クロセセリ北上中

京都の中島拓・相原幹夫両氏によると、クロセセリは京都府亀岡市で1986年に始めて記録され、15年経った現在、同地に定着し周辺に分布を拡大しているという。これは、ミョウガの植栽など人為的な原因で、チャバネセセリのように温暖化の影響ではないよう。 詳しくは:中島拓・相原幹夫(2002)京都府亀岡市におけるクロセセリの発生状況−発見から現在に至るまでの経過報告− 月刊むしNo380:23−27 森地重博ほか(2002)"京都のクロセセリ"を追って ゆずりはNo13:19−23