♪♪♪ 翻訳のことなら、経験豊かな産業翻訳者(技術翻訳者/実務翻訳者)に直接ご依頼いただける【翻訳横丁】へどうぞ! ♪♪♪  ■□■ 英日/日英翻訳者のほかスペイン語/カタロニア語、フランス語、ドイツ語、ロシア語など様々な言語の翻訳者会員が揃っています ■□■ ●○● 通訳やレクチャー、執筆など様々なお手伝いができる翻訳者も多数掲載 ○●○ ★☆★ 【PR】産業翻訳者/ビジネスパースン必携! 『ビジネス/技術実用英語大辞典』(海野文男/海野和子共編、日外アソシエーツ) ★☆★

  フリーランス産業翻訳者人名録
翻訳横丁《ミニ》【NEW】 フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】 翻訳者探しサポート

[Sept. 1, 2015] おかげさまで開設 19 周年を迎えました [Since 1996]

ENGLISH(英語版) | 翻訳横丁フレーム版 | 翻訳横丁の利用方法 |  掲載翻訳者募集終了のお知らせ
翻訳横丁掲載翻訳者一覧表(13.2.17 新人追加  | 翻訳者特徴別索引 | 翻訳横丁の沿革 | 謝 辞
翻訳横丁プライバシーポリシー | 翻訳者探しサポートご依頼用フォーム | ほんやくパイロット 
メールフォーム作成サービス | ご訪問者芳名帳 | 説明目次 | 翻訳横丁管理人

*

  • 恵比寿町 …… コンピュータ・エレクトロニクス・通信・半導体 翻訳者の町
  • 寿老町 …… 特許・契約書・法律 翻訳者の町
  • 大黒町 …… 金融・証券・貿易・経営・政治経済・ビジネス 翻訳者の町
  • 毘沙門町 … 機械・自動車・航空・生産工学・品質管理・土木建築 翻訳者の町
  • 福禄町  …… 医学・薬学 翻訳者の町
  • 弁天町  …… 芸術・音楽・文学・スポーツ 翻訳者の町
  • 布袋町  …… 金属・化学・バイオ・環境 翻訳者の町
  • 天竺町  …… アジア諸言語 翻訳者の町 〔閉鎖〕
  • 欧文町  …… ヨーロッパ諸言語 翻訳者の町
  • 異彩館  …… 特技・才能・経験売ります! 〜通訳、講師ほか
  • 管理人からのお知らせ

    翻訳横丁の会員欠員補充募集は現在、行っておりません。 
    (15.01.16再掲)

    画面の小さなスマートフォンやタブレット端末でも一目でご覧いただける簡易トップページ翻訳横丁《ミニ》を新設しました。モバイルユーザーの方はそちらをブックマークしておくと便利です。

    (13.02.25記)


    【PR】
    産業翻訳者に限らず、実務で英語を使う社会人や研究者にも広くお奨めしたい『ビジネス技術実用英語大辞典』(CD-ROM版/書籍版)。こなれた訳語を多数収録している上に、用例が豊富で重宝します。一部の電子辞書にも搭載されているようです。詳しくはこちら(編者のHP)でどうぞ。 辞書ではなかなか見つからない言葉がけっこうあって、仕事で英語を使う人にとって悩みのタネですね。管理人ブログ『なるほど! 訳語発見』には、管理人が日々の仕事で発見した英語の専門用語や新語、その日本語訳や意味、用例をメモしています。
    往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』(集英社新書)の著者が雑誌『財界』に連載してきたコラム「英楽通法」が本になりました。表紙のかわいいネコのイラストも大好評。『英語で夢を見る楽しみ』(財界研究所)好評発売中!

    (メッセージ準備中)


    説明目次

    ●ページトップに戻る


    《翻訳料金等は掲載翻訳者に直接お尋ねください》

    当【翻訳横丁】は翻訳者が個人参加しているウェブ型の名簿であって、管理人は下記の「翻訳者探しサポート」を除いて、翻訳の受発注に関するお問い合わせへの回答や仲介業務は行っておりません。翻訳料金(単価または見積り)や納期など具体的な翻訳の受発注条件については、掲載翻訳者本人に直接、電子メール等でお尋ねくださいますようにお願い申し上げます。

    なお、翻訳横丁には掲載翻訳者のプロフィールや連絡先は掲載していますが、無用な誤解を避けるために、翻訳料金等は表示しておりません。ただし、掲載翻訳者によっては、そこからリンクされている各自のホームページに翻訳料金表を表示している人もいますので、その場合はお問い合わせいただく前に、どうぞそのホームページをご覧ください。

