呉淞(ウースン)上陸作戦


プライベートライアンを見てるとどうしても思い出してしまうのが
ご当地名古屋の第三師団が壊滅(T_T)した呉淞(ウースン)上陸作戦です...
(呉淞=>日中戦争初期、上海攻撃部隊の上陸地点)

ここには、名古屋第三師団が10日後に四国の連隊が敵前上陸しました。
しかし、戦闘方法は、「火器に頼らずもっぱら銃剣によるべし」
という通達が出て支給されたのは小銃弾200発と
日露戦争で使った残りの骨董品の手榴弾6発だけでした。
(なんでも暴発が沢山起こって恐がって兵隊達は使わずに全部捨て
てしまったそうです。(-_-;)...)

その後、補給が全然できず2ヶ月間弾薬の補給は無かったそうです(-_-;)...
そのため日本軍の戦闘法は一発も撃たずに塹壕を掘りながらにじり寄って
至近距離から突撃するという危険な戦法でした...
この方法にたどり着くまでに無理攻めをして殆どの部隊の戦力が半減してます。

少数ながら鈍牛(89式戦車)も投入されました。
(中国軍の対戦車兵器が乏しかったので大活躍してます)

食料は背負っていた一週間分を食い尽くすと
(カンズメなどは日露戦争当時の牛のカンズメで中身が溶けていて)
(とても食えなかった(T_T)...)畑や倒した敵の持っていた
食料はもちろん果ては葉っぱまで食べました...
上陸して2,3週間たつと細々と食料が輸送されてきたが
内容はいい加減なものが多かったそうです...

敵前上陸...
名古屋第三師団2万人の内半分の1万人は中国軍の機関銃陣地が
抜けずに海岸で全滅してしまいました。

支援の四国の連隊が10日後に上陸すると海岸は日本兵の死体で
埋まり折り重なった死体で地面も見えないほどだったそうです(-_-;)...
死んでから10日もたっているので死体はどれも腐乱して膨れ上がり
目が飛び出し、蛆虫が沸いて無数のハエがたかっていたそうです(T_T)...
ノルマンディーの比では無く血のオマハは1000人の死者でしたが
その10倍です(T_T)...
プライベートライアンの最初の凄惨な15分を見てるととっても恐いのですが
ご当地名古屋の第三師団の惨状は想像を絶する恐ろしいものでした...
(しかし、この惨状は当然国内には伝えられず秘密にされました。)

その後の作戦...
この調子で兵を敵陣に突撃させたので部隊はあっという間に消耗して
どの部隊も10分の1になってしまいました(~_~メ)...

補充兵は勝手が分からずに次々に倒れてしまい
新任の指揮官などが来ると無茶な命令を連発されてさらに死傷者
が増えました...
慌てて増援部隊を送り込みましたが無理攻めを続けたため全然進めませんでした。

上海戦
ドイツ軍事顧問団指揮下のもと本格的な西洋式の防御陣地が作られ
総兵力75万の大軍が配備され、補給用の道路、鉄道も整備されていました。
この地方の村はクリーク(川幅2m〜100m)で囲まれていました。
さらに、周囲を塹壕と鉄条網で囲み多数のトーチカ(総数5,6万(゚o゚)...)
を配置して要塞化されていました。
(ちゃんと縦深陣地...)
(優秀な水冷式チェコ製重機関銃、加熱してすぐ撃てなくなる日本の機関銃と)
(ちがっていつまでも何時間でも打ち続けられた...(~_~メ)...)
結局この要塞化された村を両軍で獲り合い一日150mぐらいしか進めなかった。

日本軍はこの要塞に向けて突撃すると言う愚策を繰り返したので(T_T)...
動員していくら補充兵をつぎ込んでも次々に死傷者(死者(-_-;))が出て
僅か三週間で師団の当初の人員がすべて補充兵に入れ替わるという事態になりました。(~_~メ)
この地獄の戦闘は2ヶ月続きました(-_-;)...

