Sweden 4days Enduro2010参戦旅行プラン

4days Enduro non data
大きな地図で見る

【モデル日程】

日付 スケジュール
7/2 午前:東京出発。ストックホルムへ向かいます。
夕方:ストックホルム到着。現地スタッフがお出迎え。ホテルへご案内
7/3 レース用のマシンのチェックと試乗。
7/4 レース会場のヘスレホルムへ移動。書類審査と車検を受けます。
7/5 Leg1
7/6 Leg2
7/7 Leg3
7/8 Leg4、表彰式
7/9 ヘスレホルムからストックホルムへ移動。
7/10 ストックホルム出発。
7/11 成田国際空港到着。着後解散

【見積旅行代金】

¥698,000-

*為替レートの変動などにより、変更となる場合があります。

【見積旅行代金に含まれるもの】

【参加に必要な準備】

参加にあたっては下記の準備が必要です。

FIMライセンスを取得するにはMFJの国内ライセンスを所持している必要があります。現在、MFJのライセンスを所持していない方はご連絡ください。MFJライセンスの申請書をお送りします。

スウェーデン4デイズエンデューロとは

欧州の一般的なエンデューロとは若干違った趣向で行われるレースです。スウェーデン各地のモーターサイクル・クラブが持ち回りで運営を行うので毎年開催地が変わります。

レースそのものの運営はエンデューロというよりむしろラリーレイドに近く、移動区間はコマ図で走行。この区間はどちらかというとベストシーズンのスウェーデンを楽しんでツーリングしてもらうように設定されています。タイムを競うステージの区間は開催地域により趣向を凝らしています。モトクロスコース、フラットトラックのコース、エンデューロコースなどが一般的。、過去にはターマック(舗装路)でのタイムアタックが設定されていたこともありました。

2010年は7月4日から7月8日の開催。スウェーデン南部、ヘスレホルム周辺を会場として開催されます。

参考サイト

参戦旅行プラン

スウェーデン4デイズエンデューロへ参戦するための航空券はもちろん、参戦用マシンのレンタル、現地のレーシングチームによるメカニックを含めたサポート、レース会場への送迎、宿泊の手配を承ります。

レース用のレンタル車両

KTM 4ストロークのラインナップから選択できます。いずれの車両も台数には限りがありますので、早目にご希望をお知らせください。

各マシンはナビゲーション用のマップホルダーやICOなどの装備を含めて、4デイズのレギュレーションにあわせてセットアップされた状態でレンタルされます。また、レース前にマシンをテストする時間を設けて、そこでセッティングの微調整を行います。

レース中にマシンにダメージを与えた場合の修理代、部品代はサポート費用に含まれていません。これらの費用が必要となった場合は、現地にて費用が明確な場合は現地にて。現地でチェックができなかった場合には帰国後追加で請求させていただきますのであらかじめご了承ください。

サポートチーム

マシンの準備やセットアップから、1日のステージ終了後の整備のサポート、ストックホルムからヘスレホルムへの移動、書類審査や車検への同行など、スウェーデン到着後は地元チーム、Olle Ohlsson Racingがサポートを行います。日本からのエントラントだけでなく、地元のライダーや、ヨーロッパやオセアニア方面から参加するライダーもこのチームに参加しています。

チームの代表、Olle Ohlsson氏は日高に出場したこともあるライダーなので、知っている方も居られるかもしれません。

コミュニケーションは英語、スウェーデン語のみです。

*ご注意*

このご旅行は旅程中に本格的なレース参戦を伴うため、一切の保険の対象外となります。任意の海外旅行保険にもご加入いただけません。万が一の怪我や病気の際、現地のチーム、レース主催者、そして企画,手配を行うE&Gからも一切補償を行うことができませんので予めご了承ください。

FIMライセンスを申請する際、MFJで傷害基金の申し込みを行うことができます。合わせて申し込まれることをお勧めします。

■お問い合わせ■