一般社団法人 神奈川人権センター
人権ホットニュース
トップページ 神奈川人権センターとは 人権講師団の派遣 人権ビデオのご案内 出版物のご案内 正会員のご紹介 人権規約データベース 人権団体リスト ホームページリンク
出版物のご案内
 
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
人権ブックレットNo.13 を発刊!!
「国際人権保障と平和/戦争
― 多元的な社会のダイナミズム
神奈川大学法科大学院教授 阿部浩己
 
     
 

 一般社団法人神奈川人権センターは事業計画に基づき、人権被害者の相談、支援、救済活動から差別・人権侵害を撤廃するために人権教育、啓発事業にも活動の重点を置いています。その一環として人権ブックレットを作成し、現在No.12まで発行しています。

 人権ブックレットは、毎年神奈川人権センターが開催している「人権学校」「人権研究交流集会」「国際人権集会」などでの貴重な講演や提起をまとめたものであり、活動にあたっての学習文献として活用されています。

人権ブックレットNo.13「国際人権保障と平和/戦争 ― 多元的な社会のダイナミズム」
 

 このたび発刊しましたNo.13は、2015年10月に開催された「第26回神奈川人権研究交流集会」での神奈川大学法科大学院教授の阿部浩己さんの講演録をまとめ、修正加筆したものです。暴力というものを肯定するような状況が拡がっている中で、歴史を振り返りながら国際人権保障の枠組みはその暴力をどうやって封じ込めようとしているのか。1990年に国連総会で採択された「国際法の10年」決議に込められたメッセージの意味とは何だったのか、と阿部さんは私たちに投げかけます。

 国連憲章の目的は、人間の尊厳というものをいかに世界の中に行き渡らせていくのかにある。人間が人間らしく生きていく社会を築いていく、そのために法は何を出来るのか、法制度は

 
  どのような役割を果たしうるのか、そこに参画していく人たちは何ができるのかということを、日本国憲法や国連憲章は私たちに訴えている。「暴力」とは人間の可能性を奪ってしまう障害であり、この暴力を封じ込めていくということが平和を実現する。ということを、子どもの権利条約をはじめ各条約や世界人権宣言など様々なデータを引用して解き明かしています。歴史、条約や国内法との比較、平和学の視点、といった多角的な面から「国際人権保障」を学ぶことができます。  
     
 

 4月から障害者差別解消法が施行されましたが、今回の講演でも「人間モデルの抜本的な見直し」の項で、障害者権利条約について人種差別撤廃条約など様々な条約を引用して解説されました。この項をお読みいただければ「合理的配慮」の意味するところが理解できるのではないでしょうか。

 今回のテーマである「国際人権保障」とは、世界のどこに人間が住んでいても等しく尊厳を保障されるということを実現しようとする仕組みで、人権を保障するということが平和の基礎になるということです。日本国憲法が掲げている脱暴力の理念、これは国際法が求めている理念であり、そして人権保障を通じて日常的に実現していくことができます。

 私たちに今求められているのは、「差別撤廃、人権尊重」へ向けた人権意識の定着化と人権文化を育む環境づくりなど、具体的な取り組みと活動です。本ブックレットがそのための一助となることを切に願っています。

 
     
  神奈川人権センター事務局長 早坂公幸  
     
  *定価 1冊800円(税、送料別)  
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
人権ブックレットNo.12
「身近な問題から人権を考える」
〜差別と差別表現III〜 を発刊!
 
     
 

 待望の人権ブックレットNo.12を発刊することが出来ました。

 このブックレットは、今まで発刊されたNo.9「差別と表現」(2002年)、No.11「差別と差別表現〜新版」(2008年)に続くもので、No.11発行以降の情勢の変化や人権学校、各種学習会、講演会での討論、教訓をもとに補強、発展させ、No.9、11をさらに豊富化、改訂したものです。

 

 「差別と差別表現」をテーマとし、差別用語や表現の中に差別意識がどのように存在しているのか、差別表現を見抜き克服するには何が必要か、さらには「差別、人権とは何か」を問い、人権課題全般にわたっての提起と解説、実践への助言に至るまでの内容となっており、まさに「人権の入門書」としても最適なものと言っても過言ではありません。

 最新号にふさわしく、企業の社会的責任(CSR)、マタニティハラスメント(マタハラ)、性的マイノリティ、ヘイトスピーチ(憎悪表現)、障害者差別解消法制定などに至るまでの今日的課題を取り上げた斬新な内容となっています。

