ぴあ


ゆか   1998年11月28日
>何処に置くのか考えてるときは、なんかドキドキしてたのですが・・
>実際に置いてきたときは・・ 興奮するより、罪悪感が強くて・・
罪悪感ねー。そんなもんかしら。
それは、誰に対する罪悪感なの?後でベンチに座るであろう人?
だったら、そんなものは持たなくてよろしい。
私の命令がきけたことに誇りを持つべきです。

じゃあ、今度は、会社で恥ずかしいオナニーをした証拠を、わからないように
何かにくるんで、会社のゴミ箱に捨てなさい。
コピー用紙を丸めた中にいれて、コンビニの袋にでも入れたら、わざわざあけ
る人もいないでしょう。
できればデスクの近くがいいわね。

それから、ぴあはアナルが好きそうだから、またそっちで遊ぶことにしましょ
う。
ソーセージ、サラミ、きゅうり・・・なんでもいいわ。好きなものを適当な長
さにして、コンドームに入れて、一日過ごしなさい。
トイレに行ったときには、出し入れして遊んでいいことにします。
使って済んだものは・・・当然食べること。できるかしら?
----------
  ゆか




ぴあ   1998年11月27日
ゆか様、奴隷のぴあです。

昨日の報告、遅くなりました。

帰りは歩いて会社をでました。 ポケットに、ぴあが会社で恥ずかしいオナニー
をしてしまった証拠の品、 中にぴあが漏らしちゃった・・白い精液が詰まっ
たコンドームを持って・・
歩きながら、何処に・・・置くのか、考えてたんですけど・・
なかなか思いつかなくて・・
昨日は会社を出るのが少し遅くて、9時頃でした。もう少し早ければ・・あの
公園に寄って、、、女子中学生がたむろしてる噴水の近くのベンチ・・・
とか思ったのですが、この時間では・・・

考えながら、とぼとぼ家の方に向けて10分くらい歩くと、幅5m位の水路に
沿って細長い緑道公園があります。ぴあの家にはまっすぐ渡ってしまえばいい
のですが・・ふと、その緑道の途中にも何ヶ所か水路に向かって座れるベンチ
があることを思い出して・・
そこは、水路縁にベンチがあって・・向かい側はブティックや飲み屋が入って
るビルが並んでるところで、大勢人が行き来してました。
ぴあの側も、時々、お食事を済ませたカップルとかが、散歩がてらに肩を寄せ
合って、歩いて通り過ぎていきます・・。

水路縁の石のベンチに腰をおろして・・・ そっとポケットの中のコンドーム
を持って・・ ベンチに両手をつくような格好で、それを置いて・・・
でも、後ろを通り過ぎてる人の気配が・・怖くて・・なかなか立ち上がれなく
て・・
そうしてる間に、向かいのビルからお客さんを送りに出てきた女の子と目が合
っちゃって・・ なんだか凄くいけないことをしている気分になってしまって
・・
じっとしてられなくて・・コンドームを置いたままぱっと立ち上がって、急ぎ
足でその場を離れて、緑道をどんどん歩いて進みました。

何処に置くのか考えてるときは、なんかドキドキしてたのですが・・
実際に置いてきたときは・・ 興奮するより、罪悪感が強くて・・

多分、あの後、どこかのカップルがベンチに座ろうとして・・
あのコンドーム見つけちゃったんですよね・・
「うわっ・・何?! これ・・!! 変態がいるのよ、気持ち悪〜い。」とか
言われて・・。 ごめんなさい・・・。

何か凄く悪いことをしてしまった気分でした・・。


ゆか様に喜んでいただけるようなご報告が書けなくて・・ 申し訳ありません。

では・・            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ぴあ   1998年11月26日
ゆか様、奴隷のぴあです。

さっき、会社のトイレでまたオナニーしちゃいました。
こないだと同じ、ぴあ達の部屋のすぐ下のトイレに入って、
ズボンを脱いでしまって、紺色のパンティだけになって・・

ぴあのオチンチンにコンドームを被せて・・

それから、部屋を出る時にポケットに忍ばせていたお尻用のプラグを取り出し
て・・、壁に左手を突いてお尻を後ろに突きだして、自分でお尻に・・・プラ
グを差し込んで・・・その上から、もう一度パンティを後ろ側だけあげて、

そのまま、後ろからゆか様に見られていると想いながら、右手でぴあのいやら
しいオチンチンを擦りました。

ぴあの頭の中には、ぴあの後ろで鞭を構えてるゆか様の姿が映っていて・・、
「この汚い牝犬、、お尻のプラグ、落としたりしたら承知しないからね!」っ
て叱責してる声が・・・聞こえていました。

途中で誰かがトイレに入って気配がして・・音が聞こえちゃうかも・・って、
ドキドキしたのですけど、興奮してるぴあ、途中で止まらなくて・・
そのまま・・いっちゃうまで 擦り続けました・・。

お尻のプラグは、落としちゃいけないって・・思いながら、お尻に力入れて、
絞めるように気を付けながら、したんですけど・・
最後、、やっぱり、いっちゃう瞬間、お尻から・・にゅる・・って抜けかけて
・・その時が気持ちよくて・・  パンティの中に落としてしまいました。


使ったコンドームには、ぴあの出した白い精液が貯まってます・・。
ご命令通り、入り口を縛って・・ポケットに入れて持っています。

今日、帰りに・・これ、どこかに置いて帰ります・・。

            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ぴあ   1998年11月25日
ゆか様、奴隷のぴあです・・ メールありがとうございました。

> 少しくらい寒い方が、身が引き締まっていいでしょ?
はい・・  ゆか様のご命令に従ってる時間は、変態のぴあにとっては嬉しい
時間ですから・・

> アベックさんに見せつけてやればよかったわね。
> さげすまれることが、ぴあの喜びなのでしょう?
あぅ・・・・ゆか様

> もう見て欲しくてたまらないようね。
いえ、そんな・・・ ゆか様・・ 。本当に見られてしまったら・・
ぴあどうしていいか・・

でも、そんな風にゆか様に言われると、また、変態のぴあはドキドキしてきて
しまいます。

> 外に出てた時の感じはどうだったの?やっぱり、頭がぼーっとしたのかしらね。
はい、ホテルの部屋で首輪と女性用のパンティだけになった自分の姿を鏡で見
てる頃から、ぴあの頭の中は、ぼーっとなってて・・、廊下に出てみたいとい
う衝動に駆られてるときには、他のことは何も考えてなかった・・です。

> そうねえ。ぴあみたいな奴隷には鞭ももったいないかもねぇ。
> 物差しで思い切りたたいてあげるわ。
うう・・・物差し・・・

> お尻が腫れ上がって、いすにも座れないくらいにね。
あああ・・・はい・・ゆか様。 変態の牝犬は、四つん這いでお尻を高くあげ
て、ゆか様の前に差し出しますぅ・・。
物差しで・・、ぴあのお尻が腫れ上がるまで・・お仕置きして下さい・・。

> また、出張にいく機会もあるのでしょう?
> その時にがんばりなさい。
はい・・・ありがとう・・ございます。 いつか、ちゃんと声に出して・・
とっても恥ずかしい思いをして・・ゆか様にちゃんと報告できるように、
してみたいです・・。

> 「ぴあのが・・」おまえは奴隷なんだから、上品に報告しなくてよろしい。
> びあの何が・・・なのか、ちゃんと答えなさい。
あぅ・・申し訳ありません、ゆか様。 言い直します。
ぴあの・・ オチンチン、いえおっきなクリトリスが、パンティの中で膨らん
できちゃって、パンティのレースの所に先っちょが擦れてしまうんです・・。

