Last update: Sun Jan 22 17:53:45 JST 2006

Index


説明

Apple Mac OS X専用Webブラウザ Camino™ trunkバージョンをMac OS X 10.3.7上でbuildした物です。

フォームでの日本語入力中、Deleteキー押下でバック(前ページに戻る)する不具合を暫定的に対処しています。 (Bug181719Bug181198)2004/2/7:ようやくFixされました。

Camino™ trunk移行に関するBugはBug 197865を参照してください。

ダウンロード

Mozilla1.4aリリース後、trunkに大きな変更が入っている為、数日は不安定な状態がつづくかもしれません。nightlyバージョンを利用する方は、Bookmarkやuser.js等大事なファイルをこまめにバックアップしておく事をお奨めします。

Camino trunk 2006/1/22 8174534Byte

メモ

2003/4/5:Aqua化パッチがtrunkにチェックインされたようです。明日以降公式nightyバージョンでもFormの部品がAquaで表示されるでしょう。

2003/4/10:ツールバーへのSearchBar追加パッチがtrunkにチェックインされました。

2003/4/11:Chimeraからdrag and dropに関する処理のMergeがtrunkへ行われている所です。(Bug193053)この修正でデスクトップへの画像D&Dが可能になるのか!? 今日のビルドに一寸期待 2003/4/22: Bug193053とBug202586のパッチがチェックインされました。明日以降の公式nightlyビルドでもdrag and dropが可能になるかもしれません。

2003/4/16:OSX 10.1.xでSearchBarが機能しない件についてBug報告が出ました。(Bug201796)

2003/4/22: Serviceメニューを有効にするパッチが出てきました。(Bug196704)2003/4/24: パッチがcvsへチェックインされました。Serviceメニューが復活しています。

2003/5/6:ビルドオプションにtypeaheadfind機能拡張を指定すると、Caminoパッケージに必要なライブラリを取り込むよう修正されました。この機能を必要とする人は、ビルドオプション定義にtypeaheadfindオプションを指定するだけで本機能が有効となるCaminoパッケージが作成されます。

2003/5/7:ビルド手順公式ページ更新内容に併せて、ビルドオプション --disable-xpinstall を追加しています。

2003/5/24: 1.4ブランチが作成されました。また暫くの間、普段よりも不安定なビルドが出来るかもしれません。

2003/10/13: 現在、1. 検索パネル(Find in Page...)が機能しないbugが発生しています。2. trunkにIPV6対応の修正がcheckinされてから、一部のサイト閲覧時、DNS名前解決で異常に時間が掛かるbugが発生しています。

2004/2/7:Delete-Back問題がFixされました。

インストール時の注意

Camino(やMozilla/Phoenix)は、プログラム起動時等でパッケージ内に幾つかのファイルを自動生成します。もしプログラム実行者(ログインユーザ)にファイル作成の権限が無い場合、プログラムが異常終了等の動作不良を起こす可能性があります。以下のように、簡単な方法で私は対処しています。参考までに…

Caminoが利用するディスクボリューム(インストール先やProfileの格納場所等)のファイルシステムがHFS/HFS+以外の物であったり、"ホーム"をシステム起動ボリュームとは別の領域に移動した場合、Caminoが正常に動作しない可能性が高いです。これはCaminoを含むMozilla系ブラウザやその他のソフトウェアにも当てはまります。プログラムが正常に動作しない場合には、ディスク構成がどのようになっているか確認してみて下さい。

新しい機能の設定

trunkバージョンでは以下の新機能をパラメータ設定を行う事で利用可能です。

パラメータを設定するファイルは"ホーム/ライブラリ(Library)/Application Support/Chimera/Profiles/default/任意の文字.slt/user.js"になります。

パラメータ設定方法についての詳しい説明は、Caminoを使おう等を参考に

スクロールについて

最近になって気付いたCaminoのページスクロール方法についてのメモです。ちょっと便利かも。

2003/11/23 追記: ここ最近のCaminoでは、マウスホイールの動作について以下のように修飾キー毎に動作設定が可能です。但しbug171680にある通り、一部の修飾キーしか動作していません……