 

 「21世紀は人権の世紀」と言われてから久しい。この間、国内外で人権確立の重要性が認識され、人権基準・諸制度の確立、人権意識の定着化など多くの前進面と共に、一方では悲惨な殺傷事件や差別、人権侵害があとを絶たない現状にもあります。

人権ブックレットNo.12「身近な問題から人権を考える」
 
 

 格差社会の進行と固定化による生活や将来への不安、絶望などの状況がその背景にあり、社会的に弱い立場にある人々への差別意識が表面化し、具体化しているのです。

 今求められるのは、声高にスローガンを叫ぶことではなく、何よりも「差別撤廃、人権尊重」へ向けた人権意識の定着化と人権文化を育む環境づくりなど具体的な取り組み、活動です。

 
     
 

 一般社団法人神奈川人権センターはこのような人権をめぐる状況の中で、人権被害者の相談、支援、救済活動から差別・人権侵害を撤廃するために人権教育、啓発事業にも活動の活動の重点を置いており、その一環として人権ブックレットを作成し、現在第11号まで発行しています。

 この人権ブックレットは、毎年神奈川人権センターが開催している「人権学校」「人権研究交流集会」「国際人権集会」などでの貴重な講演や提起をまとめたものであり、活動にあたっての学習文献としてその役割を果たしています。

 ブックレットNo.12もそのための一助となることを願っています。

 是非、本書をご一読し、人権教育・啓発活動の一環としてさまざまな場面でのご活用をお願いします。

 

○定 価  1部1,000円(税込、送料別)

 
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
『21世紀の人権』を発刊!
――座右の書としての活用を――
 
     
 
21世紀の人権表紙画像
 
定価:2,200円(税・送料別)
編集・発行:(社)神奈川人権センター
発売:日本評論社
 

 (社)神奈川人権センターは、昨年6月に結成20周年を迎えました。11月には20周年事業を展開し、21世紀の人権課題へ積極的に取り組むことを再確認しました。 冊子『21世紀の人権』は、この20周年事業の一環としてこの間、構想企画され、今回の発刊となったものです。

 (社)神奈川人権センターが1996年2月に冊子『国際化時代の人権入門(日高六郎監修、改定版)』を発行してから15年が経過しました。

 発行当時、人権の課題全般を網羅した人権の入門編として好評を博したのは記憶に新しいところです。今回の『21世紀の人権』は、内容としてはそれを継承した本格的な人権の入門書としての発行です。

 内容も全14章に及び「人権とは何か」から今年3月の東日本大震災や原発事故にまで言及しており、(社)神奈川人権センター及び会員が現在、取り組んでいる課題を網羅しています。

 表現も平易にすることに努め、学校教育から社会教育まで広範に活用されるよう構成しています。執筆者、協力者は39名にも及んでおり、それぞれ力作揃いであると言えます。

 

 「人権の世紀」と言われた21世紀もすでに11年目を迎えています。しかし、短期的に捉えれば、現実はそのスローガンからはほど遠いものとなっています。

 20世紀末の東西冷戦構造の終焉はアメリカの一極支配をもたらし、世界各地への干渉や武力介入などを引き起こしています。また経済のグローバル化や市場原理主義の一時的な席巻と破綻は、現在の世界的な規模での格差拡大、貧困や飢餓、環境破壊をもたらしています。

 日本においても状況は同様に深刻であり、格差の拡大と固定化、貧困や失業は社会不安を増幅させ、悲惨な事件、差別・人権侵害の温床となっています。

 しかし一方では、国内外の人権の諸条約や法制度も一部確立し、「差罰撤廃・人権確立」の意識も定着し、取り組みも前進するなど、明るい展望もあります。

 

 このような21世紀初頭の状況の中での『21世紀の人権』の発行であり、この冊子が、差別をなくし、人権を確立するための活動の一助となること、特に、人権教育の場をはじめ、あらゆる場で幅広く活用されることを願っています。

 また、今回発行したこの冊子で人権の課題を全て網羅したと言うことではなく、私たちの取り組みが不十分な人権課題、今後早急に取り組まなければならない新たな人権課題については今後の改訂版発行の中で取り上げて行く方針です。

 是非、『21世紀の人権』をあなたの座右の書として活用して下さい。

 
     
