logo トップページへ

35mmフルサイズ 約3040万画素CMOSセンサー キヤノン「EOS 5D Mark IV」


有効画素数約3,040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーおよび映像エンジン「DIGIC 6+」の搭載により、
常用ISO感度ISO100〜32000を実現しています。
また、新開発ミラー振動制御システムの採用により、最高約7コマ/秒の高速連写が可能。


●フラッグシップ機と同等の優れた機能を搭載し、さらなる高画質を実現しています。

◎高画素・高速連写・高感度などの基本性能がバランス良く向上

新開発の有効画素数約3,040万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。
従来機種より画素数が向上し、さらなる高画質を実現。
映像エンジン「DIGIC 6+」を搭載しており、常用ISO感度は従来機種より高い最高ISO32000※1を実現。
これにより、暗い環境下でも高感度・高画質撮影が可能。
さらに、「DIGIC 6+」と新開発のミラー振動制御システムとの組み合わせにより、高画素機ながらも最高約7コマ/秒の高速連写を達成。
1つの画素が撮像と位相差AFの両方を同時に行うことが可能な「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載により、ライブビュー撮影時にも高速で追従性に優れたAFを実現。
撮像素子から得たデュアルピクセル情報を付加する「DPRAW撮影」が可能。
撮影後にキヤノン独自のRAW現像ソフトウエア「Digital Photo Professional(Ver.4.5)」で「解像感補正」「ボケシフト」「ゴースト低減」の処理が可能※2。
※1 ISO感度の設定範囲はL(ISO50相当)からH1(ISO51200相当)、H2(IS0102400相当)まで拡張(静止画撮影時)。
※2 「解像感補正」「ボケシフト」「ゴースト低減」のいずれか一つを処理することが可能で、開放絞りのときに、
特に調整量・補正効果が向上します。なお、使用するレンズや撮影シーンおよび条件によっては十分な効果を得られないことがあります。
また、カメラの撮影位置(縦・横)によって調整量・補正効果が変わります。

◎フラッグシップ機と同等の優れた機能を搭載

「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)と同じ、「61点高密度レティクルAF II」を搭載しており、AF測距エリアを従来機種と比較して縦方向に拡大。
左右の測距エリアでは縦方向に約24%、中央の測距エリアでは縦方向に約8.6%測距エリアを拡大。
全測距点61点のうちクロス測距点数は最大で41点、デュアルクロス測距点数は最大5点を実現※1。
61点全点がF8光束に対応しており、エクステンダーを使用した超望遠撮影時に、レンズの開放絞り数値がF8までの明るさとなる場合でも、全測距点でAFが可能※2。
ファインダー撮影時(ワンショットAF、中央F2.8測距点)において低輝度限界EV-3を達成※3。
暗い環境下でも高精度なAF合焦が可能。従来のレンズ光学補正だけでは対応できない収差の補正と、
ローパスフィルターに起因する解像劣化を補正する「デジタルレンズオプティマイザ」機能を、EOSシリーズで初めて撮影時に実現。
撮影後に手間をかけることなく、より精細な画像を得ることが可能。また、フラッグシップ機と同様に、撮影時に歪曲収差補正と回折補正を実現。
「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」と同じ、約15万画素RGB+IR測光センサーの搭載により、シーン解析の精度が大幅に向上。
被写体の顔や色を検知できるようになり、測光・調光やオートホワイトバランス、AF精度がさらに向上。
※1 装着するレンズにより測距点数、クロス測距点数、デュアルクロス測距点数が変動。
※2 装着するレンズにより測距点数、クロス測距点数が変動。
※3 ライブビュー撮影時(ワンショットAF時、常温、ISO100)は、低輝度限界EV-4を実現。

◎4K(4096×2160)動画を中心とした動画撮影性能の強化

動画撮影時にもスムーズで滑らかなAFを可能とする「デュアルピクセルCMOS AF」とタッチパネル対応の液晶モニターにより、AFフレームを素早く選択。
撮影機会を逃すことなく快適な動画撮影が可能※1。
4K(30p/25p)での動画撮影が可能。またデジタルシネマの標準規格(DCI規格※2の4K/24p)の動画撮影も可能。
フルHD/60pやスローモーション映像に適したHD/120pの動画撮影が可能。
また、動画記録形式は映像制作に適したMOV形式およびSNSへのアップロードなど汎用性に優れたMP4形式の両方に対応。
動画撮影時において、4Kで記録した動画の1フレームを約880万画素(4096×2160)の静止画として切り出し、
JPEG画像※3として保存する「4Kフレームキャプチャー」機能を搭載。
輝度差の大きいシーンにおいて白トビを抑制するHDR動画撮影機能を搭載。
「タイムラプス動画撮影」機能を搭載しており、一定間隔で撮影した静止画を自動でつなぎ合わせて動画を作成することが可能。

※1 ハイフレームレート動画撮影中はAFによるピント合わせができません。
※2 米国の大手映画配給会社6社で構成されるデジタルシネマの標準化団体DCI(Digital Cinema Initiatives)が策定する規格。
※3 動画の1コマを静止画として保存するため、通常の静止画と同等の画質にはなりません。
TOPページへ