かりゆしクラブ 公式ホームページ   (琉球独立運動資料館)
Kariyushi Club 嘉利吉倶楽部 自主独立 琉球共和国独立運動

琉球建国827年。1187年舜天が中山王に即位。

写真は首里城の一部を背景に龍潭の前で演説をする屋良朝助氏 2013.6.21


琉球自立独立実行委員会が沖縄県議会に琉球独立決議を議決するように要請
お知らせ 第一回 平和のための琉球自立独立パレード開催 2014.3.21(終了)
平和のための琉球自立独立パレード 動画一覧、新聞記事、論壇
動画=琉球自立独立パレードの意義と東アジア共同体について 比嘉康文氏と大城浩詩氏 対談


基地反対と琉球自立独立アピール決起集会 2014.3.2

2014年2月14日 仲井真知事辞任要求 沖縄県庁包囲行動 琉球独立 1/4 2/4 3/4 4/4
2014年2月12日 ケネディ大使来沖 仲井真知事抗議 辺野古基地反対 沖縄県庁前集会 1/2 2/2


(かりゆしクラブは中国からの支援を受けていませんし、組織的にも思想的にも全く中国と無関係です。いわゆる反米反日左翼では有りません誤解なきようお願いします。琉球独立党から名称が変更になりました)1968年独立運動開始、1970年7月琉球独立党発足 2005年8月16日活動を再開 2005年9月5日ホームページ開始  ●携帯用   
かりゆしクラブ政治的立場早分かり表 原発関連はこちら ニューヨークタイムズに琉球独立運動の記事掲載pdf版はこちらから) The Voice of Russia 分離独立の気運を高める沖縄 屋良朝助 那覇市議会議員選挙ポスター 屋良朝助 最近の街頭演説 琉球独立講演会・勉強会動画


屋良氏がツイッター始めました   ツイッターに見る琉球独立  ウイグル独立支持!  チベット独立支持!  台湾独立支持!
国滅びて民族あり、民族あれば文化あり、琉球は必ず復国する。


御支援御協力下さい。 党創立43年 最新琉球独立論
尖閣諸島問題で東アジアの地図が塗り変わる 琉球は日本一の貧乏県から日本一の良い県に

党員募集 ご寄付募集

警告! 最近、かりゆしクラブのHPを見ないで、中国の回し者であるとというレッテル張りが多くてはなはだ迷惑しております。かりゆしクラブは中国とは全く無関係です。かりゆしクラブや琉球独立運動を中国の回し者だと言うものに告ぐ、だったら、証拠を出しなさい。名誉毀損で刑事告訴と損害賠償を請求しますよ!また、かりゆしクラブの国旗(三星天洋旗)には黒色がなく5色です中国保釣ナントカは3色で黒色が入っています、全然関係ないです。誹謗中傷関連箇所を直ちに削除しないと、名誉毀損で刑事告訴と損害賠償で訴状を提出します。これから捜査機関と協力してネット調査を開始します。また、「沖縄が独立したら中国に占領される」?と言っている人に反論する。軍事的な問題なら中国と同等以上の軍事力を持った国又は国家集団と石油利権をセットに軍事同盟すれば済むこと、琉球独立を牽制するネット右翼はワンパターンの馬鹿どもである。また日本共産党の沖縄支部の市会議員の某までもが琉球独立運動を誹謗中傷している。琉球民族を"怠け者も頑張る人も平等な共産主義者"にしようとは!なんと荒唐無稽な亡国思想なのだ!瀬長亀次郎を崇め奉っているが彼は琉球民族と尖閣諸島などの琉球の資源を日本帝国に差し出した琉球史上最悪の人物なのだ。


2011年 年越し街頭演説 新年街頭演説    かりゆしニュース 海ブドウ偽装問題 追及第1弾  普天間基地の県内移設に反対する4.25沖縄県民大会 読谷村    普天間基地はいらない辺野古の新基地建設を許さない1・30全国集会デモ    2010年 年越し街頭演説 新年街頭演説    辺野古への新基地建設と県内移設に反対する県民大会  2009年11月8日 宜野湾市    「薩摩の琉球支配400年・日本国の琉球処分130年を問う実行委員会」結成呼びかけ人(100人余)を只今募集中!    那覇市長選挙風景    那覇市長選挙ポスター    那覇市長選挙屋良候補の活動1   那覇市長選挙屋良候補の活動2    かりゆしクラブの最近の活動状況及び動向   沖縄県議会議員選挙、沖縄の課題=動画    映画=ウンタマギルー上映会 2008年8月16日 那覇市 終了  懇親会 


第2回 尖閣諸島沖縄領有アピール クリック
 
場 所: 那覇市安里十字路集合(雨天決行)
コース: 安里-国際通り-県庁前
日 時: 2009年7月11日(土) 16:00〜18:00
主 催: かりゆしクラブ

第1回 尖閣諸島沖縄領有アピール クリック
かりゆしクラブのマスコットです
名前がきまった。うれしいニャー
(メス2008年6月生まれ)
        琉球共和国独立をめざして独立運動を約束する琉球の子供たち、しっかり勉強もしています。


自主独立、琉球共和国の国旗、三星天洋旗 1968年制定
初代党首 野底武彦
Independence, the Republic of Ryukyu national flag. The three star and sky ocean.
      *注 著作権有り、デザイン初代党首野底武彦 命名屋良朝助 ホームページ、非営利、雑誌、報道など良心的使用は無断使用許可す。

      
青と紺は琉球の美しい空と海、大自然を示す。
      白い星は道徳と理性を示す。
      
赤い星は誇りと情熱を示す。      詳しい紹介
      
黄色い星は平和と繁栄を示す。



         
琉球共和国の通貨デザイン
      

琉球人による歴史上初めての琉球のための紙幣のデザインです。通貨の単位は琉球語でお金を意味するJIN(銀貨の銀の琉球音)、漢字では「仁」とする。「仁」は儒教における最高徳目で、他人と親しみ、思いやりの心をもって共生を実現しようとする実践倫理である。つまり、お金は支払う人も受け取る人も「仁」の心をもって流通させることである。屋良朝助氏の発案制作です。著作権あり。


---政策及び公約---(2008年6月)

奄美も含めた沖縄単独州確保!