> なんていやらしい格好かしらね。
> 職場でそんな格好になって、オナニーする。誰かが知ったら、もう会社へいけ
> ないわねぇ。
あああ・・・ゆか様、、、職場の人に知られたりしたら・・
ぴあ、もう絶対ダメですぅ。 会社に行くどころか・・この街では暮らせない。
そんなこと、出来ないです・・。

でも、心のどこかに、絶対出来ないことだけど・・
自分を壊してしまいたい願望も、きっとあるんだと思うんです。 
だから、気持ちが緩んでる旅先のホテルでは・・ 
あんなことをしてしまったのかも、知れません・・

> 今度、同じようにトイレでオナニーするときに、コンドームをつけて射精なさ
> い。
> 使用済みのコンドームは口をくくって、帰りまで鞄に隠しておくのよ。
> そして、帰りに、どこか人に見えるところにおいてきなさい。
はい、判りました・・ゆか様。今度はコンドームの中に、発射します。

> 歩いて帰るなら、公園でもいいし、バスならば・・・バスの中って言うのもお
> もしろいわね。
ああ・・はい・・変態のぴあが会社でしちゃった恥ずかしい行為の証拠を、
わざと人目に触れる場所に、置いておかなきゃいけないのですね・・

> 今週は毎日、それを日課にしようかな。
> 毎日、どこへ置いてくるのか、考えるのがたのしいでしょ?
あぅ・・意地悪なゆか様、、、日課に・・なんて・・、そんなことしたら、
ぴあ、他のこと何も考えられなくなっちゃいそうですぅ。
毎週1回、いえ2回、必ずやりますから・・
その位で・・お許し下さい・・お願いします。

      変態の牝犬 ぴあより




ゆか   1998年11月25日
>低い座敷机なので、床に跪いて・・書いています・・
>すこし・・寒いです・・。
少しくらい寒い方が、身が引き締まっていいでしょ?


>金曜日の夜、梅田の街で・・首輪して散歩してみました・・。
>ハーフコートの襟は立てていたのですけど、深夜のビル街を何度も回って、
>アベックさんには何組か出逢いました・・。
アベックさんに見せつけてやればよかったわね。
さげすまれることが、ぴあの喜びなのでしょう?


>ドアの前で四つん這いになって、そっとドアを開けて・・
>廊下に身体を出して・・みました。  ほんのちょっとの間でしたけど、
>凄く、変態なことしちゃいました・・ぴあ・・。
もう見て欲しくてたまらないようね。
外に出てた時の感じはどうだったの?やっぱり、頭がぼーっとしたのかしらね。


>ゆか様に、このまま・・お尻を鞭でぶたれて・・、
>アナルをお仕置き・・されながら・・イッてしまいたい・・です。
そうねえ。ぴあみたいな奴隷には鞭ももったいないかもねぇ。
物差しで思い切りたたいてあげるわ。
お尻が腫れ上がって、いすにも座れないくらいにね。

>土曜の朝、大阪でコンビニに行って、薄いピンクの女性用のパンティは買ったのですけど、「僕に・・」っていう言葉は・・出てきませんでした・・・。ごめんなさい。
>声、のどの奥でどっかに詰まったみたいで・・・
>もたもたしてるうちに・・包んで渡されてしまって・・・
また、出張にいく機会もあるのでしょう?
その時にがんばりなさい。


>お仕置き・・覚悟・・してます。

>会社に着いてから、ずっと ぴあのが・・パンティの中で、上を向こうとしてて・・
「ぴあのが・・」おまえは奴隷なんだから、上品に報告しなくてよろしい。
びあの何が・・・なのか、ちゃんと答えなさい。


>ご命令通り、ズボンもパンティも脱いで・・下半身はソックスと靴だけになって・・
なんていやらしい格好かしらね。
職場でそんな格好になって、オナニーする。誰かが知ったら、もう会社へいけ
ないわねぇ。

今度、同じようにトイレでオナニーするときに、コンドームをつけて射精なさ
い。
使用済みのコンドームは口をくくって、帰りまで鞄に隠しておくのよ。
そして、帰りに、どこか人に見えるところにおいてきなさい。
歩いて帰るなら、公園でもいいし、バスならば・・・バスの中って言うのもお
もしろいわね。
今週は毎日、それを日課にしようかな。
毎日、どこへ置いてくるのか、考えるのがたのしいでしょ?



----------
  ゆか




ぴあ   1998年11月24日
ゆか様、ぴあです。

今日は火曜日、会社に来てます。

> 捨てても惜しくないようなパンティを大阪で買ってらっしゃい。
> そして、言えたなら買うときに、「ボクに似合うと思いますか?」って聞くの
> よ。向こうは冗談ととるか、本気ととるか。さあどっちかしら?
ごめんなさい。
この命令、、出来ませんでした・・。
土曜の朝、大阪でコンビニに行って、薄いピンクの女性用のパンティは買ったのですけど、「僕に・・」っていう言葉は・・出てきませんでした・・・。ごめんなさい。
声、のどの奥でどっかに詰まったみたいで・・・
もたもたしてるうちに・・包んで渡されてしまって・・・

お仕置き・・覚悟・・してます。

> 会社のトイレでオナニーすることを許します。下半身裸になって、トイ
> レの中に散らしてきなさい。
会社でオナニー・・しちゃいました。
今日は、朝から、そのことばっかり考えてて・・
会社に着いてから、ずっと ぴあのが・・パンティの中で、上を向こうとしてて・・
今日穿いてるのは、前の上の方がレースになってるパンティなのです・・だから、
上を向こうとすると・・ぴあのいやらしいのの先っちょが・・、
レースのところで擦れちゃって・・・

お昼休みまで我慢しようと思ったのですが・・・
ダメでした・・。

さっき、ぴあの部屋のすぐ下の入り口の奥にあるおトイレに・・行って・・

ご命令通り、ズボンもパンティも脱いで・・下半身はソックスと靴だけになって・・

壁にお尻を向けて、腰を曲げて中腰で立って・・
みんなが仕事してる部屋の真下で・・、オナニーしちゃいました。
ゆか様やHPを見る人達に・・
「いやらしい牝犬だこと・・そんなとこでおっきなクリットを触って・・何してるの?! この変態!!」って笑われてるの・・想像しながら・・

右手でいやらしく勃起したの・・擦って、、左手は・・お尻に・・入れちゃって・・
あっという間に、いっちゃいました・・

今、デスクに帰ってきて、このメール書いてます。
ぴあのデスクの一つ飛んだ隣に、女の子もいるんです。
でも、、こんないやらしい報告書いてると、またしたくなっちゃいそうです・・。

            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ぴあ   1998年11月23日
ゆか様、ぴあです。

ご命令のメール早く書こうと思ったのですが、なかなか一人になれなくて・・
今日は1Fの和室のノートPCでこのメール書いてます。

ご命令どおり、今、ぴあは裸です・・身につけてるのは首輪だけ・・です。
家族はみんな2階で寝ています・・。
低い座敷机なので、床に跪いて・・書いています・・
すこし・・寒いです・・。

金曜日の夜、梅田の街で・・首輪して散歩してみました・・。
ハーフコートの襟は立てていたのですけど、深夜のビル街を何度も回って、
アベックさんには何組か出逢いました・・。

勿論、下着は薄いブルーのパンティ・・でした。お部屋に帰って、鏡の前で自
分の姿を見ながら、一枚一枚・・着ているものを脱いで・・
首輪とパンティ一枚になった自分を見ると、下着の前の方に・・丸いシミが・
なんかとてもいやらしい気分で・・
そのままで廊下に出てみたい気持ちが強く沸き上がってきて・・
ドアの前で四つん這いになって、そっとドアを開けて・・
廊下に身体を出して・・みました。  ほんのちょっとの間でしたけど、
凄く、変態なことしちゃいました・・ぴあ・・。

