出会いメールの基本

ここでは、メールを書くときの基本的な注意点を大まかに 書いておきますので、参考にしてください。

●メールを書くときの一般的な注意点

1.件名を記入する。
2.あいさつと自分の名前を書く。
3.最初のメールには軽く自己紹介を入れる。
4.読みやすいように適度に改行を入れる。
5.機種依存文字を使わない。(特殊記号など)
6.親しくなるまでは言葉遣いは丁寧に。(相手が年下でも)
7.HTML形式のメールは送らない。(相手の了解があればOK)
8.親しくなるまでは顔文字を多用しない。
9.個人情報のやり取りはある程度メール交換して、親しくなってからする。


●出会い系サイトでメールを書くときの注意。
携帯系の出会い系サイトの場合は、相手に合わせて書くようにすればそれほど気を使わなくても いいですが、件名は相手に注目してもらえるようなもののほうがいいですよ。
それと相手が携帯電話の場合は、長すぎる文は書かないほうがいいでしょう。


●恋愛・結婚サイトでメールを書くときの注意。
恋愛・結婚サイトでの申し込みメールの場合は女性にはたくさんの男性から 申し込みメールが来ますから、男性の場合は一般的なメールの注意点に加えて一工夫する必要があります。

1.件名を在り来たりなものでなく、一工夫する。

2.自己紹介は書くが適切なものにする。
(相手が自分のプロフィールを見れる場合は詳しい自己紹介は不要)

3.内容は自分のことよりも相手に関心を持った内容にする。
(相手のプロフィールのどんな所に惹かれたのかなど)

4.相手が答えやすい質問を2,3入れておく。

5.最初は丁寧な言葉遣いにする。
(親密度に合わせて徐々に親しい言葉にしていく)

6.本文は相手のメールに合わせて長すぎず、短すぎず。

7.エロメールはNGです。

それから、幸運にも返事がもらえてもメールを長続きさせるのは 簡単ではありませんから、気を抜かないで相手と面と向かって話している つもりでメール交換をした方が良いでしょう。