    ●説明目次に戻る


    《翻訳者探しサポート》

    どの翻訳者に依頼したらよいかよくわからない場合、またはご希望の翻訳者がなかなか見つからない場合は、管理人宛のメールで以下の情報をお知らせください。翻訳横丁の掲載翻訳者全員に転送して募集をかけてみます。
    1. 何語から何語への翻訳か(例:英語から日本語/日本語から英語)
    2. 翻訳を依頼される文書の概要(表題など)および使用目的(できれば内容のサンプルをお送りください)
    3. 原稿のおおよその分量(できれば原稿の英語の語数/日本語の文字数でお知らせください)
    4. 編集等の要否(編集、ネイティブスピーカーによる校閲が必要となる場合は、コストや納期が異なることがあります)
    5. 原稿をいただける予定日/原稿形態(Word/PDFなどの電子ファイル or ハードコピー)
    6. ご希望の納期/納品形態
    7. ご予算の上限/お見積り等のご希望
    8. お客様のお名前、会社名および部署名、電話番号、ファックス番号等の連絡先情報

    当サポートのご依頼は:   【注:2016年2月26日よりメールアドレスが変わりました】

    【翻訳者探しサポート・利用上のご注意】 (↓↓↓ ご利用の前に必ずお読みください ↓↓↓)

    ●説明目次に戻る


     *2
    *3
    《各種ツール利用上のご注意とお願い》

    *1)
    (この項目は削除しました)
    *2)
    Googleの検索結果は別ウィンドウに表示されます。
    ・Googleを頻繁に使って検索される方は、同社から提供されているGoogleツールバーの導入をお勧めします。自分のパソコン内を検索できるGoogleデスクトップも便利です。
    ・Googleの検索結果や検索方法等に関する当方へのお問い合わせはご遠慮ください。
    *3)
    ・ここにあったリンク集「翻訳小僧の最新情報&便利なリンク集」に移動させていただきました。相互リンクのご希望は現在、承っておりません。
    ・当ホームページ【翻訳横丁】へのリンクはご自由にどうぞ。ただし、リンクはこのフリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】のトップページに設定してくださいますようにお願いします(リンク設定例を下に掲げておきます)。

    ●説明目次に戻る


    《このホームページへのリンク設定例》

    ※【翻訳横丁】アイコンの使用は任意です。ただし、ホームページのタイトルは下記のまま表示してくださいますようにお願い申し上げます。

    <A HREF="http://www.bekkoame.ne.jp/~urade/yokocho.htm"> <IMG ALIGN=MIDDLE SRC="http://www.bekkoame.ne.jp/~urade/yokottl.gif"> フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】</A><P>

    ↓ 下のように表示されます

     フリーランス産業翻訳者人名録【翻訳横丁】

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「翻訳者」と「翻訳家」/「通訳」について》

    私たちの職業を表現する言葉に「翻訳者」「翻訳家」がありますが、産業翻訳者(実務翻訳者、技術翻訳者)については前者(「翻訳者」)を使うことが多く、当【翻訳横丁】でも、一部の例外を除いてすべて「翻訳者」という表記に統一してあります。一方、出版翻訳(文芸翻訳)を中心に手がけている人は「翻訳家」と呼ばれることが多いようです。英語ではふつう、translatorといいます。

    翻訳者の中でも、一般企業から直接、または翻訳会社を経由して実務に使われる文書を翻訳してその対価を得ている人は特に「産業翻訳者」と呼ばれます。「実務翻訳者」または(技術文書の翻訳を中心に引き受けている人の場合は)「技術翻訳者」という呼称もよく使われています。この種の仕事は、実務に携わった経験があってその分野の予備知識をある程度持っている翻訳者に依頼するのが普通です。

    「翻訳者」は文書上で言葉を他の言語に置き換える仕事(翻訳)を専門に行っています。これに対して、話し言葉を聞き取ってそれを他の言語に置き換える仕事をする人は一般に「通訳(者)」と呼ばれます。通訳のことを英語ではinterpreterといいますが、英語圏ではそれもtranslatorという人がいるようです(こう呼ぶと翻訳者と混同されやすいので、お勧めしません)。