今、また全裸で首輪して、ゆか様の犬になって・・メール書いてると、
あの時の興奮が・・よみがえってきます・・。

金曜もホテルでオナニーしたくなったけど・・我慢しました。

明日も・・お休みだから、火曜日までお預け・・なのですよね・・
ああ、、ゆか・・様・・

変態のぴあ、、全裸で、首輪だけ付けて・・ゆか様の前に、跪いてます。
ぴあのいやらしいオチンチンは、みっともなく勃起して・・
先っちょから、、涎みたいなの・・滲みだして・・
跪いてる・・ぴあの前で、、ぶらぶら・・してます。

ゆか様に、このまま・・お尻を鞭でぶたれて・・、
アナルをお仕置き・・されながら・・イッてしまいたい・・です。

ゆか・・・様  ぴあは、ゆか様の奴隷、変態の牝犬・・です。

                                         ぴあ




ぴあ   1998年11月20日
ゆか様、おはようございます。ぴあです。

朝、ゆか様からのメールが入っていると、とても嬉しいです。
仕事のメールと一緒に「今日の命令・・」っていうタイトルが眼に飛び込んだ瞬間、それだけで・・パンティの中で・・ぴあのペニス・・勃起・・しちゃってます。

> こんどああいう言葉遣いをしたときは、きついお仕置きをしますからね。
あふぅ・・お仕置き・・・ はい。 お仕置きも・・覚悟しています・・。
「お仕置き」っていう言葉に、ぴあ、とっても弱いです・・。

> そう。いくら変態のぴあでも奥さんには知られたくないわけ?
> そうよねえ。自分の旦那が会社のトイレでお尻に指をいれながらオシッコをし
> てるなんて、誰が考えるかしらねえ。
ああ・・・ゆか様。
は・・い、ぴあはゆか様の奴隷で、牝犬のなれちゃって・・会社のトイレで、自分のお尻の穴に指を入れていじりながら、しゃがんでおしっこしてる・・変態です。

本当言うと、お尻に指を入れるとなかなかおしっこが・・できません・・
出そうとすると、お尻に力が入っちゃって・・お尻が指を締め付けて・・
指を押し出そうとしたり、飲み込もうとしたりして・・
おしっこより、お尻の方に注意がいってしまって・・
出るときも、ちょろちょろっていう感じで・・少しずつしか出ないです。
それに・・
そうしてると、お尻が・・とっても気持ちよくて・・・
オナニー・・したくなっちゃいます・・

> Sであったときの自分と、Mである今の自分と。
> どちらが本当のぴあなのかしらねえ。
> 今の方が幸せでしょう?
はい・・ゆか様の命令に、自分を委ねちゃってるMの時間の方が・何倍も素敵です。

> 当然でしょう?それが私の喜びなのだから。
> もっと変態におなりなさい。
はい・・ぴあが恥ずかしい思いをして、ゆか様に喜んでいただけるの・・嬉しいです。
 
> ふうん・・・出張の時は勘弁してくださいと言うのかと思ったら、はいていっ
> てもいいですかなの?しょうがない奴隷だこと。
あう・・・

> しかたないわねえ。はいていきなさい。
> 同僚に笑ってもらえればいいのにねえ。
今日も穿いてます・・  今日は薄いブルーのパンティです・・
お許しいただいたから、夕方の新幹線・・このまま行きます。


> まあ、言えないでしょうねえ。
> でも大阪では言えるんじゃないのかしら?
> 捨てても惜しくないようなパンティを大阪で買ってらっしゃい。
> そして、言えたなら買うときに、「ボクに似合うと思いますか?」って聞くの
> よ。向こうは冗談ととるか、本気ととるか。さあどっちかしら?
あああ・・・・うそみたいですぅ・・ 本当に・・?!
どうしよう・・考えただけで、顔が熱いです・・

そんなこと言おうとしたら・・、きっと顔も口もこわばっちゃって・・
絶対、冗談のようには、言えないですぅ・・・

ああ・・・その時の恥ずかしさ、想像しただけで、ぴあの先っちょから、いやらしいお汁が漏れて、下着を・・汚しちゃいそうです・・


> それで、公園のトイレでの命令は実行できたのね。寒かったでしょう。ほめて
> あげます。
はい。 とっても嬉しい・・です。

> 今の女子中学生はすすんでるからねえ。首輪にも、ザーメンの匂いにも気付い
> てるわよ。学校でぴあのこと話題にして笑ってるわ、きっと。
> お堅い仕事のおまえが中学生に笑われるの、どんな気持ちかしら?
うぅ・・ 彼女たち、きっと近くの学校の生徒で、またあの公園を通ると、逢っちゃうかも知れません・・。 見つかったら、きっと顔をしかめて・・ひそひそ話、されちゃうんでしょうね・・


> さて、このメールを読んでから、月曜までオナニー禁止にします。いいこと?
> 今も、ぴあのことだから勃起してるんでしょうけどね。守れなかったらオナニ
> ー禁止の期間をどんどん長くしていくわよ。
あぅ・・オナニー禁止・・なのですか・・ 
ゆか様のメールみて、ぴあ、もう反応しちゃってるんです・・今夜、大阪のホテルで一人になっちゃうと・・我慢できなくなりそうです・・


> そして、土曜日に家族が留守になったなら、はだかで首輪をして、私にメール
> を書きなさい。どんなにオナニーがしたいか・・・。でも月曜までは許さない
> わよ。
は・・い。 でも、土曜日は、帰るのが遅くなるかも知れません・・
土日の間に、どこかで一人の時間、見つけて・・してみます。

> 月曜に会社のトイレでオナニーすることを許します。下半身裸になって、トイ
> レの中に散らしてきなさい。
月曜日・・まで・・・ なるべく・・我慢して・・みます。

では、また報告します・・。

            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ゆか   1998年11月19日
>あっ、は・・い。ゆか様、申し訳ありません。 言葉遣い気を付けます。
いいでしょう。
こんどああいう言葉遣いをしたときは、きついお仕置きをしますからね。


>> 一度見てもらう?本当は・・・見て欲しいんでしょう。
>ああ・・・そんな・・ゆか様。それだけはお許し下さい・・お願いです。
>(以前、一度、干してる下着を見つかったこと・・あるのです。 その
> 時は、まだ新しいものだし・・Wifeへのプレゼントに買ったもの
> って、言い訳して・・)
そう。いくら変態のぴあでも奥さんには知られたくないわけ?
そうよねえ。自分の旦那が会社のトイレでお尻に指をいれながらオシッコをし
てるなんて、誰が考えるかしらねえ。


>命じられたことに初めは自己防衛の抵抗意識があるけど、途中で自分の
>中の服従を望む心に押さえ込まれて、何も考えられなくなってしまった
>時のMさんの眼、そんなのに・・自分を、重ねちゃって・・
Sであったときの自分と、Mである今の自分と。
どちらが本当のぴあなのかしらねえ。
今の方が幸せでしょう?


