遺伝子組み換えを問うドキュメンタリーシリーズNo.3

サイエンティスト
  原題 「Scientists under Attack 攻撃される科学者たち」 or 「Gekaufte Wahrheit  買われる真実」
 
         HOME


    「サイエンティスト」
     
登場人物と監督
       

     シリーズNo.1
     「暴走する生命」

       シリーズNo.2
   「パーシー・シュマイザー
    モンサントとたたかう」



      上映会情報


   


         2013.6.11
    ベルトラム・フェアハーク監督
    B.A.U.M.環境賞を受賞!
      詳細はこちら
     (監督プロフィールもあり。)



 映画 『暴走する生命』 の中でノルウェーの分子生物学者T・トラーヴィクは、
遺伝子工学の最大の問題は科学者たちの95%が企業側に属し、
独立した科学者は5%もいないことだと警告を発しました。
映画 『サイエンティスト』 はこの問題に切り込み、私達が今どんな世界に
取り巻かれているかを明らかにしていきます。
遺伝子組み換え作物・食品の危険性について重要な発見をし、
それを発表したことでバイオ産業から攻撃を受け、職を奪われた
二人の科学者アーパッド・プシュタイとイグナシオ・チャペラ。
そして、米国 ・食品医薬品局(FDA)による研究の隠蔽を暴露し、
遺伝子組み換え政策は科学と民主主義への攻撃だ訴える
アンドリュー・キンブレル。 攻撃を受けながらもたたかう
彼らを根底で支えるものは何か。
 ターニング・ポイントに立つ私達に向けて、現代文明そのものを問う
ベルトラム・ フェアハーク監督の意欲作。
数々の映画賞を受賞し、ドイツ、米国をはじめ欧米各地でヒットした話題の作品です。


科学に自由はあるのだろうか
原題:Scientists under Attack
監督:ベルトラム・フェアハーク/製作:デンクマル・フィルム/ドイツ/2010年
英語・日本語字幕付/88分/日本語版製作・配給:小林大木企画

インディー・ フェスティバル2010最優秀賞 /カンザス国際映画祭2010 トップ10/アーパ映画祭2010 AT&T環境保全賞
   マーベリック映画賞2010 長編ドキュメンタリー賞 / サルス2011 ジャーナリスト賞 /  他受賞



遺伝子組み換えと食の安全  たねと生き物の未来 そして 科学の自由を問う