普通これだけ痛い目に合えば改心して戦闘法などを改めるものですが(~_~メ)...
いつものように研究より一生懸命隠蔽に努めたためそのままでした(-_-;)...

追加...
第3師団の上陸は8月23〜9月1・2日ぐらいにかけてかなりバラバラにおこなわれたのでは?
水際撃滅戦をやらなかったのでは?
とメールをいただいたので(゚o゚)...また記憶違いをしてしまったのでは(-_-;)...
とびっくりして資料を再発掘しました。

調べると、資料が少なく死者数を書いてある本も「上海敵前上陸」図書出版社のみでした。
この中で同じく8月23日に川沙口の上陸した第11師団長の話しとして
呉松上陸作戦の犠牲者は1万人にのぼっていた(出典「丸」46年3月号)
(この書き方だと9月2日の呉松北の2次上陸の損害も含むのかもしれません)
(揚子江の下流なのでクリーク(川)で区切られて上陸しても北へ戦線拡大が)
(できず再度の上陸作戦が必要になった。)

呉松海岸は砂浜ではなく岸壁で日本軍はそれを登った所でトーチカ陣地から撃たれて大損害
を出し岸壁の上は屍累々として足の踏み場も無かったと言う話しでした...

全部引用すると
「呉淞の岸壁にはいあがった私の目を射た風景は、まさに地獄であった。修羅の巷もこんなに
ひどくないであろうと思われるほど残酷なものであった。岸壁の上一面が見わたすかぎり死体
の山で、土も見えないほど折り重なっていた。まるで市場に積まれたマグロのように、数千の
兵の屍が雑然ところがっている。それと同時にヘドの出そうないやな死臭が私の鼻をついた。
これは十日前に敵前上陸した名古屋第三師団の将兵の変りはてた姿であった。彼らはこの地に
中国軍の大部隊が待ち構えていると知ってか知らずか、上陸するいなや次々になぎ倒されて
いったにちがいない。そして兵たちは何が何やらわからないまま死んでいったのだ。」

「上海敵前上陸」図書出版社だけに頼るわけにはいかないので
その他の資料は、(これがなかなか無いんです(-_-;)...)
(日中主力が激突した一番重要な戦場なのに詳しい数値資料が全然無い(~_~メ)...)
(日本が初めてヨーロッパ式の本格的な防御陣地と対戦したという)
(研究価値の高いものなのに(-_-;)...)
非売品の第三師団戦史です...
陸上自衛編集の「第三師団戦史」では無く(これは呉淞上陸作戦は1ページしかない(~_~メ)...)
「第三師団衛生隊回顧録」と「第三師団通信隊誌」が隊員の回想が多数載っていて当時の状況が
解ります...
(どちらも後方部隊なので生き残って記録が残せた(-_-;)と言うより)
(回りの状況を把握して記録を残す余裕が在った(T_T)...ということらしいです)

(上海戦の暴露本タイプの本を書いている筆者はいずれもマラリア、アメーバ赤痢、脚気)
(の合併症で動けなくなって生き残ったり、生還しても毎晩戦場の悪夢に悩まされて続けたり)
(してます(-_-;)...)

衛生隊回顧録、回想
8月23日午前9時ごろ呉淞鉄道桟橋に上陸...
想像してした以上の苦戦が続いた。こんなことは考えてもいなかった。...
...自分らは同時に当陽丸病院船へと急いだ。午前10時ごろ、病院船に行って見て驚いた
患者が船に収容できぬほど満員で、砲弾の患者が多く、又重傷者ばかりであった。...

8月23日
包帯所に戦死者の遺体が山となり、戦傷患者の担架で船倉が一杯となり...