>今日は、会社のおトイレで、ぴあ下半身裸になって・・、お尻に指を入
>れながら・・おしっこ・・します。 ゆか様に見下ろされてると、思い
>ながら・・
>でも・・ぴあがこんなことしてるの・・大勢の人にHPで見られて、笑
>われてしまうの・・ですね・・
当然でしょう?それが私の喜びなのだから。
もっと変態におなりなさい。


>そんな・・・ゆか様。 今週は、金曜の夜、会社の同僚と大阪に行くの
>です。その時も、下着穿いて行ってもいいですか・・?
ふうん・・・出張の時は勘弁してくださいと言うのかと思ったら、はいていっ
てもいいですかなの?しょうがない奴隷だこと。
しかたないわねえ。はいていきなさい。
同僚に笑ってもらえればいいのにねえ。


>ぴあの頭の中では、そんな声も聞こえてました。でも、実際には・・、
>とてもそんなこと・・・言えないですぅ・・。お許し・・ください。
まあ、言えないでしょうねえ。
でも大阪では言えるんじゃないのかしら?
捨てても惜しくないようなパンティを大阪で買ってらっしゃい。
そして、言えたなら買うときに、「ボクに似合うと思いますか?」って聞くの
よ。向こうは冗談ととるか、本気ととるか。さあどっちかしら?


>それから、Tバックは・・ぴあ焦ってしまって、探せませんでした。
>ごめんなさい。
ま、そのうちにね。


>ああ・・・ぁ、そんな風に言われちゃうと・・ぴあ・・
>今、オフィスなのに・・パンティの中でぴあのいやらしいのが・・
いやらしいなにが、どうしたの?
はっきりいいなさい。


>> でも、大勢に見てもらえるのがいいのよねぇ。よかったわね。
>・・・は・・い・・。恥ずかしいけど・・嬉しい・・です。 ゆか様
ふふ。いいこね。


それで、公園のトイレでの命令は実行できたのね。寒かったでしょう。ほめて
あげます。
今の女子中学生はすすんでるからねえ。首輪にも、ザーメンの匂いにも気付い
てるわよ。学校でぴあのこと話題にして笑ってるわ、きっと。
お堅い仕事のおまえが中学生に笑われるの、どんな気持ちかしら?


さて、このメールを読んでから、月曜までオナニー禁止にします。いいこと?
今も、ぴあのことだから勃起してるんでしょうけどね。守れなかったらオナニ
ー禁止の期間をどんどん長くしていくわよ。
そして、土曜日に家族が留守になったなら、はだかで首輪をして、私にメール
を書きなさい。どんなにオナニーがしたいか・・・。でも月曜までは許さない
わよ。
月曜に会社のトイレでオナニーすることを許します。下半身裸になって、トイ
レの中に散らしてきなさい。




ぴあ   1998年11月19日
ゆか様、ぴあです。

昨日、会社の帰りに公園に寄って来ました・・。夜7時頃だったのですが、
公園には女子中学生のグループが1組と、後、何人かの男女がいました。

公園の中に図書館のような建物があって、ぴあがお話しした、広い個室のある
トイレは、ちょうど建物から対角の位置にあります。公園の外の方に向いた半
円形のトイレで、個室のドアの正面には、幅3m位の目隠しのためのコンクリー
トの壁があるのですが、その壁の後ろはすぐ道路になっていて、歩道を大勢の
人が歩いていました。

歩いて、公園について、トイレの一番右の広い個室に入ったのですが、明かり
がつかなくて・・。仕方なく、一度そこを出て、真ん中辺りの普通の個室に入
り直しました。個室のドアのところから見ると、正面は壁だけど、壁の両端は
歩道を歩く人が見えてて・・。
個室のドアの右端は曇りガラスの明かり取りが30cm位の幅で上から下まで
入っていました。

中は結構広めに造ってあって、各個室内に洗面台のように広い台があるのです
が、鏡は小さくて・・ぴあの上半身しか映りませんでした・・。
ご命令通り、着てるものを順番に脱いで・・脱いだものは台の上に置いて、パ
ンティと靴だけになりました。
それから、首輪を鞄から取り出して・・鏡の前で、そっとぴあの首にあてがっ
て・・・ 言われたとおり、なるべくきつく首につけ・・ました。

鏡を上からのぞき込むようにして見ると・・首に黒い首輪をつけて、グレーの
女性用のパンティだけになった・・変態の・・姿が、映っていました・・。

全裸でとおっしゃっていたので、パンティもお尻から剥くようにして、脱ごう
としたのですが・・、全部脱いでしまうのがもったい気がして・・・・
膝の上くらいまで降ろして・・そこで、お尻を突き出すような格好になって、
壁のパイプ(お年寄りとかの利用の為についてるガイドパイプです)のとこに
お尻を当てて、、、
自分の恥ずかしい姿を想像しながら・・、いやらしく突きだしてるぴあのオチ
ンチンを・・擦り・・ました・・。
擦ってたら、、お尻がむずむずしてきて・・・、

昼間、ゆか様に言われたように、おトイレに幾たびにアナルに指を入れてたの
で・・ぴあのお尻が、、何かを欲しがっちゃって・・・。
(結局、昨日は4回会社のトイレで、お尻に指を入れちゃったのです。でも、
 夕方のことがあるので、会社では、、オナニー・我慢しました。)

鞄に隠してたプラグ・・取り出して、お尻の当たるパイプに乗せるようにして
・・お尻に・・入れちゃいました・・。

申し訳ありません。ご命令にないのに・・勝手にお尻にプラグを入れて・・。

でも、お尻に、、入れちゃうと・・ぴあ、すぐにいきそうになって・・

ゆか様に見られてると思いながら・・激しく擦って・・
「ゆか様・・ぴあ、いっちゃいます・・」って頭の中で叫びながら・・
いっちゃい・・ました。

手で受けるようにしたんですけど・・、少し飛び出しちゃって・・
膝の上に引っかかってるパンティにも散っちゃいました。
ちゃんと脱いでなかったぴあが悪いので、お仕置きだと思って・・ぴあのが散っ
てるパンティは、帰るときもそのまま穿きました。

ドア、開けると・・通りから丸見えなので、服を着る前に・・電気を落として、
電気を落としてても、通りの向かいのビルの明かりがあって、結構明るいんで
す・・あそこの個室の中・・。
それから少しだけ開けて・・、隙間から通りの方にぴあの裸を晒して・・
凄く、怖くて・・ドキドキ・・しました。
そのまま、ぴあのがついてる指を・・口に入れて・・
すこし苦いような生臭い味・・です。


それから、台の上の服を着て・・首輪はそのまま、コートの襟を少し立て気味
にして・・トイレを抜け出しました。
公園の中を斜めに歩いて建物の方に進むと、女子中学生達が建物の方から向かっ
て来て・・ ちょうど中間の噴水の横ですれ違いました・・。でも、公園の中
はそんなに明るくはないので・・首輪には気付かれなかったと思います。
それより、手についたぴあのいやらしいお汁の匂いとか・・(自分にはまだ匂
っていたので・・) 気づかれるかもって・・・すごくドキドキでした。

建物まで行って・・そこからは、お店が並んでる通りに出ちゃうので、街路灯
も沢山あるし、 建物の階段の陰で・・そっと首輪をはずして、帰りました。

外はとっても寒い日でしたけど・・ゆか様に命じられたことしてる間は・・そ
んなに寒かったっていう記憶がありません・・ 半分、ぼーっとしながら・・
恥ずかしいこと・・・してたんだと思います。
ゆか様のご命令に従ってる時間は、他のことあまり頭に浮かんで来なくて・・
何か不思議な・・感覚です。

長々と、つまらない報告お書いちゃって・・ごめんなさい。

            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ぴあ   1998年11月18日
ゆか様、おはようございます。ぴあです。

> 私はぴあの「お友達」ではありません。言葉遣いから教えないといけないのか
> しら?
あっ、は・・い。ゆか様、申し訳ありません。 言葉遣い気を付けます。

> 一度見てもらう?本当は・・・見て欲しいんでしょう。
ああ・・・そんな・・ゆか様。それだけはお許し下さい・・お願いです。
(以前、一度、干してる下着を見つかったこと・・あるのです。 その
 時は、まだ新しいものだし・・Wifeへのプレゼントに買ったもの
 って、言い訳して・・)