ホイールスクロール設定用パラメータ一覧
修飾キーパラメータ名初期値説明
修飾キー無し mousewheel.withnokey.action00:行単位でスクロール 1:ページ単位でスクロール 2:履歴の進む/戻る 3:文字の拡大/縮小
mousewheel.withnokey.numlines1行単位スクロール時のスクロール行数を指定
mousewheel.withnokey.sysnumlinestrueシステム設定の行スクロール量を利用するか、true/falseで指定
optionキー mousewheel.withaltkey.action2
mousewheel.withaltkey.numlines1
mousewheel.withaltkey.sysnumlinesfalse
controlキー mousewheel.withcontrolkey.action0
mousewheel.withcontrolkey.numlines1
mousewheel.withcontrolkey.sysnumlinestrue
shiftキー mousewheel.withshiftkey.action0
mousewheel.withshiftkey.numlines1
mousewheel.withshiftkey.sysnumlinesfalse

文字コード自動認識について

この機能についても最近になって確認出来ましたのでメモします。

今までは、ユーザ設定ファイル"user.js"に文字コード自動認識の設定を追加していた事、そしてWebサイト側の設定不備(誤った文字コード設定)以外では文字化けに遭遇する事が無かった事から、Caminoの文字コード自動認識が機能していると勘違いしていました。7/30以降のパッケージでは、この文字コード自動認識がユーザ設定で機能するように、パッケージ内のファイル"all-chimera.js"を次のように修正しています。

//intl.charset.detectorパラメータ設定をコメントアウト
//pref("intl.charset.detector", "universal_charset_detector");

これにより、デフォルトは文字コード自動認識OFFの状態になります。合わせてユーザ設定ファイル"user.js"に次の内容を追加する事で、文字コード自動認識がONとなります。

//日本語について文字コード自動認識する
//おそらく、"universal_charset_detector"を設定しても大丈夫なはず
user_pref("intl.charset.detector", "ja_parallel_state_machine");

日本語入力に関するbugfixについて

現在Caminoでは、IMEで32文字以上の長い文字列を確定できない問題が有ります。この問題を解決するためパッチを独自に適用しています。

2003/10/16 Update:caminofreakさんが作成した日本語変換時、選択文節のみ反転表示するパッチも適用してみました。

2003/11/14 Update: bugzilla本家にパッチが投稿されました。(bug 162666)

2004/1/31:パッチがcheckinされました。日本語入力に関する幾つかの致命的な問題は解消されているのではないかと思います。

Buildメモ

Camino™ のBuildは build instructionsを元に作業を行っています。Buildオプションは次のように設定しています。

export CFLAGS="-Os -mcpu=7400"
export CXXFLAGS="-Os -mcpu=7400"
export OPTIMIZATION_CFLAGS=-Os -mcpu=7400
export COPY_PHASE_STRIP=YES

cat .mozconfig

ac_add_options --enable-application=macbrowser
ac_add_options --enable-default-toolkit=cocoa
ac_add_options --disable-tests
ac_add_options --enable-crypto
ac_add_options --disable-accessibility
ac_add_options --disable-jsd
ac_add_options --disable-mathml
ac_add_options --disable-xpinstall
ac_add_options --disable-debug
ac_add_options --enable-optimize="-Os -mcpu=7400"
ac_add_options --enable-strip
ac_add_options --disable-logging
ac_add_options --disable-dtd-debug
ac_add_options --enable-prebinding
ac_add_options --disable-logrefcnt
ac_add_options --disable-profilesharing
ac_add_options --enable-single-profile
ac_add_options --with-macos-sdk=/Developer/SDKs/MacOSX10.2.8.sdk
ac_add_options --enable-canvas
ac_add_options --enable-svg
ac_add_options --disable-v1-string-abi
 

また、Build IDを設定する為に次の環境変数を設定しています。

export MOZILLA_OFFICIAL=1
export BUILD_OFFICIAL=1

Buildに掛かる時間はおよそ3時間から5時間掛かります。(PowerBook G4 550MHz,512MByte Memory)

ディスク使用量は、Buildが完了した状態でおよそ500MByte強です。もし自身でBuildを実施する場合には、作業中に作成される一時ファイル等もある為、最低600Mbyeぐらいの空きディスクボリュームと根気:-)が必要になります。

※その他、Developer ToolとFink用に別途空きディスクが必要です


リンクはご自由に…