公務員給与の大幅引き下げ!

観光入域料で即5千人雇用創出!※1

総合シェルター付き沖縄縦断地下鉄で大量の雇用創出!※1

観光業者保険制度の創設!

観光自然保護条例の制定を!

沖縄人優先で就職採用を!

沖縄の食料品の消費税廃止!

沖縄で国際的軍縮会議を!

沖縄県独自の歴史教育を!

屋良は具体的に実行可能な政策提案を多数行っている政治家です。

---政策及び公約---(2008年11月)

将来の琉球共和国の建国

尖閣諸島沖縄領有県民大会の開催

道州制や一国二制度へ向けての首都としての財政健全化

できるだけ入札による業務の民間化

談合の禁止と天下りの禁止

那覇市を暑い街から涼しい緑の街に

那覇市内地下鉄の建設 ※2

 

※1 屋良が最初に提案しました2006年6月23日
※2 屋良が最初に提案しました2008年6月25日

他の公約も、屋良が最初に提案したもの多数です。最近他の政治家が剽窃しております。剽窃(ひょうせつ)とは、他人の考えや主張をことわりもなしに盗むことです。

写真は屋良朝助氏
現在の代表は金城知之氏


     広域那覇市の地下鉄、「なはメトロ」の完成想像図

     

図は屋良氏が提案している広域那覇市の地下鉄、仮称「なはメトロ」の完成想像図、自転車も乗せられ、駅から遠くても便利に利用できる。沖縄は基地があるため核爆弾がいつ落ちてもおかしくないので核シェルターも併設する、2008年11月の那覇市長選挙の記者会見で提案発表した。


 活躍する、かりゆしエコキャラバン隊   動画クリック


沖縄各地、奄美、ビラまきボランティア募集   怒れ若者!情熱をビラまきに。おじさんも歓迎
ビラはこちらから届けます。現在の沖縄のビラはこれ→一号ビラ 奄美用は作成中

かりゆしクラブ規則
かりゆしクラブより若者へ

琉球独立に反対する沖縄人は 独立こわい病*にかかってます。
自分の価値に気が付いて無いのです。

「国」という利権があれば、下記のことが実行可能です。県程度では全然ダメです。要は頭を使うことです。

1.大自然=海(船の通行料、海産物資源など)、空、(航空産業、通行料など)、陸、(沖縄ブランドの農産物、国際会議、リゾート観光)
2.東支那海、西表島の資源などの莫大な収入(琉球国民1人当たり4億円以上)、県程度の自治なら沖縄県人には利益ゼロ。
3.東洋の要石としての場所貸し(軍事基地など) 日米軍事基地が現状維持なら琉球国として使用料を徴収。いやなら出ていってもらいます。
4.香港のような治外法権地貸し(沖縄の中に香港、マカオのような物をつくる、複数OK)
5.特別区で法人税を5〜10%にし世界の大企業の本社を誘致する。
6.その他
以上のように国という利権があればいくらでも収入源はありますいろいろなアイデア、商売が実行可能です。琉球国が琉球国民から税金
なんかほとんど徴収しなくてもやっていけるぐらいです。一般的に大国ほど税金が高いのは常識です。いやらしい消費税なんかいらないっ!。

独立こわい病*とは
沖縄は経済的に自立できないと思い込んでいる、又は思い込まされていること。1609年の薩摩侵略からじょじょにかかってきました。1609年以前は殆どの人が琉球人意識があり立派に琉球国を経営していました。ところが1872年の琉球処分から植民地教育、日本人教育により琉球人が能力のない卑しいものとされ、琉球語や文化も弾圧され、いつのまにか独立心もなくしてしまったのです。独立心がなければ国の経営も当然できるわけがありません。

独立こわい病*の治療方
1.まず誇りある琉球の歴史を勉強すること、そうすれば昔の琉球人に感動し、自信が沸いてくるでしょう。
2.琉球国が独立した場合、国という利権でどういう商売ができるかみんなでアイデアを出し合い検討すること。
(例えば面白い切手、金貨、など世界のコレクターと相談し発行できる、こういう物は発行数が少ない小国ほど有利。)
3.その他、考えるだけでも楽しくなります。国連も強い味方です。災害とかなにかあれば予算面で小国ほど援助がうけやすい。
2005.12.21

◎新方針(2005.10.29)

◎北琉球(奄美大島)との協力連帯。

具体的には琉球独立運動の推進(奄美も含めての琉球です)、奄美県の新設又は沖縄県(琉球)への編入運動。
沖縄、琉球ブランドの共有による農水産物などの輸出(明るい太陽、健康的な食物、現在、ゴーヤー、など沖縄、琉球産ブランドが圧倒的に足りない、逆に日本から輸入するほどである。)
石油、天然ガス、レアメタル、西表島の銅などの鉱物資源の共有及び掘削、(ヤマトには所有権は無い。)
今までの反省:琉球独立党としては現在の沖縄県の範囲のみを考え北緯30度以南の奄美の歴史に付いて無知でした。奄美の皆様にお詫びします。津代、徳之島の1609年の戦いを知り涙が出ました。
一つの考え方、として、奄美共和国、沖縄共和国、宮古共和国、八重山共和国、与那国共和国、の連合体としての琉球共和国、琉球共和国連合、琉球共和国連邦もあり得ます。