> そう。いいところね。そこは時々使えそうだわ。
> ぴあのオナニー専用個室にしましょうか。
は・・い。いやらしい変態のメス犬・・ぴあの、調教のお部屋・・

> いいんじゃないの。SとMの本質は同じでしょう。
> 私がMからSに興味を持ったのと反対なだけなのだから。
そうなの・・ですか・・ ゆか様も・・

ぴあの場合は、Sしながら、徐々に、Mの側に感情移入しちゃったみた
いです。 支配されてしまうことの安心感・・・。
命じられたことに初めは自己防衛の抵抗意識があるけど、途中で自分の
中の服従を望む心に押さえ込まれて、何も考えられなくなってしまった
時のMさんの眼、そんなのに・・自分を、重ねちゃって・・


> そう。首輪は出来るだけきつく締めて、していることを自覚出来るようにしな
> さいね。
ああ・・・はい。きつく・・・
今日は・・朝家を出るとき、薄手のハーフコート羽織ってきました・・。
帰りに公園に行ってみようと・・思っています。

> お尻を出すたびに私の奴隷であることが自覚出来るでしょう。
> 明日はトイレに入ったら、アナルに指を入れてオシッコなさい。体勢は自分が
> やりやすいように考えなさい。下半身裸になったらやりやすいかもね。
は・・い。お尻をかがめながら薄いナイロンパンティを剥がすように脱
ぐのって、とっても変な気分になります・・。

今日は、会社のおトイレで、ぴあ下半身裸になって・・、お尻に指を入
れながら・・おしっこ・・します。 ゆか様に見下ろされてると、思い
ながら・・
でも・・ぴあがこんなことしてるの・・大勢の人にHPで見られて、笑
われてしまうの・・ですね・・

> 早く干さないと、かびがはえるわよ。
> もっとも、奴隷にはお似合いかしら?
そんな・・・ゆか様。 今週は、金曜の夜、会社の同僚と大阪に行くの
です。その時も、下着穿いて行ってもいいですか・・?


> >女性用の下着、買いに行きました。
> >「プレゼントですか?」っていう店員さんの声がして・・・、ぴあ、慌てて、
> >「いいえ、、、あの・・包装は、、簡単でいい・・です・・」って、
> >喉の奥に言葉が引っかかったみたいになりながら・・やっと応えて・・
> ボクがはくんですっていえばよかったわねぇ。
> どんな顔されたかしら。
あぅ・・・ゆか様・・。
ぴあの頭の中では、そんな声も聞こえてました。でも、実際には・・、
とてもそんなこと・・・言えないですぅ・・。お許し・・ください。

それから、Tバックは・・ぴあ焦ってしまって、探せませんでした。
ごめんなさい。

> そうねぇ。きっと、「あの人、絶対変だったよねえ。あのパンティ、自分では
> くんじゃないの?」「うわあ・・・変態〜」って、話してるんだわ。
> そうやって、話されることがぴあにはうれしいんでしょう?
ああ・・・ぁ、そんな風に言われちゃうと・・ぴあ・・
今、オフィスなのに・・パンティの中でぴあのいやらしいのが・・

こんなので・・トイレに行って・・お尻に指・・入れちゃったりしたら、
我慢できなくて・・ぴあ、オナニーしちゃいそうです・・

> 今度赤いリボンを20cmばかり買ってきなさいな。飾ってあげましょう。
> 根本にしっかり結んで一日過ごすのよ。
はい・・赤いリボン・・  判りました。 根元を縛られちゃうと・・

> でも、大勢に見てもらえるのがいいのよねぇ。よかったわね。
・・・は・・い・・。恥ずかしいけど・・嬉しい・・です。 ゆか様

            変態のメス犬奴隷 ぴあ より




ゆか   1998年11月17日
びあへ

返事が遅れました。

>> 女性もののパンティで一日過ごしたら、お汁もいっぱいついたでしょう?
>ふみゅ(。_+)☆ パンティ・・今、穿いて・・ます。
ふ・・・む。
私はぴあの「お友達」ではありません。言葉遣いから教えないといけないのか
しら?


>> お風呂にもってはいって、お口できれいにお洗濯しなさい。
>あぅ・・ はい・・Wifeには見せられないです・・。
一度見てもらう?本当は・・・見て欲しいんでしょう。


>ああ・・・途中の公園で・・まっ裸になっちゃうのですか・・
>あそこのトイレ、奥の個室が障害者でも使えるように、広くなってて、
>横の壁におっきな鏡が貼ってあります。 腰の高さに棚があって・・
そう。いいところね。そこは時々使えそうだわ。
ぴあのオナニー専用個室にしましょうか。


>今でも、Wifeとの関係では、ちょっぴりSっぽいの・・です。
>こういうの・・奴隷の癖に生意気で、ゆか様はお嫌ですか・・??
いいんじゃないの。SとMの本質は同じでしょう。
私がMからSに興味を持ったのと反対なだけなのだから。


>公園を出ると、歩道にも街路灯が沢山ついてて・・ 薄手のコートか何
>かを羽織って、襟を立ててなら・・できるかも知れません・・。
>なにか・・ゆか様に喜んでいただける方法・・考えて・・みます。
そう。首輪は出来るだけきつく締めて、していることを自覚出来るようにしな
さいね。


>個室に入ってるので、後始末の紙の音もしなきゃ不自然だから、ペーパー
>も使って・・、でも、毎回下着を降ろして、お尻を出さなきゃ出来ない
>のって、何度しても・・ドキドキ・・します。
お尻を出すたびに私の奴隷であることが自覚出来るでしょう。
明日はトイレに入ったら、アナルに指を入れてオシッコなさい。体勢は自分が
やりやすいように考えなさい。下半身裸になったらやりやすいかもね。


>黒い女性用のショーツ、ぴあの汗と・・・もう一つ・・・のお汁、つい
>てて・・。
いやらしい、変態の味がしたでしょう。


>朝みたら、下着の2重になってるとこは、やっぱりまだ湿ってて・・
>そのまま鞄の中にしまい込んでしまいました。
早く干さないと、かびがはえるわよ。
もっとも、奴隷にはお似合いかしら?


>女性用の下着、買いに行きました。
>今日、会社の帰りに駅の近くのお店に・・寄って買ってきました。

>「プレゼントですか?」っていう店員さんの声がして・・・、ぴあ、慌てて、
>「いいえ、、、あの・・包装は、、簡単でいい・・です・・」って、
>喉の奥に言葉が引っかかったみたいになりながら・・やっと応えて・・
ボクがはくんですっていえばよかったわねぇ。
どんな顔されたかしら。


>降りる時、そのカウンターがちらっとぴあの目に入って・・、
>店員さん達が、ひそひそ話をしながら・・ぴあの方を見てたような気が・・。
そうねぇ。きっと、「あの人、絶対変だったよねえ。あのパンティ、自分では
くんじゃないの?」「うわあ・・・変態〜」って、話してるんだわ。
そうやって、話されることがぴあにはうれしいんでしょう?


