Office Kenji Since 1996.5.12 ☆ Sorry! English Page is not Here.

IHATOV HOME PAGE


『賢治の事務所』
Yes, we are open !

Office Kenji
- Astronomy and History -

(C)1996-2016

●Kenji ★Star ▲Mount

- INFORMATION -

「はじめに」
はじめに... My Message
 このホームページは、加倉井 厚夫(かくらいあつお)が運営するパーソナルページです。 ようこそ『賢治の事務所』へ!
 2016年5月で、「賢治の事務所」は開設以来20周年を迎えます。 2016年3月9日にとうとう890,000アクセスを達成しました。 いらしていただいた皆さんに感謝いたします。
 「事務所」とは、もちろん宮沢賢治の童話「猫の事務所」からとった言葉です。 私の趣味を中心にそれに関連した団体のホームページも運営しています。 特に宮沢賢治に関する情報の収集や、興味深いを思われる点を調べて楽しんでいます。 あなたのお好きなところへどうぞ。 まだまだ未完成ではありますが、ごゆっくりお過ごし下さい。


『賢治の事務所』へようこそ!

新着情報はこちらからどうぞ
いつもありがとうございます!

これらのわたくしのおはなしは、
みんな林や野はらや鉄道線路やらで、
虹や月あかりからもらってきたのです。

賢治が参拝した伊勢神宮(内宮)

【賢治と式年遷宮】
賢治が参拝した伊勢神宮(内宮)
の小宮の敷地のお話です。
「緑いろの通信」2013年10月4日号掲載
(「緑いろの通信」より)

賢治の歩いた武蔵野

【賢治の歩いた武蔵野】
賢治が訪れた武蔵野について
吉祥寺を調査してみました。
「緑いろの通信」2012年12月7日号掲載
(「緑いろの通信」より)

雨ニモマケズ小特集

【雨ニモマケズ小特集】
今年の11月3日で80周年
小特集を企画しました。
「緑いろの通信」2011年11月2日号掲載
(「緑いろの通信」より)

賢治と天王寺駅付近

【賢治と天王寺駅付近】
賢治は盛岡高等農林時代に初めて
の関西旅行に出かけます。
大阪、天王寺駅付近のゆかりの
場所を訪ねてみました
「緑いろの通信」2011年2月19日号掲載
(「緑いろの通信」より)

賢治と母の寄席見物

【賢治と母の寄席見物】
賢治は妹トシの看病のため
母と共に上京し、看病にあたりました。
その間、賢治は母を誘い寄席に出かけ
ました。 「緑いろの通信」2011年2月5日号掲載
(「緑いろの通信」より)

賢治 森町の軌跡を訪ねて

【森町の軌跡を訪ねて】
大正2年5月、賢治は盛岡中学の
修学旅行で北海道森町を訪れています。
その地の今を訪ねてみました。
「緑いろの通信」2010年9月24日号掲載
(「緑いろの通信」より)

〔停車場の向ふに河原があって〕

【〔停車場の向ふに河原があって〕】
未公表の作品について調べてみました。
「緑いろの通信」2010年8月2日号掲載
(その4:賢治はなぜ「横沢」へ)
(「緑いろの通信」より)

賢治の訪れた山形

【賢治の訪れた山形】
大正5年10月、賢治は盛岡高等農林の
学生として山形を訪問しました。
その地の今を訪ねてみました。
「緑いろの通信」2010年7月19日号掲載
(「緑いろの通信」より)

東京『雨ニモマケズ手帳』ゆかりの地

【『雨ニモマケズ手帳』ゆかりの地】
昭和9年2月東京・新宿で一冊の
手帳が公開され、初めて「雨ニモマケズ」
が知られることとなりました。
その地の今を訪ねてみました。
「緑いろの通信」2010年3月16日号掲載
(「緑いろの通信」より)

宮澤賢治の東京における足跡

【宮澤賢治の東京における足跡】
賢治と東京をテーマにした特集です。
第2回は日本橋編です。
(「宮沢賢治」より)

アザリアの4人・撮影の地

【アザリアの4人・撮影の地】
アザリアの4人を写した1枚の写真
の撮影場所を調査してみました。
「緑いろの通信」2010年2月1日号掲載
(「緑いろの通信」より)

アザリアの4人・撮影の地(その2)

