFRICAが
出たころはすでにRPGの方に趣味が移ってしまったのでこいつはあまりやってない
のですが...
戦闘結果表などで6面ダイスを二個使うものはダイスの目が壊れるととんでもない
結果になりゲームが壊れてしまう場合が多いのであまり良くないようです。
(まあ研究用の場合は乱数表しか使いませんでしたが)

その後やった大戦略が一番いけなかったようです(-_-;)...
どうも空軍が気に入らなかったので
地上軍だけで敵軍をねちねちといびりながら森、都市、荒地を伝いながら
押し込んでいじめて遊んでたので時間がかかりました...
(どうも開いてる首都をヘリで占領して一丁あがりってのはポリシーに合わない(-_-;)...)
マシンの思考ルーチンが弱くても多少変則にすると遊べますね。

でもやっぱり、パンツアーリーダーサイズで国の取り合いをしないでほしいのだが(-_-;)...
(パンツアーリーダー=小規模部隊同士の戦闘を扱った戦術ゲームです)
1999.6.29

このぐらい打っておけばとりあえずは大丈夫でしょう(^。^)...
ロンメル将軍1999.4.28

結局、セッティングディスクはおろか、CD-ROMドライブも
見つからなかった(前使ったのは半年前だったかな(-_-;)?)

どうもコンピューター製品って1,2年でおつとめ品になってしまう
のでここ数年新製品を買うのを自粛してたのですが
(私はアップル2の片面単密FDD、2ドライブを28万円で買ったこと
がありまして(~_~メ)...今この時使った金が在ったらと考えると...)
あきらめて(~_~メ)...
モデムカード5600とCD-ROMドライブ新調してしまいました。
(14400とか28800が2枚とかなんかいっぱい転がってるんですがみんな何かが
足りないこいつはディスクがこいつはWin3.1しか動かない、
こいつはケーブルが...無い(T_T)...)
(CD-ROMドライブも電源をカードから取れるミニサイズのにしました。)
テストで「大戦略」と「A列車」を動かしてみましたが問題なし(^。^)...

大戦略は、ボードシミュレーションウォーゲーマーから見ると
コンピューターの思考回路が安いのでシミュレーションウォーゲームとは言えず
作者も一般受けするように作ったとか言ってますからまあおもちゃですが(-_-;)...

最近はやってないのですが以前は春秋など公園で戦車を2、300台並べて
アクチュアルウォゲームをやっていたのですが...
(家族連れが来る大きな公園なんかでやると見物人が大勢きました(-_-;)...)
子供に戦車の説明などをしてると「おじちゃん(一応若作りしるんですが(T_T)...)
よくそんなに戦車の名前知ってるね」とか言われてしまって最近の子供は
戦車の名前1つも知らないことに気づいてびっくりした記憶があります。
(僕の子供のころは(ああ年がばれる(T_T)...)おもちゃというと兵器関係の
プラスチックモデルだったので...)
親子連れとの会話の中で戦争関係で出てきたのは「大戦略」ならやったことがある
ぐらいでした。
1999.4.28

「ロンメル」で検索したら家のページが三番目に出てきて
しかも、一行目に「だめ将軍」なんて出てるじゃないですか(@_@)…
これは大変とさっそくロンメル将軍の経歴、戦術などを打とうと
思って資料を見てたら...

昨日、遂にA4ノートが故障してしまいました(-_-;)…
(外で使う場合が多いのでないと執筆ができなくなってしまう(-_-;)...)
しかしこのノートWin3.1の時に買った奴だから5年はこき使いました。
(故障といっても液晶明度のスライドスイッチが折れただけですが)
(修理に出すとひねくれた外国製品だから1、2ヶ月は帰ってこない)
さっそく壊れてから3時間でミニノートを買ってきました。(^。^)...
(別にブラインドタッチしてるわけでも無いので狭いキーボードでも)
(慣れればスピードは変わらないみたいです。)

初めはカシオの最新型にしようと思ったのですが
いきなり無計画衝動買いなのですぐ使えるのは20万ぐらいしかない
それに小さいのでCE機の変わりに持ち歩くことになるので故障が心配だし
一番安いNECのmobioNXにして後はバッテリーと周辺機器代にすることにしました。
(いつもバッテリーを4つぐらいは常備するので…)
とりあえず大容量を一個買って耐久テスト中です…
(しかし、小さいと移動は便利ですね(^。^)…)
(今まで使ってたパソコンバック1つで資料や本まで全部入る。)
セッティングしようとしたら問題が続出してしまった。
モデムとCD−ROMのセッティングディスクが見つからない
どこの山の下だろうか?戦記本の山の下だろうかそれとも
去年組んだDOS−V機の部品の空箱の下?
駄目だ(~_~メ)...家片づけないと進まない(@_@)...