◎琉球共和国の経済政策の基本哲学。(2005.10.29)
収入源を分散しリスクを軽減すること。会社の経営でもそうだが収入を一カ所に頼ってしまうと何かある時に大変なダメージを受ける事がある。従って観光だけに頼るとか、石油資源だけに頼るとかは良くない。

各収入源とそのリスク。

1、観光 (東洋の楽園のイメージ、杉花粉等のないリゾート、国際会議の誘致など) リスク---紛争、暴動、伝染病、サメやハブや害虫などの被害および風評など。
2、農水産物などの輸出 (明るい太陽、健康的な食物、沖縄、琉球ブランド) リスク---台風、害虫などの被害および風評など。
3、文化、芸術の輸出 (音楽、舞踊、演劇、高級伝統工芸品、絵画、他) リスク---流行の変化による営業不振。
4、著作権、工業所有権 など(キャラクターや文学、工業デザイン、特許など) リスク---流行の変化による営業不振、技術の進歩による競争。
5、世界の企業の本社誘致(他国に比べて低税率の法人税で誘致) リスク---大国からの圧力。
6、琉球の広大な海と空の通行保険料(大変な数の船舶、航空機が通行している) リスク---現状から保険料を取るだけなのでリスクは特に無いが、海洋汚染の保険料、海賊防衛費としても必要。
7、地下資源の輸出(国際入札による石油などの掘削) リスク---太陽電池や風力発電、未知の新エネルギーなどによる価値の低下。海洋汚染を防止する必要が有る。
以上収入源を分散化することも必要だが客先、売り先を分散化することもリスクの軽減に大いに役立つ。

◎琉球共和国の国防の基本哲学。(2005.10.29)
平和主義と正当防衛は琉球人の哲学であり普遍性がある。友好は最大の安全保証である。戦争はさけたいが国防は必要である。平和には知恵と努力が必要である。戦争反対を叫ぶだけでは難しい。国防は必ずしも小国が不利とは限らない。役人の多い大国と違って決定が早く小回りが利く。世界の世論やマスコミの共感を得て味方に付けることである。

1、災害派遣隊の設置---災害派遣隊を置く。災害派遣隊は平時は国民への奉仕活動に従事する。国内又は国外の災害などの場合は緊急に派遣する。戦時は国防軍に変わる。第一報を受け災害スクランブル又は防衛スクランブルで緊急発進する。
2、防衛装備などの改良---1の実現のため災害派遣にも防衛にも簡単に切り替えて使える様な改良機にする。救援物資を災害地、遭難地などに簡単かつ正確に投下できる様に改良する。
3、災害派遣隊の隊員の国際化---災害派遣隊の隊員はできるだけ世界各国から募集し、琉球国民の隊員と共に活動に従事する。これにより外国から攻撃を受けた場合にその外国軍は自国民を攻撃することになり、矛盾を生ずる、また自国民及び世界の各国民を攻撃することになり世界各国から非難を浴びる。世界各国から非難を浴びればその国の製品不買運動に通じその国の人々から政権が非難されて政権はもたない。
4、侵略の予防---侵略の意図を防止するため常に国防訓練を怠らず、情報の収集、分析、国防の研究をする。軍隊は戦うために有るべきでは無く、戦争を防止するため、すなわち戦わないために有るべきである。戦わないのを誇りとすべきで有る。但し実戦さながらの訓練は必要である。
5、非人道的兵器を使用しない---非人道的兵器を使用しないよう世界的な世論の高まりを進める。
6、総合シェルターの設置---自然災害、テロ、空爆、毒ガスミサイル、核ミサイルから琉球国民を守るため、水や食料の備蓄、外部との通信を伴った総合シェルターを琉球全土に設置する。琉球は周囲がほとんど海のため海岸には津波シェルターを設置。
7、軍事空白を作らない---琉球列島に軍事空白を作ってはならない。従って現実的には琉球が独立しても自衛隊及び米軍の軍事力はしばらくは維持する必要がある可能性が高い。すなわち琉球側と日本側の利害が一致する、日本国の最前線軍事基地(米軍を含めて)を引き受ける代わりに(場所提供)、琉球政府側が基地使用料を徴収し、(個人の軍用地料とは別)シェルター、災害派遣隊(琉球国防軍)の創設、地方交付税分などに充てる。一見すると従来と同じに見えるが、独立すると相手との対等な交渉権が生じるので、まるっきり意味が違う。経済の収支はだいたい同じだが何よりも主権が琉球国民に有るため他国軍人の犯罪が有れば簡単に有罪に処することができる。今では語り草となったコザ暴動、少女暴行事件等の屈辱を考えて欲しい。

◎琉球独立における軍事基地及び琉球国防問題の解決案(2005.10.29)
琉球独立における軍事基地及び琉球国防問題の解決案
沖縄は世界的な軍事処点として価値が有る(そうでなければ今頃米軍基地などはさっさと撤退している)
沖縄の軍事基地の場所貸し(有料)
第一案…
1.日米政府と交渉しOKなら日米琉軍事同盟を結ぶ
1.が交渉決裂なら
第ニ案…
国際オークションにかける
入札グループの例
第一グループ…日米又は米国単独又は日米韓国台湾フィリピン連合など
第ニグループ…中国又は中国台湾、又は中国ロシア北朝鮮連合
第三グループ…インド、パキスタン、バングラディシュ、スリランカ連合
第四グループ…EUヨーロッパ連合
第五グループ…アラブ諸国連合など
以上石油資源などの利権もセットにする。アラブ諸国の場合は琉球がOPECにも加盟。
琉球国防軍創設の協力と防空シェルター建設も含みます。
尚、日米の軍事基地撤退の場合は土地の現状回復も当然含みます。
軍事基地を減らす場合は平和外交を展開しながら紛争の確率を下げ徐々に減らす。
突然の軍事空白、無防備は大変危険です。
その他の案…みんなで考えましょう
複数国の軍事基地を設置など。


日本共産党並びにその他の政党及び団体に警告!