  内  容  
 
1章 21世紀の人権
2章 在日コリアンの人権
3章 外国につながる人々の人権
4章 被差別部落と人権
5章 障害者の人権
6章 男女平等と人権
7章 ハンセン病と人権
8章 こどもの人権
9章 高齢者の人権
10章 アイヌ民族の人権
11章 沖縄の人々の人権
12章 労働と人権
13章 開発と人権
14章 様々な人権活動
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
 
「差別と差別表現〜新版〜」表紙
   
■人権ブックレットNo.11
 「差別と差別表現〜新版〜」発刊!
 待望の人権ブックレットNo.11「差別と差別表現」を新版としてこのたび発刊することが出来た。神奈川人権センターは人権被害者の相談、支援、救済活動から差別・人権侵害を起こさないための人権啓発、教育事業にも重点を置いており、その一環として人権ブックレットを作成し、現在10まで発行している。
 人権ブックレットは、毎年神奈川人権センターが開催している「人権学校」「人権研究交流集会」「国際人権集会」などでの貴重な講演、提起をまとめ、活動にあたっての学習文献としてその役割を果たしている。
 ブックレット11は、bX「差別と表現」を改訂し、「新版」として発行したもの。
 bX「差別と表現」は大変な好評を博し、すでに完売、再発行が多くの方面から強く要望されていた。
 このたび著者の雪竹欽哉さんのご協力によってbX発行以降の情勢の変化や講演と討論をもとに補強し、発刊となった。
 11は、差別用語や表現の中に差別意識がどのように存在しているのか、差別表現を見抜き、克服するにはどうするかなどを体系化した力作。また、差別用語・表現にとどまらず、人権とは何か、人権課題全般にわたっての問題提起となっており、人権の入門書としても最適なブックレットと言える。「21世紀は人権の世紀」と言われてから久しい。この間、国内外で人権確立の重要性が声高に叫ばれ、人権基準・諸制度の確立、人権意識の定着化など多くの前進面もあるが、一方では悲惨な殺傷事件や差別、人権侵害があとを絶たない現状にある。 格差社会のいっそうの進行による生活や将来への不安、絶望などの状況がその背景にあり、社会的に弱い立場にある人々への差別意識が表面化し、具体化していると思われる。今求められるのは何よりも「人権尊重」の立場に様々な取り組み、活動だろう。 単にスローガンを叫ぶだけではなく人権意識の定着化と人権のまちづくりなどの具体的な対応が求められる。本ブックレットがそのための一助となれば願う。
 是非、ご一読をすすめたい。(1冊1,000円、申し込みは神奈川人権センターまで)
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
 
「格差社会と差別」表紙
   
■人権ブックレットNO10,「格差社会と差別」発刊!
 神奈川人権センターは啓発誌として人権ブックレットを発行しており、このたび待望のNO.10「格差社会と差別」を発刊しました。
 人権ブックレットは、毎年神奈川人権センターが開催している「人権学校」「人権研究交流集会」「国際人権集会」などでの貴重な講演、提起をまとめ、活動にあたっての学習文献として発行しています。ブックレットNo.10は2部構成となっています。

 第1部は、女性学やジェンダー問題などで多方面で活躍している江原由美子神奈川人権センター理事長(首都大学東京教授)の2005年12月の「第16回かながわ国際人権県民集会」(テーマ・「ジェンダーフリー社会の実現に向けて」)における講演内容をまとめたものです。「ジェンダーフリー」とは何か、格差社会と言われている今日なぜ女性、非正規労働者に対する差別が日常化しているのか、差別をなくすには今何が必要なのかなどについてジェンダーの視点から問いかけ、解決の方向を提起しています。
 昨今の男女平等否定の観点から意図的に展開されているジェンダーバッシングへの反論はまさに時期を得た的確なものがあります。ジェンダーとはその社会の中で男女の生き方に関して共有されている考え方・価値観・社会意識などとそれに基づいて作られた社会制度をさしており、「社会的文化的に形成された性別や性差についての当該社会において共有された知識一般」であり、「生物的性差、すなわち一人ひとりの具体的な能力や性格、機能、適性や身体的特徴」を意味しているのではないと明快に喝破しています。

