防音工事・北軽井沢の情報サイト 「ピアノ・サックス・ヴァイオリンの防音室・マンション防音工事を考えている人へ、防音・防振工事基礎知識」

仮想宿泊
北軽井沢フラワーステージに宿泊
写真、VTR等で館内・周辺見所を紹介します!
北軽井沢&ピアノギャラリー
Flower Stage
北軽井沢
季節のたより
北軽井沢フラワーステージに宿泊
北軽井沢軽井沢
観光案内
北軽井沢フラワーステージに宿泊
防音工事 北軽井沢とは、
神奈川県横浜市
にもありますが、

群馬県
です!
 日本と世界のディレクトリ TownNet
サックス・ヴァイオリン・ピアノ防音工事
軽井沢・ピアノ防音工事    
ピアノ・ヴァイオリン・サックスの防音工事をお考えの方へアドバイス!マンション、一般住宅の騒音対策、防振工事など建築音響に関する最適お勧めサイト・業者を紹介いたします。また、北軽井沢・軽井沢周辺の観光スポットの紹介を、ペンションにヴァーチャル宿泊するゲームプレイ感覚でお楽しみ頂けます。本サイトは、1998年開設以来12年を迎えました。

本ホームページが紹介された雑誌
「Webトーンガイド」 アスキー 2000.12月号
「YAHOO! JAPAN  internetGUIDE」 98.7月号
「月刊 internet ASCII 98」 4月号 Web Fun Club 
「あちゃら」  98年5月号 あちゃらNAVI HOMEPAGE BOX 

防音工事・ピアノ防音工事の無料相談室 防音工事Facebookへ


**建設業許可の重要性**
建設工事の完成を請け負うことを目的とし、建設業を営もうとする場合、元請か下請か、また法人か個人であるかを問わず、建設業法の規定により建設業許可を受ける必要があります。軽微な500万以下の工事であれば許可が無くても良いが、建設業許可を所得するには、下記の要件が必要とされます。つまり、持っている業者には、それなりの信頼性があり、ピアノ防音業者選定のひとつの選択肢として考えることをお勧めいたします。

1:経営業務の管理責任者がいること(1業種では5年の経営業務経験、2業種では7年)
2:専任技術者が営業所ごとにいること(一級建築士などの建築技術者が必要)
3:請負契約に関して誠実性があること
4:請負契約を履行するに足る財産的基礎または金銭的信用を有していること(500万以上の資金)
5:欠格要件に該当しないこと
万が一、トラブルが起きた場合も、建設業許可を持った業者なら、許可を出した役所も相談に乗ってくれますので安心です。施工中に倒産して契約金がパアとか、防音工事完成後に、メンテナンス・瑕疵があった場合、会社が無くなっていて困ったというケースも少なくありません。
また、建設業許可とは、お客様と契約する会社が持っていなければならず、下請け工事会社が持っていても違反となります。もちろん下請け会社も500万円を超える防音工事の場合は、必ず持っていなければいけません。1物件で小分けに注文書をだすことも違法です。
近年、悪質な建設業者が増えたことから、500万円未満の建設工事しか請け負っていない建設業者であっても、発注者から建設業許可を発注の条件とされるケースが増加しています。
業者選定の最低条件
*エコポイントだけではない、防音工事の助成金
東京都では、道路交通騒音の大きさが、夜間65デシベル以上、または昼間70デシベル以上ある居室を有するものに対し、防音工事の助成金制度があります。ただし、防音工事は、建設業許可を持つ業者で防音工事をしなければ助成金はでません。東京都でさえ、建設業許可業者でなければ、助成金もださないのです。
*近年の騒音事情〜人が住む住宅空間こそ、技術・信頼ある防音工事業者を
住宅・マンションでは、隣室で他人が寝ていたり、最近では、サッシの防音性能が向上したり、エコ住宅で二重サッシにしたりして、外部騒音が小さくなり、室内暗騒音が低くなっているのが現状です。したがって、特にマンションなどでピアノ・サックス・ヴァイオリン練習室を作る場合は、遮音性能だけでなく、防振性能、良い防振材の選定が重要になります。音楽ホール、シネコンなどでは、隣室が店舗や事務所で比較的騒音がある場所に設置されるため、防振性能・防振材が悪くても問題にならないところが多く、マンションのピアノ防音室のほうが、防振性能・防振材の選定には、高い技術が必要になっています。また、マンションでは、隣戸にどのような人が住むかわかりません、騒音値がいくら低くてもハッキリとピアノなどの音が聞こえると問題が発生することもあります。また、ピアノ室だけでなく、マンション・ホテルなどの機械室、駐車場などの騒音対策・防振対策も同様です。このように人が住む住宅空間こそ、技術・信頼ある業者を選択しなければいけないのです。もちろん建設業を営む場合は、建設業許可も必要ですし、一級建築士・施工管理士などの有資格者がいるか、小さなピアノ防音室であっても、広告に迷わされず、音響技術者がいる業者を選定できるかが重要なポイントです。

*ピアノ防音工事のエコポイント
マンション・住宅のピアノ室1部屋だけでは、かなり大きな部屋の防音工事でなければ、対象となる部分は、窓2重サッシ部分のみです。その他は断熱材(吸音材)の量が不足で対象となりません。期待するほどの金額ではありません!過剰広告に注意が必要です。小さなピアノ防音室では、ほんのわずかです!

*結露の多い住宅の防音工事には注意

結露している住宅の防音工事は、グラスウールだけでの防熱だけでは危険です。必ず防湿層をもうけなければ、遮音壁の中で、内部結露をおこしグラスウールの繊維を固めているバインダー(接着剤)が尿素臭くなります。また、プラスターボードが湿気でくずれ内部にカビが生えてきます。建築工事・防音工事は、必ず建築技術者がいる建設業許可業者に相談しましょう!
防音工事基礎知識
ピアノ防音工事を考えている人のための防音工事基礎知識
ピアノ教室の防音工事基礎知識
スタジオ・シネコンの防振工事基礎知識
サックス防音工事基礎知識
ヴァイオリン防音工事基礎知識
マンション防音工事基礎知識
音響・防音工事 推奨サイト
ADO Acoustic Design Office 音響設計・施工
Sam Toyoshima Laboratory スタジオ音響設計
With Kanon ピアノ・サックス・ヴァイオリン防音室
Akebono Kougyo 工場騒音対策防音壁
Yoshida Interior 防音工事・内装工事
Nikken Kougyo 熊本・福岡県近郊の防音工事、一般建築設計・施工
Uetani 大阪・京都・神戸、関西近郊の防音工事、一般建築内装工事
With リフォーム・内装工事
Acous Industry 合成樹脂の製造販売防音・吸音材の販売
 

ピアノの防音工事・北軽井沢の情報サイト 「ピアノ・サックス・ヴァイオリンの防音室・マンション防音工事を考えている人へ、防音・防振基礎知識」