かりゆしクラブの政策を無断でパクらないで下さい。特に経済政策及び国防政策にはオリジナルな物が含まれていますので。
使わせて下さいと言うか、出所をかりゆしクラブとはっきりさせるか、共同提案なら歓迎します。
特に国防の1.2.3.6.(2005年10月29日提案)は日本の自衛隊にも適用できる物であり、昔から考えていたなどとして共産党、
なかいま、いとかず、がパクリかねない。 (2006.3.26)

 
★NEW★ 最新琉球独立論  

ニュースソース・討議資料

琉球独立党の過去の活動資料  琉球独立党の結成のよびかけ  琉球独立党-主席へ説明  那覇市の成人式沖縄タイムス  那覇市の成人式琉球新報1  那覇市の成人式琉球新報2  映画シンポジウム「さらば、幻視の祖国よ!」

雑誌記事過去の資料  沖縄の若者50人の証言<日本復帰時>  軍隊のない国家を訪ねて

雑誌記事最近の資料  沖縄独立論唱える官僚 琉球独立党党首・野底土南(新 忘れられた日本人 佐野眞一) 管直人新首相永田町総力特集 金城実氏  鳩山辞任でも収まらない 沖縄独立の現実味 サンデー毎日

新聞記事過去の資料  沖縄独立をテーマに激論会  西表に大規模な銅鉱山  沖縄古代人住居跡  琉球政府尖閣列島防衛

新聞記事最近の資料  沖縄の独立論展開 平恒次氏が講演 国境 荒波洗う沖縄 独立、自治州 志向も 琉球独立訴え60人パレード 琉球の独立求め那覇でパレード 平和のための琉球独立パレード 大城浩詩 沖縄問題国際化が必要 屋良朝助 独立「島ごとに決定権」 沖縄独立考えた36% 沖縄「悪魔の島」にするな 比嘉康文 国民の命守る責務放棄 県議は実態調べ公表を 『見せかけの沖縄振興策』 市民2000人県庁で抗議 語られ始めた「沖縄独立」論 うごめく独立論 いつまで続く沖縄差別 政治家としての信念を貫け 琉球独立 将来像探る 第一回学会 沖大で27日オープンシンポジウム 疎外なら「琉球」独立も 沖縄独立 最悪シナリオ 尖閣上陸後の沖縄は… アジアの基軸通貨人民元になってしまう 学会設立、世界と連携へ 沖縄の実態、発信する機会 分離独立の気運を高める沖縄 主権回復 沖縄から 沖縄独立論に新たな芽 「沖縄独立」にエール 持続性ある独立論に喜び 自主独立への気概持て 琉球独立 学会を設立 復帰の意味見つめ直す 国民の想像力欠如 「復帰」の意義議論 「解放」へ方策探る 反発か無視か困惑 基地負担「独立」で廃す 独立論めぐり尽きない興味 自己決定権行使の一つ 「暫定移設」は議論喚起 琉球独立の世論を 沖縄は全国の一部か 4・28「沖縄独立の日」に 葛藤越え 決意の「独立」 県民「ゲリラ、爆弾テロも」 <琉球問題>と<尖閣問題>上 東アジア海域の動乱期と安定期 復帰の意味問う 法政大沖縄シンポ・登壇者発言要旨 強行配備・相次ぐ米兵事件 元知事2氏に聞く 「琉球独立学会」設立へ 時の眼−沖縄 シンポジウム「経験としての日本復帰」 沖縄へ! 時代に刻まれた歌 小さい国でも幸せに 佐藤優の新・帝国主義の時代 日本への決別の気概を 沖縄の未来探る 脈打つ沖縄「独立論」 基地問題解決の鍵は「独立」 もう独立しかない 世界への訴え 現在も 「尖閣」書簡 日中が火花 日中の溝 鄭迵どう思う 沖縄戦 皇軍の思考<1> 沖縄戦 皇軍の思考<2> 沖縄戦 皇軍の思考<3> 沖縄戦 皇軍の思考<4> 本部壕で軍夫作業 32軍壕に「慰安婦」 沖縄の自画像 誇りか 搾取の象徴か 沖縄の自画像 琉球と自分見つめ直す 沖縄を欧米並みに扱え 独立論も選択肢か 運動貫徹「独立」切り札 「琉球独立」現実の選択に 東電 労組の姿勢にも失望 国民は正直な政治家望む ウチナーよヤマトよ 沖縄復帰40年 5・15の現像(2) いま独立論 復帰40年とこれから<上> いま独立論 復帰40年とこれから<中> 日米琉40年(上) 石原氏尖閣発言 沖縄の自治権を侵すな 議員は調査能力発揮を 重なる東ティモールと沖縄 民間被害者「命の値段違うのか」 指定暴力団「旭琉會」に改称 巨大津波対策で地下シェルター 沖縄の「民族性」強く主張を 震災がれきと沖縄のごみ問題 沖縄の利点生かし支援を 沖縄を一国二制度に 民主党政権の罪 歴史的暴挙に県民「怒」 照屋氏にオンブズマン大賞 基地経済 矛盾認識 沖縄差別 国連で訴え 米統治下で原発検討 沖電、原発研究を継続 ヤマトと対決する知恵袋 配備阻止世界に訴える 比嘉康文 