>暗がりで・・そっとぴあのいやらしいとこに手をやると・・、
>スボンの中のが、とっても興奮して・・・ました。
いつも興奮してるのねぇ。
今度赤いリボンを20cmばかり買ってきなさいな。飾ってあげましょう。
根本にしっかり結んで一日過ごすのよ。


>   それから、HP、もう・・載ってしまったのですね・・
そうそう。事後報告になって悪かったわね。
しばらく様子をみていましたが、ぴあは調教を続けられそうなのでアップしま
した。いままで、メールのやりとりが2,3回で終わってしまったような奴隷
のメールは載せてないので。
でも、大勢に見てもらえるのがいいのよねぇ。よかったわね。




ぴあ   1998年11月17日
ゆか様、ぴあです。

女性用の下着、買いに行きました。
今日、会社の帰りに駅の近くのお店に・・寄って買ってきました。

お店はビルの2階のフロアにあって、エスカレーターの左側が下着ショップに
なってます。 最初、高校生くらいの女の子が2人、下着を見てて・・思わず
通りすぎて3階まで上がってしまいました。 でも、ゆか様の言いつけだから
今日こそは買わなきゃ・・と思って、下りのエスカレーターに乗って・・

会社帰りのサラリーマン風の男が、そのコーナーに一人で立ち入るの・・とっ
てもドキドキします。

2度目は、真っ直ぐパンティが沢山置いてあるワゴンに向かって進んで・・、
2つ並んでるワゴンの中から、淡いブルーのパンティと、紺とグレーが色違い
で並んでたのを選んで・・ カウンターの店員さんの所まで・・行きました。

カウンターには女性のお客さんが1人先に来てて・・ぴあ、後ろでどうしよう
かと思ってたら、女性の店員さんが2人いて・・(どんな人だったか・・全然
覚えてないです・・)
「どうぞ」って声を掛けられたので、黙って、持っていた3枚のパンティをカ
ウンターの上に・・差し出しました。
先に来てた女性のお客さんが、ぴあの差し出したパンティを見て・・それから、
ちらっとぴあの方を窺うような目で見たような・・気がします・・・。

「プレゼントですか?」っていう店員さんの声がして・・・、ぴあ、慌てて、
「いいえ、、、あの・・包装は、、簡単でいい・・です・・」って、
喉の奥に言葉が引っかかったみたいになりながら・・やっと応えて・・

お店の人は、カウンターの上に、ぴあの選んだ3枚のパンティを広げたまま、
「包装は、普通ので・・よろしいのですね・・?!」って、念を押すんです。
女性の下着、プレゼントじゃ無くて・・自分で穿こうとしてる変態さんなんだ
って、わざわざ念を押されてるみたいに・・聞こえて・・

お金を払って、逃げるようにエスカレーターに乗って、、、
降りる時、そのカウンターがちらっとぴあの目に入って・・、
店員さん達が、ひそひそ話をしながら・・ぴあの方を見てたような気が・・。

ぴあ・・とっても恥ずかしかったです・・。でも、ビルを出て路地を曲がって
暗がりで・・そっとぴあのいやらしいとこに手をやると・・、
スボンの中のが、とっても興奮して・・・ました。

明日も、変態のぴあ、女性用の下着付けて・・会社に、行かなきゃいけないの
ですよね・・?
              牝犬にされて虐められたい 変態の ぴあより

PS.今日は下着を買うことで頭が一杯で、、公園には寄れませんでした。
   公園での命令・・今週の間には行き・・ます。 お許し下さい。

   それから、HP、もう・・載ってしまったのですね・・
   今日、会社のPCでネットにアクセスしたら・・「ぴあ」っていう文字
   がいきなり目に飛び込んできて・・
   ぴあのメール、大勢の方に見られちゃってる・・
   覚悟してたことですけど、やっぱり凄く恥ずかしくて・・、でも、興奮
   しちゃいます。ドキドキしながら何度もページを開けてしまいます・・。




ぴあ   1998年11月17日
ゆか様、ぴあです。

昨日は、一日中女性用のパンティを穿いて過ごしました。

仕事の途中で、おトイレに行こうとして・・、はっと思って・・小さい
方なのに、女の子みたいに個室の方に入って・・・。
少し前屈みで、お尻からすべすべのパンティを剥くように降ろす時、
とってもエッチな気分でした。
女の子のようにしゃがみ込んで、おしっこしながら・・ゆか様の牝犬に
なって、ゆか様に見下ろされながら、おトイレの躾をいただいてるって、
思っちゃいました。
個室に入ってるので、後始末の紙の音もしなきゃ不自然だから、ペーパー
も使って・・、でも、毎回下着を降ろして、お尻を出さなきゃ出来ない
のって、何度しても・・ドキドキ・・します。

それから、お洗濯は・・・ご命令どおり、お風呂で・・しました。
お風呂場で、一日中穿いてぴあが汚しちゃったパンティ、裏返して・・
口に・・含んでみました。
黒い女性用のショーツ、ぴあの汗と・・・もう一つ・・・のお汁、つい
てて・・。

干す場所は、考えたのですけど・・いい場所が思い浮かばなくて、
夕べは、ぴあのベッドの下にそっと拡げて・・寝ました。
朝みたら、下着の2重になってるとこは、やっぱりまだ湿ってて・・
そのまま鞄の中にしまい込んでしまいました。

外に干すようにとのご命令だったのに・・夕べは出来ませんでした。
ごめんなさい。 もう少し考えて、今度はどこか探します。

               ぴあ

ps. 昨日はやっぱり、下着屋さんにへ行けませんでした。ごめんなさい。
  今日は大丈夫だと思うので、帰りに行ってみます。




ぴあ   1998年11月16日
ゆか様、ぴあです。

> 早速首輪を買ってきたのね。早く欲しくて仕方なかったんでしょ。
> 変態のぴあは・・・
は・・い。首輪・・お店で見てる時、とっても不思議な気持ちでした。
初めは、近くに人がいないかどうか、きょろきょろして・・ドキドキし
ながら見てたんですけど・・、自分の首にそっと当ててみたときには、
これが奴隷になることの「証」って思えて、なんかぼーっとしちゃって、
目はつぶらなかったけど、ちょっとの間、何も考えない時間に・・はまっ
ちゃいました・・。

> 女性もののパンティで一日過ごしたら、お汁もいっぱいついたでしょう?
ふみゅ(。_+)☆ パンティ・・今、穿いて・・ます。
すべすべしてて・・気持ちいい・・です。
そんなこと言われたら、余計に・・汚しちゃい・・そうです。

> お風呂にもってはいって、お口できれいにお洗濯しなさい。
あぅ・・ はい・・Wifeには見せられないです・・。

> 自分で考えてちゃんと外に干しなさい。ぴあがどこを選ぶか楽しみだわ。
> 自宅のどこか?それとも公園の木にでもひっかけておくかしら。
それ・・とっても困ってます。
今のは、土曜日のWifeがいない時間とかに、ベッドの下にそっと拡
げて・・干したりしてました。
今度は、外で・・干さなきゃいけないのですね・・。

> もう夜は寒いわよねえ。それでも私の命令なら裸になれるかしら?
はい・・・。ゆか様のご命令なら・・ぴあ、一生懸命・・します。

> 近いうちに、仕事から帰るときには歩いて帰りなさい。そして、途中の公園の
> トイレで裸になって、首輪をつけるの。そしてドアを開けたままオナニーしな
> さい。できれば洗面台の鏡に自分の姿を映してみればいいわ。奴隷のぴあの姿
> が見えてますますびんびんになるんじゃないの?
ああ・・・途中の公園で・・まっ裸になっちゃうのですか・・
あそこのトイレ、奥の個室が障害者でも使えるように、広くなってて、
横の壁におっきな鏡が貼ってあります。 腰の高さに棚があって・・

怖いし・・恥ずかしいけど・・ してみます・・。また。報告します。

> 手に付いたザーメンは舐めてきれいにしておくこと。そして・・・何食わぬ顔
> をして自宅に戻るのね。
あああ・・・  は、、い。

> 奥さんはぴあが変態であることは全然知らないの?少しはプレイしたりすると
> か?
Wifeは・・ぴあのこと、どっちかって言うとSだと思ってると思い
ます。もともと・・そういう風に付き合ってましたから・・。
今でも、Wifeとの関係では、ちょっぴりSっぽいの・・です。
こういうの・・奴隷の癖に生意気で、ゆか様はお嫌ですか・・??

