回転寿司の最期

1998年8月作品

by Kenzi Mazima



回転寿司ブーム

とにかく回転寿司がブームだ。
回転寿司評論家であった私は、このような事態を前から予測していた。何故ならば、どうせ回転寿司屋の寿司だからといって、その味を馬鹿にする方々を尻目に、「いつかはこの旨さがバレルな」と、本当においしい寿司を毎日のように食べていたからである。
そして今日、雑誌やテレビでも紹介されるような大ブームとなってしまった。
回転寿司フリークの方々はここでどう思っただろうか。ただ行列ができるだけで、ちっとも美味しくないお寿司を食べさせる店が大々的に紹介されたことで、世のフリーク諸君は大喜びをしたのでは無いであろうか。
一般庶民は、大しておいしくない店に行列をなしてくれて、本当に美味しいお寿司屋さんはフリーの状態となるからだ。このことは回転寿司屋さんに限った話では無いことなのだが。
しかし困ったことに、本当に美味しい店が紹介されずに普通の店が紹介されることは、良店の経営圧迫になりかねないのだ。さらには、良店が普通の店の人気が寿司の安さのみにあると思い込み、安いネタの仕入れに手を出していったとしたら寿司フリークには大変なダメージである。

えび

さらば回転寿司

回転寿司のホームページを開設して数年。いろんな方々からご意見を頂き、また、意見を求められてきた。テレビの回転寿司特集に助言を求められたり、新規オープンの寿司屋さんにアイディアを求められたり、回転マシン製作会社の方からもメールを頂いた。
しかし、最近の私と言えば、回転寿司は全く食べなくなってしまった。これは、前回の随筆にも記したように比較的安価で、とても美味しい固定寿司屋さんに出会ってしまったからである。
もうかれこれ1年以上、寿司屋といえば、ここにしか行っていない状態だ。この店がある限り、回転している皿に手を出すことは無いと思うようにもなってきてしまった。そのため、ここらへんで回転寿司の評論は一時休養することに決めた。どうしても紹介したい店が現れるようになれば、また再開することにする。



(終わり)



[INDEX]

Feedback..Kenzi Mazima / This page contains JavaScript. /