辺野古移設に根拠なし 比嘉康文 大政翼賛的な基地押し付け 比嘉康文  北方四島をアイヌ民族に 大城信也  TPPで農家を解放 比嘉康文  県民 怒号の“菅迎”  第2のコザ騒動に 消えぬ民衆の怒り4  怒りの発火点 追体験 コザ騒動から40年  首相、基地負担を謝罪  今後も上陸の意向  尖閣4島に登野城の地番  県立図書館の充実望む  10・10空襲救済へ 10万人署名  沖縄投入予算0.6%復帰後・国総額比  「八重山郡尖閣列島」中国からの感謝状に明記  尖閣諸島の琉球政府切手  王朝史映す浦添ようどれ  尖閣は琉球のもの  県民は構造的差別下に  尖閣の領有権主張 菅氏再選の意味  菅政権 外交力の低さ明らか  尖閣所有権 沖縄に戻せ  独立を言わせないで  基地押し付け不可能に  「抑止力」のうそ見抜く  在沖米海兵隊 米下院に広がる不要論  沖縄独立論現実に? 東京新聞  琉球弧に新基地許さぬ 沖縄タイムス論壇  歴史ふまえて将来像を探る 沖縄タイムスオピニオン  薩摩支配の検証不十分 沖縄タイムス論壇  東アジア共同体本部の誘致  菅直人総理大臣が沖縄独立を支持!    エコロジー高速船  国連勧告沖縄シンポジウム  普天間移設問題-米国激怒は大ウソ  普天間移設 本土世論も「県外」多数  「集団自決」問題関連ニュース  「琉球400年」2009年元旦沖縄タイムス社説  国連の先住民族権利保護勧告〈中〉  沖縄大学で道州制討議  単独州圧倒的多数で可決  県民集会  やっぱり沖縄も植民地  自治州は見果てぬ夢か  独立の主語は不定形  独立をめぐって  沖縄独立アンケート  4人に1人が「沖縄は日本から独立すべき」  帰属意識の中で葛藤 競合する「沖縄人」と「日本人」  相似する構造と特徴 香港と沖縄の帰属意識  経済自立で流動化 沖縄・マカオ人の帰属意識  「独立論」種火消えず  「琉球独立」掲げ日米の都合に異議  琉球・沖縄人と国連の10年・上  琉球・沖縄人と国連の10年・下  沖縄自治州 あなたはどう考える?  居酒屋独立論  日本から独立し、油田開発を  尖閣資源は沖縄の財産  日琉同祖論再考  「そうぞう」結成  開戦前から沖縄研究  中国脅威と認識せず  靖国の余波、東シナ海に  火種潜む南シナ海  南シナ海 中国活発  在沖海兵隊でけん制  「琉僑」ネットを構築  近ごろの若者 志持ち途上国で活躍  朝薫スピリッツに倣う  「英祖王物語」を熱演 流ちょうな英語劇に拍手  米に渡った沖縄の文物  尚円王と縁深い集落  奄美で花粉症改善ツアー  争うナショナリズムは危険 加藤紘一  未来への妥協が大切 喜納昌吉  軍票  琉球王朝絵巻  非武装で平和保てるか?  ワーキングプアを生み出す消費税の恐ろしさ  日本の「消費税」は欠陥制度に過ぎない  みんなの党大研究  伊波普猷の卒論発見  オキナワ1930  日米両政府にだまされるな  アート通じ環境活動  物流拠点 沖縄に可能性  北京発沖縄ツアー 基地見学が目玉に  日本兵に壕追われ  ジュゴン 大浦湾の資源に  琉球海域に新たな熱水鉱床発見  活動家ら「船長返せ」  「琉球取り戻せ」 菅首相“沖縄独立”発言を中国ネット絶賛   奄美の歴史振り返る 琉球侵略400年でシンポジウム  独立論は時期尚早?  討議資料リンク

ツイッター関連 鳩山氏ツイッターで沖縄独立に触れる

関連の資料  日本から分離した琉球列島図  薩摩藩の琉球攻略図  リビア油田採掘、日本側の取り分  中国、石油掘削装置の開発・製造で国産化実現   琉球独立の旗が上がる
論壇等資料まとめ  比嘉康文氏 屋良朝助

かりゆしクラブ、琉球独立党の書籍資料 他参考関連書籍

琉球独立党綱領及び著名人論文 琉球独立党機関誌 三星天洋
野底武彦 琉球独立経済理論及び通貨に関する論文 どうすれば通貨不安は解消できるか




新沖縄独立論


三星天洋


どうすれば通貨不安は解消できるか


「400年を問う会」発足記念論集


琉球独立党
文書資料集


琉球共和国


『沖縄独立』の系譜


【New】我が身は炎となりて


【New】尖閣諸島 冊封琉球使録を読む


鳥たちが村を救った


沖縄独立宣言


激論・沖縄「独立」の可能性


琉日戦争一六〇九


豚と沖縄独立


関連書籍リンク集


独立論関係(注:かりゆしクラブとは関係有りません)