> なんなら、首輪したまま帰ってもいいわよ。途中まででもいいわ。夜だったら
> わからないものね。人通りは多いのかしら。
> ぴあの住んでるのは都市部?それとも郡部?
公園があるのは街の中心部です・・飲屋街も近くて、結構、人多いです。
ぴあの家は、街の中央駅から1km位で、割と都市部です。
公園を出ると、歩道にも街路灯が沢山ついてて・・ 薄手のコートか何
かを羽織って、襟を立ててなら・・できるかも知れません・・。
なにか・・ゆか様に喜んでいただける方法・・考えて・・みます。

Ps. 今日、帰りに新しい下着買いに行こうと思ってたんですけど、夕方、
  仕事が入ってしまって・・お店に行けるの、明日になっちゃいそうで
  す。 ごめんなさい。
  
                            ぴあ




ゆか   1998年11月16日
ぴあへ

早速首輪を買ってきたのね。早く欲しくて仕方なかったんでしょ。変態のぴあ
は・・・

女性もののパンティで一日過ごしたら、お汁もいっぱいついたでしょう?いや
らしいぴあのことだから。でも、奥さんに洗濯してもらうわけにはいかないわ
よねぇ。自分でしなきゃ。お風呂にもってはいって、お口できれいにお洗濯し
なさい。それからあとは石鹸で洗って・・・どこに干すのかしら?
自分で考えてちゃんと外に干しなさい。ぴあがどこを選ぶか楽しみだわ。
自宅のどこか?それとも公園の木にでもひっかけておくかしら。


もう夜は寒いわよねえ。それでも私の命令なら裸になれるかしら?
近いうちに、仕事から帰るときには歩いて帰りなさい。そして、途中の公園の
トイレで裸になって、首輪をつけるの。そしてドアを開けたままオナニーしな
さい。できれば洗面台の鏡に自分の姿を映してみればいいわ。奴隷のぴあの姿
が見えてますますびんびんになるんじゃないの?

手に付いたザーメンは舐めてきれいにしておくこと。そして・・・何食わぬ顔
をして自宅に戻るのね。家ではどんな夫でどんな父親なのかしらねー。
奥さんはぴあが変態であることは全然知らないの?少しはプレイしたりすると
か?
なんなら、首輪したまま帰ってもいいわよ。途中まででもいいわ。夜だったら
わからないものね。人通りは多いのかしら。
ぴあの住んでるのは都市部?それとも郡部?




ぴあ   1998年11月15日
ゆか様、ぴあです。

首輪、買ってきました。黒くて太い首輪です。
ペットショップで、ぴあの首にサイズが合うかどうか・・試しました。
同じ列に他の客さんがいない時・・、そっとぴあの首に当てて試してみました。
売場でこっそり、自分の首に当ててると、なにかとっても変態なことをしてる
気分になって・・ ゴムのベルトの下で・・ぴあの・・興奮しちゃいました。

お尻のプラグ、、まだ入っています・・ 長い時間入れてるので、途中で2回
おトイレに行きたくなっちゃって・・、その時だけはずしました。
ずっと入れてると、外すとき・・少し、痛かったです。

夕食の時、家族と一緒に椅子に座って食事してる間も、お尻のが・・存在を主
張してて、、、
「普通の顔してるけど、お前は、お尻にプラグ入れられちゃってる変態の奴隷
なんだよって・・」
って言われてる気がして・・

これからお風呂に入るので、今日はもうはずしちゃっていいですよね・・?!

外すとき・・オナニーしたくなっちゃいそうですけど・・ダメですよね・・

                               ぴあ




ぴあ   1998年11月15日
ゆか様、ぴあです。メールありがとうございます。
 
> ぴあはかなりの変態のようね。うれしく思います。
ああ・・・はい・・。ゆか様にそう言って頂けて、ぴあは嬉しいです。

> >ご命令があれば・・、その場所で、ぴあ自身が・・ゆか様の調教課題を、実行
> >してみたいと・・想っています。
> ご命令があれば? そういう言い方はやめなさい。
> して欲しくてたまらないくせに。
はい、、申し訳ありません・・ゆか様。
変態のぴあは・・早く、あの場所で・・調教をされたい癖に、遠回しな言い方
をしてしまいました・・。

> まだまだお預けよ。
・・は・・い。

> M女につけた首輪はまだ持っているの?もうないのなら、新しく買っておきな
> さい。もちろん、自分用にね。
はい。首輪・・買いに行ってきます。ゆか様の飼い犬にしていただくための、
大事な証・・。

> 首輪をして・・・どうされたい?ほうら、考えただけで、変態のぴあは感じる
> のでしょう。
ああ・・ゆか様、、ぴあ・・飼い犬のように首輪を付けられると思うと・・
それだけで、興奮してしまいます。
首輪を牽かれて、、、四つん這いでゆか様の前に跪いて・・
ゆか様にお叱りの言葉をいただきながら・・脚先にご奉仕したり・・
お尻に鞭をいただいたり・・・

> これを日曜に読めたなら、その日は自作のアナルプラグをいれて過ごしなさい。
今、日曜の午後2時半です・・。家族は、さっき丁度本を買いに外出しました。
お尻・・ご命令どおり、、プラグ・・いれてます。
椅子に深く座ると・・、奥まで突き上げてきて・・あぁ・・

今日はこのままで・・過ごします・・。
途中で抜けちゃわないように・・ゴム製のベルト・・しています。
股間を2本のゴムベルトが押さえてて・・少しきついです・・。

このままで・・、首輪を買いに・・行ってきます。

> 家族団らんの時も、私の奴隷であることを自覚しながら過ごすのよ。
はい・・。ぴあは、、ゆか様の奴隷・・・
家族が帰ってきても、ぴあのお尻にはゆか様の奴隷の印が埋まっていて・・
夜まで・・そのままで過ごします・・。

> それから、月曜には女性用のパンティで通勤してもらうわ。隠し持ってるパン
> ティは一枚だけかしら。だとしたら、もう何枚か用意しておきなさい。
> 選ぶのもたのしいでしょう?Tバックでもいいわよ。
ああ・・はい、明日はぴあ、牝犬の下着を付けて・・会社に行くのですね・・。

今持っているのは、、1枚だけです・・。明日、帰りにお店に行ってみます。

    ゆか様の飼い犬になりたい  ぴあ




ゆか   1998年11月15日
ぴあへ

ぴあはかなりの変態のようね。うれしく思います。

>ご命令があれば・・、その場所で、ぴあ自身が・・ゆか様の調教課題を、実行
>してみたいと・・想っています。
ご命令があれば? そういう言い方はやめなさい。
して欲しくてたまらないくせに。
まだまだお預けよ。

M女につけた首輪はまだ持っているの?もうないのなら、新しく買っておきな
さい。もちろん、自分用にね。
首輪をして・・・どうされたい?ほうら、考えただけで、変態のぴあは感じる
のでしょう。

では、休日はあまり無理ができそうにないのね。これを日曜に読めたなら、そ
の日は自作のアナルプラグをいれて過ごしなさい。
家族団らんの時も、私の奴隷であることを自覚しながら過ごすのよ。

それから、月曜には女性用のパンティで通勤してもらうわ。隠し持ってるパン
ティは一枚だけかしら。だとしたら、もう何枚か用意しておきなさい。
選ぶのもたのしいでしょう?Tバックでもいいわよ。