激しい銃弾の中で駆逐艦は堤に横付けにされていた当陽丸に接舷した。上陸してすぐだった。
当陽丸まで担架隊が負傷兵を運んできた。陸戦隊も相当混じっていた。
当陽丸の大船室を取り敢えず収容場所として、我々衛生部員は包帯と止血に忙殺された、
周囲が暗くてわからなかったが、足の負傷が大変多かったのが印象に残っている。...

暗い内は銃撃による負傷者が多く夜が明けてからは砲撃による負傷が多いことがわかります。
いずれにしても負傷者だけで病院船に乗りきらないというのは大変な事態です...(-_-;)...
(この後、敵の逆襲で砲撃の的になり揚子江へ避難しています...)

通信隊誌、回想
8月23日夜明け
...じりじりと前進を続ける彼我の状況を知らんとす。しかし上陸部隊の被害甚大で、その後の
敵情が定かでない。正午までに上陸を、予定の師団長も後退まで考えだした。惨胆たるものがある。

旧日本軍の師団長なのにここで逃げ出そうとしています(T_T)...

9月2日夕方
敵前上陸を開始、...上陸地点一帯は、縦横に八番線が張られ、地雷が装備されていた...
歩兵部隊では職隊長をはじめ多数の方が戦死された...

呉淞北の2次上陸も困難を極めたようです。(-_-;)...

9月2日、呉淞に上陸、上陸地点には歩兵部隊の戦死者が多く、戦闘の激しかったことを
初めて知る。...
9月13日、現役当時の同年兵の軍曹に会う。彼は8月23日、歩兵分隊として敵前上陸し、
一個分隊中2名しか残らなかったと話す...
長話もできず、命があったらまた会うことを約して、手を硬く握り合い別れた。

この話で呉淞上陸作戦の大体の感じが解ります(-_-;)...

鈍牛(89式戦車)の投入は船を桟橋に横付けしてクレーンで釣り下げて降ろさなければ
ならなかったため実際に活動を始めたのは9月5日からのようです。
ここに投入されたのは細見大佐の戦車第五大隊でした。
(上海戦では中国軍に装甲兵器がなかったため57mm砲の貫通力不足はわからなかった。)
(対歩兵戦だけに限れは57mm砲はかなりの大口径で威力も大きかった)
((当時の外国の37mmクラスの榴弾に比べれば(-_-;)...))
(結果、57mm砲は日本の中戦車の主砲として採用され続けた...)
(2ヶ月で15kmしか前進できなかった戦場では機動力の無さも大きな問題に)
(ならなかった。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
手榴弾
中国軍に白兵戦で主用兵器に使われて大変苦戦した...
そのため急遽、日露戦争当時の在庫の手榴弾を兵に配った
(当初はそのまま、途中から小さな改良をして...)
在庫が尽きるまで、使われ、新型の手榴弾も開発されたが...
日本の手榴弾は、全体的に威力不足で中国の手榴弾
にはかなわず苦戦が続いた...(花火と馬鹿にされた)
(手榴弾の集団自決などで死にきれずに生き残った例が多数)
(あるのはこのため...)
「ドイツ製の柄付きの大型手榴弾のコピー製品はあまりたくさん
作られなかった。」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
機関銃
第一次世界大戦の教訓から歩兵が、機関銃に対抗するには
歩兵も軽機関銃を装備して敵機銃手を撃ち、
頭を上げられなくなるぐらいに援護射撃を撃ちこみながら
前進するのがあたりまえになっていた...
しかし、日本の軽機関銃は、部品精度が甘く故障が続発した。
故障を減らそうとして、さく薬を減らした弾丸を作ってしまい、
威力も劣るものになってしまった...
(当然、弾丸の種類が増え複雑になり補給を圧迫した)

中国軍の使用していた弾丸はドイツ規格の7.92mmで強力だった。
強力な殺傷力を誇るダムダム弾が禁止され、
その変わりに口径を上げて殺傷力を出そうと開発されたものなので
性能は折り紙付き...(日本の軽機関銃の口径は6.5mm)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
戦史研究&戦車戦へ戻る