マンションの防音工事

ピアノ防音工事
マンションでピアノヴァイオリンサックスの防音室をお考えの方へ防音工事基礎知識
マンションの防音工事は、建設業許可業者で!
近年、悪質な建設業者が増えたことから、500万円未満の建設工事しか請け負っていない建設業者であっても、発注者から建設業許可を発注の条件とされるケースが増加しています。
業者選定の最低条件
マンションの防音工事には、ピアノ・サックス・ヴァイオリンなどの楽器防音工事だけでなく、駐車場・エレベーター・機械室・空調機の防振・防音工事から上下階の床衝撃音対策のための浮き床工事があります。いずれも、現場によって異なる条件を加味した防音計算・防振計算が必要となります。
マンション 防音工事 マンション駐車場 防振工事

マンションにピアノ・ヴァイオリンなど楽器練習室の防音工事をする場合の注意点

マンションにおける防音室の場合、隣室で他人が寝ていたり、最近では、サッシの防音性能が向上し外部騒音が小さくなり、室内暗騒音が低くなっているのが現状です。固体伝搬音は、レベルが低くても、明瞭度が良く聞こえたり、和室で寝室の場合は床に耳が近くなり、問題となる場合もあります。したがって、防振性能、良い防振材の選定が重要なのです。音楽ホール、シネコンなどでは、隣室が店舗や事務所で比較的騒音がある場所であるため、問題にならないところが多いため、マンションのピアノ防音室のほうが、防振性能・防振材の選定には、高い技術が必要なのです。また、マンションでは、隣戸にどのような人が住むかわかりません、騒音値がいくら低くてもハッキリとピアノなどの音が聞こえると問題が発生することもあります、したがって、防音工事において防振工事は重要なのです。また、ピアノ防音工事だけでなく、マンション・ホテルなどの機械室、駐車場などの防音・防振対策工事も同様です。このように人が住む住宅空間こそ、技術・信頼ある防音工事業者を選択しなければいけないのです。
防振材の選定方法

マンションの壁 GL工法の遮音低下に注意〜隣のTVの音・人の声が良く聞こえる

GL工法とは、プラスターボードをコンクリートなどの躯体壁に、ボンド(GLボンド)を団子状にして貼る工法です。このGL工法は、施工価格が安く工期が早く、マンション・ホテル・オフィスビル・店舗などいろいろな場所でたいへん多く使用されている工法です。また、マンションで隣の音が良く聞こえる場合は、ほとんどがGL工法です。
この工法を用いると遮音性能が、D値で1〜2ランク程度、躯体壁直の場合より低下してしまいます。プラスターボードと躯体間の空気層による板の共振により、160Hz〜400Hzぐらいで低下し、プラスターボードのコインシデンス効果により3kHz〜8kHzで低下します。これにより、マンションでは、隣戸のテレビの音、人の声が異常に良く聞こえるといった現象が起こり問題となっています。
このGL工法の改善は、このGL壁を両面壊せば、1〜2ランク上がるので通常の生活には支障が無い状況になると思われます。

マンションの床衝撃音について〜上階の足音・子供の飛び跳ねる音がうるさい!

マンションでは、空気音の遮音性能だけでなく、上階の足音・子供の飛び跳ねなどの固体伝搬音が問題になります。
床衝撃音の対策は、衝撃音発生側での浮床工事です。グラスウール、防振ゴムを使用した浮床構造が一般的です。金属スプリングなどのように揺れが止まらない材料、共振周波数で共振が大きい材料を使用した場合、壁・天井が共振し異常音を発生することもありますので、防振材の選定には注意が必要です。また、足音など軽量衝撃音には、浮床工事は有効ですが、重量衝撃音は、躯体の構造による要素が大きく、構造補強・コンクリート打設など大がかりな工事になるため、マンション改装時には、十分な対策はができません。したがって、マンション設計時に十分な検討が必要となります。飛び跳ねなどの重量衝撃音対策については、マンションの場合は、後からの工事は、難しいと考えてください。

高層マンションの防音工事について〜通常の防音工事では低音域の遮音量が不足する!

高層マンションでは、建物の軽量化のためマンション界壁(隣戸との境壁)がコンクリートではありません。この遮音性能はというとたとえば、同じDr-50で1級であっても、コンクリート壁と軽量壁との差があります。Dr値では評価されない125Hzより低い周波数で遮音量がかなり低下してしまいます。つまり、ピアノの音など通常のマンションより良く聞こえる場合があります。このようなところにピアノなどの防音室を作る場合は、注意が必要です。コンクリート造や一般木造住宅での仕様で施工した場合、苦情がくる恐れがあります。特に低音域の遮音は、プラスターボードを2〜3枚貼り増ししただけでは、あまり効果が上がりません。また、ニ重壁を形成した場合、浮遮音層と固定遮音層の共振周波数で性能が低下します。この周波数の設定が重要となります。これらを踏まえて、遮音性能を計算できる防音業者を選定しましょう。

