優良出会いのサイト情報館>好きな相手と相思相愛になる

会話下手のための会話術

男性であろうが女性であろうが、多くの人から愛されて、注目される存在になれます!
まず、あなたは、どんな人でも虜にできる話術を身につけることができると自信を持ってください。
そして、好きな人を虜にするためには、あるテクニックが必要です。
もちろん、一般的に言われている、「無理にでも明るい人になれ」なんてことではありません。
自分を偽ることなくあなたはあなたのままで、できることです。
それは、話の内容だけでなく、話を通じて、あなたはあなた自身を相手に伝えることです。
「会話する」上で大切なことは、話の内容を伝えることではなく、あなた自身を伝えることなのです。
これはメールでも言えることで、メールでもあなた自身が伝わるようなメールを書きましょう。

1.心を込めてしゃべりましょう。

どんな内容であっても、普通にしゃべるのでなく、心を込めてしゃべれるようになりましょう。
それだけで必ず相手はあなたに魅かれていきます。
「心を込める」というたったそれだけのことで、周囲の目が変わります。
手始めに今から、何かの機会に「ありがとう」って言葉を言うことがあったら、 「心を込めて」ありがとうって言いましょう。
それだけで、普通に「ありがとう」って言うより、100倍も相手の心に響きます。
相手の心にあなたが発する「思い」を伝えましょう。
「思い」が伝わると相手は「自分は特別に話されてるんだ」って気を起こします。
そしてあなたを「特別な存在」と思うようになります。

2.「その人と話したい」という単純な感情が大切です。

自分は話下手だから、「自分の話しはおもしろいだろうか?」、「相手は退屈してるんじゃないかな?」、 「嫌われたらどうしよう・・・・・」なんて心配する必要はありません。
相手を魅了するために必要な思いとは、「その人と話したい」という思いだけで十分です。
言い換えれば、自分のことよりも相手のことに興味を持つことです。
興味を持つ第一歩は「観察力」です。
意識して自分の周囲の人々の動きを観察してみると、今まで気づかなかったようなことがわかります。
例えば、(あれ、今日の○○さんは、ずいぶん無口だけど、どうしたんだろう?) (○○さん、妙にソワソワしてるけど、どうして?)のように、
観察力が豊かになると、会話のネタに困ることがなくなってきます。
会話自体も、非常に相手とかみ合うようになり、相手にとってあなたは「最も話しの合う人」になるのです。
自分のことばかり考えている人は観察力が鈍り、相手と心の通い合う話なんてできません。
「相手と話したい」というストレートな感情が相手の心を動かします。

3.「笑顔」は相手を虜にする有効な方法です。

でも、無理やり笑顔になっても、笑顔の持つパワーは発揮されません。
タイミングを間違った笑顔は、かえって逆効果になる場合があります。
タイミングのいい笑顔こそ、最大のパワーが発揮できます。
タイミングいい時とは、あなたが「楽しい」って思った瞬間です。
また、リアクションはわざとらしさを追放して、素の心のリアクションをしましょう

4.本当の聞き上手

人間は、自分の話を聞いてもらいたい欲求があるから、聞いてくれる人に心を開くのですが、 人間は、人の話を聞きたい欲求もあります。
「話したい、聞きたい」という相反する感情を満たしてくれる相手こそ、 会話の最適なパートナーになりうる存在です。
聞き上手とは聞いているふりをすることではありません。
相手の話をよく聞き、その流れで自分の話がしっかりできることが「本当の聞き上手」です。

5.相手から話しかけられるようになるには?

「心を開けっぴろげにすること」で、相手はあなたに親近感を覚えます。
そして、相手からどんどん話しかけられるようになり、楽しい会話の機会を、多く持てるようになれます。
自分の心を開くには、自分のことを考えるのは止めて、自分以外のことに目を向けることです。
意識を外に向けることで、結果的に相手から関心を持たれるし、話す機会も多くなって、会話にも自然に磨きがかかってきます。
自分のことだけをあれこれ考えるのはやめましょう。

6.たった一言で相手の心を掴む、魔法の言葉

会話で「相手の心を掴む」ための最高の言葉とは何か?「自分を認めてくれる」そんな言葉です。
「相手の心を掴む」最高の言葉とは・・・・・、「相手の名前」を呼ぶことです。
「名前を呼ばれる」って何でもないようなことですが、呼ばれた方は、以外に嬉しいものです。
名前を呼ばれた相手は、あなたを意識するようになります。
自分という存在が、相手に認められているって、そんな喜びがあります。
ただし、相手との関係を考えてタイミングよく名前を呼ばないといけません。
何事も、やり過ぎは禁物です。
続きは こちら