一般社団法人 神奈川人権センター
人権ホットニュース
トップページ 神奈川人権センターとは 人権講師団の派遣 人権ビデオのご案内 出版物のご案内 正会員のご紹介 人権規約データベース 人権団体リスト ホームページリンク
人権規約データベース
 
  人権規約データベース 一般社団法人 神奈川人権センター  
  ドイツの 「人種差別禁止法」 (抜粋)  
  第130条 (民衆煽動罪)

公の平穏を害するのに適した方法で、 他人の人間的尊厳を
1 住民の一部に対する憎悪を挑発すること
2 これに対する暴力的措置もしくは恣意的措置を煽動すること、 または、
3 これを中傷し、 悪意で侮蔑し、 もしくは不実の誹謗すること
 によって侵害した者は、 3月以上5年以下の自由刑に処する
                            〔1960年6月30日の刑法一部改正により規定〕

第131号 (暴力讃美および人種的憎悪挑発の罪)
(1) 人間に対する暴力的行動を、 残虐なもしくはその他非人間的な態様で描写し、 これによってそのような
暴力的行動を讃美しもしくはそれを軽微な行動にすぎないとみなすことを表現する文書、 または人種的憎
悪を挑発する文書につき、 以下の行為を行った者は、 1年以下の自由刑または罰金刑に処する。
1 領布し、
2 公然と陳列し、 掲示し、 展示し、 もしくはその他の方法で普及させ、
3 18歳未満の者に、 提供し、 譲渡し、 もしくはその他の方法で普及させ、 または、
4 その文書もしくはそこから得られた部分を第1号から第3号までの意味において使用するために、 も
しくは他人がそのように使用するのを可能にするために、 作成し、 入手し、 供給し、 保管し、 提供し、
広告し、 宣伝し、 または本法の場所的適用領域内への輸入もしくは同領域外への輸出を企てること。
(2) 第1項にあげられた内容の作品を、 放送によって流布した者も、 前項と同じである。
(3) 第1項および第2項の規定は、 その行為が、 時事または歴史上の事件に関する報道のために行われたと
きは、 これを適用しない。
(4) 第1項第3号の規定は、 その者に対する監護の権限を有する者が行ったときは、 これを適用しない。
                            〔1973年11月23日の第4次刑法改正により新設〕

                                (訳、 浅田和茂・大阪市立大学助教授
)
 
     
   
  トップページ人権ホットニュース神奈川人権センターとは
人権講師団のご紹介人権ビデオのご案内出版物のご案内正会員のご紹介
人権規約データベース人権団体リスト団体の活動紹介