 第2部は、神奈川人権センター人権ケースワーカー・団体より「格差社会」における差別の特徴的な事例、それぞれが教訓として取り組んだ事例等を報告したものです。
 人権ケースワーカー制度は人権NGO団体としての相談活動を具体化するために全国的にも先駆的なものとして1996年に発足したものであり、神奈川人権センターの貴重な財産となっています。人権ケースワーカーはすでに発足以降10年が経過し、延べ人員は200名を超え、現在それぞれの団体で中心的に活動しています。本書で紹介しているのは日々活動している団体・ケースワーカーからの7つの貴重な実践例の報告と提言となっており、活動の中で参考になると確信しています。

 21世紀は「人権の世紀」と言われ、」すでに6年目を迎えています。この間、国内外で人権確立の重要性が声高に叫ばれ、人権諸制度の確立、人権意識の定着化など多くの前進面もあります。しかし、一方で「格差社会」と言われているように新自由主義、市場原理主義の経済政策は所得、貧富の差を急速に拡大しています。格差社会は差別、人権侵害の拡大でもあり、生活や将来への不安、絶望などの状況を背景に人権侵害、差別事象・事件もあとを絶ちません。また、国家主義的、反人権の立場の側からも歴史を逆行させる動きも強められています。今、私たちにとって必要なことは、「反差別・人権」のスローガンを叫べばことたれりということではなく、旧来の意識からの脱皮と人権意識の定着化をはかり、人権のネットワークを拡大し、連携した活動と具体的な取り組みをいっそう強化することです。特に「人権の21世紀」を確実なものとするためには必要な視点です。 本書がそのための一助となると確信し、ご一読をおすすめします。(定価:1,000円)
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「人権センターニュース」   「国際化時代の人権入門」改訂版
毎月20日発行
A4版・16頁・1部・200円(送料別)
定期購読:3100円(1年間)
  日高六郎=監修
B5版・224頁・2100円(送料別)
             
人権に関するNGOや自治体の最新の諸活動をホツトに伝える情報誌。   「人権センターニュース」表紙   「国際化時代の人権入門」改訂版 表紙



品切れ中です。
  人権全般についてわかりやすく解説資料をまとめた入門書。
女性問題、在日韓国・朝鮮人問題、沖縄問題、アイヌ問題、高齢者問題などの重要な最新の変化を盛り込んだ改訂版。
明石書店を通じて全国販売・好評発売中!
 ―――――――――――
 人権問題はかたくるしいものではものではありません。自分が気持ちよく、風とおしがいいところで、生きていきたい、幸せになりたいことだと思う。
 わかりやすい人権入門の書として推せんします。
 ぜひ、あなたの座右の書にどうぞ。
  ―――弁護士・福島瑞穂
 ―――――――――――
もくじ
国際化時代の人権
在日韓国・朝鮮人
滞日外国人 難民
被差別部落 障害者
女性  エイズ 
高齢者 子ども 
アイヌ民族 沖縄人
「開発」と人権
国際人権
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「多民族・多文化・共生」   「日本に差別撤廃法を!」
人権ブックレット VOL.1(1994年)
A5版・88頁・700円(送料別)
  人権ブックレット VOL.2(1995年)
A5版・88頁・700円(送料別)
             
もくじ
タイからの女性出稼ぎの
 状況と背景
女性シェルターは今
フィリピンにおける日本の
 介在と出稼ぎ問題
共生の地域作りに向けて
 −労働現場から
フランスにおける人種差別
 への闘い−NGO
アジアと日本−開発、出稼
 ぎ労働者、そして人権
多民族・多文化・共生
  「多民族・多文化・共生」表紙   「日本に差別撤廃法を!」表紙   もくじ
日本の人権政策の確立と
 部落解放基本法制定のために
胸をはって生きるために
 −「アイヌ新法」の成立を−
「戦後補償・人権法」−在日
 外国人への差別撤廃の課題−
差別禁止法への道筋
 −人種差別撤廃条約と国内法−
なぜ反差別立法が必要なのか
 部落差別撤廃法への運動的課題
アメリカの差別撤廃法
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「地球市民時代とNGO」   「転換期にきた人権」
人権ブックレット VOL.3(1996年)
  A5版・96頁・800円(送料別)
  人権ブックレット VOL.4(1996年)
A5版・96頁・800円(送料別)
             
