旧内務省資料でわかった「従軍慰安婦」の実態:A.K


警察庁が公開した資料の一部を紹介します。
内務省・警察が軍慰安婦を徴集させ、軍が慰安所を設置・運営したと 受け止められますが、いかがでしょう?

※資料の原文は片仮名

〔資料1〕

 (秘)施行十一月八日

 昭和十三年十一月四日

           主任 印

 警保局長

   警務課長 印

     事務官 印

   外事課長 印

     事務官 印

支那渡航婦女に関する件伺

本日南支派遣軍古荘部隊参謀陸軍航空兵少佐久門有文及陸軍省徴募課長より南支派遣軍 の慰安所設置の為必要に付醜業を目的とする婦女約四百名を渡航せしむる様配意ありた しとの申出ありたるに付ては、本年二月二十三日内務省発警第五号通牒の趣旨に依り之 を取扱ふこととし、左記を各地方廳に通牒し密に適當なる引率者(抱主)を選定、之を して婦女を募集せしめ現地に向はしむる様取計相成可然哉

 追て既に台湾総督府の手を通じ同地より約三百名渡航の手配済の趣に有之

  記

一、内地に於て募集し現地に向はしむる醜業を目的とする婦女は約四百名程度とし、大 阪(一〇〇名)、京都(五〇名)、兵庫(一〇〇名)、福岡(一〇〇名)、山口(五〇 名)を割當て県に於て其の引率者(抱主)を選定して之を募集せしめ現地に向はしむる こと

二、右引率者(抱主)は現地に於て軍慰安所を経営せしむるものなるに付 特に身許確 実なる者を選定すること

三、右渡航婦女の輸送は内地より台湾高雄まで抱主の費用を以て陰に連行し同地よりは 大体御用船に便乗現地に向はしむるものとす。尚右に依り難き場合は台湾高雄広東間に 定期便船あるを以て之に依り引率者同行すること

四、本件に関する連絡に付ては参謀本部第一部第二課今岡少佐、吉田大尉之に當る 尚 現地は軍司令部峯木少佐之に當る。

五、以上の外 尚之等婦女を必要とする場合は必ず古荘部隊本部に於て南支派遣軍に対 するもの全部を統一し引率許可證を交付する様取扱ふこととす(久門参謀帰軍の上直に 各部隊に対しこの旨示達す)

六、本件渡航に付ては内務省及地方廳は之が婦女の募集及出港に関し便宜を供與するに 止め、契約内容及現地に於ける婦女の保護は軍に於て充分注意すること

七、以上に依り且本年二月二十三日當局通牒を考慮し本件渡航婦女に対しては左記に依 り各地方廳に於て取扱はしむること

(イ) 引率者(抱主)、現地に於ては責任ある経営者(抱主又は管理者)を必要とす るに付、醜業を目的として渡航する婦女の引率者の身元は特に確実且相當数の醜業婦女 を引率し現地に到り軍慰安所を経営し得るものを選定すること

(前記の五項の途中から六、七項を清書したと思われる文書)

て南支派遣軍に対するもの全部を統一し引率許可證を交付する様取扱ふこととす(久門 参謀帰軍の上直に各部隊に対しこの旨示達す)。

六、本件渡航に付ては内務省及地方廳は之が婦女の募集及出港に関し便宜を供與するに 止め、契約内容及現地に於ける婦女の保護は軍に於て充分注意す

七、以上に依り且本年二月二十三日警保局長通牒を考慮し本件渡航婦女に対しては左記 の如く前記各府県に通牒し之を取扱はしむること(不取敢電話し更に書面を発送するこ と)

〔資料2〕

   通牒案

      警保局長

 警保局警発甲第一三六号

(十一月八日施行)

   大阪、京都、兵庫、福岡、山口各府県知事宛

南支方面渡航婦女の取扱に関する件

支那渡航婦女に関しては本年二月二十三日内務省発警第五号通牒の次第も有之侯処南支 方面に於ても之等醜業を目的とする特殊婦女を必要とする模様なるも未だ其の渡航なく 現地よりの希望の次第も有之事情已むを得ざるやに認めらるるに付ては本件極秘に左記 に依り之を取扱ふことと致度に付御配意相成度