日本建築学会によるマンション遮音性能基準

集合住宅(マンション)居室の遮音性能基準 適 用 等 級
特 級 1 級 2 級 3 級
室間音圧レベル差 隣戸間界壁・界床 Dr(D) Dr-55 Dr-50 Dr-45 Dr-40
床衝撃音レベル 重量衝撃音 界床 L(LH) L-45 L-50 L-55 L-60,65*
軽量衝撃音 界床 L(LL) L-40 L-45 L-55 L-60
マンション室内騒音 騒音レベル dB(A) --- 35 40 45
騒音等級 N --- N-35 N-40 N-45
騒音等級 NC --- NC-30 NC-35 NC-40
適用等級の意味 特にすぐれている すぐれている 標準的である やや劣る
特別に高い性能が要求された場合の性能水準 建築学会が推奨する好ましい性能水準 一般的な性能水準 やむを得ない場合に許容される性能水準
*木造、軽量鉄骨造またはこれに類する構造の集合住宅に適用する。
表示尺度と住宅における生活実感との対応例
空気音 遮音等級 Dr-65 Dr-60 Dr-55 Dr-50 Dr-45 Dr-40 Dr-35 Dr-30 Dr-25 Dr-20 Dr-15 備考
ピアノ、ステレオ等の大きい音 通常では聞えない ほとんど聞えない かすかに聞える 小さく聞える かなり聞える 楽曲がはっきり分かる よく聞える 大変よく聞える うるさい かなりうるさい 大変うるさい 音源から1mで90dBA前後を想定
テレビ、ラジオ、会話等の一般の発生音 聞えない 聞えない 通常では聞えない ほとんど聞えない かすかに聞える 小さく聞える かなり聞える 話の内容がわかる はっきり内容がわかる よく聞こえる つつぬけ状態 音源から1mで75dBA前後を想定
生活実感、プライバシーの確保 ピアノやステレオを楽しめる
*機器類の防振は不可欠
カラオケパーティ等を行っても問題ない
*機器類の防振が必要
隣戸の気配を感じない 日常生活で気がねなく生活できる
隣戸をほとんど意識しない
隣戸住宅の有無がわかるがあまり気にならない 隣戸の生活がある程度わかる 隣戸の生活がかなりわかる 隣戸の生活行為がよくわかる 隣戸の生活行為が大変よくわかる 行動がすべてわかる 遮音されているという状態ではない      小さな物音までわかる 生活行為、気配での例
床衝撃音 遮音等級 L-30 L-35 L-40 L-45 L-50 L-55 L-60 L-65 L-70 L-75 L-80 備考
人の走り回り、飛び跳ねなど 通常ではまず聞えない ほとんど聞えない かすかに聞えるが、遠くから聞こえる感じ 聞えるが、意識することはあまりない 小さく聞える 聞える よく聞える 発生音がかなり気になる うるさい かなりうるさい うるさくて我慢できない 低音域の音、重量・柔衝撃源
椅子の移動音、物の落下音など 聞えない 通常ではまず聞えない ほとんど聞えない 小さく聞える 聞える 発生音が気になる 発生音がかなり気になる うるさい かなりうるさい 大変うるさい うるさくて我慢できない 高音域の音,軽量・柔衝撃音
生活実感、プライバシーの確保 上階の気配を全く感じない 上階の気配を感じることがある 上階で物音がかすかにする程度
気配は感じるが気にはならない
上階の生活が多少意識される状態
スプーンを落とすとかすかに聞こえる   
大きな動きはわかる
上階の生活状況が意識される   椅子を引きずる音は聞こえる   歩行などがわかる 上階の生活行為がある程度わかる椅子を引きずる音はうるさく感じるスリッパ歩行音が聞こえる 上階住戸の生活行為がわかる   スリッパ歩行音がよく聞こえる 上階住戸の生活行為がよくわかる たいていの落下音ははっきり聞こえる  
素足でも聞こえる
生活行為が大変よくわかる    人の位置がわかる
全ての落下音が気になる
大変うるさい
同左 生活行為、気配での例
日本建築学会より

人が住む住宅空間でこそ、技術・信頼あるマンション防音工事業者を

住宅・マンションでは、隣室で他人が寝ていたり、最近では、サッシの防音性能が向上したり、エコ住宅で二重サッシにしたりして、外部騒音が小さくなり、室内暗騒音が低くなっているのが現状です。したがって、特にマンションなどでピアノ・サックス・ヴァイオリン練習室を作る場合は、遮音性能だけでなく、防振性能、良い防振材の選定が重要になります。音楽ホール、シネコンなどでは、マンションと違い、隣室が店舗や事務所で比較的騒音がある場所に設置されるため、防振性能・防振材が悪くても問題にならないところが多く、マンションの防音室のほうが、防振性能・防振材の選定には、高い技術が必要になっています。また、マンションでは、隣戸にどのような人が住むかわかりません、騒音値がいくら低くてもハッキリとピアノなどの音が聞こえると問題が発生することもあります。また、ピアノ室だけでなく、マンション・ホテルなどの機械室、駐車場などの騒音対策・防振対策も同様です。このように人が住む住宅空間こそ、技術・信頼あるマンション防音工事業者を選択しなければいけないのです。