何とこの文章は、mobioNXで打ってフラッシュカードで
転送した後、壊れたノートをCRTに繋いでUPしました。
1999.4.16

バッテリー付属のものだけで2時間7分、楽々もちました(^。^)...
この上の文章とロンメル将軍の部分の文章を全部打って
さらにあちこちいじっていて2時間ですから十分使えますね
前のA4ノートはバッテリー一個で1時間15分だったから
バッテリー大容量一本で間に合いそうです(^。^)...
なんか壊れて得したみたいです。
1999.4.16

戦車を適当に書き出したましたm(__)m

イタリア戦車を書き出したのですが(-_-;)...
低性能は解ってはいてたのですが
いざまとめるまでこれほどとは実感していなかった(~_~メ)...
M13/40戦車、(カルロ・アルマート)
1999.4.14


実は古本屋で書籍漁りをしていて、現代戦の作家なのですが(名前は伏せときます)
けっこう気に入っていた人の本を見つけたのでパラパラとめくって
いたのですが「独ソ戦」の所で(゚o゚)...
「ヒットラーのいい加減な命令が無く始めからモスクワを目指せば...」
などと書いてあったのでびっくり(T_T)...
古本だから昔の著作かなと見ると「1998年発行」...
「補給戦」ってあんまり読まれてないんですね。

そこで、独ソ戦関係の新刊を慌てて調査したのですが
補給関係のコラムでは使われていても本文を書く作家が読んでいない
ようだったり(-_-;)...ばらばらでした...

そこで慌てて打ち出したのがバルバロッサ作戦と補給です。
まだ未完成ですm(__)m...
1999.4.14

今日からURL変わったんですね(-_-;)...
すっかり忘れていました。
あちこち設定変えないと(~_~メ)...
ほんとに泥縄だな...
1999.4.1

Supplyng War
Martin Van Creveld(マーチン・ヴァン・クレヴェルト)
1977年ケンブリッジ大学出版部
英エコノミスト誌の書評欄で、戦争の真実をついた研究書として
激賞を浴びる...

この本のことをすっかり忘れていました。この本以後すべての戦記が書き換えとなり
今までのシュミレーションボードゲームはすべて補給面の不備からお払い箱になった...

リデルハートと並び戦争の考え方を根本的に変えた本です...

この本の第六章、ロンメルは名将だったか?をまとめてみました...
ロンメルアフリカ軍団の補給

後バルバロッサ作戦の兵站関連も重要なのでまとめて見る予定です。
1998.12.26

日本軍軽戦車の貫通力失敗してしまった_(._.)_...
対戦車データーをアクチュアルゲームとシュミレーションボード
ゲームのデーターに頼っていたのですが...
データーが古くて一部失敗してしまいました。
最近は、
コンピューターゲームのデーターが最新データーなんですね。
コンピューターゲームは全然やらないので解りませんでした。
1998.12.25

公開が終わりそうだったので、噂のプライベートライアンを見てきました。
最初の上陸シーンはインパクトはあったのですが...
見ている人たちにこの戦闘は失策の累積による結果であってこれが
通常の戦場ではないことが解るだろうか?

ちょっと検索で、DDAY、ノルマンジー上陸作戦、血のオマハ、
プライベートライアン、と引いて見たのですが
何も引っ掛かってこないので...