某ラジオ地下放送局-沖縄独立論-  沖縄独立のカギ(Yahoo掲示板)  大山朝常 沖縄独立宣言  『沖縄独立宣言』を読んで  「沖縄の独立決起アピール」行動  琉球の独立を!森口豁氏  あまみ庵の店主  平恒次  電脳小説 沖縄独立運動地下本舗  矢嶋武弘のページ   石油掘削装置・海底油田  議員アンケート(沖縄独立論について・他)  東シナ海 油田 深度  「沖縄・日本を守れ」Flashは愚の骨  大日本帝国 赤丸掲揚の理由  米軍の沖縄経済政策  沖縄独立論争  沖縄病TOBIの琉球弧探訪  喜友名智子/松下政経塾  琉球独立論 一夢庵  野次馬的アジア研究中心沖縄リンク  目からウロコの琉球・沖縄史  高良勉著『発言・沖縄の戦後五〇年』を読む 國貞陽一  日本人と、沖縄を考える 國貞陽一  琉球国乗っ取りを企てた三宅国秀 田中淳夫  命どぅ宝ネットワーク  『もしも憲法第9条が変えられてしまったら』関本洋司  沖縄の主権は誰が守る?  ヤマトプロレタリアートは沖縄「独立論」を無条件支持すべきか  奄美庵日常のチャメシゴト  与論島見聞録  いとうな日々-沖縄は日本から  0404雑記草  渡久地政司さん  ー島津侵攻と琉球処分ー  「沖縄における、自治・自立・独立論の系譜」  旗旗=沖縄独立論・別民族論に思う」


独立論関係掲示板
【弥勒】 沖縄独立運動 51 【世果報】  Yahoo!掲示板-沖縄県-琉球独立宣言  mixi 新生!琉球独立党  【新知事誕生】沖縄県知事選挙 22期目【仲井真新知事】  沖縄の日本帰属 中国の国際問題専門誌掲載  沖縄県民よ自立しろ!  メタンハイドレート  九州独立戦争!カギとなる沖縄の動向  沖縄県のイメージ教えて!!  どうする?どうなる?沖縄  沖縄独立論!!って、どう思います??  掲示板にて行われた独立関係のやりとり  知日部屋-沖繩獨立的法理性


政治・文化・歴史関係
基地問題は東京の問題 怖い戦前回帰の動き サキタリに独自性 貝の道具利用示す 国内最古の貝器出土 2万年前の貝器出土 県、海洋資源を調査 海底資源 沖縄に可能性 謝花良広 海底資源 県担当部署を 謝花良広 光合成活動で収穫アップ 宮城弘岩 県はウニ産業化注力を 比嘉康文 140人に不要心臓手術 フランスも韓国に返還 歴史・文化知り、誇りを 国連活用する解決策に賛同 危険の策動を憂う 「会稽の恥」を濯ぐ オスプレイ反対ポスター 原発の未来イラストポスター 白保の人骨 国内最古更新 危機あおる訓練は迷惑だ 虐殺された上原トミ 琉球新報創刊120年企画「琉球国之図と完全復元伊能図フロア展」 武装解除の写真公開 鄭どうの偉大さ伝えたい 徐葆光の筆跡発見 戦争と差別の時代危惧 「慰安婦」は軍強制 オキナワをたどって 王府文書の接収 爵位受けた人の財産没収を決定 伊是名沖に大鉱床 全面撤去求める時期に 琉球人の気概を 台湾と尖閣協議を 崎間敏勝氏が死去 差別固定化狙う佐々江氏 県外へ不退転の決意示せ 沖縄の伝統広めたい 押し付けた負担の軽減を TPP 県貿易に利益大 救えるのは沖縄のみ 植物工場で地域活性化 戦前調査映像残る 宝の山を取り込もう 「東アジア共同体」に活路 震災がれき受け入れ賛成 「御嶽」を焦点に沖国大でシンポ 「万国津梁」発想で解決を 沖縄の農業法人育成を 故人写真 遺族に渡したい 日琉中関係史から考える「尖閣問題」の歴史的前提 沖縄と日本の間で 伊波普猷・帝大卒論への道 キビ飼料化 肉牛肥育へ 先島割譲案が浮上 農業再生は加工農業で 沖縄の自画像 本土との違いが誇り 東京に厨子甕 散逸危機 「われら愛す」を聞く日 埋もれた戦 首里城地下32軍壕 原発の計画「一切ない」 合理的な理由なく配備 脱清人・蔡の漢詩集発見 必勝信じ「大和」待つ 消滅の危機 琉球語救え 沖縄満州会 15日に総会 「沖縄で枯れ葉剤」公に 家族変えた虐殺事件 隷属に抵抗した英雄、謝名親方 真栄里泰山  国際法の象徴 ICJ 沖縄の誇る文化継承を 乳児223人売却 女に死刑判決 幻の琉球王国旗 空襲被害者に給付金 中国 有人ドッキング成功 人肉食イベント杉並保健所調査 勾玉沖縄でも製作か 海底からレアメタル 石油作る夢の藻類 バガス炭で熱吸収 ガラス質塗料開発 日本式を基に武具発展 沖縄を愛した竹中労 1 沖縄を愛した竹中労 2 沖縄を愛した竹中労 3 島唄を歩く  邪馬台国『倭人伝』沖縄を示唆 琉球タイムス(仮想新聞) 琉球政府時代の年金手帳 お酒を飲むと脳細胞が死ぬ!? たばこはダメ、酒も禁止の国家管理が加速中 進行する脳萎縮 普天間は国外移設、叶わなければ東京へ 辺野古を買っていた「政界9人リスト」が問題化 薩摩の琉球支配から400年 旧日本軍弱小列伝  東アジアの遺伝子調査  沖縄自立・独立論関係図書目録  竹中労はこの本の中で予言している  竹中労・年譜  沖縄リンク  空手ホテル-琉球魂  コザ暴動事情  笠利町津代の戦跡-最初の戦闘  沖縄の「復帰」は何だったのか  測定器  コザ独立共和国KozaWeb情報  佐渡山豊&お勧めCD  沖縄社会大衆党  新党日本  平和党  自由民主党  社会民主党  老人党  ハイウェイ1 の時代  日刊ベリタ  ★阿修羅♪  琉球の国旗海原に翻る  普天間基地撤去!辺野古新基地建設阻止!革マル派  リチャード・コシミズの独立党  動画沖縄地上戦 動画沖縄戦集団自決「チビチリガマ」の特集 動画シュガーローフの戦い 動画『日本軍の強制による集団自決はあった!』証言1 動画沖縄のお笑い-西郷イモ盛    琉球王朝絵巻行列 動画緊迫の尖閣沖 海保巡視船、中国漁業監視船にピタリ 沖縄近海に世界最大の熱水鉱床域 チベット族デモも拡大 中国語教育の強制に反発 人民日報曰く「琉球群島は尖閣諸島を含む」 沖縄エスペラント会 辻の酒がめ 往時の姿  動画琉球語 第二次世界大戦 実話、熱く語る!! 古本販売 知事選豆知識