もくじ
輝く新しい道−フィリピン
 における人権擁護
インドにおける人権NGO
 活動
人種撤廃条約の批准と日本
 の人権
地球市民時代とNGO
国際人権とNGO
市民活動の発展と社会制度
 の改善
国際化・地方化・民主化と
 人権NGOの役割
  「地球市民時代とNGO」表紙   「転換期にきた人権」表紙   もくじ
軍隊『慰安』婦、戦争責任
 −今、どう向き合うか
部落解放基本法制定運動と
 神奈川の課題
人権補償法
 ……人権のインフラ整備を
沖縄と人権
障害者の自立生活と人権
滞日外国人の人権は今
人種差別撤廃条約の批准の
 意義と課題
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「人権と文化を考える」   「地域社会と人権」
人権ブックレット VOL.5(1998年)
  A5版・102頁・800円(送料別)
  人権ブックレット VOL.6(1999年)
A5版・99頁・800円(送料別)
             
もくじ
日本文化の源流を探る
  被差別民衆の視点から
善意の素顔
  ―より良い理解のために
自治体の人権政策への提言
資料
世界人権宣言五十周年記念
 に向けた数々のアイディア
  「人権と文化を考える」表紙   「地域社会と人権」表紙   もくじ
これからの人権・共生教育
 を考える
職業差別を考える
サンフランシスコ人権委員
 会の歴史的歩みと課題
先住民族・アポリジニーの
 過去と現在
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「自治体と人権システム」   「価値の転換と人権」
人権ブックレット VOL.7(2000年)
  A5版・101頁・800円(送料別)
  人権ブックレット VOL.8(2001年)
A5版・104頁・800円(送料別)
             
もくじ
「特集自治体と人権システム」

フランクフルト市多文化局
 の取り組み
政府、自治体の人権システ
 ムをめぐって
人権の社会システムを
 ――――――――――
移住外国人の人権
アイヌ民族の歴史と私
資料
男女共同参画社会基本法
 (抜粋)
国連規約人権委員会の「日
 本政府に対する勧告」(抜粋)
大阪府部落差別事象に係る
 調査等の規制等に関する条例
○○市における人権尊重の
 まちづくり条例(案)
  「自治体と人権システム」表紙   「価値の転換と人権」表紙   もくじ
川崎市子どもの権利条例
 ―その背景と意義―
近世神奈川の部落史
精神障害者の人権
「人権の世紀」の意味する
 もの
資料
川崎市子どもの権利条例
国連人権差別撤廃委員会
 「最終所見」……日本
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
日常生活の中から差別意識を問う
「差別と表現」
   
人権ブックレット VOL.9(2002年)
  A5版・106頁・1000円(送料別)
   
             
もくじ
糾弾をバネに人権感覚を磨く!
 「差別表現事件」に学ぶ
「差別」と「差別表現」に
 ついて考える
  「差別と表現」表紙        
 
     
 

お申し込みは、一般社団法人神奈川人権センターまで

TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389

 
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
 
「人権ハンドブック」   「移住労働者の権利を宣言する!」
(1993年)
A5版・141頁・1000円(送料別)
  (1993年)
A5版・145頁・1000円(送料別)
             
もくじ
世界人権宣言
国際人権規約
人種差別撤廃条約
女子に対するあらゆる形態
 の差別の撤廃に関する条約
難民の地位に関する条約
すべての移住労働者及び
 その家族構成員の権利保護
 に関する国際条約
子どもの権利条約
民族的もしくは種族的、宗
 教的及び言語的マイノリテ
 ィに属する者の権利宣言
世界の差別禁止法(抜粋)
 ……フランス、ドイツ、
 アメリカ
日本 部落解放基本法案
   「戦後補償法」(案)
   「アイヌ新法」(案)
用語解説
  「人権ハンドブック」表紙   「移住労働者の権利を宣言する!」表紙   もくじ
移住労働者の人権保障に
 向かう国際社会
移住労働者の権利条約と
 日本の実態
遅れている日本
 ―われわれの課題
すべての移住労働者とその
 家族の権利保護に関する条約
資料
 
     
   
     
     
  出版物のご案内 一般社団法人 神奈川人権センター  
     
     お申し込みは一般社団法人神奈川人権センターへ
     神奈川県横浜市磯子区森3−3−17−217
     TEL.045−271−1455 FAX.045−761−3389
 
     
  トップページ人権ホットニュース神奈川人権センターとは
人権講師団のご紹介人権ビデオのご案内出版物のご案内正会員のご紹介
人権規約データベース人権団体リスト団体の活動紹介