ちょっとノルマンディー上陸作戦についてまとめてみました。
今回は、映画からなのでミーハーな企画です...
ノルマンジー上陸作戦(血のオマハF地区)
1998.12.22 以前ボードシュミレーションウォーゲームのページを追加しようかと 思ってあちこちのHPを覗いたのですが最近のボードゲームは全然解ら なくて挫折しました... 我が家には初期のアバロンヒルクラシック、GDW(初期のタイムマイザー編)、 (プレミアが付いて3,4万する物もあるらしい(-_-;)... 最近調べてないので正確なところは不明) SPIなどしか無く多分作っても骨董品鑑賞にしかならないような感じです... タクテクスの日本語訳が出だしたぐらいにRPGにくら替えしてしまったので (どうも、原書でないとありがたみが無くなったように感じてしまうのが悪いところです) 今のは全然解らない(-_-;)... 人に貸したまま行方不明になったものも多数ありますが今でも100箱ぐらいは棚に収まって います...(クラブ結成当時に朝日新聞が取材に来て「戦争を題材にしたゲームが最近) (流行って...」とか新聞に書かれてしまったのでアバロンヒルのファミリーゲームを) (大量に増やしてしばらくやってたのがこんなに増えた原因です...) (今簿記学校や会社の教材になってるビジネスゲームなどもあったので収穫は大きかったですが) 我が家はゲーム倉庫にされた感じでエポックに行ってしまったクラブの会長が国産ゲームを 作る参考に時々家からゲームを借り出していきました... GDWの日露戦争も会長が借り出して行った後にエポック製の日露戦争が出来たので 多分家のが原形になってしまったのでは(~_~メ)比べると駒が小さいだけで良く似てる... これは笑い話なのですが... アバロンヒルの「ウイザードクエスト」と言うゲームが当クラブで一時流行ったことが あってその中でオークが増殖して増えプレイヤーを襲うというルールがあるんですが... これを僕と会長さんが間違えて翻訳してしまって(これがオークが流れて来て正解より面白かった) これがそのままエポックの孫子ゲームの蛮族流しルールになってしまったんです。 かなりたってから会長に正解を教えてあげたらびっくりしてたのでウイザードクエストのルール だと信じて流用したようでした(-_-;)... この時期は外国製品のルールの流用が多かったですね。 ホビージャパンの海戦物もGDWのCAやドレッドノートの流用だったし... 売れるとなるとなんでも考え無しにコピーして作ってしまう所が 悪いところですね... 1998.11.30 ソ連戦車の追加をはじめました... 昔と随分違ってますねソ連戦車は特に... BTなどは随分適当な解説が多かったんですね(~_~メ)... これだけ詳しいのは、やっぱり戦車の月間誌のおかげですね しかし、最近の物はプラモデル工作用の細部や型の説明がメインで 装甲や火砲の性能解説なんかは書いて無いものもあります(-_-;)... それから、今昔のSFのリバイバルをしてます。 今読んでるのはEEスミスの「レンズマン」シリーズです。 この小説は、1937年〜1948年にかけて書かれていて 当時のアメリカ兵もこの本を読みながら戦っていたんじゃないか? とか思うと興味深いです。 TVや映画にもなってますが内容は小説とは全然別物です(-_-;)... TVや映画は単なるヒーローアクション物ですが、 小説の方は... 主人公達のアクションシーンもありますが。 戦闘シーンは艦隊戦も格闘も完全なパワーゲームなのです。 バリヤー・ウオールシールド・原爆・ビーム兵器が飛び交い 1ダインでもエネルギーの高い方が勝つ... (個人戦闘も装甲宇宙服主体です。) 超兵器もディオニック爆弾、一時ビーム、惑星爆弾、 負の球体、太陽ビーム、超空間チューブとエスカレート していくので 1940年代の最新科学を使った小説(゚o゚)...ですが けっこう良くで来てます。 こちらの陣営の開発した兵器は必ずコピーされて使われてしまうので つねに新しい超兵器の開発が必要だったりして... 戦争中に書かれただけあってこの点もリアルでした。 敵役のエッドール人の設定は当時の全体主義国家を参考にしてるようです。 エッドールは、もっと子供向けで派手ですけど... 超能力テーマなのですが、スーパーマン以前の小説なのでESPの扱いが 敵の要塞内の兵士を操って壊滅させたり、 「凶悪で醜かいな異星人の心の相互不信を少しずつ時間をかけて増やし」 「合図をきっかけに感情が爆発して相互に殺し合うとか...」 