シナリオの構造化に従って記述したシナリオの例

 シナリオの構造化のフォーマットに従って記述したシナリオの例を以下に示します。このシナリオは、近くにゴブリンの集団が住み着いて困った村の村長がPCにゴブリン退治の依頼にきて、ゴブリン退治にゆくというものです。ゴブリンの巣は村の近くの森の洞窟にあり、洞窟は真っ直ぐつながった3つの部屋(?)で構成されているものとします。
 使用するシステムには「The Lunatic」を想定しています。


ゴブリン退治

あらすじ
 プレイヤーキャラクター達はとある村の村長から村の近くに住み着いたゴブリンを退治してくれるように頼まれます。実際に村に行って、近くの森の中にある洞窟に住み着いたゴブリンの集団を退治すればシナリオは終了です。


ゴブリン退治

グローバルデータ

導入

前提条件
  • キャラクター達は知り合いで人口2000人くらいの町の酒場兼、宿屋にたむろって居る。
  • 報酬はPC全体で50gp。


 村長が酒場にやってくる。酒場を見回して腕っ節の強そうなキャラクターに声をかける。「冒険者の方々とお見受けしますが話を聞いていただけないでしょうか? 実は、我々の村の近くにゴブリンが住み着きまして困っています。まだ、人的被害は出ていないのですが農作物を荒らされたりしています。報酬はお支払いしますのでゴブリンを退治してくれないでしょうか?」

  • キャラクターが報酬の相談をするならば50gp払うという。
  • 報酬の交渉をする場合。「1」
  • 引き受ける場合。「2」
  • 引き受けない場合。「結末:1」


 交渉を言い出したキャラクターと“交渉”の技能で対抗判定を行う。キャラクターが勝てば半分までは前払いしてもよいという。ただし、村が裕福ではないためこれ以上は出せないという。

  • PCが引き受けるならば「2」へ。
  • 引き受けないなら「結末:依頼破棄」へ。

「引き受けてくださいますか。ありがとうございます。では、こんばんは私の家へいらしてください。」といってPCを村に案内する。

展開

前提条件
キャラクターは目的の村に移動済み

村長の家でささやかな宴が催される。村人も何人か集まっている。

  • 情報を集めるならば「イベント:情報収集」へ。
  • 待ち伏せにした方がよいのではないかという意見が出たら。「1」へ。
  • 今晩は寝てしまって明日早速出かけるなら「2」へ。


 待ち伏せは村の中で争うことになり、村に被害が出るのでやめて欲しいという。この姿勢は決して譲らない。

  • 情報を集めるなら「イベント:情報収集」へ。
  • 今晩は寝てしまって明日早速出かけるなら「2」へ。

 キャラクターが村を出るときに弁当くらいは持たせてくれる。



 洞窟にたどり着く。ゴブリンが2体見張りに起っていることが分かる。




 奥には3つ広くなっている部屋のようなところがある。「地図:ゴブリンの住み着いた洞窟」を参照すること。もう、ゴブリンは居ない。「結末:成功」


結末:依頼破棄

 キャラクターが依頼を蹴ったので報酬もなにもなし。終了。


結末:全滅

 キャラクターが全滅したので報酬もなにもなし。終了。


結末:逃走

 キャラクターが再起するつもりなら「展開:3」からやり直し。ただし、ゴブリンも警戒しているため隠れたりはできない。また、倒したゴブリンの数だけゴブリンは減っている。
 依頼を蹴って逃げ出すなら、それまで。最初に報酬を受け取っているならそれはもって逃げてもよい。この場合は経験値は0。


結末:成功

 洞窟の奥にはゴブリンがため込んだらしい銀貨が20枚ほどある。
 村に帰ると歓迎され、残りの報酬をもらえる。経験値は生き残ったPCの数×5点。


Kamio's Home Pageへ