屋良朝助 略歴

70年3月
70年8月〜74年3月    
71年5月〜
72年1月

78年7月

75年4月〜
81年5月〜
97年5月〜

04年4月〜
05年8月〜08年3月
06年11月
07年12月〜
08年3月〜
08年6月〜
08年11月〜
08年11月〜
09年1月〜

琉球政府立那覇高等学校を卒業
(株)沖縄三越 販売促進部 勤務
琉球独立党結成に参加、党員となる
那覇市の成人式にて成人代表挨拶で
沖縄の政治のひずみを批判する
琉球独立党青年部として交通変更
730反対運動を主導する
アリスTシャツセンター代表
新型Tシャツ印刷機を発明し特許取得
いろは道楽会 会長
現代いろはうたの普及に努める
本納駅東地区まちづくり研究会 世話役
琉球独立党 党首
沖縄県知事選挙に立候補
サンアロー通商(株) 代表取締役
かりゆしクラブ 代表
沖縄県会議員選挙に立候補
「第一回尖閣諸島沖縄領有アピール集会・デモ」を主宰   
那覇市長選挙に立候補
「薩摩の琉球支配から400年・日本国の
琉球処分130年を問う会」共同代表
     那覇市立大道幼稚園入園時の屋良朝助の写真
那覇市立大道幼稚園入園時の
屋良朝助の写真
   第5代琉球政府行政主席の屋良朝苗氏
   上の写真は屋良朝助の一族で
   第5代琉球政府行政主席の
   屋良朝苗氏


屋良朝助氏は地元有名百貨店に勤務、退職後、繊維製品プリントの新技術を研究開発し、
高性能で効率の良い最先端、且つ実用的なプリント機械を各国に特許出願し、登録された。
日本で初の純国産、衣類Tシャツ類印刷機として、話題を呼んだ。
写真を見る

※お断り、かりゆしクラブとしての見解です。 人は人種、出身、民族などによって差別や優遇すべきではなく、その人の考え方によって「区別」すべきものであると考えます。最近、「反琉球独立プロパガンダ」の人間らにより、屋良朝助に対して間違ったイメージを与える為、屋良朝助当人が、親戚や先祖が暴力団員、反日朝鮮人、反日部落解放同盟構成員、反日中国人、反日久米村中国人の子孫である、などの言葉を使って、事実に反するイメージを与えようとしているのが見受けられます。 誤解を解き正しい情報を与えるため 屋良朝助の出自を示しておきます。

屋良朝助の出自
父、母、共に 琉球王国第二尚氏王統の第三代国王、尚眞王(尚真王)の子孫で、もちろん屋良朝助本人も尚眞王の子孫にあたります。

かりゆしクラブのトップページへ戻る