ぴあ   1998年11月14日
ゆか様、ぴあです。突然のメールにお返事いただけてとても嬉しいです。

> 途中でなんの挨拶もなく調教を辞めるような奴隷はいりません。
> きちんと命令が実行できる自信があるなら、調教してあげましょう。
は・・い。 ぴあ、一生懸命、お仕えします・・。
ゆか様に喜んでいただけるような、いい奴隷になれるように・・。

> 従順に、忠実に命令を実行できる奴隷であれば40でも50でもかまいません。
ありがとうございます・・。とても嬉しいです。

> 生活スタイルを細かに聞かないと命令もだせないことでしょう。・・
はい、ぴあの生活をご報告します。

ぴあは地方公務員なので、土日は休日です。職場のデスクでは、ほとんどの時
間LANでインターネットに接続されたノートPCを使っているので、メール
はいつでも受信できます。自宅は普通のダイヤルアップです。

家族は、Wifeと子供が3人、それにぴあの両親が同居しています。
ぴあのPCは2階のベッドルームに置いてあって、Wifeは同じ部屋で寝ること
もありますが、多くは隣の和室で子供達と一緒に寝ています。

通勤はバスが多いです。でも、歩いても30分くらいなので、帰宅の時は時々
歩いて通勤しています。歩くと、丁度中間辺りに公園があって・・そこのトイ
レが少し広めに造られていて・・そこで・・恥ずかしいことをしちゃったこと
も・・・あります・・。
通勤時間は、朝は8時頃家をでて、帰りは大体6時から7時頃職場をでること
が多いです。

土日の昼間、わざと出社して・・誰もいないオフィスから2ショットで女王様
探しをしてしまったこともあります・・。
オフィスは2階でとなりのビルが近いので、ブラインドを降ろして・・誰もい
ないオフィスで恥ずかしい姿になったことも・・一度だけ・・あります。

他には・・Sだった頃に、車で20分くらいの郊外の公園をよくいってました。
そこは、野球場の外野裏にすこし高台になった緑地があって、グラウンドから
は見えない位置に高木に囲まれた直径5m位の丸い広場と東屋があって、遊歩
道とかもあるのですけど、普段、ほとんど人が来ないのです。
グラウンドを使ってる人達の声は良く聞こえるし、植え込みの間から覗くと見
えるのですが、向こうから気が付かれる可能性は低くて・・
よく、そこでMのパートナーに恥ずかしい格好をさせて・・ました。
犬ように首輪を付けさせて、全裸で・・お漏らしも・・させてしまったことが
あり・・ます。
ご命令があれば・・、その場所で、ぴあ自身が・・ゆか様の調教課題を、実行
してみたいと・・想っています。

> 自分でつくったというアナルプラグの直径はどのくらいなの?
> 変態のアナルにすっぽりはいるのかしら。今度はもっと太いのを作ってもらお
> うかしらね。
ああ・・ゆか様。
そんなに太いものではないのです。直径は太いところで22mmしかありませ
ん。長さも8cmです。
でも、造るとき、螺旋の様な形にいびつにくびれた形に作ったので・・、お尻
に填めたまま椅子に座って、少し腰を浮かし気味にすると・・にゅるっと抜け
出しそうになるのですが・・その時、いびつなくびれが・・ぴあのアナルを刺
激して・・とても感じて・・しまいます。

> まあ、いいわ。ともかく返事を待つことにしましょう。
ゆか様・・ 変態のぴあ、ちゃんといい飼い犬になれるように・・
調教して下さい・・。




ゆか   1998年11月13日
変態のぴあへ

最初に言っておきます。
途中でなんの挨拶もなく調教を辞めるような奴隷はいりません。
きちんと命令が実行できる自信があるなら、調教してあげましょう。
約束ができるならば返事を返しなさい。自信がないなら返事はいりません。
また、年齢を気にしているようですが、年は関係ありません。
従順に、忠実に命令を実行できる奴隷であれば40でも50でもかまいません。


以下はその気がある場合のみ読みなさい。

結婚しているということは、かなり制約があるでしょうね。
生活スタイルを細かに聞かないと命令もだせないことでしょう。プライベート
なことはかまいませんが、たとえば、通勤は何でどのくらいの時間がかかるの
か。休日に一人になれることはあるのか。
答えられる範囲でかまわないので、返答しなさい。
自分でつくったというアナルプラグの直径はどのくらいなの?
変態のアナルにすっぽりはいるのかしら。今度はもっと太いのを作ってもらお
うかしらね。

まあ、いいわ。ともかく返事を待つことにしましょう。




ぴあ   1998年11月12日
はじめまして・・ゆか様、 ぴあと申します。

ゆか様のページのこと、あるチャットに書かれたエスさんのログからその存
在を知り、昨日、早速、拝見させていただきました。
エスさんとのメール調教のこと・・大変羨ましく想いながら拝見し、どうし
ても自分のことをゆか様に告白したいと言う想いが押さえられず・・突然に
失礼とは存じながら、このメールを書いております。

私は、現在37歳になる地方公務員で、勿論結婚もしております。
SMには10代の頃より強い関心を持っており、長い間Sとして振る舞い、
結婚後も、実際にMの傾向を持った女性の方と、何人かお付き合いをして参
りました。
それが・・今年の春近くになって、ふと、犬の首輪を付けて、四つん這いで、
お尻を高く掲げて、恥ずかしい姿を異性に晒しているM女さんの姿に、どこ
かで自分を投影して見ている気持ちがあることに気づき・・、それ以来、時
間があればインターネットの2ショットタイプのチャットなどで、自分を辱
め、虐めていただける女王様を捜すM男として・・女王様との出会いを心待
ちするようになってしまいました。

そうしているうちに、恥ずかしいのですが・・女性用の下着を買って身につ
けることも覚えてしまい、丁度、ゆか様がエスさんに宣言されていたように、
「牝犬」として扱われること・・、そして、男の身体でも十分に受け身の感
覚が味わえる・・お尻・・アナルを虐められることに、強く惹かれておりま
す。自虐用に・・自分で市販のシリコン剤と液状ゴム剤を使って、自分のお
尻用のプラグも・・作成してしまいました・・。

実際の体験は一度だけ・・伝言ダイヤルで知り合った女性(彼女も実はMと
してご主人様に調教されている身体でしたが)に、屋外と室内で虐めていた
だく機会を得たことがあります。
その時は、屋外で(人通りの少ない山の中の道路脇でしたが)下半身をむき
出しにされ・・恥ずかしい思いの中で「どうする?このまま誰か通りかかる
までこのまま立たせておいてやろうか・・?恥ずかしいねぇ・・え?!」
などど、耳元で囁かれ・・、どうしようもなく興奮してしまいました。
お部屋に着いてからは、お風呂場でノズルをはずしたシャワーホースを使っ
て何度もお浣腸をいただいた後・・、四つん這いで・・後ろからお尻を虐め
られながら・・3度も・・いってしまいました。

夕べ、エスさんの調教ページを拝見し「これからはエスはメス犬になるのよ」
という行を目にしたとたん瞬間・・頭の中がぼぉーっとしてしまい、実は、
今日、私も・・隠し持っていた黒い女性用のショーツを身につけて、一日を
過ごしてしまいました。
今も・・その下着を身につけております・・

突然の不躾なメールで、お気を悪くされることになるのかも知れませんが、
どうしても、自分の想いを押さえきれす、今夜、このメールを書いておりま
す。
ゆか様、私にも・・エスさんのように・・メールでの調教を施していただく
ことはできないでしょうか・・勿論、調教の報告はHPに公開されても結構
です。
エスさんのような若さもないのに、同じようなことを望む奴隷では、ゆか様
に喜んでいただくことは出来ないのかも知れませんが・・自分の想いが押さ
えきれず・・。
お気分を悪くされたとしたら・・・幾重にも、お詫び申し上げます。
                              ぴあ