  記

一、抱主たる引率者の選定及取扱

(イ) 引率者(抱主)は貸座敷業者等の中より身許確実にして南支方面に於て軍慰安 所を経営せしむるも支障なしと認むる者を抱主たる引率者として選定し、之に対し南支 方面に軍慰安所の設置を許さるる模様に付若し其の設置経営の希望あるに於ては便宜関 係方面に推薦する旨を懇談し何処迄も経営者の自発的希望に基く様取運び之を選定する こと

(ロ) 醜業を目的として南支方面へ渡航を認むる婦女数は約四百名とす。之を大阪府 約百名、京都府約五十名、兵庫県約百名、福岡県約百名及山口県約五十名を割當られた るに付ては之を引率する為適當なる者を前項に依り選定し其の引率者(抱主)に限り陰 に行ふ右婦女の雇入れを認め其の渡航は以下各項に依り取扱ふこと、但し渡航する婦女 の出府県は右指定府県以外にても差支なきこと

(ハ) 一引率者(抱主)の引率する婦女の数は十名乃至三十名程度と為すこと

(ニ) 前三項に依り慰安所経営を希望する者あるときは直に其の引率者たる経営者の 住所氏名、経歴及引率予定婦女数を密に電話等に依り内務省に通報すること

(ホ) 前項報告に基き軍部の證明書を送付するに付之に依り右醜業を目的として渡航 する婦女を密に募集すること

(ヘ) 前項渡航婦女の内地出港の場合は其の引率者氏名、渡航婦女の数、内地出港地 名予定月日及台湾高雄到着予定月日(内地より高雄までの費用は引率者負担)を内務省 に通報すること(此の通報に依り台湾よりの便船を手配す)尚高雄よりの便船を用ふれ ざるときは同地にて広東行便船に依り渡航すること(此の場合には船賃は引率者負担と す)

二、渡航婦女

(イ) 醜業を目的とする渡航婦女は現在内地に於て娼妓其の他事実上醜業を営み居る 者にして満二十一才以上且身体強壮なるもの

(ロ) 前項の外本年二月二十三日警保局長通牒に依り取扱ふこと

(ハ) 醜業を目的とする渡航婦女に対する身分證明書は発給前健康証明書を提出せし むるか又は健康診断を行ふ等健康なることを認めたる上之を交付すること

三、引率者(抱主)との契約

(イ) 引率者(抱主)と渡航婦女との締結する前借契約は可成短期間のものとし前借 金は可成小額ならしむること

(ロ) 其の他稼業に関する一切の事項は現地軍当局の指示に従ふこと

四、募集

醜業を目的とする渡航婦女の募集は営業許可を受けたる周旋人をして陰に之を為さしめ 、其の希望婦女子に対しては必ず現地に於ては醜行に従事するものなることを説明せし むること、尚周旋料等は引率者(抱主)に於て負担せしむること

五、予防注射、健康診断等

(イ) 伝染病の予防注射は現地に於て軍之を行ふ。

(ロ) 健康診断は随時軍医に於て之を実施す

(ハ) 治療に要する衛生材料は経営者の負担とす、但し現地の状況に依り薬品等補充 困難とする向に対しては當分の間、軍より之を支給する予定

六、慰安所設置場所、営指

(イ) 慰安所設置の場所及建物は現地の状況に依り當分の間 軍に於て之を選定使用 せしむる見込

其の変更に付亦同じ

(ロ) 其の他軍に於て指揮監督するものとす

〔資料3〕

 第二案

警保局警発甲第一三六号の二

   内務省警保局長

 廳府県長官(大阪、京都、兵庫、福岡、山口の各府県を除く)