敵の星に奇怪な犯罪を増やして政権をぐらつかせたり とってもハードです... 無慣性推進、質量の無い物を動かすにのエネルギは要らないと言う 物理を捻じ曲げた理論を使った推進システム。 この場合宇宙船の速度の限界は宇宙空間に浮かぶ塵の密度による 摩擦抵抗だけで、宇宙がほんとに真空なら一瞬にして宇宙の果て まで飛べる... 軍艦は抵抗の少ない涙滴型をしています。 ディオニック爆弾、原水爆の超強力なもの威力はメテオストライククラス 一次ビーム、ビーム放射器を過負荷をかけて使い捨てにする 通常の数百倍の威力 惑星爆弾、惑星を無慣性状態にして爆弾代わりに使うバーゲンホルムを 止めると通常の惑星の固有速度が復活するので固有速度方向の相対する 惑星を選んで目標を挟みクルミ割にする。 負の球体、反物質の巨大な物体を作り(惑星サイズ)敵の本拠にぶつける。 この「負の方程式」の開発は、ノルマンディー上陸作戦時の波の高さを予想する ために世界中の波学者を集めて方程式を開発した「波の方程式」のパロディーです。 太陽ビーム、太陽エネルギーを一点に集めて強力なビームにする兵器 惑星規模の防御施設でも防げない。 (艦隊は一瞬にして消滅し、浮遊惑星は大陸ごと融けて移動設備が破壊される) 超空間チューブ 物理法則の違う世界から光速の固有速度を持つ惑星を移転して敵の本拠 恒星にぶつけて超新星爆発を起こす... (効果は光速の速度で波及するので当然宇宙艦隊に影響は無い。) 1998.11.27 T34だいぶ追加したので大丈夫でしょう... ガサラギで軍事物で不出来な物は他にあったかなとか考えている内に ちょっとSFの読書を始めてしまったのであまり進んでいません... 小説などが良くても映像にするとみんな駄作になるなとか... 三国志のビデオ (小説や漫画と比べると何か中抜きの粗悪品のような気が...) 紺碧の艦隊ビデオ(ビデオになると何か変、小説の兵器考証が何故か抜ける...) 「デューン砂の惑星」映画、 小説の見事な知的陰謀家のハルコンネン男爵がただの怪物になっている。 戦闘シーン、 小説では、発射兵器を完全に無くしてしまうシールド戦闘の結果、 中世騎士のようになっているのが、 (この結果各ハウス間の兵士の剣術レベルの差(皇帝、サルダウカー、 ランスラード徴集兵))(や優秀な兵士を作る方法など(牢獄惑星サルサ・ セカンダス)の良く出来たストーリーが...) 可笑しな新兵器のために台無しになってる... ボードシュミレーションウォーゲーム会社アバロンヒル社から出ている この「デューン砂の惑星」の多人数ゲームは、翻訳してクラブで相当対戦 したのですが... ハードSFマニアの多い我がクラブの人気ゲームでした。 (確かカードが痛んできたので2セット目を買った記憶があります。) そのため、バンバン撃ち合いされたのにはメゲました(~_~メ)... アバロンヒル、SPI時代のゲームは新作が出ると買い込んで一回はやるの ですがあまり長続きするものは無くすぐ新作に走る不埒な会員ばかりだった のに 「デューン砂の惑星」だけはかなり凝ってました... 環境工学が小説の土台にあってこの惑星に植物の生態系循環を作り出すだけ でもフレーメン達が必死に働いても300年〜500年かかる... という壮大な話なのに映画の最後で安易に雨が降るとか (主人公の役付けの予知能力を全然理解してない一種の予想科学のような) (もので決してなんでもできる超人ではない(-_-;)...) これが一番最低でこの小説がヒューゴ・ネビュラー両賞を取ったのもこの 環境工学の味付けがあったからで映画のラストまでは、なんだこりゃ?? と見続けたのですが最後の瞬間に廃棄決定して二度と 見なかった。(砂に埋めてくれる(~_~メ)...ガオー) すっかり忘れしまって、あの怒りはなんだったっけともうビデオを一度見た のがいけなかった おかげで小説をもう一度読み見直してしまいました。 全4巻、続とか読み出すと危ないな... (この本買ってから20年以上たってるので変色してます。) (SF小説は作者ごとに分類してあるので発掘は容易でした(^。^)...) 98.11.16 ノモンハン... 日本の書籍からデーターを取り出して比べながらまとめ出したのですが 案の定、当初の解説とは随分違ったものになってしまいました(-_-;)... 98.11.11 戦車の貫通力データー 戦記などと対比して書こうとしたのですがソ連戦車と米国重戦車のデーターが まだ手付かずなので止まってしまいましたm(__)m... 