琉球音楽(動画youtubeなど)
MELISSA KUNIYOSHI e KAREN TAIRA - Shimanchu Nu Takara 島人ぬ宝 | Programa Raul Gil  喜納昌吉&チャンプルーズ 島小  喜納昌吉&チャンプルーズ 東崎  照屋林作&知念梢 アッチャメー小〜多幸山  夢風(いみかじ) 知念梢 砂川美香 国頭サバクイ  上間綾乃 パラダイスうるま島  嘉手苅林昌 国頭ジントウヨー  徳之島民謡 ワイド節  徳之島民謡 どんどん節  八重山民謡 月ぬ美しゃ〜島々清しゃ  よなは徹 天川  奏琉楽団 琉球ビートルズ  芭蕉布  美わしの琉球  Amazing Grace 琉球語  嘉手苅林昌 うみぬちんぼーらー  登川誠仁 ひやみかちうきり  琉球民謡 童謡 耳切坊主  琉球民謡 童謡 ベーベーぬ草刈いが 沖縄民謡 浜のアーマン小

琉球舞踊(動画youtubeなど)
谷茶前節(たんちゃめーぶし)  前之浜(めーぬはまー)  天川(あまかわ)  浜千鳥(はまちどり)  加那ヨー天川 (かなーよーあまかわ)  鳩間節(はとまぶし)  創作舞踊 「海のちんぼーらー」  高平良萬歳(たかでーらまんざい)   Ryukyuan Dance, By Alejandro de los Rios


世界文化遺産「組踊」(動画)youtube

人物
屋良朝陳   瀬長亀次郎   大城立裕
        和暦西暦対応表(明治以降)        屋良朝助氏の経歴とプロフィール


関連キーワード  (検索リンクはこちら)
沖縄独立  琉球独立  琉球共和国  琉球独立党  教科書 県民大会 琉球独立  琉球  独立  沖縄  八重山  宮古  奄美  琉球王国  琉球王国独立  沖縄共和国  琉球国  琉球人民共和国  沖縄人民共和国  与那国琉球弧奄美共和国  八重山共和国  宮古共和国  琉球政府  民政府  新琉球国  琉球独立党教育出版局  琉球の独立  沖縄の独立  琉球自立  琉球の自立  沖縄自立  沖縄の自立  琉球自律  琉球の自律  沖縄自律  沖縄の自律  野底土南  努迦土南  のかどなん  ぬかどぅなん  ぬかどなん  野底武彦  のかたけひこ  屋良朝助  やらちょうすけ  屋良朝陳  巴旗の曙  崎間敏勝  山里永吉  屋良朝苗  やらちょうびょう  三星天洋  さんせいてんよう  国旗  三星天洋旗  どうすれば通貨不安は解消できるか  さんせいてんようき  代表党首  名誉党首  独立運動  地域政党  政党  共和党  社会大衆党  沖縄社会大衆党  社大党  沖縄人民党  政治運動  独立琉球国  独立沖縄  独立派  沖縄独立派  琉球独立派  復帰派  琉球独立運動  沖縄独立運動  琉球独立論  沖縄独立論  奄美独立論  沖縄独立党  独立論  居酒屋独立論  日琉併合  日韓併合  日琉併合反対  日本復帰  日本復帰反対  祖国復帰  復帰運動  沖縄復帰運動  祖国復帰運動  祖国  沖縄は祖国だ  日本は祖国か  日本は祖国  沖縄が祖国だ  沖縄は祖国  琉球は祖国だ  琉球が祖国だ日本復帰無効論反復帰  復帰反対  復帰バカ  復帰ばか  米軍基地  沖縄の米軍基地  基地撤去  普天間基地  琉球新報  琉球新報社  沖縄タイムス  沖縄タイムス社  沖縄時報社  尖閣列島  尖閣諸島  沖ノ鳥島  沖の鳥島  琉球処分  沖縄県  沖縄人  琉球人  沖縄県民  沖縄犬民  民族  民俗  沖縄民族  琉球民族  沖縄民俗  薩摩  沖縄人も日本人  沖縄人は日本人ではない  沖縄人は日本人か  LOOCHOO  loochoo  大琉球  小琉球  バジルホール  冲縄  冲繩  沖繩  沖縄の歴史  琉球の歴史  沖縄の王様  琉球の王様  琉球王  琉球王朝  琉球の王  沖縄史  琉球史  教育  方言札  琉球語  琉球の方言  沖縄の方言  沖縄語  沖縄戦  沖縄協会  沖縄資料館  沖縄自立・独立論関係図書目録  琉球国旗  沖縄国旗  日本復帰犯罪人  琉球の旗  沖縄奄美非合法共産党資料  沖縄奄美非合法共産党資料  沖縄独立党  無血独立  自由琉球運動  森本眞一郎  奄美独立革命論  津代の戦跡  北琉球  南琉球  石油掘削装置  海底油田  琉球人の哲学  宮里護佐丸  嘉手苅林昌  照屋林助  新垣弓太郎  沖縄問題