 南支方面渡航婦女の取扱に関する件

今般已むを得ず南支方面へ醜業を目的とする婦女約四百名の渡航を認むることと相成之 を引卒する者(抱主)を大阪、京都、兵庫、福岡及山口の各府県下より選定し之が婦女 を募集する為別紙の通右府県に通牒致候に付ては或は貴管下よりも右渡航に参加する婦 女ありと思料するに付予め御含置相成度為念申進候

〔資料4〕

(名刺) 南支派遣軍参謀(ペン書き)

 陸軍航空兵少佐 久門有文(花押)

警保局長閣下(ペン書き)
    
〔資料5〕

 内務省発警第五号 十三 二、二二

        施行 昭和十三年二十三日

   警保局警発乙第七七号

           昭和十三年二月十八日
大臣(花押)

 次官 印  文書課長 印  主任 印

 警保局長 印

  警務課長 印  事務官 印

  外事課長 印  事務官 印

  防犯課長 印  事務官 印

 部外秘  秘 

 廳府県長官宛通牒案 (除東京)

      警保局長  
    
 支那渡航婦女の取扱に関する件

最近支那各地に於ける秩序の恢復(かいふく)に伴ひ渡航者著しく増加しつつあるも是 等の中には同地に於ける料理店、飲食店、「カフエー」又は貸座敷類似の営業者と聨繋 を有し是等の営業に従事することを目的とする婦女寡なからざるものあり更に亦内地に 於て是等婦女の募集周旋を為す者にして恰も軍当局の諒解あるかの如き言辞を弄する者 も最近各地に頻出しつつある状況に在り婦女の渡航は現地に於ける実情に鑑みるときは 蓋し必要已むを得ざるものあり警察当局に於ても特殊の考慮を払ひ実情に即する措置を 講ずるの要ありと認めらるるも是等婦女の募集周旋等の取締にして適正を欠かんか帝国 の威信を毀け皇軍の名誉を害ふのみに止まらず銃後国民特に出征兵士遺家族に好ましか らざる影響を与ふると共に婦女売買に関する国際条約の趣旨にも悖(もと)ること無き を保し難きを以て旁ゝ(かたがた)現地の実情其の他各般の事情を考慮し爾今(じこん )之が取扱に関しては左記各号に準拠することと致度依命此段及通牒候

   記

一、醜業を目的とする婦女の渡航は現在内地に於て娼妓其の他事実上醜業を営み満二十 一歳以上且花柳病其の他伝染性疾患なき者にして北支、中支方面に向ふ者に限り当分の 間之を黙認することとし昭和十二年八月米三機密合第三七七六号外務次官通牒に依る身 分証明書を発給すること

二、前項の身分証明書を発給するときは稼業の仮契約の期間満了し又は其の必要なきに 至りたる際は速に帰国する様予め諭旨すること

三、醜業を目的として渡航せんとする婦女は必ず本人自ら警察署に出頭し身分証明書の 発給を申請すること

四、醜業を目的とする婦女の渡航に際し身分証明書の発給を申請するときは必ず同一戸 籍内に在る最近尊族親、尊族親なきときは戸主の承認を得せしむることとし若し承認を 与ふべき者なきときは其の事実を明ならしむること

五、醜業を目的とする婦女の渡航に際し身分証明書を発給するときは稼業契約其の他各 般の事項を調査し婦女売買又は略取誘拐等の事実なき様特に留意すること

六、醜業を目的として渡航する婦女其の他一般風俗に関する営業に従事することを目的 として渡航する婦女の募集周旋等に際して軍の諒解又は之と連絡あるが如き言辞其の他 軍に影響を及ぼすが如き言辞を弄する者は総て厳重に之を取締ること

七、前号の目的を以て渡航する婦女の募集周旋等に際して広告宣伝をなし又は事実を虚 偽若は誇大に伝ふるが如きは総て厳重〔に〕之を取締ること又之が募集周旋等に従事す る者に付ては厳重なる調査を行ひ正規の許可又は在外公館等の発行する証明書等を有せ ず身許の確実ならざる者には之を認めざること