戦車の部分を、 今見直すと何かソ連戦車だけえこひいきしてるように見える(~_~メ)... (全然気が付かなかった(゚o゚)...) これは、戦車データーの追加を上(日本軍)から始めて現在米軍の所で 力尽きて止まってるだけで決してソ連戦車だけ良く書いてあるわけでは ないんです... やっぱり不味いな多少直しとこう(-_-;)... 98.11.11 最近怠けてガサラギ関係のHPを覗きに行ってるのですが... 装甲車両だけで市街地に突入するなど無知なやからが作ってると 2、3話あたりで暴露してしまってますね...(-_-;)... 「市街戦、ジャングル戦、山岳戦などを装甲車両だけでやる馬鹿はいません」 「チェチェン紛争で僅かな対戦車兵器と機銃で待ち伏せされて全滅するソ連装甲部隊 の愚を再現するだけですね...」 わざわざ撃破するのにTAなんて仰々しいロボットなんかいらない、歩兵に安物の 対戦車兵器持たせて待ち伏せするだけでOKです(-_-;)...」 ガサラギ掲示板などを見ると不思議なことにこういう突っ込みは少ないようです。 単に味付けに「TV放映された湾岸戦争」を付け足した程度の書き方で... 何も知らない一般視聴者なら騙せるでしょうが兵器マニアは騙せませんね(-_-;)... 近未来物をよく調べもせずに使うとこういう落とし穴に落ちるみたいです... 絵は奇麗だし使い回しも無いし作画が頑張ってるのにこれは可哀相です(T_T)... 誰かもっと文句言わないとこのままだらだらと毎週しょうもないシナリオを 量産されてしまう...(~_~メ)... 最近兵器マニアの間ではぶつぶつ文句を言いながらこの近未来ロボットアニメを 見るのが流行ってるようです。 98.11.1 ホームページの特徴となっている詳しい戦車の貫通力データーですがこれは 今から20年以上前の(戦車雑誌パンター創刊前)アクチュアルゲームの データーが基本になっています。 最近の戦車雑誌などのデーターと比べるとかなり違っている部分を発見しました。 原因は傾斜装甲に対する貫通力の増減の考え方の違いらしいです。 傾斜装甲板に命中した砲弾の進行方向が装甲を貫通するのに最短距離に なるように変化するという現象を昔は見落としていたようです。 そのため、傾斜装甲板に対する貫通力計算が実戦データーと違ってきて 傾斜装甲板で有名なT34に対する88mm砲L56、75mm砲L70 (キングタイガーの主砲は貫通力がありすぎたのかそのままでした) (違和感が出なかったようです。) パンサーに対抗した、連合軍の3インチ砲や90mm戦車砲などが 実戦データーに合うように水増しされていました。 ゲームをするには実戦に合わせた修正なので違和感が出ませんでした。 (パンターのデーターなどは一般的に広く旧データーが使われていたので) (英語の原書の方で実戦データーに合わせて修正したものが) (流布されているのではないかと思われます。) まだ、最近のデーターがそろっていないのでとりあえず並列表記に変更しておきます。 データーがそろった時点で数式にはめ込んで修正するつもりです。 75mm以下の小口径砲は対戦相手に傾斜装甲板を使った戦車が あまりいなかったのであまり違いは無いようです。 <98.10.26>
このページはできたばかりです。96.9.28
下のリンクは、クラウゼウィッツと戦車戦しかできていません。 暇潰しに1日で通信ネット用LOGから切り出して作ったのでまだまだです(-_-;)...96.9.28
今日、ナポレオン関係の書籍を調べていたら、何故か何処かで見たような記述が多い。 どうやら、リデルハートの著作を参考にしたらしい。(-_-;) 私もリデルハートの受け売りが多いのですが、みんな同じですね(^.^)...96.10.1
やっぱり画像がないと寂しい...
デジタルカメラを仕入れてきたので家の戦車のプラモデル(何故か600台) を使って表紙と1台ごとに判りやすいように写真を張り込まなくては...96.10.2
しまった接写できないもっと高いやつかスキャナ−にすればよかった。 ナポレオンの写真とサインをどうやって張り込もうか?96.10.3
取り敢えず、戦車戦の表紙に戦車の写真を付けました。 (デジタルカメラは面白いように撮れるのですが絞りが無いのが馴染めない。) 17ポンド砲のペ−ジを整頓したのですが。 表を作るのが思ったより面倒(;_;)なにか楽できるソフトを探してこなければ(-_-;)10・13
>■障害発生について(10/17, www.bekkoame.or.jp )
>下記に示します内容の障害が発生いたしました。ご迷惑をおかけしましたことを
>お詫びするとともに、状況をご報告いたします。