    言語や分野にもよりますが、翻訳者の中には通訳を兼業している人もいます。専門分野によっては、その予備知識を持っている翻訳者が通訳の仕事でお役に立つこともあります。ただし、特に日本では、翻訳と通訳はそれぞれ高度の技術を持つフリーランスが翻訳会社(またはイベント会社など)から請け負う業務形態が一般的です。通訳は大きく分けて、話者の言葉を聞きながら同時に訳していく同時通訳(simultaneous interpreting)と、話者が一段落くらいずつ区切って話す言葉をそれと交互に訳していく逐次通訳(consecutive interpreting)があります。特に前者はかなり特殊な技能のため、専門の同時通訳者が起用されます。

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「英日翻訳」「日英翻訳」について/翻訳料金の計算基準》

    翻訳のご依頼をいただくときに必要な情報のひとつが、「何語から何語に訳すか」ということです。翻訳業界では一般に、英語から日本語に翻訳する作業を「英日翻訳」(=英文和訳)、逆に、日本語から英語に翻訳する作業を「日英翻訳」(=和文英訳)と呼んでいます。また、翻訳前の言語をソース言語(source language)、翻訳後の言語をターゲット言語(target language)と呼んで区別しています。

    翻訳作業の別
    翻訳作業の呼称 (一般的な言い方)
    ソース言語
    ターゲット言語
    英語から日本語に
    英日翻訳 (英文和訳)
    English-to-Japanese(E-to-J) translation
    英語
    日本語
    日本語から英語に
    日英翻訳 (和文英訳)
    Japanese-to-English(J-to-E) translation
    日本語
    英語

    翻訳作業は、ターゲット言語のネイティブスピーカー(その言葉を母国語としている人)に依頼するのが一般的です。たとえば、英日翻訳なら日本人翻訳者に、日英翻訳なら英語のネイティブスピーカー(英米人など)に依頼します。特に、自然な言い回しが求められる用途の翻訳作業は、最初からネイティブスピーカーに頼むのが上策です。しかし、Googleなどの検索エンジンや電子辞書を駆使して豊富な用例が検索できるようになった最近では、英語のネイティブスピーカーではない日本人翻訳者でも、かなり精度の高い英文を書けるようになっています。文法的に誤りがなく、かつ正確に意味を伝える程度でよければ、丹念な作業を心がけている翻訳者なら、ネイティブスピーカーでなくても十分な品質の翻訳が期待できます(ただし、翻訳者によっては、上記の原則に従って外国語への翻訳を引き受けない方針を守っている人もいます)。

    翻訳料金の計算には、かつてはターゲット言語の文字数(語数)に単価(レート)を乗じる方法(仕上りベース=出来高計算)が広く行われていました。しかし、今日では見積りの時点で翻訳料金を確定しやすいソース言語基準の計算方法(原稿ベースまたは原文ベース)が一般的に用いられているようです。語数(文字数)のカウントには、マイクロソフトのWordの「文字カウント」機能がよく用いられています。翻訳料金の計算方法やレートは翻訳会社や翻訳者、原稿の状態や納期などの諸条件によって異なりますので、初回の発注前に確認されるようにお勧めします。

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「校正」と「校閲」(推敲)について》

    自分で翻訳した文書(または書いた英文など)を校正してほしいというご依頼を翻訳者にいただくことがときどきあるようですが、「校正する」(proofread)とは一般に、言葉の誤脱(漢字の誤変換/誤植や「てにをは」程度の誤りなど)を訂正したり、表記(文体)を統一したりする作業を指します。

    しかし、人によっては、文書の推敲(読みやすく洗練された文章に直すこと)やそこに書かれている内容のチェック(事実確認や証拠収集)まで含めて「校正」ということがあって、誤解をきたす一因になっています。後者の場合は、「推敲」または「校閲」という言い方で、具体的に何をどう直してもらいたいかを説明した上で依頼するようにお勧めします。この意味で英米人に作業を依頼する場合は、proofread(校正する)よりもedit(校閲する、手を入れる)またはrewrite(リライトする、書き直す)と言うほうが通じるようです。なお、ネイティブスピーカー(その言葉を母国語としている人)によるこの種の作業を「ネイティブチェック」という人がいますが、この言葉(和製英語)は定義が曖昧なので、あまりお勧めできません。

    産業翻訳者の業務の中心はあくまで翻訳であり、校正または校閲(推敲)の仕事は引き受けていない翻訳者もよくいます。その理由のひとつは、どの程度のクオリティの文章をどの程度まで校正(または校閲/推敲)するように求められているかの判断がつきにくく、そのために時間(=コスト)の見積りを立てるのが困難であり、さらに、状況によっては最初から翻訳するよりも時間(=コスト)がかかってしまうことにあります。実務上の知識や文章作成力において、プロの翻訳者なら当然、人並み以上の校正/校閲(推敲)能力を持ち合わせている人も多数いることは確かですが、上記の理由から、この種のご依頼にはどうしても慎重にならざるをえません。