The terminology which it is related: Okinawa indedence. the Ryukyu indepence. Ryukyu republic. the Ryukyu independent party. Ryukyu. independence. Okinawa. the Yaeyama. Miyakojima. Amami-ohsima. Amamiohsima. Ryukyu kingdom. the Ryukyu kingdom independence. Okinawa republic. Ryukyu country. Ryukyu people republic. Okinawa people republic. the Yonaguni. Ryukyu arc. Amami republic. Yaeyama republic. Miyako republic. the Ryukyu government. civil administration prefecture. the Ryukyu civil administration prefecture. new Ryukyu country. the Ryukyu independent party education publication bureau. the Ryukyu independence. Okinawa independence. the Ryukyu independence. the Ryukyu independence. Okinawa independence. Okinawa independence. the Ryukyu autonomy. the Ryukyu autonomy. Okinawa autonomy. Okinawa autonomy. Noka Donan. Nuka Dunan. Nuka Donan. If the Noka Dunan. Donan Noka. Dunan Noka. Nuka Dunan. Dunan Nuka. Donan Noka. Chosuke Yara. Yara Chosuke. Chochin Yara. Yara Chochin. tomoebata no akebono. Binsho Sakdenukycountry. independent Okinawa. independenroup. Okinawa independent grouthe Ryukyu independent group. the Japanese return group. parent day group. the Ryukyu independence movement. Okinawa Independence movement. the Ryukyu independent theory. Okinawa independent theory. the Amami O-Shima independent theory. the Okinawa independent party. independent theory. pub independent theory. the Japanese Ryukyu merger. the Japanese Korean merger. the Japanese Ryukyu merger opposition. the Japanese return. the Japanese return opposition. homeland return. rrnvet.in rrnvet.med urovnthemed. Oawhemed. fJa thoanasr ane el. fokia hoanasr kys hoanRyu thomndhepae urnvd orcoertu rrnpoiothet f. Amcaasthkia ri b. e ov tFumasehedeba tHeo e.e kyewfoti tRyu nphakia msa.in j s sakrcel. sekuchla tOktoimRyu li Oawretu tOkwars tRyu sothkianhein dpee.ceth comkia e.e kyacOkwahncum.ts. hesnthkia sohepae. fthkia sohepae.e napen JaesthOOO.oc. geuk sl kyBa H Cbeinkia to tRyu to tnag.yungyu tkyl Ryinnatoe hi eondiBie lu.eu l.iaatkwa laagnaht. Oawaiati Okin datansionkinawadep indndenteory-ated ks catg. thyukyutiong. nawa ionalag. tJapan retucrimi. theukyu g. Okwa am ille Japaommun Partata. nawa epend partbloods indndenceree Ryu mon. Sihiro imotomami-ma inendenevolun the. tsuo gamark. th Ryu. so Ryuk petrum dring r offse oilld. posophf theukyu son. endshof Ja and kyu ctry. frienip ofina aRyukyountrthe fndshif theited tes aRyukyountr


支部は有りません。

かりゆしクラブ(琉球独立党)は1968年以来琉球独立運動を行なっておりますが、おかげさまで最近、各方面で関心を呼び、その方針に対して右から左まで色々なご意見が殺到しております、せっかくお手紙を送っていただいても、いっさい返事は致しませんのでご了承下さい。(限られたスタッフですので返事に忙殺されて本来の活動ができなくなるためです) なお、歴史の真実に反して、琉球人(沖縄人)と大和人(日本人)の立場を区別しないで論じている手紙は即ゴミ箱行きです、つまり日琉併合は日韓併合と同様で琉球人と日本人は元々別だということ。独立しない方がよいとか、独立すべきだと言うことが前提でなく論じている手紙も即ゴミ箱行きです。琉球人(沖縄人)は大和人(日本人)の下のランクと思っているような人、日本の国益だけを主張し沖縄の立場に立たない人、現在の琉球人(沖縄人)は国籍は日本だが祖国は元々琉球だと思っていない人、薩摩侵略、琉球処分などの歴史を理解していない人、かりゆしクラブの内容を理解していない人、沖縄が独立したら中国に占領されると言っている人(反論すると、軍事的な問題なら中国と同等以上の軍事力を持った国又は国家集団と石油利権をセットに軍事同盟すれば済むこと、琉球独立を牽制するネット右翼はワンパターンの馬鹿。)、にも応対致しません。また結果的に当方がお金を支払うようなお話しはすべてお断わりしております。候補者の募集もしておりません。琉球独立運動に賛成ならまず一人*10万円以上の多大なるご寄付をお願いします、名誉国民として表彰され琉球独立運動の歴史に残ります。口先だけの人は信用しません。(ご注意 偽名や連絡のつかないものは法律上受け取れませんので選管を通じて国庫に納入されます)


 新聞、雑誌、取材歓迎  

特別連絡フォルダアイコン使用推奨  かりゆしクラブ リンクフリー  かりゆしクラブへのお問い合わせはこちらから   雇用.jp