さらばペーパームーン外伝

1995年1月作品

by Kenzi Mazima




私は今、雨の中の渋谷にいる。

現在の渋谷は、安い回転寿司屋さんが立ち並び、その店舗の多さは日本の中でもトップクラスに位置づけられている。
私は常々回転寿司とはどうあるべきかを説いて聞かせてきた新しい弟子とともに、この若者の街であり回転寿司の街でもある渋谷を徘徊していた。

ここ、渋谷の回転寿司屋の特徴の一番目には、値段の安さが上げられる。
どの皿を食べても一枚100円〜120円という設定をしているところが数多くある。
私の近所に位置していた味と心が最高峰のレベルであった店「ペーパームーン」亡きあと、値段の安さを求め、家から電車で1時間以上かかる渋谷までやって来ることが多くなっていた。
渋谷で試してみた寿司屋は4件以上。そのどこもが各々の特徴を持ち合わせていた。
あるところは値段だけが安く、あるところは1つのネタだけがおいしい。
このように少しだけでも不満が残るような渋谷の安いところで、かれこれ10回は既に食べていた。
今日の昼時、私は弟子とどこの回転寿司屋に入ろうか討議してみた。私は白身のおいしい店を推したが、弟子は値段だけが取柄の店を希望する。
しかし私としては、その値段が取柄だけの店に、もう用は微塵も無い。
それを弟子に言って聞かせ、渋々とした表情をしたが納得してもらった。
そしてすぐにでも私の推した寿司屋に向かうつもりだったが、弟子が本屋に用があると言い、先に本屋に行くことにした。
今考えればこの行動がなかったとしたら、私の回転寿司魂もこれ以上加速することは無かったことだろう。
そして、我々が本屋へ向かう途中、その文句は目に飛び込んできた。

「とにかく一度食べてみて」「100円200円消費税込み」

この回転寿司屋に、我々は何かを感じ、昼の寿司屋はここに決定した。
ここの存在はかなり前から知ってはいたが、何故か一度も入ったことが無い。
本屋の帰りに我々はとうとうこの店に入ることになった。 店に入ると私は早速、評価状態に移った。
客行列ができてしまっている隣の各安な回転寿司屋と比べると、客人の量が非常に少なかったので、最初はあまり期待はしなかった。
あまりおいしくなかったならば、数皿でここを後にしようと弟子にも告げてある。
しかし鮮魚に目がない弟子は、私の慎重な思いをよそに高速で目の前の皿をつかんでいっていた。

「うん、おいしい。」と弟子は発した。

私は弟子に先に食べさせ、あとでゆっくりと賞味に入る予定でいた。
ふとまわりを見渡してみると、年齢の高い人たちが多いのに気付いた。
今までの経験から、こうした高年齢の人たちに支持されている寿司屋の味には私も満足することが多かったのだ。
さらにネタの一覧表を見てみたが、ネタの種類は回転寿司屋にしては、少し多いほうのランクだった。
握っている人たちも職人のような面もちで、私の僅かだった期待は皿を取る前にみるみると大きくなっていった。

それではと目の前のイワシらしき皿を取って食べてみた。なるほど悪い味では無い。
そして、いつものように次々と皿を取り食べてみた。ネタはあのペーパームーンより小さいが、おいしさのレベルは高い。
ネタの切り方もペーパームーンのそれに酷似している。この店の唱い文句である安い皿設定も魅力であるが、味もなかなかのものであった。
合格ラインである。

ペーパームーンを失って2週間ばかり経過し、途方に暮れていた私に、ここは回転寿司の勇気を大いに与えてくれた。
しかし渋谷では通うのには遠過ぎる。家から電車で1時間はかかってしまうので、そうちょくちょく来れるものではない。
私はその悲しみをよそに食べあさり続けた。そして、目の前に皿を何枚も積み上げお茶を少し飲み、楽しい昼食のひとときも終わりに近づいてきたときにその声は聞こえてきた。

「アジ行きマァ〜す。」握り主三人の中のひとりが発した。

ペーパームーンではよく聞いたフレーズであったが、店が無くなったあとは、どこの店でもまだ聞いたことがなかった。
私は寿司については幸せだった過去を思いだし、ちょうど不透明なネタ入れ棚の戸に隠れて顔が見えないその「ペーパームーン発声方式」の伝承者の容姿を確認してみたくなった。
なかなか顔は見えないのだが、手はよく見える。それはどこかで見たことのある手さばき。
もしや?!と思い、弟子にも早急に顔を確認するように命じた。私の目はその特徴のある手さばきをする握り主の顔に集中した。
弟子もそれに気付き興奮してきた。しばらくして、とうとう握り主は不透明なネタ入れ棚の戸を開け、私の潤みはじめていた両目に気付いた。

運命の再会であった。



(終わり)


[INDEX]

Feedback..Kenzi Mazima / This page contains JavaScript. /