「VAJRAYANA真理の探究」って何?


 「VAJRAYANA真理の探究」は、オウム真理教(アレフ)に関するサイトです。
 サリン事件当時のマスコミ報道が納得できなくて、96年9月にはじめました。
 ゆえに、オウム真理教(アレフ)のサイトと言いましても、「『正義の立場』でオウムを斬るサイト」でも、「破防法に反対する左翼のサイト」でもありません。無論、作者はオウムの信者ではありません。かつてマスコミで使われた用語を使えば、いわゆる「オウマー(不謹慎な人間)」に当たるかと思います。
 それゆえ、オウムをギャグとして扱ったものもあり、やもすれば、オウムの犯罪の被害者の方には、不快に感じられる内容かもしれません。実際に、Geocitiesという無料ホームページのサイトで、私のサイトは2回削除された経験があります。
 それゆえ、もし「麻原の顔など見たくない」「オウム信者など皆殺しだ」「オウムを面白がるヤツの気が知れない」とお考えの方がいらっしゃいましたら、誠に恐縮ですが、この「VAJRAYANA真理の探究」をご覧にならないようにお願いします。
 私といたしましても、いろいろと考えた末、このような事を始めるに至りました。
 勝手ながら、以上の点、何卒ご理解下さるようお願いします。
 「それでも、こんなサイトの運営者を許せない」という方がいらっしゃいましたら、罪があるのはプロバイダーではなく、この私ですので、プロバイダーではなくこの私に直接E-Mailいただければ幸いです。
 また、特定の党派的利益でオウム問題をお扱いの方も、このサイトをご覧になるのは、お互いのために、おやめになられた方が宜しいかと思います。
 以上の点、何卒ご理解下さい。
 なお、当方においたをした場合には、様々なカルマ落としに遭いますので、悪業は控えるように。皆さんの手口は熟知しております。
 そもそも、「オウムの話なんか聞きたくもない人」が「たまたま」ここへ来ることは、まずあり得ないと思うんですが。

 リンクは無許可でご自由にお張りいただいて結構です。
 また、うるさく言うのは嫌いなので、私の書いた部分に関しては、商売絡みでなければ(個人が趣味でやってるホームページで紹介etc)、無許可で勝手にやって構いません。でも、「紹介したぞ」のメール下さい。だって、嬉しいんだもん。
 その他、オウムの機関誌の無断転載部分に関しても、各自の責任で遊ぶ等するのは構いませんが、オウムに告訴される等、何が起きても私は知りません。
 また、記事の内容に虚偽の内容があって、貴殿が何らかの迷惑が被りましても、当方は一切関知しません。