>        発生日時:1996年10月17日未明

>            現象:www.bekkoame.or.jp 内の一部の
>                 ユーザホームページにアクセスできない。
>            原因:チルダを展開する(WWW上のユーザ名を管理する)データベース
>                 の更新の不具合による。
>            現状:現在対応中。本日中に復旧の見通し。

>                                                                以上
これのせいかどうか不明ですが、何故かリンクが不調です(;_;)
しばらくベタホームページにしますので適当なところで「ESC」で 止めてください。10/16
マイクロソフトのエクスプローラーでこのHPを覗いたらビックリHTML文章ではなく TEXT文として反応している。(適当に作ってあったのですが)ネットスケープだと 上手く写っていたのでそのままにしていたのがいけなかった。取りあえず修理...10/28
OSを発売から1年近くたったのでwin95に変えました。 かなり調整に手間取ったので、1ヶ月近く動いてませんでした...

最近、毎朝白鳥の子に餌をやっているのでその写真です。11/22
ページを通常に戻します。11/26
ミニ四駆のページを新設
(まだ写真収集段階なので)ほとんど空っぽ...1/25
ページデザインを変更しました。
ミニ四駆ページどうやら埋まってきたみたい...2/7
あれれ...
Yahoo!に登録したら2日で100カウントも増えてしまった。
びっくり(*_*)...
さすがYahoo!ですね。newが消えるとタミヤさんのとなり になってしまうみたいだしこれはうかつなことは書けないな...
怠けてた分少し埋めなければ(~_~;)...2/25
いかん
軍事史の方にもちゃんと載ってる。こっちの方も作業開始しなければ...2/27
ナポレオン戦法を多少追加2/28
美島屋で遊んでたらインタ−ネットを見てミニ四駆を始めたと言う人が来たので 話を聞くと使ってるマシンはマックの80486であまり画像が遅いのは 見てないと言っていました...
そこでトップ画面を少し改造して、小さ目の画像にしました。3/5
もういっぱいかと思っていたらどうやら計算間違えだったらしい
まだ3,4M空いてるこれで写真が撮れる...

カウンターが7000を越えた(@_@)...
殆どミニ四駆関係のページアクセスと思う?
きっとバトルマシンのページにカウンターを移せば1万越えるちがいない(-_-;)...
大本の戦史研究の方は2月から更新してない(~_~メ)...
来たMLも4通だけだし日本ではこういうページは人気ナイナー
(同じYahoo!アメリカの軍事関係のHPは盛況みたいだ....)
10/4

1998/5/8
ずいぶん長い間止まっていたので日付に年号が必要になってしまった(^_^;)...
1998/5/27
Yahoo!軍事史のお隣さんの2つから20に増えましたね(^。^)...
infoseekのサーチを使って調べると色々出てきますね(^。^)...
前はマニアックなものは何も出てこなかった(-_-;)...
しかし、あんまりしっかり書き込んでない戦車がびしびしヒットしてしまってびっくり 今、慌ててデーターの追加をしている最中です。

1998/6/18
やっと、日本戦車のデータ-をまとめた資料を発掘するのに苦労してしまった。
狭い部屋に3000冊以上の本が適当に積み重なってると崩さないように探すだけても 大変だ(-_-;)...
(本は戦争関係ではなくSFとRPGの原本がほとんどです戦争関係はその下なんです。)
1998/6/28
日本の37mm対戦車砲の貫通力を確定しようと各種戦記などをこの一週間読み漁って いたのですが、97式中戦車の開発記事の間違いを発見してしまいました(-_-;)... たいていの本はみんな間違ってそうです...(-_-;)こまったもんだ
1998/7/23
日本の戦車を拡充したのですが写真が無い(-_-;)...
完全なものにするにはまだまだ書き込まないと、どうも読書が増えてしまって 書き込みが減ってます。


メ−ルアドレスbandaru@cap.bekkoame.ne.jp


戦史研究メインへ戻る... 戦史研究&戦車戦へ戻る