「核分裂過程」 再処理工場を止めた人々 公式HP
「核分裂過程」 映画紹介
                                        

    

ドイツを脱原発へと転換させるきっかけとなった
ヴァッカースドルフのたたかい。
使用済み核燃料再処理工場の建設に反対する人々を描く
ドキュメンタリー。

■ドイツ南部、バイエルン州にヴァッカースドルフという緑豊かな小さな村があ る。 1985年、この地が核燃料再処理工場の予定地とされた。

森の樹々が無残に切り倒されるのを目にして、保守的と言わ れてきた村人たちが立ち上がる。やがて若者が全国から集まってきた。 建設予 定地の森に「丸木小屋村」が作られ、村人と若者達による創意あふれる運動が繰 り広げられる。

しかし森は剥ぎ取られ、内と外を分断する「鉄柵」が張り巡らされる。抵抗する 人々に対して州政府はCNガスや催涙剤入りの放水を浴びせた。村人は闘う中で 自らの殻を破り、民主主義の在り処に目覚めていく。

1986年、チェルノブイリ原発事故を経験するとさらに広範の 人々が反対運動 に加わってくる。デモ禁止にもかかわらず、鉄柵の周りに数万人の人々。しかし 建設は強引に進められる。
無力感と嘆き、絶望的な状況・・・・
けれども映画はそれを跳ね返す。未来に向けた意志、あらゆる想像力を喚起し て。

■映画の完成から2年後、1989年、ついに再処理工場の建設は中止された。
 
 

民主主義は住民から始まるものでしょ

●映画の中のキーワード

●映画のその後 脱原発を決定 したドイツ


原題 “SPALTPROZESSE”  1987年 ドイツ 95分
監督 Bertram Verhaag & Claus Strigel 
    ベルトラム・フェアハーク&クラウス・シュトリーゲル 

撮影 クラウス・シュトリーゲル ヴァルデメーア・ハウスシルト トーマス・シュヴァーン 
    クリストフ・ベーゲル
録音 ペーター・ベルクマン ローテー・クレンツアー
編集 ドラーア・チチェク
音楽 ウルリヒ・バッセンゲ ヴォルフガング・ノイマン

歌   Rio Reiser  “Der Traum ist aus” リオ・ライザー  「夢は終わりだ」
    Konstantin Wecker “Der Baum” コンスタンティン・ベッ カー 「樹」
製作 DENKmal Film