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「下訳」について》

    たまに「下訳でいい(から格安で翻訳してくれる人を探している)」というご相談をいただくことがあります。確かに出版物の翻訳などでは、学生さんなどに「下訳」してもらった訳文を、より深い専門知識を持つ翻訳者や学者が「監訳」して翻訳を完成させるやり方があるようです。しかし、この方法はよほど上手にやらないと、かえって時間やコストがかかってしまい、翻訳作業にスピードと正確さが(しかも低コストで)要求される産業翻訳(実務翻訳)には向いていません。また、下訳をする人によって訳文のスタイルや品質にばらつきが発生しやすく、往々にして手間暇がかかる割には、あまり良い成果が得られません。産業翻訳で最大の費用対効果を期待するなら、最初から優秀なひとりの翻訳者に任せて、高品質の訳文を完成させるのが最も理想的です。

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「上書き翻訳」について》

    私(翻訳横丁管理人)が翻訳の仕事を始めた当時(といってもほんの十数年前)は、ワープロ専用機で作成した翻訳をテキストファイルに変換して納品するやり方が一般的でした。まだ手書きの原稿も多い時代で、原稿をファックスでやりとりすることもありました。今日では事実上の標準(de facto standard)となったマイクロソフトのWord, Excel, PowerPointなどの形式のファイルを電子メールに添付するなどして原稿を送り、その原稿ファイルの書式をそのまま残してその上に翻訳文を上書き (overwriting)することが多くなりました。昔はよくあった異なる機種(アプリケーション)間の互換性の問題も、今はほとんどありません。ウェブサイトに使われるHTMLファイルも上書きは可能ですが、使用するHTMLエディターによってはタグが変わってしまうことがあります。いずれにしても、使用するアプリケーションのバージョンなどの作業環境について翻訳者に確認しておいたほうがいいでしょう。

    ●説明目次に戻る


    《用語解説:「英語」と「米語」について》

    厳密にいうとイギリス英語(Queen's English, British English=狭義の英語)とアメリカ英語(American English=米語)とはつづり(スペリング)や言い回しにわずかな違いがありますが、互いに意味が通じないことはまずないので、この翻訳横丁でも「英語」と「米語」は特に区別しないですべて「英語」として扱っております。日英翻訳(日本語から英語への翻訳)で両者の違いが気になる方は、翻訳者にご相談ください。つづりや言い回しの違い程度なら、だいたいは解決できると思います。

    ●説明目次に戻る


    《翻訳者の賢い選び方》

    翻訳者を選ぶ際は、実務経験の豊富な専業(フルタイム)またはそれに近い翻訳者をお薦めします。個人翻訳者に直接依頼すれば比較的低料金で済むと思いますが、「格安翻訳」とか「業界最安値」といった表示に安易に釣られないようにしましょう(翻訳会社に頼む場合も同様です)。良質の翻訳ほどそれなりの時間(コスト)がかかるもので、あまりにも安請け合いする業者に頼むと、結局「安物買いの銭失い」に終わってしまう危険があります。翻訳者の能力、実績や経験と翻訳料金(単価)をよく比較考量して、できたら翻訳(外国語や日本語)のことがよくわかっている知人からアドバイスをもらうなど工夫なさるとよろしいかと思います。

    ●説明目次に戻る

    ●ページトップに戻る


    Japanese Translator Network (JTN) in English

     「翻訳宝船」のホームページに戻る

    こちらをクリックすると管理人宛に電子メールを送信できます。

    スパム対策のため、フリーメールのアドレス(yahoo.co.jp、yahoo.com、msn.com、goo.ne.jpなど)からのメール受信は拒否しております。
    ご連絡のメールは、ご所属先のメールアドレスまたはご契約のプロバイダーのメールアドレスを使ってお送りくださいますようにお願い申し上げます。
    なお、まことに勝手ながら業務繁忙のため、翻訳のご依頼またはそれに関するお問い合わせ以外のメールには返答致しかねます。どうぞご了承ください。


    ※創設:1996年9月1日/最新更新日:2016年2月26日(連絡先メールアドレス変更)
    ※このページの無断複写・転載は固くお断りします。
    Honyaku Yokocho ©Yoshifumi Urade 1996-   All rights reserved.


    Since January 3, 2001


    無料レンタル