【アザリアの4人・撮影の地】
奈良写真館の場所を現地で
確認してみました。
「緑いろの通信」2010年2月13日号掲載
(「緑いろの通信」より)

〔停車場の向ふに河原があって〕

【〔停車場の向ふに河原があって〕】
未公表の作品について調べてみました。
「緑いろの通信」2009年3月9日号掲載
(その1:資料推定編)
(「緑いろの通信」より)

〔停車場の向ふに河原があって〕

【〔停車場の向ふに河原があって〕】
未公表の作品について調べてみました。
(その2:実踏編)
「緑いろの通信」2009年5月3日号掲載
(「緑いろの通信」より)

〔停車場の向ふに河原があって〕

【〔停車場の向ふに河原があって〕】
未公表の作品について調べてみました。
「緑いろの通信」2009年5月11日号掲載
(その3:地形図検証編)
(「緑いろの通信」より)

宮沢賢治作品集の問題のこと

【宮沢賢治作品集の問題のこと】
賢治の作品集は多数ありますが
中には古い底本のまま流通して
いるものも見受けられます。
「緑いろの通信」2009年4月29日号掲載
(「宮沢賢治」より)

賢治の見たお台場

【賢治の見たお台場】
賢治が見た隅田川とお台場
を当時の資料を交えて解説します。
「緑いろの通信」2009年3月4日号掲載
(「宮沢賢治」より)

賢治の乗った木馬のゆくえ

【賢治の乗った木馬のゆくえ】
賢治が浅草で乗った木馬は
どこにあったのでしょうか
「緑いろの通信」2008年3月25日号掲載
(「宮沢賢治」より)

「なめとこ山の熊」の星

【「なめとこ山の熊」の星】
なめとこ山の熊で描かれる
星風景を紹介しています。
「緑いろの通信」2008年1月17日号掲載
(「宮沢賢治」より)

「保阪嘉内を追って」

【保阪嘉内を追って】
賢治の親友 保阪嘉内を
めぐる情報&旅の記録です。


南アルプスの山々

「アザリア記念会事務局」サイトこちら

【2006・11】 2006年11月26日(講演会)

【2006・12】 2006年12月3日(記念展)/ 2006年12月4日(情報)

【2007・4】 2007年4月21日(講演会)

【2007・9】 2007年9月18日(情報)/ 2007年9月30日

【2007・10】 2007年10月9日(情報)/ 2007年10月13日(除幕式)/ 2007年10月14日/ 2007年10月17日(周辺)/ 2007年10月18日(周辺)/ 2007年10月19日/ 2007年10月21日(講演会)/ 2007年10月22日(書簡)

【2007・11】 2007年11月3日(講演会)/ 2007年11月4日(現地ツアー)/ 2007年11月5日

【2008・8】 2008年8月9日(韮崎訪問)

【2008・10】 2008年10月18日(碑前祭)

【2009・3】 2009年3月20日(江の島訪問)

【2009・6】 2009年6月28日(浄牧院訪問)

【2009・10】 2009年9月25日(記念の集い)

【2009・11】 2009年11月14日(韮崎訪問)

【2009・12】 2009年12月6日(宗吾霊廟訪問)

【2010・5】 2010年5月15日(ハレー記念)

【2010・9】 2010年9月16日(碑前祭案内)

【2010・10】 2010年10月17日(碑前祭報告)

【2011・3】 2011年3月27日(名古屋科学館)

【2011・5】 2011年5月14日(甲府訪問)

【2011・6】 2011年6月18日(甲府訪問)

【2011・7】 2011年7月16日(甲府訪問)

【2011・8】 2011年8月18日(プラネ案内)/ 2011年8月20日(甲府訪問)

【2011・9】 2011年9月3日(韮崎偉人館)/ 2011年9月17日(プラネ上映)

【2011・10】 2011年10月5日(碑前祭案内)/ 2011年10月15日(碑前祭報告)

【2012・1】 2012年1月28日(甲府訪問)/ 2012年1月29日(韮崎講演会)

【2012・9】 2012年9月11日(碑前祭案内)

【2012・10】 2012年10月13日(碑前祭報告)/ 2012年10月14日(韮崎訪問)

【2013・1】 2013年1月26日(韮崎訪問)

【2013・3】 2013年3月9日(甲府訪問)/
2013年3月16日(韮崎訪問)

【2013・4】 2013年4月30日(アザリア)

【2013・6】 2013年6月9日(イベント)

【2013・9】 2013年9月3日(碑前祭案内)/
2013年9月15日(碑前祭報告)

【2013・11】 2013年11月16日(甲府訪問)

【2014・3】 2014年3月1日(韮崎訪問)

【2014・4】 2014年4月26日(山梨訪問)

【2014・8】 2014年8月25日(碑前祭案内)

【2014・10】 2014年10月2日(アザリア)/
2014年10月25日(碑前祭)



「緑いろの通信」2006年11月から掲載
(「宮沢賢治」より)

「吾妻の山々と吾妻小舎」

【新連載のおしらせ】
吾妻小舎ホームページ内に
横山厚夫さんのエッセイ
新規連載開始です。
(「山」より)

「吾妻小舎ランプコンサート」

【吾妻小舎イベントのおしらせ】
「吾妻小舎ランプコンサート」
8月18日に開催されました。
(「山」より)

「山で『銀河鉄道の夜』を楽しむ集い」

【吾妻小舎イベントのおしらせ】
「山で『銀河鉄道の夜』を楽しむ集い」
6月9日に開催されました。
(「山」より)

南天の星を求めて

【南天の星を求めて】
オーストラリアへの星見旅の旅行記
です。さっそく更新を開始しました。
(「星」より)

『銀河鉄道の夜」本の森

【『銀河鉄道の夜」本の森】
「銀河鉄道の夜」に関する出版物の紹介
(「宮沢賢治」より)

『銀河鉄道の夜』本の森

【『銀河鉄道の夜』本の森】
「銀河鉄道の夜」関連図書を
紹介する新コーナーです。
(「宮沢賢治」より)

サハリン追跡

【サハリン追跡】
「緑いろの通信」2007年8月4日号から掲載
(「宮沢賢治」より)

吾妻小舎70周年記念企画

【吾妻小舎70周年記念企画】
吾妻小舎開業70周年を記念し
た事業を紹介しています。
(「山」より)


●Kenji ★Star ▲Mount

- MENU -

宮沢賢治 宮沢賢治 Kenji Miyazawa○
 2016年、宮沢賢治は生誕120年を迎えます。 宮沢賢治は詩人であり、またあるときは教育者、そして音楽家でもありました。 そんな多様な才能の持ち主であった彼の作品や生き方を、私のページでは『星』とのかかわりを中心に探ってみました。 賢治も見ていたであろう星空をごらん下さい。 また、インターネット上の賢治情報の収集にも力を入れています。 お気づきの情報がありましたらお知らせ下さい。

●Kenji
Last Update 2016/5/16

星 星 Star ☆
 夜空に輝く星たちの情報です。天体と言っても私たちに身近な太陽や月、まるで大きな麦藁帽子をかぶったような土星の姿、 あるいは星座を形作る恒星、そしてはるか彼方の宇宙にある星雲星団など....  本当に興味がつきることがない世界です。 茨城県南で活動する天文サークル『藤代天文同好会』のホームページもありますよ。
★Star
Last Update 2004/1/24

山 山 Mountain Δ
 山は自然の宝庫です。 そこには澄んだ空気と、ゆっくりと流れる時間があります。 私のお気に入りは、福島県の北西部に位置する吾妻連峰です。 東北の落ち着いた雰囲気と静けさが残されています。 森と星がきれいな素朴な山小屋『吾妻小舎』のページもあります。 山をとりまく美しい自然をどうぞ。
▲Mount
Last Update 2016/5/16


- THANKS TO -

土星  このホームページは、大勢の方々の協力やご好意のもとに成り立っています。 そして、いらしていただいた皆さんにも感謝して!

Astro Chart & Picture by
StellaNavigator Ver.2.0〜Ver 9.0
Special Thanks to AstroArts, Good Friends and...
Beautiful Nature.

  Our Friends  
  Since 1996.5.17  

●Kenji ★Star ▲Mount

- MAIL・AND ‥・ -

吾妻山兎平駐車場の夕暮れ
皆様のご意見、ご希望などお待ちしております。お気軽にどうぞ。
リンクまた掲載内容(写真)の二次利用についてはメールにてお知らせ下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。
メールはここをクリックしてくださいね!「☆〜賢治」ATSUO KAKURAIにメールを送る。

●Kenji ★Star ▲Mount

Copyright (C)1996-2016 Atsuo Kakurai. All rights reserved.